エディション:
日本

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は大幅反落で引け、超長期金利が急上昇

3:16pm JST

[東京 26日 ロイター] - <15:10> 国債先物は大幅反落で引け、超長期金利が急上昇 国債先物中心限月12月限は前営業日比69銭安の148円00銭と反落して取引を 終えた。新発10年国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.245%。10年 金利は0.25%手前で上昇が止まったが、海外中銀の大幅利上げ継続警戒から円債市場 でも先物や超長期債への売りが強まった。 日銀は21―22日に開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を全員一致で 決めた。一部の市場で根強い政策修正期待は後退したが、連休明けの円債市場では再び売 りが強まった。 市場では「日銀会合後の買い戻しの動きが一変してしまった。海外からの金利上昇圧 力が強い。超長期債など円債金利は魅力のある水準に上昇してきているが、9月期末が迫 り、投資家は買いに動きにくいようだ」(国内証券の債券セールス担当者)との声が出て いる。 「イギリスのポンド安やイタリアの政局などで、リスク回避ムードが強まっており株 安も進んでいる。債券がどんどん売られるとはみていないが、薄記事の全文

株式こうみる:市場は景気を見極め、反転の契機つかめず=いちよしAM 秋野氏

2:31pm JST

政策金利引き上げの織り込みは債券市場で進み、米金利の上昇はそろそろ一服となる可能性があるが、株式市場の警戒感は金利上昇から景気に移ってきている。

UPDATE 3-中国人民銀、外為フォワード取引の準備金再導入 元安抑制に向け

2:28pm JST

[上海 26日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は26日、人民元の下落ペースを減速させるため、一部の外国為替フォワード取引について準備金制度を再導入すると発表した。

〔マーケットアイ〕金利:日銀オペ結果は無難、国債先物は軟調継続

12:55pm JST

[東京 26日 ロイター] - <12:55> 日銀オペ結果は無難、国債先物は軟調継続 日銀が実施した中長期ゾーン対象の国債買い入れオペの結果について、市場では「波 乱なく通過したが、海外からの金利上昇圧力が強く、軟調地合いが続いている」(国内証 券)との声が聞かれた。 国債先物は軟調継続。中心限月12月限は前営業日比55銭安の148円14銭近辺 で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇の0.245% で前引けと変わらず。 また、日銀が発表した国庫短期証券(TB)買い入れの結果は、案分利回り格差が0 .013%、平均落札利回り格差は0.013%となった。応札額は6100億円、落札 額は1000億円。応札倍率は6.10倍と前回(5.96倍)から上昇した。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.067 -0.057 0.004 12:31 5年

1─7月のドイツ原油輸入、前年比13.5%増 ロシア産が最多

12:22pm JST

[フランクフルト 23日 ロイター] - ドイツ経済・輸出管理庁(BAFA)が23日公表した月間統計報告によると、今年1─7月の原油輸入量は前年同期比13.5%増の5100万トンだった。新型コロナウイルス禍から経済が回復したことが背景。

カナダ小売売上高、7月は7カ月ぶり減少 金利上昇を反映か

11:53am JST

[オタワ 23日 ロイター] - カナダ統計局が23日発表した7月の小売売上高は前月比2.5%減少した。減少は7カ月ぶりとなるほか、ロイターがまとめたアナリスト予想の2.0%減少より大幅な落ち込みとなった。

〔マーケットアイ〕金利:前場の国債先物は大幅反落、海外金利上昇が重し 長期金利0.245%

11:17am JST

[東京 26日 ロイター] - <11:07> 前場の国債先物は大幅反落、海外金利上昇が重し 長期金利0.245 % 国債先物中心限月12月限は、前営業日比54銭安の148円15銭と大幅反落して 午前の取引を終えた。海外金利上昇が重しとなった。新発10年国債利回り(長期金利) は同1.0ベーシスポイント(bp)上昇の0.245%。 きょうの国債先物は、世界の主要中銀が金融引き締めを続けるとの見方から欧米市場 で金利が上昇、債券安地合いが波及して寄り付きから売り優勢の展開が続いた。 また米10年債利回り(長期金利)が本日のアジア時間の取引で3.7 %台と、前週末の米国取引の大引け水準から再び上昇していることも相場の重しとなった 。 日銀は午前の金融調節で、中長期債対象の通常オペと、10年債のカレント3銘柄と チーペスト銘柄を利回り0.25%で無制限に買い入れる指し値オペをオファー。このう ち通常オペの「残存期間5年超10年以下」については、買い入れ額を前回に続き、四半 期予定で示した5000億円から5500億円に増額し

原油先物が小反発、ドル高が頭抑える

11:03am JST

[メルボルン 26日 ロイター] - 原油先物はアジア時間26日序盤の取引で小反発。先週末はドル高に加え、主要国の大幅利上げによるリセッション(景気後退)や原油需要減退の懸念で8カ月ぶりの安値を付けた。

中国債券ファンドが資金流入制限、株価低迷などで逃避買い加速

10:30am JST

[上海 24日 ロイター] - 株価低迷や銀行の預金金利引き下げを受け、債券商品に資金をシフトする動きが見られる中、中国の債券ファンドの多くが募集を停止したり、募集額に上限を設けたりしている。

〔マーケットアイ〕金利:日銀が中長期債の通常オペ通告、5─10年は前回に続き増額 指し値も

10:18am JST

[東京 26日 ロイター] - <10:12> 日銀が中長期債の通常オペ通告、5─10年は前回に続き増額 指し 値も 日銀は午前10時10分の金融調節で、国債の買い入れを通告した。対象は「残存期 間1年超3年以下」(買入予定額4750億円)、「同3年超5年以下」(同4750億 円)、「同5年超10年以下」(同5500億円)。このうち5年超10年以下について は、前回に続き、四半期予定のオファー額5000億円から増額された。 日銀はまた、固定利回り入札方式による国債買い入れ(指し値オペ)も通告。スター トは9月27日。対象は10年債の357回債と365回・366回・367回債。買い 入れ利回りは0.250%となる。 国債先物は引き続き軟調。中心限月12月限は前営業日比52銭安の148円17銭 付近で推移している。新発10年国債利回り(長期金利)は同1.0ベーシスポイント( bp)上昇の0.245%。 OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.067 -0.057 0.004 10

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 687.20 -5.02 120,818,000
JXTGホールディングス株式会社 477.90 -5.63 33,732,400
株式会社商船三井 3,185.00 -3.04 16,727,800
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,613.50 -2.86 12,349,400
日本郵船株式会社 9,360.00 -2.60 6,921,300
株式会社IHI 3,385.00 -3.01 2,449,100
株式会社東芝 5,171.00 -0.50 1,888,700
宇部興産株式会社 1,960.00 -3.45 1,040,300
ティアック株式会社 112.00 -0.88 217,100
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円