エディション:
日本

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

8:10pm JST

(表は本文の下に表示しています。配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 中国・香港株式市場は上昇。中国株は2カ月ぶりの大幅高となった。中国当局が、国 内金融市場の混乱を受けて、投資家の懸念払拭に動いたことが背景。 中国国営メディアも、人民元建て資産は依然として魅力的であり、短期的な市場のパ ニックは長期的な価値を反映していないとの論評記事を掲載した。[nL4N2P5 0Q8] 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は89.792ポイント(1.89%)高の4850.275。 上海総合指数終値は50.1345ポイント(1.49%)高の3411. 7240。 ただ週間では、それぞれ4.7%、3.9%下げている。 深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」指数<.CHINEXTC >は5.3%高。今週の下落分をほぼすべて取り戻した。 ハンセン指数終値は841.44ポイント(3.30%)高の2万6315. 32。今週の下落記事の全文

中国の滴滴、株式非公開化検討とWSJ報道 会社側「うわさ」と否定

8:03pm JST

[29日 ロイター] - 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は29日、中国配車サービス最大手の滴滴出行(ディディ)が株式非公開化を検討していると報じた。中国政府の懸念を払しょくし、株価下落による投資家の損失を補てんする目的だという。

中国・香港株式市場・大引け=大幅高、当局が投資家の懸念払拭

6:55pm JST

(表は本文の下に表示しています) [香港/北京 29日 ロイター] - 中国・香港株式市場は上昇。中国株は2カ月 ぶりの大幅高となった。中国当局が、国内金融市場の混乱を受けて、投資家の懸念払拭に 動いたことが背景。 中国国営メディアも、人民元建て資産は依然として魅力的であり、短期的な市場のパ ニックは長期的な価値を反映していないとの論評記事を掲載した。[nL4N2P5 0Q8] 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は89.792ポイント(1.89%)高の4850.275。 上海総合指数終値は50.1345ポイント(1.49%)高の3411. 7240。 ただ週間では、それぞれ4.7%、3.9%下げている。 深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」指数<.CHINEXTC >は5.3%高。今週の下落分をほぼすべて取り戻した。 ハンセン指数終値は841.44ポイント(3.30%)高の2万6315. 32。今週の下落率は3.7%に縮小した。

東京マーケット・サマリー・最終(29日)

6:22pm JST

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 109.84/86 1.1866/70 130.36/40 NY午後5時 109.90/93 1.1842/46 130.15/19 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点より小安い109円後半。日本 時間きょう未明に伝わった米連邦公開市場委員会(FOMC)声明や 米連邦準備理事会(FR B)のパウエル

〔需給情報〕日経225期近でABNクリアが売り越しトップ=29日先物手口

5:21pm JST

日本取引所が公表している先物取引手口情報 (日中)によると、29日の市場では、日経 225期近でABNクリアが売り越しトップ 、野村が買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではバークレイズが売 り越しトップ、モルガンMUFGが買い越し トップとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2021年07月29日 21年09月限 売り 買い 差し引き ABNクリア 12379 10699

新規上場日程一覧(29日現在) 「メディア総研」 「モビルス」

5:18pm JST

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧にな れます 。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をク リック してご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単 上場 公募・売り出し(追加 仮条件 公開 主幹事 位

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線奪回ならず

4:10pm JST

[東京 29日 ロイター] - <16:04> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線奪回ならず 日経平均・日足は「小陽線」となった。このところ攻防が続く200日移動平均線( 2万7804円68銭=29日)に上値を押さえられた。ザラ場でも上回っておらず、引 き続き頭の重さがつきまとう。5月以来、急落時に2万7500円を割り込んだ水準で下 げ止まっており、目先の下値めどは20日安値(2万7330円15銭)と見込まれる。 <15:45> 新興市場は反発、「局所的に物色」の動き 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場で は「局所的に物色する動きがみられた。ただ、相場全体に良い流れは波及してきておらず 、自律反発の域を出ない」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.58%高。メルカリ やビジョナル の 上昇が寄与。グローバルウェイ やサーキュレーション がストップ高とな った一方、前日に新規株式公開(IPO)したブレイン

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、「局所的に物色」の動き

3:51pm JST

[東京 29日 ロイター] - <15:45> 新興市場は反発、「局所的に物色」の動き 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場で は「局所的に物色する動きがみられた。ただ、相場全体に良い流れは波及してきておらず 、自律反発の域を出ない」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.58%高。メルカリ やビジョナル の 上昇が寄与。グローバルウェイ やサーキュレーション がストップ高とな った一方、前日に新規株式公開(IPO)したブレインズテクノロジー はさえな かった。 新規上場のデリバリーコンサルティング の初値は1472円で、公開価格を 54.9%上回った。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.58%高。SEホールディングス・アンド・ インキュベーションズ がストップ高となった一方、総合商研 は軟調だっ た。 <13:30> 日経平均は高値圏、

東京株式市場・大引け=反発、好決算銘柄が人気化 上値追いは慎重

3:27pm JST

[東京 29日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発した。注目された米 連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した安心感に加え、アジア株の堅調さも支援とな り終始しっかり推移した。好決算銘柄を物色する動きが活発化したものの、戻り売りや新 型コロナウイルスの感染拡大への警戒感から、上値追いには慎重となった。 28日の米国株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ検討 は程遠いとの認識を示したことを受け、S&P総合500種がほぼ横ばいで終了。 ダウ30種はマイナスだが、ナスダック総合は上昇した。FRBは27─ 28日に開いたFOMCで、米経済の回復は引き続き順調との見方を示した。 FOMCを無事通過した安心感や、日経平均で2万7500円台の割安感から、朝方 は買い優勢で始まった。アドバンテスト、日産自動車、SCREENホ ールディングスなど前日に通期予想の上方修正を発表した銘柄がにぎわい、マー ケット参加者の企業業績に対する関心の高さがうかがわれた。 もっとも、上値では戻り売りへの警戒感や、感染拡大への懸念が重

〔需給情報〕7月第3週、海外投資家が日本株を6509億円売り越し=現物先物合計

3:16pm JST

[東京 29日 ロイター] - 7月第3週(7月19─7月21日)の海外投資家による日本の現物 株と先物合計の売買は6509億円の売り越し(前週は858億円の売り越し)となった。売り越しは4週 連続。個人は2564億円の買い越し(同2175億円の売り越し)、信託銀行は798億円の買い越し( 同1792億円の売り越し)だった。 東京証券取引所がまとめた同期間の2市場投資部門別売買状況によると、現物株は海外投資家が313 3億円の売り越し(前週は1101億円の買い越し)となった。売り越しは3週ぶり。個人は2週ぶりの買 い越し。信託銀行は2週連続で買い越した。 大阪取引所が同日公表した同期間の先物・オプションの投資部門別取引状況では、指数先物(日経平均 先物・TOPIX先物のラージ・ミニ、JPX日経400先物、マザーズ指数先物の合計)で海外投資家は 3375億円の売り越しだった。 <海外投資家の売買推移(億円)> 現物 先物 合計 2021年5月第3 -2,269

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 584.70 -0.41 32,641,300
JXTGホールディングス株式会社 463.50 +0.04 11,418,900
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,571.00 -0.41 4,397,600
日本郵船株式会社 5,500.00 +1.29 2,976,400
株式会社東芝 4,690.00 +1.63 2,313,600
株式会社商船三井 5,030.00 +1.62 2,046,600
株式会社IHI 2,542.00 +0.87 1,100,100
宇部興産株式会社 2,216.00 -0.27 303,100
ティアック株式会社 122.00 -1.61 178,400
株式会社キムラタン 23.00 -4.17 126,600
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円