エディション:
日本

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維持=S&P

6:58am JST

[23日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバルは23日、イタリアのソブリン格付け見通しを「安定的」に引き上げた。格付けは「BBB/A─2」で確認した。記事の全文

NY市場サマリー(23日)米株はまちまち、ドルは週間で1%下落

6:34am JST

[23日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨に対して小幅安。米大統領選を控え、追加の新型コロナウ イルス経済対策を巡る協議に不透明感が漂う中、週間ベースでは約1%の下落となる見込 み。 トランプ大統領とムニューシン財務長官は23日、追加の経済対策について、適切な 合意であれば支持するとしつつも、合意には民主党のペロシ下院議長の妥協が必要との認 識を示した。 これに先立ち、ペロシ下院議長は、大統領選前に合意できる可能性はまだ残っている としながらも、トランプ大統領の行動次第との考えを示していた。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョ ー・マニンボ氏は、市場がバイデン氏勝利を織り込むとともに、年末までの刺激策をなお 期待していると指摘。「大胆な景気刺激策への期待感で、今週はリスク選好度が優勢とな り、ドルは後手に回っている」と述べた。 ドル指数は0.23%安。週間では1%下落した。 BKアセット・マネジメントのFX戦略マネジングディレクター、ボリス・シュロス バーグ氏は、選挙結果を

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連銀

6:31am JST

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀幹部ローリー・ローガン氏は23日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、米債市場が3─4月に直面したような急激な流動性逼迫が再び発生するリスクが依然存在するとの認識を示した。

仏、英との通商交渉で軟化か、漁業権で妥協の可能性=関係筋

6:29am JST

[パリ/ブリュッセル 23日 ロイター] - フランス政府が英欧州連合(EU)離脱後の漁獲量の減少に向け、水産業向けの対策について準備を進めていることが、業界関係者の話で分かった。EUが英国との通商合意を成立させるために妥協に備えている可能性がある。

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差し止め維持

6:25am JST

[23日 ロイター] - 米カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地裁は23日、中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」のダウンロードを禁じる米政府の措置を一時的に差し止めた9月の決定を維持する判断を示し、司法省が求めた差し止め保留の訴えを退けた。

再送-NY外為市場=ドルが週間で1%下落、コロナ懸念や大統領選控え

6:25am JST

(見出しを修正しました) [ニューヨーク 23日 ロイター] - ドル/円 NY終値 104.69/104.72 始値 104.67 高値 104.88 安値 104.65 ユーロ/ドル NY 1.1859/1.1863 終値 始値 1.1847 高値 1.1864 安値 1.1826 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して小幅安 。米大統領選を控え、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議に 不透明感が漂う中、週間ベースでは約1%の下落となる見込み。 トランプ大統領とムニューシン財務長官は23日、追加の経済対策 について、適切な合意であれば支持するとしつつも、合意には民主党の ペロシ下院議長の妥協

米金融・債券市場=10年債利回り低下、コロナ対策の行方注視

6:20am JST

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標 17時05分 93*24.00 1.6410% 銘柄) 前営業日終 93*11.50 1.6580% 値 10年債(指標銘 17時05分 97*31.00 0.8413% 柄) 前営業日終 97*29.00 0.8480% 値

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(23日)

6:03am JST

[23日 ロイター] - 円 104.69/104.72 ユーロ 1.1859/1.1863 スイスフラン 0.9042/0.9046 英ポンド 1.3040/1.3044 カナダドル 1.3121/1.3125 オーストラリ 0.7135/0.7141 アドル ニュージーラ 0.6692/0.6696 ンドドル メキシコペソ 20.8680/20.8830 デンマークク 6.2736/6.2746 ローネ ノルウェーク 9.2355/9.2395 ローネ スウェーデン 8.7472/8.7502 クローナ シンガポール 1.3573/1.3578 ドル 香港ドル 7.7500/7.7502 インドルピー 73.8290/73.8550 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

UPDATE 1-英アストラゼネカ、米でコロナワクチン治験再開

6:01am JST

[23日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカは23日、米国内で中断している新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)について、米食品医薬品局(FDA)から承認が得られたとして再開したことを明らかにした。

米国株式市場=まちまち、コロナ対策協議にらみ不安定な展開

5:56am JST

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場はまちまち。追加の新型コロ ナウイルス経済対策協議の行方をにらみ値動きの激しい展開となる中、ナスダック総合<. IXIC>とS&P総合500種は続伸して終了。ダウ工業株30種は小反落し た。 民主党のペロシ下院議長は、追加コロナ経済対策を巡り、大統領選前に合意できる可 能性はまだ残っているとしながらも、トランプ大統領の行動次第との考えを示した。一方 、トランプ大統領とムニューシン財務長官は、適切な合意であれば支持するとしつつも、 合意にはペロシ下院議長の妥協が必要との認識を示し、米国家経済会議(NEC)のカド ロー委員長は大統領選前の合意は難しいと述べた。 アリー・インベストのチーフ投資ストラテジスト、リンジー・ベル氏は「ここ数週間 、刺激策を巡る動きが相場を主導しており、この日の動きにも色濃く反映された」と指摘 。「市場は刺激策の実施を確信しているが、実施の時期を把握したいと考えている」と述 べた。 追加コロナ対策を巡る不透明感から、主要3指数は週間でそろって下落。ダウは0. 9%

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 425.80 +0.85 40,219,500
東京電力ホールディングス株式会社 288.00 +1.41 7,914,100
野村ホールディングス株式会社 497.80 +1.57 7,204,700
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,322.00 +0.95 5,989,300
株式会社ジャパンディスプレイ 51.00 +0.00 3,379,300
株式会社東芝 2,864.00 +0.92 1,370,600
日本郵船株式会社 2,018.00 +0.80 1,229,300
株式会社商船三井 2,489.00 +2.39 1,045,700
ティアック株式会社 123.00 +0.82 140,500
株式会社キムラタン 26.00 +0.00 87,700
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円