エディション:
日本

UPDATE 1-〔需給情報〕IMM通貨先物、ドル売り越しが4週連続で増加

6:19am JST

(内容を追加しました) [15日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発 表したデータを基にロイターが算出したIMM通貨先物の非商業(投機 )部門の取組(12月12日までの1週間)によると、ドルの売り越し 額が4週連続で増加した。 ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダド ル、豪ドル)に対する売り越し額は78億1000万ドル。前週は42 億8000万ドルだった。ドル売り越しは22週連続。売り越し額の規 模は10月24日までの週以来の高水準。 この週のドル指数は、米上院が税制改革法案を可決するとの期待感 から堅調に推移。15日には米議会共和党が税制改革法案・最終案の概 要を発表した。 TDセキュリティーズ(トロント)で外国為替戦略部門の北米責任 者を務めるマーク・マコーミック氏は、米税制改革法案が来週までに議 会を通過するとの期待感が高まっている、と述べた。 ただ投機筋は、米税制改革が米経済を成長させ米利上げペースが加 速するとの見方を疑問視しており、ドルに対する弱気な姿勢が強まって いる。 またグローバ記事の全文

NY市場サマリー(15日)

2017年 12月 16日

[15日 ロイター] - <為替> ドルが対主要6通貨バスケットで上昇した。米議会共和党の税制改革法案 取りまとめ作業が大詰めを迎え、年内通過への期待が高まった。ドル指数は0.4 9%高の93.944。 税制改革が実現すれば、国内成長を押し上げ、利上げ回数の増加やドル高につながる 可能性を予想する向きも多い。 年末休暇シーズンを控え投資家らが取引を手仕舞うなか、税制改革法案が年内最後の ビッグイベントとみられている。 取引高が縮小する前に資金を確保しようと各金融機関が動く中、他行から短期のドル 資金を借りる際のコストが2012年以来の水準に急上昇した。 「クロスカレンシー・ベーシス・スワップ」のユーロ/ドル3カ月物<EURCBS3M=ICAP >は100ベーシスポイント(bp)と、月初めのマイナス52bp程度から拡大した。 NY外為市場: <債券> 国債の長短利回り格差が10年来の水準に縮小。市場では、連邦準備理事 会(FRB)が短期金利の引き上げを継続するなかでも、長期インフレは落

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(15日)

2017年 12月 16日

[15日 ロイター] - 円 112.57/112.60 ユーロ 1.1752/1.1756 スイスフラン 0.9903/0.9907 英ポンド 1.3319/1.3324 カナダドル 1.2860/1.2864 オーストラリアドル 0.7644/0.7646 ニュージーランドドル 0.6989/0.6991 メキシコペソ 19.1265/19.1365 デンマーククローネ 6.3330/6.3343 ノルウェークローネ 8.3785/8.3835 スウェーデンクローナ 8.5046/8.5076 シンガポールドル 1.3482/1.3487 香港ドル 7.8109/7.8111 インドルピー 64.0700/64.0900 (ロイターデータに基づいています)

NY外為市場=ドル指数上昇、年末期控え商い低調

2017年 12月 16日

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ドル/円 NY終値 112.57/112.60 始値 112.19 高値 112.74 安値 112.15 ユーロ/ドル NY終値 1.1752/1.1756 始値 1.1797 高値 1.1809 安値 1.1751 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対主要6通貨バスケットで上昇した。米議 会共和党の税制改革法案取りまとめ作業が大詰めを迎え、年内通過への期待が高まった。

UPDATE 1-米10月の長期有価証券投資、4カ月連続買い越し

2017年 12月 16日

[15日 ロイター] - 米財務省が15日発表した10月の対米証券投資統計によると、海外投資家による米長期有価証券投資(株式スワップ等除く)は232億ドルの買い越しとなった。買い越しは4カ月連続。前月の買い越し額は909億ドルだった。

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(12月12日終了週)

2017年 12月 16日

[15日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投 機)部門の取組は以下の通り。 円 12月12日終了週 前週 コード  ロング 31,747 34,766  ショート 145,870 149,033  ネット -114,123 -114,267 ユーロ 12月12日終了週 前週 コード  ロング

「一帯一路」で対中関係強化期待、英財務相が表明

2017年 12月 16日

[北京/ロンドン 15日 ロイター] - 英国のハモンド財務相が15日、中国の李克強首相と会談した。 巨大経済圏構想「一帯一路」を巡り、対中協力関係の強化を望む考えを表明した。 今回の訪中でハモンド氏は、10億ポンド(13億4000万ドル)相当の商談成立に意欲を見せている。 ハモンド氏は、強固な関係構築に向け数多くの機会が存在するとの認識を示した。 李氏は、英国や欧州の動向を中国国民が注視していると伝えた。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

欧州市場サマリー(15日)

2017年 12月 16日

(外為市場はNY外為市場リポートUSD/Jをご覧ください) [15日 ロイター] - <為替> 欧州終盤 アジア市場終 コード 盤 ユーロ/ドル    1.1776 1.1792 ドル/円 112.67 112.13 ユーロ/円 132.69 132.23

UPDATE 1-ロシア中銀、政策金利を7.75%に 予想以上の引き下げ幅

2017年 12月 15日

[モスクワ 15日 ロイター] - ロシア中央銀行は15日、主要政策金利を8.25%から7.75%に引き下げた。市場は8.00%への利下げを予想していたが、それ以上の下げ幅となった。

東京マーケット・サマリー・最終(15日)

2017年 12月 15日

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 112.14/16 1.1790/94 132.23/27 NY午後5時 112.38/40 1.1777/79 132.37/41 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の112 円前半。海外市場終盤につけた1週間半ぶり安値から小幅に切り返したが、積極的に買い上がる 動きは乏しかった。  レポート全文: <株式市場> 日経平均

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 200.80 -0.94 150,799,900
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 798.50 -1.37 85,045,400
ティアック株式会社 46.00 +2.22 71,883,000
株式会社東芝 323.00 -0.31 59,424,000
株式会社ジャパンディスプレイ 245.00 -1.21 25,176,500
野村ホールディングス株式会社 656.80 -1.53 22,117,900
東京電力ホールディングス株式会社 445.00 -1.55 12,753,600
株式会社キムラタン 51.00 +2.00 5,486,000
日本郵船株式会社 2,715.00 -2.34 2,574,600
株式会社商船三井 3,605.00 -2.30 1,455,900
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円