エディション:
日本

米金融・債券市場=利回り低下、新型コロナ巡る懸念でリスクオフ

7:11am JST

[22日 ロイター] - 米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標 17時05分 94*30.00 1.8466% <US30YT=RR 銘柄) > 前営業日終 94*12.50 1.8710% 値 10年債(指標 17時05分 98*01.50 1.0855% <US10YT=RR 銘柄) > 前営業日終 97*27.00 1.1070% 値 5年債(指標銘 記事の全文

ECB、借り入れコスト算出巡り3月理事会で討議=関係筋

4:01am JST

[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏の借り入れコストを計る方法について、3月の理事会で踏み込んだ討議を行う方針であることが複数の関係筋の話で分かった。

ユーロ圏金融・債券市場=伊債利回り上昇、解散総選挙懸念で

3:32am JST

[アムステルダム 22日 ロイター] - <金利・債券> 米東部時間13時7 分 *先物 清算値 前日比 前営業日 コード 終盤 3カ月物ユーロ 100.54 -0.01 100.55 独連邦債2年物 112.27 +0.02 112.25 独連邦債5年物 135.13 +0.12 135.01 独連邦債10年 177.16 +0.36 176.80 物 独

UPDATE 1-米上院委、イエレン財務長官の指名承認 本会議でも承認の公算

2:01am JST

[ワシントン 22日 ロイター] - 米上院財政委員会は22日、イエレン前連邦準備理事会(FRB)議長の財務長官への指名を全会一致で承認した。議員側近によると、財政委ので承認を受けこの日のうちに上院本会議で承認される公算がある。承認されれば、女性初の財務長官となる。

ECB、レーン専務理事の投資家との私的会合継続の是非検証=総裁

1:27am JST

[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は22日、レーン専務理事兼主任エコノミストが理事会後に一部のエコノミスト行っている私的な会合について、ECBは継続の是非を検証していると明らかにした。

米上院委、イエレン財務長官の指名承認 本会議で採決へ

12:28am JST

[ワシントン 22日 ロイター] - 米上院財政委員会は22日、イエレン前連邦準備理事会(FRB)議長の財務長官への指名を全会一致で承認した。今後、上院本会議で採決される。

東京マーケット・サマリー・最終(22日)

2021年 01月 22日

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY= > 午後5時現在 103.66/68 1.2155/59 126.01/05 NY午後5時 103.48/53 1.2162/66 125.91/95 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高 /円安の103円後半。ドルは国内勢の売りや週末を控えた海外勢のポジション調整 に押され 軟調気味

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反落で引け、くすぶる金利上昇懸念

2021年 01月 22日

[東京 22日 ロイター] - <15:10> 国債先物は反落で引け、くすぶる金利上昇懸念 国債先物中心限月3月限は前営業日比12銭安の151円86銭と反落して取引を終 えた。日欧の金利上昇懸念が強まる中、売りが優勢な展開となった。10年最長期国債利 回り(長期金利)は同0.5bp上昇の0.035%。 日銀の黒田東彦総裁は21日、長期金利の許容変動幅をさらに拡大する可能性につい て「点検の対象になると思うが、どういう結果になるのか予断を持って話すのは適切では ない」と話した。市場では「選択肢として残ったことで、金利上昇懸念がくすぶる」(国 内証券)と受け止められている。 一方、21日の欧州中央銀行(ECB)理事会では、パンデミック緊急購入プログラ ム(PEPP)の未使用枠について、声明文に「PEPPの購入枠を使い切らない資産購 入フローで好ましい資金調達条件を維持できれば、その枠を全て使用する必要はない」と 明記。ラガルド総裁も全額を使用しない可能性があるとあらためて示唆したことで、市場 では欧州債売りの材料となっ

NZ中銀、指標の発表を延期 サイバー攻撃によるデータ流出で

2021年 01月 22日

[ウェリントン 22日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は22日、今後数週間に予定していた経済指標の大部分について、発表を延期することを明らかにした。今月10日にデータシステムがサイバー攻撃を受け、データが流出したことを受けた。

〔マーケットアイ〕金利:流動性供給入札の結果は無難、国債先物は軟調継続

2021年 01月 22日

[東京 22日 ロイター] - <12:51> 流動性供給入札の結果は無難、国債先物は軟調継続 財務省が午後0時35分に発表した流動性供給入札(残存期間1年超5年以下)の結果は、最大利回り 格差が0.002%、平均利回り格差がマイナス0.002%となった。応札倍率は4.78倍と前回(3 .59倍)を上回った。「無難。特に相場に影響は与えていない」(国内銀行)という。 国債先物は軟調継続。先物中心限月3月限は前営業日比16銭安の151円82銭近辺で推移している 。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp上昇の0.035%。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.136 -0.127 0.005 12:39 5年 -0.116 -0.109 0.008 12:49 10年 0.034 0.041 0.00

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 483.00 -0.41 51,621,500
JXTGホールディングス株式会社 433.00 +0.84 21,353,500
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,407.50 +0.39 9,073,600
株式会社東芝 2,963.00 -1.23 2,234,500
日本郵船株式会社 2,633.00 +2.25 1,762,100
株式会社商船三井 3,015.00 +1.58 1,358,300
株式会社IHI 1,977.00 -0.85 960,900
ティアック株式会社 106.00 -2.75 492,500
宇部興産株式会社 1,937.00 +0.10 352,200
株式会社キムラタン 23.00 +0.00 115,000
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円