エディション:
日本
Photo

原油先物はほぼ横ばい、OPEC会合の減産延長協議控え様子見 2017年 09月 22日

[ソウル 22日 ロイター] - アジア時間22日の取引で原油先物はほぼ横ばい。この日ウィーンで開かれる石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の閣僚級会合で協調減産が延長されるかどうか注目が集まる中、模様眺めの展開となっている。記事の全文

原油先物

現値 前日比 前比%
米WTI原油先物 50.66 +0.11 +0.22%

 

現値 前日比 前比%
北海ブレント原油先物 56.90 +0.47 +0.83%
中東主要国がカタールと断交
グラフィックス
OPECの苦闘
グラフィックス
写真

「大いなる安定」再来か

世界の経済統合が後退しつつあるのに、経済成長が緊密さを保って継続しているのはなぜか。  記事の全文 

写真

高齢化「世界一」は

高齢化する自国民への対応で、最善の政策を実施しているのはどの国か。  記事の全文 

写真

終わらない脅威

10月に入っても危険な熱帯低気圧が形成される恐れがある。  記事の全文 

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円
写真

株高の行方、クロス円が鍵

為替と日本株の相関を考える上では、ドル円ではなく、円名目実効レート、つまりクロス円をみるべきだとJPモルガンの佐々木融氏は指摘。  記事の全文 

写真

ドル115円回復へ最後の関門

ドル高再開の4条件のうち、残された関門は、FRBバランスシート縮小後に米株が崩れないことだと野村証券の池田雄之輔氏は分析。  記事の全文