エディション:
日本

外国為替チャート

  • 5分足
  • 日足
  • 月足
各チャートをクリックすると詳細チャートにジャンプします。為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示しています。

外国為替レート一覧

通貨 終値 高値 安値 変化率 買い気配 売り気配
米 ドル/日本 円 106.84 106.92 106.84 -0.05% 106.84 106.88
ユーロ/日本 円 125.88 125.96 125.94 -0.05% 125.88 125.94
ユーロ/米 ドル 1.1779 1.1786 1.1782 -0.03% 1.1779 1.1786
英 ポンド/日本 円 139.20 139.43 139.20 -0.07% 139.20 139.34
オーストラリア ドル/日本 円 76.450 76.540 76.450 -0.13% 76.450 76.530
ニュージーランド ドル/日本 円 70.260 70.320 70.280 -0.06% 70.260 70.310
カナダ ドル/日本 円 80.620 80.800 80.630 -0.07% 80.620 80.670
スイス フラン/日本 円 117.08 117.21 117.08 -0.09% 117.08 117.26
南アフリカ ランド/日本 円 6.1186 6.1381 6.1229 +0.02% 6.1186 6.1314
ドル/円の通貨先物ポジション推移

通貨換算

* 同一通貨を入力しています
* 入力した数字は無効です

Photo

コラム:FRBがYCCを採用しない本当の理由=門間一夫氏

[東京 12日 ロイター] - 米国の連邦準備理事会(FRB)の金融政策は、次の9月会合が注目される。「枠組みレビュー」の結果が公表される可能性が高いからである。

Photo

コラム:「ドルの信認」は揺らいだのか、コロナ禍に見えた基軸通貨の価値=尾河眞樹氏

[東京 12日] - 「基軸通貨としての米ドルの寿命に対する本物の懸念が浮上しつつある」。7月末、ある大手投資銀行がこのような指摘をして話題となった。いわく、「金の上昇がそれを証明している」。

Photo

コラム:米中に「政策急変」リスク、危機対応の縮小に備えを=嶋津洋樹氏

[東京 11日] - 株式に代表されるリスク資産市場は、新型コロナウイルスの感染が再拡大し「第2波」との見方が浮上するなかでも、依然として好調を維持している。こうした背景には、各国が非常に早い段階で大胆なマクロ経済政策を相次いで打ち出したこと、経済活動の再開に伴って景気が着実に持ち直し、最悪期を脱したとの見方が広く共有されていることがあるだろう。

Photo

コラム:絶つべきV字回復への誘惑、需要喚起策の強行は逆効果=鈴木明彦氏

[3日 東京] - 景気動向指数研究会が7月30日に開催され、2018年10月が景気の山と認定された。回復期間は71カ月で終わった。あと3カ月で戦後最長の景気拡大となったはずなのに残念というところかもしれないが、今回の景気拡大期間の経済指標の推移をみると、後退していると言った方がよい時期もあり、戦後最長などと胸を張って言える状況ではなかった。

Photo

コラム:日銀次の一手、マイナス金利深掘りに現実味=井上哲也氏

[東京 28日] - 日本経済は当初の懸念に比べれば、良好な回復パスをたどっているようだ。国内の経済活動が予想より早く再開されたことや、海外経済の立ち上がりも同様の理由で早かったことが背景とみられる。