エディション:
日本

東京マーケット・サマリー・最終(6日)

6:17pm JST

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をク リック してご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 108.66/68 1.1105/09 120.68/72 NY午後5時 108.75/77 1.1102/06 120.75/79 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点より小安い108円後半。今夜に米雇用統計、 8日に中国貿易統計と主要な経済指標を控えた市場 では、投機筋による調整的な売りが先行しドルは軟記事の全文

UPDATE 1-アジア通貨動向(6日)=様子見ムードで小動き

3:48pm JST

(情報を更新しました。) [6日 ロイター] - アジア新興国通貨は、総じて狭いレンジ内の動き。米中通商 問題を巡る不透明感で様子見気分が強い。 投資家は、米国の対中関税第4弾の残りが発動される12月15日までに「第1弾」 合意が成立するかどうかに注目し、積極的な取引を控えている。 OCBCは、状況が不透明で、来週は一段と神経質なムードになると予想している。 人民元は小幅下落。インドネシアルピアとマレーシアリンギ は0.2%上昇している。 フィリピンペソは3日続伸。今週発表されたインフレ統計で上昇率が加速した ことから、年内の追加利下げはないとの見方が強まった。 タイバーツは0.2%下落。前日の休場を挟んで4営業日続落している。 みずほ銀行のトレーダーによると、4日の中銀副総裁の発言がバーツを一段と下押し している。副総裁は4日、バーツ高が経済ファンダメンタルズに見合わないほど進んでい ることを考慮すると、市場のセンチメントはすでに変わり、外国人投資家は今やバーツに あまり上昇余地はないと考えていると指摘した。

円の売買活発に、今年最後のヤマ場が到来=来週の外為市場

3:13pm JST

[東京 6日 ロイター] - 来週の外為市場では円の売買が活発になりそうだ。米国の対中関税の賦課期限、英国総選挙、米欧中銀会合など注目材料が多く、市場心理の明暗に応じて動くことが多い円相場は、下に振れやすい状況が続く見通しだ。

東京外為市場・15時=ドル108円後半でじり安、主要指標控え調整売り

3:09pm JST

[東京 6日 ロイター] -         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 108.66/68 1.1104/08 120.68/72  午前9時現在 108.72/74 1.1102/06 120.72/76  NY午後5時 108.75/77 1.1102/06 120.75/79 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高 の108円後半。今夜に米雇用統計、8日に中国貿易統計と主要な経済指標を控えた市場 では、投機筋による調整的な売りが先行しドルは軟調な足取りとなった。  ドルは実需のドル買い/円売りを受け仲値で108.78円と今日の高値をつけた。 その後は手掛かり材料難の中、調整的なドル売りを受け、108.66円まで下落した。 市場では米中対立の行方に関心が集まっているが、狭いレンジ内での値動きが続いて いることに、閉口する参加者は少なくない。しかし「米中交渉はただの貿易摩擦ではなく 、両国による覇権争い。香港、新疆ウイグル自治区まで問

上海外為市場=人民元はほぼ横ばい、米中通商協議関連ニュースに神経質

2:18pm JST

[香港 6日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、米中通商交渉絡みで新規の材料に欠くなか、狭いレンジで推移。週間では小幅安となる見通しだ。

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.11ドル付近で1カ月ぶり高値圏、米大統領の弾劾問題が追い風

2:09pm JST

「経済面ではユーロ圏のパフォーマンスが(米国に比べ)劣勢にあるにもかかわらず、ドルは対ユーロでの弱さを払拭できていない。背景には米中対立の悪化とトランプ氏の弾劾問題がある」(国内銀)との意見が聞かれる。

英国、EUと20年末までのFTA締結失敗は「絶対起きない」=首相

1:59pm JST

[マトロック(イングランド) 5日 ロイター] - 英国のジョンソン首相は5日、欧州連合(EU)から離脱して2020年末までにEUと自由貿易協定(FTA)を締結できない事態は「絶対に起きない」と述べた。

〔マーケットアイ〕外為:人民元は7.04元後半、1年物資金供給の金利は据え置き

1:19pm JST

スポット市場の人民元は1ドル=7.0468元付近。正午前に7.0515元まで弱含んだ。ただ、人民元は4日に5週間半ぶり安値7.0750元をつけたあと、徐々に反発している。

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは108円半ば、米中対立の行方に固唾

12:18pm JST

正午のドルは前日NY市場終盤から横ばいの108円半ば。来週にかけて相次ぐ重要イベントを前に、週末のきょうは手控えムード。取引は低調で、午前のドルの値幅は上下わずか12銭だった。

シドニー外為・債券市場=NZドル4カ月ぶり高値近辺、豪ドル横ばい

11:25am JST

[シドニー 6日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではニュージーランド(NZ)ドルが対米ドルで約4カ月ぶりの高値近辺で推移。一連の堅調な経済指標や、銀行に自己資本比率引き上げを求める規制強化に支援されている。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 170.60 +0.29 66,104,900
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 584.70 +0.03 34,729,000
野村ホールディングス株式会社 563.80 +1.59 15,941,300
東京電力ホールディングス株式会社 488.00 +0.21 8,979,000
株式会社ジャパンディスプレイ 70.00 +1.45 2,385,400
株式会社東芝 3,790.00 +0.80 1,329,600
日本郵船株式会社 1,967.00 +0.31 904,500
株式会社商船三井 2,952.00 -0.14 650,700
株式会社キムラタン 32.00 +0.00 151,100
ティアック株式会社 234.00 +0.00 7,400
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円