エディション:
日本

外国為替チャート

  • 5分足
  • 日足
  • 月足
各チャートをクリックすると詳細チャートにジャンプします。為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示しています。

外国為替レート一覧

通貨 終値 高値 安値 変化率 買い気配 売り気配
米 ドル/日本 円 130.91 131.82 130.75 -0.34% 130.91 130.92
ユーロ/日本 円 140.84 141.31 140.62 +0.11% 140.84 140.93
ユーロ/米 ドル 1.0763 1.0778 1.0710 +0.50% 1.0763 1.0764
英 ポンド/日本 円 158.99 159.13 158.43 +0.26% 158.99 159.07
オーストラリア ドル/日本 円 91.320 91.570 90.940 +0.40% 91.320 91.360
ニュージーランド ドル/日本 円 83.270 83.540 82.810 +0.53% 83.270 83.340
カナダ ドル/日本 円 97.630 98.040 97.550 -0.04% 97.630 97.660
スイス フラン/日本 円 142.33 143.13 142.36 -0.20% 142.33 142.42
南アフリカ ランド/日本 円 7.4004 7.4304 7.3815 +0.16% 7.4004 7.4043
ドル/円の通貨先物ポジション推移

通貨換算

* 同一通貨を入力しています
* 入力した数字は無効です

Photo

コラム:日銀総裁人事、どうするドル/円 政策調整で年内に125円割れも=高島修氏

[東京 9日] - 日銀総裁人事が日本国内のみならず、海外市場でも注目されており、様々な観測記事にドル/円も敏感に反応している。

Photo

コラム:短期間で収束しない高インフレ、市場に予期せぬ影響も=大槻奈那氏

[東京 9日] - 米国のインフレ率が落ち着きを見せている。昨年12月の消費者物価指数(コアCPI、食料・エネルギーを除く)は前年同月比プラス5.7%と、9月のピークから0.9ポイント低下した。

Photo

コラム:4月から簡単に動けない日銀新体制、複雑に絡み合う幾つかの要因=門間一夫氏

[東京 6日] - 今年1月下旬に実施されたアンケート調査によると、「日銀総裁の交代から半年程度のうちに金融政策の変更がある」と予想する市場関係者が多い。具体的には、イールドカーブ・コントロール(YCC)における10年物国債金利の目標(現在はゼロ%程度上下0.5%)の撤廃、変動幅の拡大、目標年限の短期化などが予想されている。

Photo

コラム:変化する為替相場のテーマ、昨年の戦略は通用せず=尾河眞樹氏

[東京 31日] - 2023年のドル円相場は、予測が難しくなりそうだ。昨年は、いわゆる「ワンウェイ(一方通行)」の上昇トレンドが長く続いた。実際、昨年のドル円相場は、そのほとんどを日米実質金利差(10年)の動きで説明することができた。21年7月から22年10月までの日米実質金利差とドル円の相関係数は0.96と、「完全な連動」を示す1.0に極めて近く、ほぼ連動していたと言える。

Photo

コラム:続く日銀と市場の駆け引き、円高見通しには限界=内田稔氏

[26日 ロイター] - 今年1月18日、日銀は全員一致で現在の金融政策運営の維持を決めた。また、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のパネル討論で、黒田東彦日銀総裁は改めて金融緩和継続の必要性を強調した。