for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.0088-0.0000-0.1589%
0.00780.00000.1793%
0.00660.00000.0903%
0.0081-0.0000-0.0981%
0.0124-0.0001-1.0803%
0.0130-0.0001-0.5059%
0.0111-0.0001-0.8898%
0.05820.00010.1653%
0.0796-0.0004-0.5277%
0.0560-0.0002-0.3222%
0.08030.00020.2222%
0.0120-0.0000-0.3234%
0.1850-0.0019-1.0008%
0.65420.00000.0000%

Advertisement

最新ニュース

訂正-焦点:来週は欧米3中銀の会合集中、市場との対話が今年最大のヤマ場

[ロンドン 6日 ロイター] - 今年を通じて中央銀行が発する政策メッセージを読み解くのに苦労してきた金融市場にとって、最大のヤマ場がまだ残っている。来週14日から16日にかけて、米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行(BOE)が相次いで会合を開くからだ。

コラム:2022年のドルは緩やかに下落、1年後の対円は110円割れも=内田稔氏

[7日 ロイター] - 2021年も残すところわずかとなったところで、新たな変異株「オミクロン株」が市場に混乱と動揺をもたらした。これに限らず、今年は経済活動の正常化が期待されたものの、コロナ禍の収束には至っておらず、サプライチェーンの正常化は想定されたほど進んでいない。秋口以降の資源価格の高騰も、世界的なインフレ懸念を巻き起こした。それに伴い為替相場もめまぐるしい動きをみせた。本稿では、2021年の円相場を振り返るとともに、2022年の主要10通貨(G10)の先行きを概観しておく。

アングル:米投資家にバリュー株買い直しの動き、利上げにらむ

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国株投資家の一部は、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に本腰を入れてよりタカ派的な金融政策運営姿勢に転じる展開をにらみ、今年序盤に人気を集めたバリュー株の買い直しを進めている。

コラム:来年は2%インフレに接近、それでも日銀が動かない根源的な理由=門間一夫氏

[東京 2日 ロイター] - 世界中でインフレが問題になっている。日本は例外なのかと言うと、そうでもない。10月の国内企業物価(CGPI)は前年比プラス8.0%、輸入物価は同プラス38.0%と、いずれも41年ぶりの上昇率である。国際商品市況の高騰や円安が背景となっている。

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え稼ぎ激減

[深セン(中国) 29日 ロイター] - 2014年に故郷を離れたジェリー・タンさん(30)は、中国のハイテク産業の中心地であり、世界で最もホットな不動産市場のひとつである深センで不動産仲介業者となり、以前は満ち足りた生活を送っていた。

FRB議長証言後の市場動向:識者はこうみる

[東京 1日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、11月30日の米上院銀行委での証言で、資産購入の削減(テーパリング)の加速を強くにじませる「タカ派」的な発言を行って、米市場では株安・ドル下落などの現象がみられた。今後の東京市場は、どのような影響を受けるのか、市場関係者に聞いた。

FRB議長議会証言:識者はこうみる

[ 1日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は30日、上院銀行委員会で証言し、経済が堅調でインフレ高進が来年半ばまで持続すると予想される中、2週間後に開かれる次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で大規模な債券買い入れプログラムの縮小加速を検討すべきと述べた。市場関係者のコメントは以下の通り。

焦点:くすぶる円の先安観、オミクロン株でも「ドル高の構図」

[東京 30日 ロイター] - 日本円の先安観がくすぶっている。新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株への警戒感から、足元では対ドルで円高に振れた。ただ、正常化が遅れる日本の金融政策と利上げも視野に入れた米国との違いは浮き彫りで、ドル高・円安圧力がかかりやすい基本的な構図に変わりない。再び「悪い円安」を懸念する声も出そうだ。

焦点:貿易赤字が円安要因に、「アベノミクス相場」初期と類似

[東京 29日 ロイター] - 足元の円安トレンドはドル主導だが、円側の材料もある。にわかに拡大する貿易赤字だ。円安が進む中でも輸出が伸び悩む一方、エネルギー価格の上昇で輸入は増加。2012年末からの「アベノミクス相場」初期に似た構図となっている。

コラム:米「双子の赤字」、ドルへの影響力復活も

[オーランド(米フロリダ州) 23日 ロイター] - 米国の「双子の赤字」がドルにとって重要な材料と考えられていた時代を思い出せるだろうか。

パウエルFRB議長続投:識者はこうみる

[22日 ロイター] - バイデン米大統領は22日、パウエル連邦準備理事会(FRB)議長(68)を続投させる方針を決めた。新型コロナウイルス危機に迅速に対応した手腕を評価した。インフレが高止まりする中、金融政策の継続を重視した決定となる。またホワイトハウスによると、バイデン大統領は次期FRB議長の有力候補だったブレイナード理事(59)を副議長に指名した。

アングル:地政学と経済の複合リスク浮上した中東欧、予想外の市場変動も

[ロンドン 19日 ロイター] - 普段なら十分に予測可能な中東欧の金融市場に突然、過去何十年間も経験したことがないほど非常に多様な地政学的・経済的リスクが出現し、投資家の目をくぎ付けにしつつある。

訂正-アングル:甘利氏の進退問題、市場は経済安保政策への波及警戒

[東京 1日 ロイター] - 自民党は衆院選で絶対安定多数を確保したものの、幹事長の甘利明氏が小選挙区で落選する異例の事態が生じ、市場関係者の間では、今後の政策決定や遂行に支障が出かねないと警戒する声が聞かれる。特に、甘利氏が率先して進めてきた経済安全保障の分野でその懸念が強い。

アングル:恒例化する経済対策、使われぬマネーが回す市場

[東京 22日 ロイター] - 日本では最近、経済対策がほぼ毎年のように編成されている。需要不足の日本では政府支出が欠かせないとの指摘もあるが、民間の消費や投資は一向に活性化せず預金や内部留保が貯まるばかりだ。使われないマネーは銀行預金に滞留、国債消化に回り金利を抑え、日本株のサポートにもなっているが、出口が見えない循環に市場の評価は厳しい。

アングル:中国投資家の「不動産愛」に変化、株や債券にシフト

[上海 16日 ロイター] - 不動産関連投資への愛着が強い中国の投資家が、長年の慣習を脱して株式など他の資産に資金を移している。当局が不動産セクターへの取り締まりを強めたからだ。

コラム:ブレイナード議長で何が起きるのか、インフレ対応で市場波乱も=高島修氏

[東京 18日] - 米国のバイデン大統領は次期米連邦準備理事会(FRB)議長を来週の感謝祭までに発表すると語った。次期議長レースは事実上、パウエル議長かブレイナード理事に絞られている。

焦点:コールレート抑制に動く日銀、付利連発で揺らぐマイナス金利政策

[東京 17日 ロイター] - 日銀がコールレートの上昇抑制に向けた取り組みを進めている。新型コロナウイルス対応特別オペ、特別当座預金制度と相次いで導入された制度を利用し、地方銀行がコール市場での裁定取引を活発化。翌日物金利は0%をうかがう動きとなったが、日銀はプラス圏への浮上を容認せず、銀行への口先介入を強めたもようだ。特別当預制度で付利対象となる当座預金の上限を引き下げたことも、地銀の資金調達意欲を後退させる可能性がある。

アングル:ユーロ、来年の利上げ打ち消すECB総裁発言で低迷に拍車

[ロンドン 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁による直近の発言が、低迷するユーロに追い打ちをかけている。

アングル:物価高騰とFRBの引き締め観測がもたらすドル高加速

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 物価高騰とそれに伴う米連邦準備理事会(FRB)のより積極的な金融引き締め観測を受け、ドル高が加速している。15日には主要6通貨に対するドル指数が0.3%上がって95.437と、2020年7月以来の高水準に達した。このままの流れなら、同指数の年間上昇率は6年ぶりの大きさになりそうだ。

焦点:米欧中銀の柔軟な物価目標、債券市場混乱の原因に

[ロンドン 10日 ロイター] - インフレが予想以上に長引きそうな現在、米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)が昨年来採用した「柔軟な」物価目標は債券相場の乱高下を招く原因になるかもしれない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up