エディション:
日本

外国為替チャート

  • 5分足
  • 日足
  • 月足
各チャートをクリックすると詳細チャートにジャンプします。為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示しています。

外国為替レート一覧

通貨 終値 高値 安値 変化率 買い気配 売り気配
米 ドル/日本 円 113.95 114.09 113.94 +0.03% 113.95 113.96
ユーロ/日本 円 128.98 129.20 128.98 -0.01% 128.98 129.04
ユーロ/米 ドル 1.1319 1.1329 1.1318 -0.04% 1.1319 1.1323
英 ポンド/日本 円 153.65 153.87 153.64 +0.02% 153.65 153.68
オーストラリア ドル/日本 円 81.620 81.770 81.370 +0.34% 81.620 81.700
ニュージーランド ドル/日本 円 76.370 76.480 76.210 +0.09% 76.370 76.420
カナダ ドル/日本 円 90.230 90.360 90.160 +0.11% 90.230 90.270
スイス フラン/日本 円 124.60 124.80 124.60 -0.03% 124.60 124.63
南アフリカ ランド/日本 円 7.4691 7.4798 7.4587 +0.18% 7.4691 7.4778
ドル/円の通貨先物ポジション推移

通貨換算

* 同一通貨を入力しています
* 入力した数字は無効です

Photo

コラム:ドル120円維持は困難、日銀発の円高リスクはあるのか=内田稔氏

[20日 ロイター] - 毎年11月の終わりをめどに、筆者は翌年のドル/円相場見通し、ハウスビューを対外的に公表してきた。この2022年に関しては、米国の金融政策の正常化とともにドル/円が上昇するとのコンセンサスに反し、緩やかな下落予想を示した。

Photo

コラム:米トリプル安が始まるのか、注目の米株200日線の攻防=高島修氏

[東京 20日] - 年初来、米株は不安定な値動きとなっており、18日はナスダックが200日移動平均線を下回る下げとなった。約2年前のコロナ危機以降の株価上昇局面では初めてのことだ。

Photo

コラム:日本の物価上昇、金利市場の機能回復チャンスに=佐々木融氏

[東京 19日] - 1月17─18日に開かれた日銀金融政策決定会合は、久しぶりに海外勢も含めた市場参加者の注目を集めた会合となった。結果としてインフレ率予想を小幅引き上げ、リスクバランス評価も中立に引き上げた程度で、黒田総裁は記者会見で近い将来の政策調整の可能性を明確に否定し、特にサプライズは無かった。

Photo

コラム:23年4月以降の日銀、想定される対応は何か=唐鎌大輔氏

[東京 19日] - 日銀は18日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決定した。1月14日のロイター英語報道を受け、消費者物価指数(CPI)が前年比プラス2%に到達する前にマイナス金利の解除(すなわち利上げ)に踏み切る可能性が取りざたされていたが、とりあえずは一過性の騒ぎで終わりそうである。

Photo

コラム:FRB、超緩和策から急速な引き締め転換に内包するリスク=藤戸則弘氏

[東京 12日] - 年明け早々の米株式相場は、ダウ工業株30種平均、S&P500種指数が史上最高値更新と、華々しいスタートを切った。ところが、1月5日から急反落となり、結局1月第1週のS&P500種指数は、昨年末比マイナス1.87%に沈んだ。新年第1週のS&P500種指数が、これほどさえない展開となったのは、2016年のマイナス5.96%以来のことである。