エディション:
日本

銘柄速報:新規上場のHEROZは初日値付かず、1万0350円買い気配で終了

3:02pm JST

[東京 20日 ロイター] - *この記事は見出しのみの速報です。 記事の全文

ホットストック:豆蔵HDなど底堅い、硫黄山噴火で関連銘柄を物色

9:51am JST

[東京 20日 ロイター] - 豆蔵ホールディングスがしっかり。気象庁は19日、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山・えびの高原(硫黄山)の噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げたと発表した。同社は登山者の遭難防止対策として、地理空間情報(G空間情報)を活用した国土交通省の社会実証プロジェクトに参画した過去がある。関連銘柄としての思惑から買いが入っているようだ。このほか、赤外線サーモグラフィーを手掛ける日本アビオニクス、地質調査大手の応用地質、防毒マスクの重松製作所も底堅い。

ホットストック:栄研化が反発、19年3月期営業益5割増との報道

9:33am JST

[東京 20日 ロイター] - 栄研化学が反発。2019年3月期に連結営業利益が前期推定比5割増の45億円程度になりそうだと伝わり、材料視されている。日本経済新聞が20日付朝刊で報じた。同紙によれば、便潜血検査用試薬などの販売が好調に推移するほか、研究開発費の減少も利益押し上げる。18年3月期の営業利益は、前の期比23%減の30億円程度になりそうだという。会社側の予想は同25%減の21億8000万円。

ホットストック:半導体・電子部品株が軟調、台湾TSMCのスマホ需要鈍化見通しで

9:25am JST

[東京 20日 ロイター] - 村田製作所や日東電工、TDK、ロームなど電子部品・半導体株が軟調。東京エレクトロンやSUMCO、信越化学工業、ディスコ、SCREENホールディングスなど、半導体製造装置メーカーの株価も軒並み安となっている。

ホットストック:スター・マイカが続伸、自己株消却を材料視

9:16am JST

[東京 20日 ロイター] - スター・マイカが続伸。同社は19日、発行済み株式総数の5.1%に相当する97万1288株を5月7日に消却すると発表した。再放出による潜在的な需給悪化懸念が後退したとの見方から買いが先行している。

ホットストック:武田薬が続落、シャイアー買収の協議継続 増資懸念も

9:07am JST

[東京 20日 ロイター] - 武田薬品工業が続落。同社は19日、アイルランドの製薬会社シャイアーに提示した630億ドル規模の買収案が拒否されたものの、買収を巡る協議は継続していることを明らかにした。武田薬の提示額(1株当たり46.50ポンド)は、現金17.75ポンド(支払いはドル建て)と、28.75ポンド分の武田薬の新株で構成される。先月に買収検討が報じられた時点と比べ、買収規模は6.5兆円超とより巨額になった。財務面での負担や、新株発行による1株利益の希薄化を懸念した売りが優勢となっている。

ホットストック:ユニー・ファミマ買い気配、伊藤忠がTOBで子会社化 1株1万1000円

9:06am JST

[東京 20日 ロイター] - ユニー・ファミリーマートホールディングスが買い気配。伊藤忠商事が19日、ユニー・ファミマに株式公開買い付け(TOB)を行うと発表したことが材料視されている。1株1万1000円で、所有割合50.1%を上限に取得する予定。伊藤忠は現在41.45%の株式を保有している。買い付け株数に下限は設けていない。買い付け代金は1203億円。連結子会社化し、これまでの原料調達や製造・中間流通の合理化に加え、電子マネー、クレジット、ポイント、IDを含む金融事業の開発、アジアを含む海外事業の強化などにグループとして取り組む体制を作る。ユニー・ファミマはTOBに賛同しており、TOB実施後も上場は維持する。伊藤忠は小高い。

ホットストック:西部電工業が買い気配、業績・配当予想を上方修正

9:03am JST

[東京 20日 ロイター] - 西部電気工業が買い気配で始まっている。19日に発表した2018年3月期業績予想と配当予想の上方修正を好感した。連結営業利益は従来予想の11億円から14億5000万円に引き上げた。情報通信工事での完成工事の増加や原価率の改善が寄与した。期末配当予想は65円から89円(うち24円は特別配当)に引き上げた。

銘柄速報:新規上場のHEROZが買い気配、差し引き約102万株

9:00am JST

[東京 20日 ロイター] - *この記事は見出しのみの速報です。

ホットストック:TATERUが10%超す下げ、アパート関連銘柄に売り圧力

2018年 04月 19日

[東京 19日 ロイター] - アパート経営向けアプリなどのプラットフォームを提供するTATERUが急落。下落率は10%を超え、後場も下げ幅を拡大している。特に材料は観測されていないが、前日にはシャアハウス「かぼちゃの馬車」の投資トラブルに続き、中古マンション投資の融資での不正が一部で報じられたスルガ銀行が19%安となった。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 195.30 +0.15 103,068,200
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 716.30 +0.27 62,119,600
ティアック株式会社 43.00 +2.38 52,377,000
株式会社東芝 285.00 -1.38 20,562,000
東京電力ホールディングス株式会社 456.00 -0.22 16,501,500
株式会社ジャパンディスプレイ 152.00 -1.94 9,297,200
野村ホールディングス株式会社 636.90 +0.08 8,846,900
日本郵船株式会社 2,308.00 +1.81 1,978,000
株式会社商船三井 3,330.00 +4.06 1,742,900
株式会社キムラタン 40.00 +2.56 84,000
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円