エディション:
日本

米大手銀、一部でオフィス再開延期も デルタ型感染拡大を懸念

9:42am JST

[5日 ロイター] - 米大手金融機関の多くは、今後数週間以内にオフィスを再開する計画を堅持しているが、新型コロナウイルスのデルタ型変異株の感染拡大を受けて、一部で計画を見直す動きが見られている。記事の全文

ホットストック:コナミHDがしっかり、第1四半期は前年同期比2.87倍の営業増益

9:41am JST

コナミホールディングスがしっかり。午前9時20分現在、東証1部で値上がり率第1位。前日に発表した2022年3月期第1四半期決算で、営業利益が前年同期比2.87倍の194億3700万円と大幅増益になったことが材料視された。

米ボーイング、ベンチャーキャピタル部門をスピンオフへ

9:28am JST

[5日 ロイター] - 米航空宇宙大手ボーイングは5日、ベンチャーキャピタル部門のホライゾンXをスピンオフする計画を発表した。航空宇宙に特化した米プライベートエクイティ企業のAEインダストリアル・パートナーズ(AEI)と提携し、より大きな投資ファンドを構築する。

ホットストック:ニコンが大幅高、通期見通しの上方修正を好感

9:17am JST

[東京 6日 ロイター] - ニコンが大幅高となっている。前日の第1・四半期決算発表で、通期見通しを上方修正したことが好感された。

ホットストック:任天堂が売り気配、見通し据え置きなど嫌気 高い進ちょく評価も

9:04am JST

[東京 6日 ロイター] - 任天堂が売り気配となっている。2021年4―6月期の営業減益や22年3月期の通期見通し据え置きを5日に発表し、嫌気する動きが先行している。一方、市場では4―6月期の進ちょく率は高いとの評価もある。同社は自社株買いと株式消却の方針も発表している。

公募投信の資金動向(8月4日分)=野村総合研究所

8:04am JST

[東京 6日 ロイター] - 2021年8月4日 純資産 ―推計純設定額― 合計 当日 当月累計 総合 1,405,945 286 746 国内株式 97,565 -373 -295 海外株式 337,847 663 906 国内債券 43,384 11 51 海外債券 106,189 2 65 マルチアセット 124,095 34 106 国内不動産投信 29,555 -12 -18 海外不動産投信 45,868 -33 -78 注)単位:億円、純設定額は設定額から解約額を差し引いた額  

FRBの銀行自己資本要件、ゴールドマンとモルガンSが13%台と最大

6:29am JST

[ワシントン 5日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は5日、今年の銀行ストレステスト(健全性審査)の結果を踏まえ、各行に求める自己資本比率を発表した。10月1日付で適用する。

米AIG、第2四半期利益が予想上回る 保険事業など好調

5:53am JST

[5日 ロイター] - 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が5日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、全般的な保険事業と退職金事業が好調だったことで、利益が予想を上回った。

〔需給情報〕7月第4週、海外投資家が日本株を24億円買い越し=現物先物合計

2021年 08月 5日

[東京 5日 ロイター] - 7月第4週(7月26─7月30日)の海外投資家に よる日本の現物株と先物合計の売買は、24億円の買い越し(前週は6509億円の売り 越し)となった。買い越しは5週ぶり。個人は123億円の買い越し(同2564億円の 買い越し)、信託銀行は5億円の売り越し(同798億円の買い越し)だった。 東京証券取引所がまとめた同期間の2市場投資部門別売買状況によると、現物株は海 外投資家が579億円の売り越し(前週は3133億円の売り越し)となった。売り越し は2週連続。個人はわずかにプラスで2週連続の買い越し。信託銀行は3週連続で買い越 した。 大阪取引所が同日公表した同期間の先物・オプションの投資部門別取引状況では、指 数先物(日経平均先物・TOPIX先物のラージ・ミニ、JPX日経400先物、マザー ズ指数先物の合計)で海外投資家は603億円の買い越しだった。 <海外投資家の売買推移(億円)> 現物 先物 合計 2021年5月第4週 3,7

UPDATE 1-〔表〕きょうの投信設定(5日)=2本、2000万円

2021年 08月 5日

(設定額を追加し、本数を2本へ変更しました。) [東京 5日 ロイター] - 注)手数料は上限。税込み。単位は%。  信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該ファンドの信託報酬の ほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに関する信託報酬その他がかかる場合があ ります。 設定日 8月5日 ファンド名 ダイワファンドラップ 債券総 合戦略セレクト/複合資産戦略 セレクト 運用会社 大和 設定上限額 各1000万円、合計2000万円 設定額 債券総合戦略セレクト1000万円 / 複合資産戦略セレクト1000万 円 分類 追加型/内外/債券 手数料 販売会社が決定 信託報酬 債券総合戦略セレクトは0.484/複合 資産戦略セレクトは0.374 販売

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
日本郵船株式会社 7,640.00 -2.18 8,090,300
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 583.50 +0.62 7,015,700
株式会社商船三井 6,790.00 -1.45 2,461,700
JXTGホールディングス株式会社 462.30 -0.06 1,958,600
ティアック株式会社 117.00 -3.31 886,000
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,573.50 +0.32 654,200
株式会社IHI 2,477.00 +0.65 326,400
株式会社東芝 4,820.00 +0.31 145,100
株式会社キムラタン 23.00 +0.00 73,700
宇部興産株式会社 2,188.00 +0.69 65,800
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円