エディション:
日本

再送-UPDATE 1-米金融・債券市場=国債価格下落、3連休控え利益確定の売り

6:01am JST

(文言を一部修正しました) [ニューヨーク 24日 ロイター] - 米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標銘 14時05分 102*16.00 2.7519% 柄) 前営業日終 102*29.50 2.7320% 値 10年債(指標銘 14時05分 100*14.50 2.3237% 柄) 前営業日終 100*22.50 2.2960% 記事の全文

米金融・債券市場=国債価格低下、3連休控え利益確定の売り

5:01am JST

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標銘 14時05分 102*16.00 2.7519% 柄) 前営業日終 102*29.50 2.7320% 値 10年債(指標銘 14時05分 100*14.50 2.3237% 柄) 前営業日終 100*22.50 2.2960%

米経済成長率、第2四半期は+1.41%=NY連銀ナウキャスト

1:10am JST

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀の国内総生産(GDP)予想「ナウキャスト」によると、第2・四半期の米GDP伸び率見通しは年率1.41%の見通し。新築住宅販売統計と耐久財受注統計を反映した。

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低水準、安全資産の選好継続 不確実性に備え

12:50am JST

[ロンドン 24日 ロイター] - <金利・債券> 米東部時間11時33 分 *先物 清算値 前日比 前営業日終 コード 盤 3カ月物ユーロ 100.32 0.00 100.32 独連邦債2年物 112.03 0.00 112.03 独連邦債5年物 133.57 0.00 133.57 独連邦債10年物 167.24 +0.02 167.22 独連邦債30年物 193.44 +0.26 193.18

米経済成長率、第2四半期は+1.3%=アトランタ連銀GDPナウ

2019年 05月 24日

[24日 ロイター] - アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPナウ」によると、第2・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率1.3%となった。4月新築住宅販売を反映した。

東京マーケット・サマリー・最終(24日)

2019年 05月 24日

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 109.52/54 1.1187/91 122.53/57 NY午後5時 109.59/63 1.1180/81 122.54/58 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点より小安い109円半ば。 午前の取引では実需の買いが目立ち、ドルは一時109.75円まで上昇したが、買い一巡 後は109円半ばへ反落しこう着感を強めた。  レポート全文: <株式市場> 日経平均

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続伸で引け、長期金利は-0.070%に低下

2019年 05月 24日

[東京 24日 ロイター] -    <15:10> 国債先物は続伸で引け、長期金利は-0.070%に低下   国債先物中心限月6月限は前営業日比8銭高の152円86銭と続伸で取引を終えた 。米中貿易摩擦への長期化懸念を背景に買いが先行したが、その後は高値圏でもみあいと なった。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低いマイナス0.070% と4月2日以来1カ月半ぶりの水準に低下した。 現物市場は、超長期ゾーンを中心にしっかり推移。新発20年債は前日比1.0bp 低い0.325%と、3月28日以来約2か月ぶりの水準に低下した。新発30年債は同 1.0bp低い0.500%と4月3日以来1か月半ぶりの水準に低下。「40年債のし っかりした動きに追随した」(国内証券)との声が出ていた。 新発40年債は前日比1.0bp低い0.530%と4月12日以来1か月半ぶりの 低水準。来週28日の40年債入札を控えて先回り買いが入った。「欧米金利の低下に伴 い、ヘッジ付き外債の金利も低下。水準感の対比でみると違和感はない」(同)との声

〔マーケットアイ〕金利:新発20年債が一時0.325%に低下 約2か月ぶりの水準

2019年 05月 24日

[東京 24日 ロイター] -    <14:23> 新発20年債が一時0.325%に低下 約2か月ぶりの水準  超長期ゾーンの買いが一段と強まっている。新発20年債利回りは一時、前日比1b p低い0.325%と、3月28日以来約2か月ぶりの水準に低下した。国債先物も上げ 幅を拡大し、前営業日終値比10銭高の152年88銭近辺で推移している。  世界的に金利低下傾向にあることから、「手持ち資金が潤沢にある投資家や業者によ る買いがみられるほか、6月の国債償還対応もある」(国内証券)との声が聞かれた。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.165 -0.158 -0.005 14:11 5年 -0.176 -0.169 -0.005 12:56 10年 -0.076 -0.069 -0.01 14:21 20年 0.322 0.328 -0.012

豪ウエストパック銀、年内3回の利下げ予想 豪ドル下落

2019年 05月 24日

[シドニー 24日 ロイター] - 豪銀大手ウエストパック銀行のチーフエコノミストは24日、オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)が年内に3回の利下げを行うとの見通しを示した。これを受けて豪ドルは対米ドルで0.3%下落した。

〔マーケットアイ〕金利:流動性供給入札結果はしっかり、ショートカバー需要で

2019年 05月 24日

[東京 24日 ロイター] -    <12:45> 流動性供給入札結果はしっかり、ショートカバー需要で  財務省が午後0時35分に発表した流動性供給(対象:残存1年超5年以下)の入札 結果は、最大利回り格差がマイナス0.005%、平均利回り格差がマイナス0.006 %。応札倍率は4.87倍と前回(4.41倍)から上昇した。 市場では「利回り格差は前場実勢のオファー近辺の水準で、しっかりとした結果。シ ョートカバーニーズが入ったほか、リスクオフの流れで金利上昇余地が限られるとの見方 から、需要が強まったようだ」(国内証券)との見方が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.161 -0.153 0 12:35 5年 -0.176 -0.168 -0.004 12:45 10年 -0.074 -0.068 -0.009 12:45 20年

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 157.00 +0.13 82,786,000
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 505.20 +0.00 39,934,600
JXTGホールディングス株式会社 505.60 -3.77 33,068,200
株式会社東芝 3,450.00 -1.43 3,015,300
株式会社IHI 2,462.00 +1.15 1,578,100
日本郵船株式会社 1,661.00 -0.95 1,326,400
株式会社商船三井 2,380.00 -0.92 853,900
宇部興産株式会社 2,137.00 +0.42 817,600
株式会社キムラタン 37.00 +5.71 766,700
ティアック株式会社 181.00 +0.00 101,400
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円