エディション:
日本

国内株価指数チャート

チャートをクリックすると各指標の詳細ページにジャンプします
値上がり・値下がり・出来高ランキングはこちら:

最新マーケット動向

NY市場サマリー(13日)

[13日 ロイター] - <為替> ユーロが対ドルで上昇。欧州中央銀行(ECB)が決定した利下げや金利 階層化が為替にまちまちの影響を及ぼすという見方が広がった。 ECBは前日、市中銀行が余剰資金を預け入れる際の適用金利である預金金利を現行 のマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げるとともに、利下げに伴う金利負担 を軽減するため金利階層化を導入。さらに11月から月額200億ユーロの債券買い入れ を行うと表明した。 BMOキャピタルマーケッツは調査リポートの中で「ECBがマイナス金利の深掘り と金利階層化をセットにしたことはユーロ/ドルにまちまちの影響を及ぼす」と指摘。ま たモルガンスタンレーも調査リポートで「金利階層化は利下げによる為替への影響を減ら すことにつながる」とした。 ユーロ/ドルは0.12%高の1.1074ドル。 トランプ米大統領は12日、中国との通商問題について、ホワイトハウスで記者団に 「包括的な合意のほうが良い」と述べる一方、多くのアナリストが暫定合意に言及してい ることに触れ、その可能性を示唆した。

ホットストック:神戸物産は反落、好決算でも出尽くし感 2019年 09月 13日

[東京 13日 ロイター] - 神戸物産は反落。午前9時46分現在、東証1部で値下がり率3位となっている。同社が12日に発表した2018年11月ー2019年7月期の連結決算は、純利益が前年同期比17.0%増の92億円9200万円と好調だった。市場からは「8月半ばまでずいぶん上がってきたので、決算発表で材料出尽くしの売りが出ている」(国内証券)との声が出ていた。

日経平均株価とドル円相場・原油先物価格の推移
グラフィックス
出典:リフィニティブ・データストリーム

株価検索

レーティング格上げ

コード 過去4週間のレーティング変更 現在のレーティング中間値
6310.T 3.00to1.00 バイ
7707.T 5.00to3.00 ホールド
6458.T 3.00to1.50 バイ

レーティング格下げ

コード 過去4週間のレーティング変更 現在のレーティング中間値
5186.T 2.00to4.00 アンダーパフォーム
5985.T 2.00to4.00 アンダーパフォーム
1720.T 1.00to3.00 ホールド