for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.00770.00000.1957%
0.00710.00000.1557%
0.00620.00000.1450%
0.00710.00000.1270%
0.01090.00000.3777%
0.01190.00000.3630%
0.01030.00000.3119%
0.05260.00010.1751%
0.07660.00020.2577%
0.05190.00020.2958%
0.07990.00020.2938%
0.01010.00000.1092%
0.14410.00030.1808%
1.00090.00000.0000%

Advertisement

最新ニュース

コラム:変化する為替相場のテーマ、昨年の戦略は通用せず=尾河眞樹氏

[東京 31日] - 2023年のドル円相場は、予測が難しくなりそうだ。昨年は、いわゆる「ワンウェイ(一方通行)」の上昇トレンドが長く続いた。実際、昨年のドル円相場は、そのほとんどを日米実質金利差(10年)の動きで説明することができた。21年7月から22年10月までの日米実質金利差とドル円の相関係数は0.96と、「完全な連動」を示す1.0に極めて近く、ほぼ連動していたと言える。

アングル:米債ファンド、3週連続で資金流入 利上げ幅縮小に期待

[27日 ロイター] - 1月25日までの週は、米国の債券ファンドに3週連続で資金が流入した。次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ幅が25ベーシスポイント(bp)に縮小されるとの期待が根強かった。

アングル:オプションで円高に備える動き、くすぶる日銀政策修正観測

[東京 27日 ロイター] - 通貨オプション市場で、円高に備える動きが続いている。日銀の追加政策修正観測はいったん後退したものの、3カ月物や6か月物でみれば、円高進行の可能性を依然として強く織り込んでいる水準だ。国内でもインフレが進んでいるほか、米利上げ停止観測が加わり、ドル/円の緩やかな下落を予想する声は根強い。

コラム:日銀に振り回されたドル/円、今後はドル金利の動向が重要=佐々木融氏

[東京 23日] - 1月18日に日銀は当社の予想通り、イールドカーブコントロール政策(YCC)を含めた現行政策の維持を決定した。日銀の金融政策に対する追加や変更への期待感の高まりから、先々週は円独歩高の動きだった。

アングル:日銀共担オペ、金利低下の「秘策」となるか

[東京 23日 ロイター] - 日銀の共通担保資金供給オペが金利低下の「秘策」として注目されている。金融機関に低利の資金を供給し国債などの購入を促す一方、日銀の国債大量購入による流動性低下を防ぐ効果がある。ただ、日銀に差し入れることができる適格担保には限りもあり、大量の資金供給を続けることができるかは不透明だ。

焦点:金利上昇を警戒する日本株、長期1%で日経1800円安の試算も

[東京 23日 ロイター] - 金利上昇に対する警戒感が日本株市場で強まっている。日銀による追加政策修正観測はいったん後退したが、円金利の水準は依然高い。金利上昇メリットを受ける銀行株などの上昇が目立つ一方、株価全体でみれば、国債などと比較した相対的な割高感や円高による株安圧力が高まりやすい。長期金利が1%に上昇すれば日経平均は1800円超下落するとの試算も出ている。

コラム:止まらぬ日本の物価上昇、日銀次期体制に重い宿題

[東京 20日 ロイター] - 昨年から上がり続ける日本の物価は、20日発表の2022年12月の全国消費者物価指数が前年比4.0%上昇(生鮮食品を除くコアCPI)と41年ぶりの高い伸びとなった。今後も日銀想定より上振れして高止まりすれば、黒田東彦総裁を引き継ぐ次期体制はイールドカーブ・コントロール(YCC)の枠組み撤廃だけでなく、緩和政策をいつまで継続するのかという問題に直面しかねない。今年は物価上昇が金融政策を左右する大きな要素として浮上しそうだ。

焦点:ECBの気候変動対応、石油大手社債の売却が近道との分析も

[ロンドン 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の気候変動対応を巡り、シンクタンクがこのほど、同行が石油・ガス関連企業などの社債を約500億ユーロ(543億ドル)売却すれば炭素排出量を劇的に減らせるとの分析結果を示した。しかしアナリストからは、売却は市場を大きくゆがませるとの警告が発せられている。

日銀決定会合:識者はこうみる

[東京 18日 ロイター] - 日銀は17―18日に開いた金融政策決定会合で金融政策の現状維持を全員一致で決めた。マイナス金利、10年物国債金利の誘導目標ゼロ%をいずれも維持し、10年物国債金利0.5%での指し値オペを「明らかに応札が見込まれない場合を除き、毎営業日実施する」と改めて表明、長期金利変動幅の上限を据え置いた。市場関係者の見方は以下の通り。

アングル:米投資家が外株に視線、世界的利上げで変わるマネー

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国の一部投資家は、今後数カ月の間により良い株式リターンを得るため海外に目を向けている。

アングル:軋む日銀YCC、長期金利が上限突破 次回会合で撤廃予想も

[東京 13日 ロイター] - 日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策が軋んでいる。追加政策修正の思惑から円債売りが止まらず、新発10年国債の金利は13日、一時0.545%と日銀許容変動幅の「上限」を超えた。日銀は国債買い入れオペを総動員させて対抗しているが、来週17─18日会合でのYCC撤廃予想も市場では出ている。

アングル:中国株、長期の強気相場入りも 待機する海外マネー

[香港/シンガポール 11日 ロイター] - 中国株は昨年の底値からやや持ち直したが、外国人投資家はまだ買いを再開していない。しかし政府が「ゼロコロナ政策」を中止したことが出発点となり、長期的に世界から資金が戻る兆しが強まっている。

神経質、米CPIが焦点 決算で個別物色も=今週の東京株式市場

[東京 10日 ロイター] - 今週の東京株式市場は、神経質な展開が想定されている。米国の金融政策の先行きを巡り、連邦準備理事会(FRB)と市場との間で見方に乖離(かいり)がある中、12月米消費者物価指数(CPI、12日)への警戒感がくすぶる。国内では、セブン&アイ・ホールディングスやファーストリテイリング、安川電機などの決算発表が予定されており、個別物色が活発化するとみられる。

コラム:今年の大穴リスクは日本の物価上振れ、実現なら政府・日銀困惑か

[東京 6日 ロイター] - 2023年の日本経済にとって「大穴」ともいうべきリスクは、消費者物価指数(CPI)上昇率の上振れかもしれない。引き金は、岸田文雄首相が提唱する「物価上昇率を超える賃上げ」だ。実現すれば企業にとってはコスト上昇、消費者にとっては購買力の引き上げにつながり、日銀の物価目標である2%を大幅に突破して3%台で着地するシナリオの可能性もゼロではなくなる。

アングル:米ITの大リストラ、最先端ベンチャーへの資金流入を起動

[3日 ロイター] - ニック・ザーマンさん(24)は昨年11月、メタ・プラットフォームズを解雇された。フルタイム勤務になってわずか2カ月で、従業員13%削減の犠牲になったのだ。

アングル:長期金利が上限0.5%に到達、「日銀アタック」再燃か

[東京 6日 ロイター] - 日本の新発10年国債金利が0.5%に上昇した。日銀は昨年12月20日に長期金利の許容変動幅を拡大したが、約2週間半で「上限」に到達した格好だ。市場では、海外金利が急低下しない限り、海外勢を中心とした円債売りが断続的に続く「日銀アタック」が再燃するとの見方が出ている。

神経質、米CPIが焦点 決算で個別物色も=来週の東京株式市場

[東京 6日 ロイター] - 来週の東京株式市場は、神経質な展開が想定されている。米国の金融政策の先行きを巡り、連邦準備理事会(FRB)と市場との間で見方に乖離(かいり)がある中、12月米消費者物価指数(CPI、12日)への警戒感がくすぶる。国内では、セブン&アイ・ホールディングスやファーストリテイリング、安川電機などの決算発表が予定されており、個別物色が活発化するとみられる。

アングル:ドル高終えん、債券と新興市場は復活 23年市場予測

[3日 ロイター] - ドルが為替相場で君臨する状態はほぼ間違いなく終わり、債券が復活し、新興国市場が再び上昇するー─。資産運用大手は2023年の金融市場について、こうした展開を予想している。

焦点:年始の円急伸、海外勢が主導 広がる日銀の政策修正観測

[東京 4日 ロイター] - 2023年は円高で始まった。3日のアジア市場でドルは129円台まで急落し、半年ぶり円高水準を更新した。きょうは130円後半まで持ち直したが、海外勢を中心とした日銀のさらなる政策修正観測が円高圧力を高めている。

焦点:2023年の新興国市場、投資家が押さえるべき7つのポイント

[ロンドン 28日 ロイター] - 今年1年を振り返ると、新興国市場ではデフォルト(債務不履行)に陥った国が増え、通貨安に見舞われた上に、株価と債券価格はともに大きく下落した。だが多くの投資家は、来年はある程度安心感が得られる可能性があると楽観している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up