エディション:
日本

UPDATE 1-米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ抑制続く

1:45am JST

[ワシントン 30日 ロイター] - 米商務省が30日発表した9月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.4%増と、8月の1%増から伸びが加速し、市場予想の1%増も上回った。しかし、失業者向けの政府支援が縮小し、追加の新型コロナウイルス経済対策のめどが立たない中、消費支出は第4・四半期に減速する可能性がある。記事の全文

米雇用コスト、第3四半期は0.5%上昇 前期から横ばい

12:34am JST

[ワシントン 30日 ロイター] - 米労働省が30日に発表した第3・四半期の雇用コスト指数(ECI)は前期比0.5%上昇し、市場予想と一致した。伸びは前四半期から横ばいで、インフレ率が今後も穏やかに推移し、米連邦準備理事会(FRB)は引き続き金利を低水準に据え置く見込みだ。

米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ抑制続く

12:12am JST

[ワシントン 30日 ロイター] - 米商務省が30日発表した9月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.4%増と、8月の1%増から伸びが加速し、市場予想の1%増も上回った。しかし、失業者向けの政府支援が縮小し、追加の新型コロナウイルス経済対策のめどが立たない中、消費支出は第4・四半期に減速する可能性がある。

欧州各国、経済停止させずにコロナ封じ込めを=ECB

2020年 10月 30日

[マドリード/フランクフルト 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の政策担当者は30日、欧州各国は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けた経済活動の停止は選択的に行う必要があるとし、企業や家計の支援に支出を継続すべきだと述べた。

UPDATE 2-第3四半期のユーロ圏GDP、前期比+12.7% CPIは低下続く

2020年 10月 30日

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が30日発表した第3・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は前期比12.7%増となり、予想の9.4%増を大幅に上回った。

ECB、次回理事会で追加策の用意 副作用にも留意=メルシュ氏

2020年 10月 30日

[フランクフルト 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は30日、ECBは次回12月の理事会で追加経済刺激策について決定する用意があるが、副作用についても精査する必要があるとの認識を示した。

UBS、パートナーズ・グループと提携 未公開企業投資を拡充

2020年 10月 30日

[チューリヒ 30日 ロイター] - スイスの銀行大手UBSは未公開企業への投資を手掛けるスイスのパートナーズ・グループと提携したと明らかにした。

東京マーケット・サマリー・最終(30日)

2020年 10月 30日

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY= > 午後5時現在 104.35/37 1.1673/77 121.83/87 NY午後5時 104.61/64 1.1674/76 122.11/15 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高 の104円前半。米大統領選を巡る不透明感や欧米での新型コロナ感染拡大が続く中、 米株先

アルゴリズム取引の拡大、為替市場で価格の質低下も=BIS

2020年 10月 30日

[ロンドン 30日 ロイター] - 国際決済銀行(BIS)は30日公表したリポートで、コンピュータープログラムが売買を繰り返す「アルゴリズム取引」について、為替市場の機能向上につながっているが、一般的になり過ぎると報告される価格の質が損なわれる可能性があると指摘した。

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続落で引け、米大統領選前に「中立化」の動きか

2020年 10月 30日

[東京 30日 ロイター] - <15:10> 国債先物は続落で引け、米大統領選前に「中立化」の動きか 国債先物中心限月12月限は前営業日比14銭安の151円88銭と続落して取引を 終えた。来週の米大統領選挙を控えたポジション調整や、米金利上昇観測を背景とした売 りが優勢だったとみられている。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上 昇の0.035%。 東京市場は株安・債券安となり、各市場で売りが目立った。本日実施された短中長期 債対象の日銀オペもやや弱い結果で、市場では「来週の米大統領選を控えて、ポジション をできるだけニュートラルにしておこうという動きではないか」(国内証券)との指摘が 出ていた。 一方で、債券売りの背景には、根強い米金利上昇観測もある。 「米選挙の結果については不透明感が強いものの、金利の方向性としてはスティープ 化だろう。選挙の結果がどうであれコロナ対策としての財政出動は必要であり、一方で金 融緩和策が短めの金利上昇を抑え込むとみられるからだ」と、大和証券のシニアJGBス

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 410.20 -0.34 44,587,500
東京電力ホールディングス株式会社 269.00 -3.58 16,955,800
野村ホールディングス株式会社 464.50 -2.21 14,869,900
株式会社みずほフィナンシャルグループ 1,281.50 +0.00 7,048,400
株式会社ジャパンディスプレイ 51.00 -1.92 2,600,400
日本郵船株式会社 1,915.00 -2.45 2,404,800
株式会社東芝 2,629.00 -2.45 1,613,400
株式会社商船三井 2,339.00 -0.93 1,198,600
ティアック株式会社 116.00 -2.52 200,500
株式会社キムラタン 25.00 -3.85 158,600
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円