エディション:
日本

NY市場サマリー(2日)ドル下落、S&P小幅安 利回りほぼ変わらず

7:09am JST

[2日 ロイター] - <為替> ドルが下落した。好調な米雇用統計を受け序盤はドルが上 昇したものの、米連邦準備理事会(FRB)当局者が利上げペースの鈍化について言及したほか、利益確定 売りが優勢となった。 米労働省が2日発表した11月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は26万3000人増で予想 を上回った。これを受け、ドルは序盤に急伸した。 ただ、週末を控えた利益確定売りやFRB当局者の発言を受けドルは下げに転じた。 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は2日、シカゴで開かれたイベントで、利上げペースを減速させる可 能性は高いとしながらも、「フェデラルファンド(FF)金利のピークは少し高くする必要があるだろう」 と述べた。 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は2日、米国では労働者不足が持続する公算が大きく、労働需 要の均衡を回復させるFRBの取り組みを複雑にしているという認識を示した。 ドル指数は0.13%安の104.50。ユーロ/ドルは0.10%高の1.053 7ドルと6月28日以来の高値を付けた ドル/円は0.7記事の全文

米国株式市場=S&P小幅安、米雇用統計受け

7:06am JST

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国株式市場はS&P 総合500種が小幅安で取引を終えた。11月の米雇用統計を受け、米 連邦準備理事会(FRB)がインフレ対策としての利上げ路線を維持す るとの見方が強まった。 米労働省が2日発表した11月の雇用統計によると、非農業部門雇 用者数は26万3000人増で予想を上回った。失業率は3.7%で横 ばいだった。 オールスプリング・グローバル・インベストメントのシニア・イン ベストメント・ストラテジスト、ブライアン・ジェイコブセン氏は「賃 金の伸びは8月から上昇トレンドにある」と指摘。「FRBの利上げ一 服にはこのトレンドの反転を確認する必要がある」とし、それまでは利 上げが続くだろうと述べた。 主要株価指数は日中に少なくとも1%下げたが、その後下げ渋った 。ダウ工業株30種は小幅高に転じた。 CFRAリサーチのチーフ投資ストラテジスト、サム・ストボール 氏は「どちらかと言えば、株式市場がきょうの安値から値を戻したこと に勇気づけられる。少なくとも12月の季節的要因による上昇が期待さ れていることの

シカゴ日経平均先物(2日)

6:42am JST

[2日 ロイター] - シカゴ日経平均 清算値 前日大阪比 始値 高値 安値 コード  ドル建て12月限 27705 -55 28000 28055 27505  円建て12月限 27710 -50 28005 28050 27500 (暫定値) (

欧州市場サマリー(2日)

4:03am JST

[2日 ロイター] - <ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。 金融株や生活必需品株の上昇が、石油大手の下落に相殺された。米雇用統計が市場予想よ り強い内容だったことも投資家心理の重しとなった。週間ベースではFTSE100種指 数は0.93%高と、3週連続で上昇した。 2日の取引で、中型株で構成するFTSE250種指数は0.24%下落し た。 石油大手のBP、シェルはそれぞれ1.7%、0.7%下げた。 11月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加幅が市場予想を上回った。景気後退 を巡る懸念が強まっているものの、賃金も上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が利上 げを継続する可能性が高まり、市場のムードを暗くした。 イングランド銀行(英中央銀行)が1日に発表した調査では、英企業が物価上昇圧力 は弱まっているという見方を示しているが、雇用や投資は減少させると警告していること が分かった。 個別銘柄では、衣料品・食品大手のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(A Bフーズ)が5.0%と大幅上昇。複数の証券会社によるポジティ

欧州株式市場=反落、週間は7週連続上昇

4:01am JST

[2日 ロイター] - 欧州株式市場は3日ぶりに反落して取 引を終えた。エネルギー株やテクノロジー銘柄が売られたのが相場の重 しとなった。 ただ、中国の経済活動再開の兆しや利上げ懸念の緩和からSTOX X欧州600種指数は週間では0.58%上昇し、2021年 4月以降で最長となる7週連続上昇となった。 2日は石油・ガス株指数が1.06%、テクノロジー株指 数が0.47%それぞれ下落。不動産株指数が1.3 4%高、小売株指数も0.70%上昇したのを相殺した。 金利に敏感なテクノロジー株が下落したのは、11月の米雇用統計 で就業者数増加幅が予想を上回って賃金も上昇したのを受け、米国債に 続いてユーロ圏の利回りも上昇したのが一因。 インタラクティブ・インベスターの投資責任者、ビクトリア・スコ ラー氏は「リスクオン志向の後で利益確定売りが出たようだ。中国の経 済再開への期待が上昇を後押ししていた」と述べた。 個別銘柄では、フランスの製薬大手サノフィが1.9% 下落。希少疾患用バイオ医薬品メーカーのホライゾン・セラピューティ クスを買収する場

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、週間は3週連続上昇

3:08am JST

[2日 ロイター] - ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引 を終えた。金融株や生活必需品株の上昇が、石油大手の下落に相殺され た。米雇用統計が市場予想より強い内容だったことも投資家心理の重し となった。週間ベースではFTSE100種指数は0.93% 高と、3週連続で上昇した。 2日の取引で、中型株で構成するFTSE250種指数は 0.24%下落した。 石油大手のBP、シェルはそれぞれ1.7%、0. 7%下げた。 11月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加幅が市場予想を上 回った。景気後退を巡る懸念が強まっているものの、賃金も上昇した。 米連邦準備理事会(FRB)が利上げを継続する可能性が高まり、市場 のムードを暗くした。 TSロンバードの戦略責任者、アンドレア・チッチョーネ氏は「今 日の雇用統計は、中央銀行が金融環境の緩和を認められるようになるま でに、まだ道のりがあることを示している」と述べた。 イングランド銀行(英中央銀行)が1日に発表した調査では、英企 業が物価上昇圧力は弱まっているという見方を示しているが、雇用や投 資は減

22年のクレジットファンド流出、21年の流入打ち消す=BofA調査

1:40am JST

[ロンドン 2日 ロイター] - 米バンク・オブ・アメリカ(BofA)グローバルリサーチが2日発表したEPFRデータに基づく資金動向リポートによると、2022年にクレジットファンドから3160億ドルが流出し、21年の資金流入分が打ち消された。

アジア株式市場サマリー:引け(2日)

2022年 12月 2日

(配信時間に応じて内容を更新します。) [2日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、前日の米製造業景況指標が低調 な数字となる中、軒並み下落した。 フィリピン市場が大きく下落。フィリピン中銀が今月の利上げを予告し市場のリスク 志向が後退した。 中国・香港株式市場は反落。政府の支援策にもかかわらず、不動産部門の低迷が長期 化するとの懸念が背景。厳格な新型コロナウイルス規制を巡っても、経済活動の再開には 紆余曲折があるとの指摘が出ている。 不動産開発株が下げを主導。本土市場の不動産開発株が2.9%安。香 港市場の本土不動産開発株も2.5%下落した。 金融株も1%近く下落。不動産不況や景気減速で中国金融システムの安定へ のリスクが高まっているとムーディーズが指摘した。 ただCSI300指数は週間で2.5%上昇と1カ月ぶりの大幅上昇を記録。ハンセ ン指数も週間で6.3%上昇した。 ソウル株式市場は、米雇用統計を控えた警戒感を背景に4営業日ぶりに反落。週間ベ ースで3週続落で引けた。 半導体株が押し下げた。週間では

11月の世界食料価格、8カ月連続低下=国連機関

2022年 12月 2日

[パリ 2日 ロイター] - 国連食糧農業機関(FAO)が2日発表した11月の食料価格指数は135.7と、前月の135.9から小幅に低下した。

東京マーケット・サマリー・最終(2日)

2022年 12月 2日

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 134.63/65 1.0528/32 141.75/79 NY午後5時 135.37/30 1.0522/26 142.41/45 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の 134円後半。米金利の低下を背景に東京市場でもドルは上値が重く、夕刻に入って、ド ルは134円台に下落した。  レポート全文: <株式市場> 終値 前日比

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 738.70 -1.24 48,342,100
JXTGホールディングス株式会社 457.30 -1.66 23,068,600
日本郵船株式会社 3,041.00 -1.17 13,295,800
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,659.50 -1.07 9,747,000
株式会社商船三井 3,340.00 -0.45 6,975,700
株式会社東芝 4,513.00 -2.78 3,260,600
株式会社IHI 3,650.00 -2.01 1,852,800
宇部興産株式会社 1,966.00 -1.45 421,600
ティアック株式会社 117.00 -1.68 239,400
株式会社キムラタン 20.00 +0.00 122,800
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円