エディション:
日本

NY市場サマリー(22日)

7:50am JST

[22日 ロイター] - <為替> ドルが下落した。米中首脳が通商問題で合意する公算が大きいとの見方を 示したことで、リスク資産に資金が流れたことが背景。 トランプ米大統領はこの日の午後、中国の習近平国家主席と近く会談する見通しを 示し、両国の通商問題について最終的に合意する可能性があると述べた。習 主席も同様のメッセージをトランプ大統領宛の書簡で伝えた。 トランプ大統領は協議に進展が見られれば3月1日の合意期限を延長する可能性もあ るとの考えも示している。 オアンダ(トロント)のシニア市場アナリスト、アルフォンソ・エスパルサ氏は「市 場は再び『リスクオン』モードに入り、これによりドルが圧迫されている」と指摘。「合 意期限の3月1日が近づいているが、新たな関税措置は直ちに発動されないとの楽観的な 見方から、株式とコモディティ(商品)に資金が流れている」と述べた。 午後の取引で主要6通貨に対するドル指数は0.1%低下の96.493。 このところの米経済指標が強弱混交となっていることを反映し、ドルは先週は1%記事の全文

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(22日)

7:16am JST

[22日 ロイター] - 円 110.68/110.71 ユーロ 1.1341/1.1346 スイスフラン 1.0001/1.0009 英ポンド 1.3052/1.3055 カナダドル 1.3136/1.3138 オーストラリ 0.7127/0.7128 アドル ニュージーラ 0.6843/0.6847 ンドドル メキシコペソ 19.1365/19.1575 デンマークク 6.5824/6.5834 ローネ ノルウェーク 8.6043/8.6093 ローネ スウェーデン 9.3435/9.3465 クローナ シンガポール 1.3509/1.3514 ドル 香港ドル 7.8480/7.8483 インドルピー 71.0200/71.0500 (リフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル軟調、米中通商合意への期待で安全需要低下

7:14am JST

[ニューヨーク 22日 ロイター] - ドル/円 NY終 110.68/110.71 値 始値 110.85 高値 110.88 安値 110.57 ユーロ/ドル N 1.1341/1.1346 Y終値 始値 1.1336 高値 1.1357 安値 1.1317 ニューヨーク外為市場ではドルが下落した。米中首脳が通商問題で合意する公算が大 きいとの見方を示したことで、リスク資産に資金が流れたことが背景。 トランプ米大統領はこの日の午後、中国の習近平国家主席と近く会談する見通しを 示し、両国の通商問題について最終的に合意する可能性があると述べた。習 主席も同様のメッセージをトランプ大統領宛の書簡で伝

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(2月5日終了週)

6:36am JST

[22日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の 非商業(投機)部門の取組は以下の通り。 円 2月5日終了週 前週 コード  ロング 20,752 27,001  ショート 52,162 60,346  ネット -31,410 -33,345 ユーロ 2月5日終了週 前週 コード  ロング

英労働党、政権奪取ならEU離脱巡る国民投票再実施=コービン党首

6:25am JST

[ロンドン 22日 ロイター] - 英野党・労働党のコービン党首は22日、労働党が政権を取った場合、英国の欧州連合(EU)離脱協定案を再交渉し、国民投票を再度実施する可能性があるとの考えを示した。

欧州市場サマリー(22日)

4:48am JST

[22日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中通 商協議への期待から鉱業株が買われ、全体水準を押し上げた。 投資家らは米中通商協議で打開策が見出されるかどうかに注目している。前向きな見 方がある中で銅価格が上昇し、FTSE350種銀行株指数は2.21%上 昇した。 一方、日用品大手ユニリーバとレキット・ベンキーザーはともに1. 5%下落した。米食品大手クラフト・ハインツが四半期決算で損失を出したほか 、加工食品産業の市況が厳しいとの見方を示し、部門全体に対する不安が広がった。 中型株では乳製品メーカーのデアリー・クレストが15.3%急騰。カナダ の同業サプートによる約9億7500万ポンド(13億ドル)の買収に合意した ことが好感された。 金融のプロビデント・フィナンシャルも15.3%急騰。より小規模な同業 、ノン・スタンダード・ファイナンシャルから買収提案を受けたことが買い材料 となった。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 小幅に上昇して取引を終えた。決算が主な材料だった。

UPDATE 1-ECB総裁、ユーロ懐疑派に警告 「離脱で主権強まるとは限らず」

2:51am JST

[フランクフルト 22日 ロイター] - ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は22日、ユーロ圏、もしくは欧州連合(EU)を離脱することで政策の独立性は多少増すかもしれないが、主権が強まるとは限らないとの見方を示した。

ユーロ離脱で主権強まるとは限らず=ECB総裁

1:58am JST

[フランクフルト 22日 ロイター] - ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は22日、ユーロ圏を離脱することで政策の独立性は多少増すかもしれないが、主権が強まるとは限らないとの見方を示した。

欧州銀行同盟の完成、優先課題にすべき=スペイン中銀総裁

2019年 02月 22日

[マドリード 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるパブロ・エルナンデス・デコス・スペイン中銀総裁は、5月の欧州議会選が迫る中、欧州銀行同盟の完成を優先課題にすべきだとの認識を示した。

東京マーケット・サマリー・最終(22日)

2019年 02月 22日

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 110.73/75 1.1344/48 125.63/67 NY午後5時 110.69/72 1.1334/38 125.47/51 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の110円後半 。きょう22日は手掛かり材料に乏しい中、主要通貨の動きが全般に鈍かった。仲値にかけて は実需の買いがドルを下支えしたほか、係争中だった米半導体大手と中国国有半導体メーカー が和解すると

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 175.30 -0.11 75,227,100
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 580.40 -1.19 45,492,000
野村ホールディングス株式会社 438.50 -1.57 7,411,600
株式会社ジャパンディスプレイ 71.00 +0.00 5,989,300
東京電力ホールディングス株式会社 673.00 +0.00 5,950,000
株式会社東芝 3,520.00 +0.28 1,616,700
日本郵船株式会社 1,802.00 -1.96 1,381,100
株式会社商船三井 2,642.00 -2.37 811,000
ティアック株式会社 198.00 -1.49 67,400
株式会社キムラタン 23.00 -4.17 60,600
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円