エディション:
日本

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ122円前半、1カ月ぶり高値 対ドルも4カ月ぶり高値

9:20am JST

ドルと円が広範に売られるとともに、ユーロの上昇が勢いづいてきた。対円では122円前半と1カ月ぶり高値を更新。対ドルでも4カ月ぶり高値をつけた。記事の全文

〔マーケットアイ〕外為:ドル107.00─107.60円の見通し、ワクチン期待でリスクオン

7:57am JST

きょうの予想レンジはドル/円が107.00―107.60円、ユーロ/ドルが1.1380─1.1450ドル、ユーロ/円が121.80―122.80円付近。

NY市場サマリー(14日)ドル下落、米株上昇

6:26am JST

[14日 ロイター] - <為替> ドルが下落。インフレ期待がやや高まったほか、欧州連合(EU)の景気刺激策を巡る楽観 的な見方を背景にユーロが上昇した。 主要6通貨に対するドル指数は0.29%安の96.271。 米労働省が14日発表した6月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.6%上昇と、 伸び率は2012年8月以来の大きさとなった。ガソリン価格と食品価格の上昇が寄与した。  ただ、CPI以外の経済指標にインフレの兆候が見受けられるとの指摘もある。 ドル安はユーロ上昇を支援。EUが新型コロナ対策の緊急資金供給策で合意するとの期待を背景 に、ユーロは0.44%高の1.139ドルとなった。 NY外為市場: <債券> 6月の消費者物価統計でコア指数が米連邦準備理事会(FRB)の目標を大きく下回ったこ とを受け、国債利回りが低下した。 終盤の取引で10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下の0.615%。2年債 と10年債の利回り格差はほぼ横ばいの46bp。 10年物インフレ

UPDATE 1-米景気後退は長期化へ、「苦痛伴う」=フィラデルフィア連銀総裁

6:14am JST

[14日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は14日、新型コロナウイルス流行が米国で発生してから数カ月が経過したが、米経済は依然として危機から抜け出せておらず、米当局者は困窮している中小企業への支援を拡大する措置を行う必要があると述べた。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

6:07am JST

[14日 ロイター] - 円 107.23/107.26 ユーロ 1.1396/1.1400 スイスフラン 0.9395/0.9399 英ポンド 1.2548/1.2555 カナダドル 1.3612/1.3616 オーストラリア 0.6974/0.6976 ドル ニュージーラン 0.6540/0.6544 ドドル メキシコペソ 22.4430/22.4530 デンマーククロ 6.5310/6.5320 ーネ ノルウェークロ 9.3735/9.3950 ーネ スウェーデンク 9.0911/9.1234 ローナ シンガポールド 1.3918/1.3923 ル 香港ドル 7.7510/7.7513 インドルピー 75.3775/75.4355 (NY時間午後5時時点の

NY外為市場=ドル下落、インフレ期待の高まりで ユーロは上昇

6:05am JST

[ニューヨーク 14日 ロイター] - ドル/円 NY終値 107.23/107.26 始値 107.38 高値 107.42 安値 107.16 ユーロ/ドル NY終値 1.1396/1.1400 始値 1.1369 高値 1.1408 安値 1.1362 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが下落した。インフレ期待 がやや高まったほか、欧州連合(EU)の景気刺激策を巡る楽観的な見 方を背景にユーロが上昇した。 主要6通貨に対するドル指数は0.29%安の96.271 。 米労働省が14日発表した6月の消費者物価指数(CPI、季節調 整済み)は前月比0.6%上昇と、伸び率は2012年8月以来の大き さとなった

米景気後退は長期化へ、「苦痛伴う」=フィラデルフィア連銀総裁

5:30am JST

[14日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は14日、新型コロナウイルス流行が米国で発生してから数カ月が経過したが、米経済は依然として危機から抜け出せておらず、米当局者は困窮している中小企業への支援を拡大する措置を行う必要があると述べた。

欧州市場サマリー(14日)

3:55am JST

[14日 ロイター] - <ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。資 源株が相場を下支えした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新たな封鎖措置を巡る 懸念から国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は下落した。 FTSE100種は日中の安値から大幅に回復。エネルギーや鉱業株が相場を下支え した。ポンド安も追い風となった。石油大手のBPは2.6%高だった。BPが株 を保有するアケルBPの第2・四半期の税引き前利益が市場予想を上回った ことが買い材料となった。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.21%下落。テクノロジー企 業を対象としている投資会社、ポーラー・キャピタル・テクノロジー・トラスト は5.9%安で、最大の重しとなった。 オンライン家電販売のAOワールドは14.0%と、中型株で最大の落ち込み となった。通期利益が大幅に伸びたものの、消費者信頼感が低迷すると警告したことが嫌 気された。 オンラインスーパー大手オカドは、上半期の小売売上高が27.2%増加し たにもかかわらず、2.2%安となった。

投資家、ユーロに「割安感」 買い意欲増す=バンカメ調査

1:49am JST

[ロンドン 14日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が14日に公表した調査によると、ファンドマネジャーはユーロが割安とみており、ユーロと欧州株のエクスポージャーを高めようとしている。大規模な財政政策が買い材料になっている。

タイ景気回復は緩やか、ゼロ金利政策の可能性低い=中銀

2020年 07月 14日

[バンコク 14日 ロイター] - タイ中央銀行は14日、国内の経済活動が新型コロナウイルス流行前の水準に戻るのは2022年以降になる可能性があるが、現行0.50%の政策金利がゼロに引き下げられる可能性は低いとの見方を示した。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 135.80 +0.30 34,464,400
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 423.80 -0.16 22,734,900
東京電力ホールディングス株式会社 327.00 +4.81 7,065,200
野村ホールディングス株式会社 494.40 -0.74 6,572,500
株式会社ジャパンディスプレイ 47.00 +2.17 6,450,100
株式会社商船三井 1,974.00 +1.70 867,500
株式会社東芝 3,510.00 -0.85 437,700
日本郵船株式会社 1,515.00 +1.41 401,700
ティアック株式会社 130.00 +0.00 208,400
株式会社キムラタン 25.00 +0.00 29,300
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円