エディション:
日本

NY市場サマリー(14日)

2018年 12月 15日

[14日 ロイター] - <為替> 主要6通貨バスケットに対するドル指数が1年7カ月ぶりの高値を 付けた。米国外の政治・経済情勢が不安を呼び、ドルへの逃避買いが目立った。 ドル指数は一時、昨年5月以来の高値水準(97.711)を記録した。終盤までの 取引で0.38%高の97.434。週間で8月初め以来の大幅高となる勢いだ。 米国の11月小売売上高と鉱工業生産統計が好調だったことを受け、ドルの投資妙味 が増した。 連邦準備理事会(FRB)は来週、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2 .25─2.5%に引き上げるとの見方が優勢だが、その後まもなく利上げを休止すると の観測が流れ、ドルの上値は重かった。 トランプ大統領と議会が国境の壁の資金を巡って折り合わず、部分的に政府機関が閉 鎖される可能性が意識されたことも、ドルの重しとなった。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが低下(価格は上昇)した。欧州と中国の経済指標が軟調だっ たことを受け世界的な経済成長に対する懸念が台頭し、米株価が下落した記事の全文

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

2018年 12月 15日

[14日 ロイター] - 円 113.37/113.40 ユーロ 1.1307/1.1312 スイスフラン 0.9976/0.9980 英ポンド 1.2583/1.2585 カナダドル 1.3382/1.3386 オーストラリアド 0.7176/0.7177 ル ニュージーランド 0.6795/0.6799 ドル メキシコペソ 20.2330/20.2482 デンマーククロー 6.6028/6.6038 ネ ノルウェークロー 8.6133/8.6183 ネ スウェーデンクロ 9.0587/9.0617 ーナ シンガポールドル 1.3766/1.3773 香港ドル 7.8129/7.8137 インドルピー 71.

NY外為市場=ドル指数が1年7カ月ぶり高値、米国外情勢不安で

2018年 12月 15日

[ニューヨーク 14日 ロイター] - ドル/円 NY終値 113.37/113.40 始値 113.58 高値 113.67 安値 113.22 ユーロ/ドル NY終値 1.1307/1.1312 始値 1.1282 高値 1.1313 安値 1.1270 ニューヨーク外為市場は、主要6通貨バスケットに対するドル指数が1年7カ 月ぶりの高値を付けた。米国外の政治・経済情勢が不安を呼び、ドルへの逃避買いが目立 った。 ドル指数は一時、昨年5月以来の高値水準(97.711)を記録した。終盤までの 取引で0.38%高の97.434。週間で8月初め以

WRAPUP 1-メイ英首相、離脱合意案で一段の確約を楽観 EUは再交渉拒否

2018年 12月 15日

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 英国のメイ首相は14日、欧州連合(EU)と合意した離脱案を巡りEUから一段の確約を得ることは可能との認識を示した。一方、トゥスク大統領は合意案について再交渉はしないと明言した。

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(12月11日終了週)

2018年 12月 15日

[14日 ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨 先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。 円 12月11日終了週 前週 コード  ロング 25,495 32,717  ショート 123,101 142,483  ネット -97,606 -109,766 ユーロ 12月11日終了週 前週 コード  ロング 146,082 144,859  ショート 202,369

欧州市場サマリー(14日)

2018年 12月 15日

[14日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 下落して取引を終えた。中国の軟調な指標を受け 、鉱業株や消費関連株、銀行株が売り込まれた。 中国の11月の小売売上高は2003年5月以来の小幅な増加となったほか、鉱工業生産はほぼ3年ぶ りの低い伸びとなった。米中貿易摩擦を背景に中国経済が鈍化しているとの懸念が高まった。 メイ英首相は英国の欧州連合(EU)離脱案について、EUからの歩み寄りを交渉する姿勢を示したが 、英国のEU離脱を巡る懸念が和らぐ材料にはならなかった。英国のEU離脱動向に左右される住宅建設株 が値下がりした。 一方、ブックメーカー(賭け業者)のGVCホールディングスは9.1%上昇した。「固定オ ッズ発売端末(FOBT)」と呼ばれるゲーム機の掛け金の上限を引き下げる法案を議会が翌週に採決する 。GVCは同業ラドブロークス・コーラルを3月に買収した際、法案が2019年3月28日まで に導入されなければ元ラドブロークス・コーラル株主に約6億7600万ポンドを支払うとしていた。 小型株では建設材料のロー・アンド・ボナーが14.9%下落し

UPDATE 2-ロシア中銀、政策金利を7.75%に引き上げ 外貨購入を来年再開

2018年 12月 15日

[モスクワ 14日 ロイター] - ロシア中央銀行は14日、政策金利を7.50%から7.75%に引き上げた。インフレ加速と通貨ルーブルへの圧力に対応した措置。中銀は、外貨購入を来年1月15日から再開すると発表した。

不透明感強い、選択肢をオープンにする必要=ECB副総裁

2018年 12月 14日

[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は14日、世界経済の不透明感が強まっており、ECBは選択肢をオープンにしておく必要があるとの認識を示した。

東京マーケット・サマリー・最終(14日)

2018年 12月 14日

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 113.54/56 1.1352/56 128.93/97 NY午後5時 113.62/65 1.1361/66 129.03/07 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の113円半 ば。午前は実需筋のドル売り/円買いが観測されたほか、日経平均の大幅反落や中国株安が 下押し圧力を強めた。午後は材料に乏しく、113.40円台を中心に小動きが続いた。  レポート全文: <株式

仮想通貨による資金調達に開示義務、報告書案を了承=金融庁研究会

2018年 12月 14日

[東京 14日 ロイター] - 金融庁の仮想通貨交換業等に関する研究会(座長:神田秀樹・学習院大学大学院法務研究科教授)は14日、会合を開き、同庁が示した仮想通貨ビジネスへの規制強化を盛り込んだ報告書案を了承した。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社キムラタン 27.00 -3.57 165,000
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円