エディション:
日本

学校PC1人1台、安倍首相「当然」 経済対策に盛り込まれる公算

2019年 11月 18日

[東京 18日 ロイター] - 13日に開かれた経済財政諮問会議で、安倍晋三首相が教育現場でパソコンが1人に1台ずつ普及するのは当然との見解を示していたことが、18日公表された議事要旨で明らかになった。政府の経済対策に盛り込まれる公算が大きそうだ。記事の全文

再送-〔アングル〕安倍首相歴代最長へ、アベノミクスは試練に直面

2019年 11月 18日

[東京 18日 ロイター] - 20日に首相在任期間が歴代最長となる安倍晋三首相だが、経済運営では試練に直面している。米中貿易摩擦で世界経済の経済が減速する中、2019年7─9月実質国内総生産(GDP)の成長率は前期比0.1%増(年率換算0.2%増)とほぼ横ばいにとどまった。10─12月期は10月の消費税率引き上げ直前の駆け込み需要の反動に加え、台風などの被害の影響もあり、マイナス成長は避けられない見通しだ。

〔アングル〕安倍首相歴代最長へ、アベノミクスは試練に直面

2019年 11月 18日

[東京 18日 ロイター] - 20日に首相在任期間が歴代最長となる安倍晋三首相だが、経済運営では試練に直面している。米中貿易摩擦で世界経済の経済が減速する中、2019年7─9月実質国内総生産(GDP)の成長率は前期比0.1%増(年率換算0.2%増)とほぼ横ばいにとどまった。10─12月期は10月の消費税率引き上げ直前の駆け込み需要の反動に加え、台風などの被害の影響もあり、マイナス成長は避けられない見通しだ。

桜を見る会前日の夕食会費明細書、「そうしたものはない」=安倍首相

2019年 11月 18日

[東京 18日 ロイター] - 安倍晋三首相は18日午前、記者団に対し、首相主催の「桜を見る会」前日の夕食会の会費の明細書について「そうしたものはない」と述べた。参加者の支払い以外に不足する費用を安倍事務所などが補填したことはないとの認識もあらためて示した。

UPDATE 2-桜を見る会、夕食会の会費はホテル側が設定=安倍首相

2019年 11月 15日

[東京 15日 ロイター] - 安倍晋三首相は15日夕、今年行われた桜を見る会で、前夜の夕食会の会費が1人5000円となっていたことについて、大多数の参加者が宿泊者であることを考慮してホテル側が設定したものだと報告を受けていると語った。

桜を見る会、夕食会の会費はホテル側が設定=安倍首相

2019年 11月 15日

[東京 15日 ロイター] - 安倍晋三首相は15日夕、今年行われた桜を見る会で、前夜の夕食会の会費が1人5000円となっていたことについて、大多数の参加者が宿泊者であることを考慮してホテル側が設定したものだと報告を受けていると語った。

再送-〔MOFウオッチャー〕災害・経済対策4兆円規模案浮上、強靭化計画の規模・期間が焦点

2019年 11月 15日

[東京 15日 ロイター] - 政府が現在策定中の災害・経済対策の規模として、最低4兆円程度が必要との意見が出ている。これに伴って昨年打ち出した国土強靭化3カ年計画の延長・改訂も検討されているが、議論は収束していない。政府は今月末を目指し、とりまとめを急ぐ方針だ。

UPDATE 1-災害復旧しっかり予算確保、単なる復旧でなく改良必要=西村再生相

2019年 11月 15日

[東京 15日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は15日都内で講演し、台風19号などの災害復旧についてしっかり予算を確保し、被害を受けたインフラの改良が必要との見方を強調した。TPPの加盟国拡大や中国の対外インフラ政策「一帯一路」への協力姿勢も鮮明にした。

BRIEF-西村再生相:災害復旧予算はしっかり確保する、「改良復旧」の考え進めたい

2019年 11月 15日

[東京 15日 ロイター] - 西村康稔経済再生担当相は15日の講演で、以下のように述べた。 * 西村再生相:英のTPP参加、EU離脱問題の状況みながら交渉することになるだろう * 西村再生相:RCEP、インドも含めた形でまとまってほしい * 西村再生相:米にとってTPP復帰が最善と我々はまだ思っている * 西村再生相:緩やかな景気回復との認識変わらないが、輸出・製造業が弱い状況長引いている * 西村再生相:災害復旧予算はしっかり確保する、「改良復旧」の考え進めたい *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

再送-〔焦点〕-停滞するGDP、強靭化に加え成長投資にも大型の財政投入論

2019年 11月 14日

(検索コードを追加しました。) [東京 14日 ロイター] - 7―9月の国内総生産(GDP)は辛うじて4四半 期連続のプラス成長を確保したが、消費増税前でも潜在成長率を下回り、足取りはひ弱だ 。増税や災害により10―12月はマイナス成長に陥る見通しで、来年も五輪後の特需剥 落などで通年で低成長が予想されている。 政府の経済財政諮問会議では、災害からの復旧や防災など建設国債の対象となるイン フラ投資だけでなく、持続的成長に必要な消費活性化や人材投資などに大規模な財政資金 を投入するため、赤字国債活用の声も浮上している。 <増税前でも潜在成長率に届かず> 消費増税を前に駆け込み需要が期待された7―9月GDPは年率0.2%成長と、1 %弱とされる潜在成長率を大きく下回る結果となった。 政府が需要平準化対策に力を入れたこともあり、消費増税前後の山と谷は前回より小 幅となっているとはいえ「潜在成長率を下回ったという意味で、景気は消費増税を待たず に停滞していたことが確認された」(伊藤忠総研の武田淳チーフエコノミスト)との声が ある。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 170.70 -0.06 52,206,000
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 582.10 -0.07 31,519,200
JXTGホールディングス株式会社 496.80 -1.43 14,867,300
株式会社東芝 3,625.00 -0.68 2,964,900
日本郵船株式会社 1,977.00 -0.85 1,327,100
株式会社IHI 2,593.00 -0.80 611,000
株式会社キムラタン 32.00 -3.03 461,600
宇部興産株式会社 2,353.00 -0.30 390,100
株式会社商船三井 3,025.00 +0.00 317,000
ティアック株式会社 208.00 -2.35 30,400
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円