for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.00930.00000.0000%
0.00850.00000.2127%
0.00760.00000.1858%
0.00900.00000.1671%
0.01400.00000.1074%
0.01500.00000.0333%
0.01280.00000.0078%
0.06330.00010.2313%
0.09200.00000.0087%
0.06660.00020.3468%
0.08960.00030.2956%
0.01320.00000.1291%
0.20690.00060.2958%
0.65970.00330.5027%

Advertisement

最新ニュース

コラム:米マイナス金利はありうるか、第1波は強烈なドル高=内田稔氏

[27日 ロイター] - 今年5月以降、市場では米連邦準備理事会(FRB)によるマイナス金利政策の導入が意識されている。そこで、本稿ではその可能性に関し、主に銀行への悪影響(副作用)の観点から検討し、導入された場合のドル/円<JPY=EBS>へのインパクトを考察する。

焦点:裏付けなき米株上昇、市場が織り込む過度な景気回復期待

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界の経済活動が止まった2カ月ほど前には考えられなかったことだが、米S&P総合500種は26日、心理的な節目の3000ポイントを一時的に突破した。3月の安値から37%も値上がりした形だ。

焦点:横ばい続く株式市場、新たな手掛かり模索

[ロンドン/ニューヨーク 22日 ロイター] - 世界各国が新型コロナウイルス対策で導入したロックダウン(都市封鎖)の緩和に乗り出し、米欧の経済指標にかすかな回復の兆しが見え始めたにもかかわらず、世界の株式相場<.MIWD00000PUS>の今月の上昇は1%程度にとどまっている。

アングル:市場にコロナバブルの声、実体経済と乖離 過剰流動性相場

[東京 25日 ロイター] - 株価と実体経済のギャップが大きくなった現在の相場を「コロナバブル」と呼ぶ声が増え始めた。株価は半年後、1年後を織り込むと言われるが、それだけでは説明がつかないほど、両者のかい離が大きくなっているためだ。今の株高の原動力は金融緩和や財政支出などの経済政策。今後、株価の上昇が続くとしても、それは過剰流動性相場とみる関係者が多い。

コラム:貿易赤字長期化の気配、遠くで点灯する円安加速リスク

[東京 21日 ロイター] - 4月の貿易収支は9304億円の赤字となり、5600億円の赤字という予想を大幅に超えた。コロナショックが主軸の自動車輸出を大幅に減少させ、2020年だけでなく21年以降も貿易赤字が継続する可能性が出てきた。日本の「稼ぐ力」が衰退している中での危機発生は、マネーフローにも大きな変化をもたらし、いずれマーケットでも大幅な「円安」懸念が材料として意識される時が来るだろう。

焦点:コロナ対策8週間と3兆ドル、米国はどんな成果を挙げたのか

[ワシントン 18日 ロイター] - 失業保険手当の支給金が全米に流れ込み、中小企業向けには4900億ドルが補てんされ、米連邦準備理事会(FRB)は約2兆5000億ドルをつぎ込んで米国と世界の金融市場を支えている。医療崩壊や新型コロナウイルス感染症の米国死者が数百万人に上る懸念は、消えてはいないが、低くなってきた。

アングル:日銀の新資金供給、保証付の利用活発化へ プロパー融資は不透明感

[東京 22日 ロイター] - 日銀は金融機関向けの新たな資金供給手段で、緊急経済対策に盛り込まれた民間金融機関による無利子・無担保融資の促進を狙う。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた事業者などの申請が殺到していることを踏まえ、政府は予算を増額する構えで、財政・金融のポリシーミックスの効果が発揮されそうだ。しかし、新型コロナの終息が見通せないなか、一部の銀行は自らリスクを取って行う「プロパー融資」には及び腰だ。

コラム:原油市場に反転の兆し、封鎖解除で7月にも需要超過か

[ロンドン 15日 ロイター] - 米国の石油需要は、新型コロナウイルス感染防止のために実施されたロックダウン(封鎖)が解除されつつある中で上向き始めている。石油業界関係者の間には、市場は底を打ったとの期待が広がっている。

焦点:変わる日本株の「景色」、海外勢売りでも反発 存在感高まる日銀

[東京 19日 ロイター] - 日本株の需給構造が変化してきた。これまでは海外勢が売れは下落、買えば上昇という構図だったが、足元の反発局面では海外勢が売り続けているにもかかわらず株価が上昇するという展開になっている。日本株を押し上げた主力は、日銀の上場投資信託(ETF)買いだ。需給的に底割れを防いだ形だが、ますます中銀頼みとなる市場に警戒感を抱く市場関係者も少なくない。

焦点:市場が織り込む米国「マイナス金利」、特効薬か劇薬か

[ニューヨーク/シンガポール 12日 ロイター」 - 米国がマイナス金利を採用するなど、かつては想像すらできなかった。だが、新型コロナウイルスによって状況は一変した。

FRB議長、コロナ禍で「経済長期低迷も」:識者はこうみる

[13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い米経済は「長期」にわたり成長が低迷し所得も停滞する恐れがあるとした上で、FRBは必要に応じて一層対応すると明言した。また財政支出も一段の拡大が求められるとの考えを示した。

コラム:中長期は円高・超長期は円安、歴史は繰り返すのか=佐々木融氏

[東京 12日] - 新型コロナウイルス感染の世界的な拡大と、日本の経済対策・金融政策の動きなどを受けて、筆者は円相場に対する、今後数年間の見方を変更した。

コラム:火種残る「コロナ後」の経済回復、ドルは余剰感拡大も=尾河眞樹氏

[11日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大によって混乱していた金融市場に、このところ、楽観ムードが戻っている。5月8日に発表された4月の米雇用統計では桁違いの雇用減少が確認された上、失業率は14.7%とリーマン・ショックの最悪期である10%を大きく上回った。それでも雇用が市場予想ほどは落ち込まなかったという理由から、米株価は上昇。VIX指数(ボラティリティー・インデックス=恐怖指数)も約2カ月ぶりに30を下回った。

アングル:新型コロナ対応の日銀オペ、地銀の参加が急増

[東京 12日 ロイター] - 日銀は12日、新型コロナウイルス対応の特別オペに参加する金融機関を新たに発表した。制度拡充後初めての発表には、地方銀行を中心に40の金融機関が名を連ね、特別オペに参加する金融機関は合計74と従来の34の2倍超。オペの利用残高に相当する当座預金にプラス0.1%の付利を行うという日銀の「工夫」が実った形となった。

焦点:明示的な政策指針示せない中銀、FRBは近く戦略修正も

[ワシントン/東京 11日 ロイター] - 主要国の中央銀行は、長い時間をかけてアナウンスメント効果が経済に及ぼす影響を分析し、「フォワードガイダンス(政策指針)」に磨きをかけてきたが、今回の新型コロナウイルス危機では、事実上、明示的な政策指針を掲げられない状況に陥っている。

アングル:終わり見えないECBの苦闘、理事会前の5つの疑問

[ロンドン 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は30日に理事会を開く。緊急の債券買い入れ措置を先月決定したばかりだが、ユーロ圏経済が新型コロナウイルス危機を乗り切るのを支援するためにさらに何ができるのか、と早くも市場から問い掛けられつつある状況だ。

OPECプラス、需要回復後は市場シェアに焦点を=ロシア・エネ相

[モスクワ 29日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は29日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、原油需要が回復し始めた時点で、市場でのシェア獲得に焦点を移すべきだとの考えを示した。

FRBが政策現状維持、コロナ中期リスクに警戒:識者はこうみる

[29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は28─29日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを全会一致で決定した。

コラム:日銀は「中銀の枠」越えられるか、株価維持に有効な一手=熊野英生氏

[東京 27日] - 4月27日の日銀会合では、国債の買い入れ上限が撤廃された。これまで従来の上限の80兆円まで買い入れを増やせなかったのに、さらに買い入れ枠を増やしても意味がないので、単なるアピールでしかない。政府の大型経済対策で発生する追加的な国債増発に対して、日銀が無制限に供給圧力を吸収できるという意思表明がしたいのだろう。日銀の政策は、有効打を打とうとしても、もはや限界なのである。

コラム:コロナ危機長期化も、政府・日銀に必要な資本増強スキーム

[東京 27日 ロイター] - 日銀が社債やCP(コマーシャルペーパー)を3倍近く買い増す大胆な追加金融緩和を決定した。この背景には黒田東彦総裁が27日の会見で明らかにしたように、今回の「コロナ危機」が需要と供給を同時にシュリンクさせる特異な現象を招き、リーマン・ショックを上回る打撃を日本経済に与えかねないという強い危機感があった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up