エディション:
日本

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、マザーズは反落 ジャスダックは続伸

3:52pm JST

[東京 27日 ロイター] - <15:38> 新興市場はまちまち、マザーズは反落 ジャスダックは続伸 新興株市場は、まちまちの動きとなった。東証マザーズ指数が反落した一方、日経ジ ャスダック平均は続伸した。 マザーズ総合は前営業日比0.46%安。指数寄与度の大きいフリー やFR ONTEO 、メルカリ などの下げが重しとなった。一方、緊急事態宣言 が30日に全面解除されるとの思惑からHANATOUR JAPAN やアドベ ンチャー といったリオープン(経済再開)銘柄が物色された。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.22%高。リオープン関連ではABホテル<6 565.T>などの上昇が目立った。一方、東映アニメーション はさえなかった。 <13:14> 日経平均はマイナス転換、ソフトバンクGが上げ幅縮小 日経平均は後場入り後に上げ幅を縮小し、一時マイナスに沈んだ。その後は前営業日 終値付近での小動きとなっている。記事の全文

東京マーケット・サマリー(27日)

3:51pm JST

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後3時現在 110.62/64 1.1719/23 129.65/69 NY午後5時 110.72/75 1.1714/18 129.75/79 午後3時のドル/円は、前週末のNY市場終盤(110.72/75円)に比べて若 干ドル安/円高の110.62円付近で推移した。午前の取引では一時110.79円の 高値を付けたが、米長期金利が低下基調になるとドルも下落した。その後、米金利の下げ が一服するとドルも110円半ばで下げ止まり、円高が進行する雰囲気はみられなかっ

東京株式市場・大引け=小幅反落、中国株安が重し 権利取りの買いは支えに

3:45pm JST

[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。中国株 の軟調な動きが嫌気され、戻り待ちの売りが重しとなった。一方、月末が近づき、配当権 利取りが活発化したほか、新型コロナウイルスの新規感染者数が減少し、緊急事態宣言の 期限通りの解除の思惑が下支えした。 前週末の米国株式市場では、ダウ工業株30種とS&P総合500種が 小幅続伸。バイデン米大統領が掲げる大型の歳出法案や超党派インフラ投資法案を巡る進 展が注目された。 週明けの日本株は、好地合いを引き継いで上昇してスタート。明日の配当権利確定日 を控えた権利取りの動きが相場を支えたとの見方もある。時間外取引で米株先物が堅調に 推移したことも好感され、上海株や香港株がプラスで始まると上げ幅が拡大した。 米金利上昇を受けて銀行株が買われたほか、新型コロナウイルス新規感染者数の減少 を受けてリオープン(経済再開)関連銘柄が人気化した。 ただ、その後に上海株がマイナスに沈み、香港株も上げ幅を削った。これが投資家心 理の重しとなり、指数寄与度の大きいソフトバン

中国人利用者との関係断絶急ぐ、仮想通貨取引所と関連サービス会社

3:15pm JST

[上海 27日 ロイター] - 中国当局が暗号資産(仮想通貨)の取引と採掘(マイニング)を全面的に禁止すると発表したことを受け、仮想通貨取引所と関連サービス提供会社は中国本土の顧客とのビジネス関係断絶を急いでいる。

中国・香港株式市場・前場=上海指数続落、電力供給不足巡る懸念で

3:12pm JST

[上海 27日 ロイター] - 中国株式市場の上海総合指数は続落して前場を終了 。最近の電力不足問題が景気見通しに影を落としつつある。一方、香港のハンセン指数は エネルギーや主要消費財が主導する形で上昇した。 上海総合指数前場終値は47.1230ポイント(1.30%)安の356 5.9443。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 前場終値は12.149ポイント(0.25%)高の4861.576。 香港株式市場のハンセン指数も小反発。前場終値は67.59ポイント(0. 28%)高の2万4259.75。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は0.27ポイント(0.0 0%)安の8604.72。 ここ数週間の電力不足の深刻化を受け、上海のエネルギー株指数は1.6% 下落。北京市は冬の需要期が近づくのを前に、電力の供給不足を解消し、電力価格の上昇 を抑える方針を示した。 二酸化炭素(CO2)の排出量削減目標や石炭の価格高騰と供給不足を背景とする電 力制限で一部の企業は生産に混乱が生じており、

〔需給情報〕9月第3週、海外投資家が日本株を2393億円買い越し=現物先物合計

3:11pm JST

[東京 27日 ロイター] - 9月第3週(9月13日─9月17日)の海外投資 家による日本の現物株と先物合計の売買は、2393億円の買い越し(前週は1兆058 6億円の買い越し)となった。買い越しは4週連続。個人は1100億円の売り越し(同 5210億円の売り越し)、信託銀行は1671億円の買い越し(同517億円の買い越 し)だった。 東京証券取引所がまとめた同期間の2市場投資部門別売買状況によると、現物株は海 外投資家が500億円の売り越し(前週は3010億円の買い越し)となった。売り越し は3週ぶり。個人は520億円の売り越しで4週連続の売り越し。信託銀行は3週連続で 売り越した。 大阪取引所が同日公表した同期間の先物・オプションの投資部門別取引状況では、指 数先物(日経平均先物・TOPIX先物のラージ・ミニ、JPX日経400先物、マザー ズ指数先物の合計)で海外投資家は2894億円の買い越しだった。 <海外投資家の売買推移(億円)> 現物 先物 合

東南アジア株式・中盤=まちまち

2:59pm JST

[27日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。 タイ市場のSET指数は小幅高。投資家らは、東南アジアで2番目 の経済規模を持つタイの輸出データが予想を下回ったことを材料視した 。また、29日に開催されるタイ中央銀行の政策決定会合に注目してい る。 観光業に依存するタイは先週、新型コロナウイルスワクチンを接種 済みの旅行者に隔離期間を設けずに入国を許可する計画を11月に延期 。また、公債の上限を引き上げ、ワクチン接種と刺激策の強化を発表し た。 市場は中国不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題に関する情報 の更新を待っていることから慎重だ。 時間 現在値 前日比 % シンガポ ST指数 14:44 3095.87 +34.52 +1.13 ール 前営業日終値

インド株式市場・序盤=3日続伸、自動車・銀行株に買い

1:28pm JST

[ベンガルール 27日 ロイター] - インド株式市場は3日続伸し最高値付近で 推移している。潤沢な流動性と新型コロナウイルスのワクチン接種進展を受け、祝日シー ズンを控える中、投資家心理は良好で、自動車や銀行株が買われている。 日本時間13時10分時点でSENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30 銘柄で構成)は309.29ポイント(0.52%)高の6万0357.76、 NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は72.05ポ イント(0.40%)高の1万7925.25。 インド 日本時間13時10 前日比 % 始値 分 SENSEX指数<. 60,357.76 + 309.29 + 0.52 60,303.79 BSESN> 前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス転換、ソフトバンクGが上げ幅縮小

1:19pm JST

[東京 27日 ロイター] - <13:14> 日経平均はマイナス転換、ソフトバンクGが上げ幅縮小 日経平均は後場入り後に上げ幅を縮小し、一時マイナスに沈んだ。その後は前営業日 終値付近での小動きとなっている。 プラスで始まった上海株が、マイナス転換し下げを拡大したことが投資家心理の重し となった。指数寄与度の大きいソフトバンクグループ は上げ幅を縮めている。 日本株は経済正常化や政策への期待から売りにくさが意識されるものの「高値で買っ た投資家の戻り待ちの売りが、ひとまず優勢となっているようだ」(国内証券)との声が 聞かれた。 <11:35> 前場の日経平均は続伸、配当権利取りが支え リオープン株が人気 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円81銭高の3万0358円6 2銭となり、続伸した。前週末の急な上昇に対して警戒感が生じているものの、月末が接 近し配当権利取りが活発化していることが株価の下支え要因となった。物色面では、米金 利上昇を受けて銀行株が買われたほ

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

12:47pm JST

(配信時間に応じて内容を更新します。) [27日 ロイター] - ソウル株式市場は反発。外国人投資家は8営業日連続で買い越している。た だ、中国不動産開発大手の中国恒大集団の債務問題に対する懸念から上値は抑えられた。 主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が0.52%高、同業のSKハイニックス<000660 .KS>が1.44%高。電池メーカーのLG化学は0.26%安、IT大手ネイバー は横ばい。 北朝鮮の開城工業団地に事業所を置く服飾メーカーのシンウォンは15%高と急上昇して いる。週末に南北朝鮮の協力関係への期待が高まった。 アーティスト・カンパニーの大株主であるバケット・スタジオは20%高と急上昇してい る。アーティスト・カンパニーは、24日にネットフリックスで世界1位を獲得したドラマ「イカゲーム」 で主役を演じた俳優イ・ジョンジェの所属事務所。 CAPE投資証券のアナリストは、海外勢が韓国株を買い総合株価指数を支えた一方、投資家は中国恒 大に関するデフォルト(債務不履行)リスクを引き続き注視していると述べた。 シドニ

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 676.50 +1.23 91,668,900
JXTGホールディングス株式会社 470.70 +1.53 24,872,600
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,652.50 +2.39 16,993,600
日本郵船株式会社 10,270.00 -6.55 16,545,900
株式会社商船三井 9,230.00 -6.48 11,461,200
株式会社キムラタン 24.00 +4.35 2,140,700
株式会社東芝 4,920.00 +0.20 2,030,900
株式会社IHI 2,668.00 +2.38 1,266,600
宇部興産株式会社 2,274.00 -1.17 759,400
ティアック株式会社 119.00 +2.59 402,000
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円