for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.00790.00000.0000%
0.00730.00000.0000%
0.00620.00000.0000%
0.00750.00000.0000%
0.01100.00000.0000%
0.01200.00000.0000%
0.01000.00000.0000%
0.05450.00000.0000%
0.07440.00000.0000%
0.05270.00000.0000%
0.07710.00000.0000%
0.01080.00000.0000%
0.15390.00000.0000%
1.00090.00000.0000%

Advertisement

最新ニュース

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー大逆転

[北京 26日 ロイター] - 世界的自動車メーカーが電気自動車(EV)の時代に入っても中国で支配的地位を保てると考えているとすれば、ショックを味わうことになるかもしれない。

アングル:急激に悪化する中国不動産市場、経営危機や消費者心理低迷が響く

[香港 26日 ロイター] - 中国経済の柱である不動産市場が、過去1年で急激に悪化している。政府がデベロッパーの過剰債務を取り締まったことに加え、新型コロナウイルスの流行で景気が減速したことが響いた。

コラム:マスク氏、ツイッター買収「撤回」なら50億ドルか

[ニューヨーク 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - どんな人にも「相場」というものがある。米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の場合、その額は50億ドルかもしれない。ツイッターを総額440億ドルで買収する合意から手を引くために支払える額の相場だ。合意を白紙に戻せば、両社は長引く法廷闘争と、さらなる混乱を回避することができる。

コラム:市場ポジション、米景気後退と来年利下げも予想 ヘッジファンド手口に変化

[オーランド(米フロリダ州) 22日 ロイター] - 米国株が低迷する一方、米国債相場が反発している。リセッション(景気後退)が訪れて米連邦準備理事会(FRB)の利上げサイクルが予想より早く終了し、来年後半には利下げもあり得るとの観測が強まっていることの表れだ。

アングル:米株大幅安でも「FRBプット」期待できず、インフレ対応優先

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は高インフレへの対応で積極的に金利を引き上げると表明しており、米国株が弱気相場入りする中、景気後退(リセッション)への警戒感が高まっている。

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題なお

[16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は108年の歴史上、ほとんどの期間において現職パウエル氏のような白人男性が議長を務めてきた。しかしこの夏、金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)構成メンバーにおいて史上初めて白人男性が半数未満に減るなど、多様化が徐々に進みつつある。

アングル:暴落した仮想通貨、損失抱える個人投資家が続出

[ワシントン/ムンバイ 17日 ロイター] - ナイジェリアのノフェ・イサーさん(25)は今年1月から暗号資産(仮想通貨)投資を始めたが、先週になって仮想通貨ルナが暴落し、5000ドルの貯蓄全てを失った。もう二度と仮想通貨には投資しない決意だ。

コラム:イエレン氏、G7でプレッシャーに直面か ドル独り勝ちで

[オーランド(米フロリダ州) 18日 ロイター] - イエレン米財務長官は昨年1月の就任以来、公の場でドル相場についてほとんど言及してこなかったが、そろそろ発言せざるを得なくなるかもしれない。

日経平均700円超す下落、円相場は底堅い:識者はこうみる

[東京 19日 ロイター] - 19日の東京市場で日経平均は一時700円超下落した。一方、為替は円安基調が一服し、円が底堅く推移している。市場関係者の見方は以下の通り。

米上院、パウエルFRB議長の再任を承認 インフレ対策が焦点

[ワシントン 12日 ロイター] - 米上院は12日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の再任を賛成多数で承認した。再任には超党派の支持が得られ、パウエル氏のパンデミック(世界的大流行)への対応が評価された格好だ。米国のインフレ率が約40年ぶりの高水準に達する中、2期目はインフレ対応の手腕が問われる。

コラム:「真正タカ派」転換のFRB、世界の株式市場に大きな圧力=藤戸則弘氏

[東京 11日] - 長期にわたって上昇相場を形成して来た米株式相場も、大きな転換点を迎えたようだ。5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.5%の利上げと米連邦準備理事会(FRB)の6月からのバランスシート圧縮(QT)開始が表明された。

アングル:国債入札日も日銀オペ、財政ファイナンス懸念高まらず 麻痺する市場

[東京 10日 ロイター] - 財政ファイナンスへの懸念に配慮して国債入札の当日には避けてきた日銀の国債買い入れオペ(指し値オペ)が実施された。市場では、実質的にすでに財政ファイナンスの領域に踏み込んでいるとの認識も強く、10年債入札当日の買い入れでも、財政規律への懸念が強まることは特になかった。日銀の国債保有比率が高まることで流動性が低下し、国債入札の需要が強まる構図は「健全」と言えないが、市場には諦観ムードも漂っている。

コラム:日本の経済政策「梅雨入り」、供給制約で円安の行方見えず

[東京 6日 ロイター] - 米長期金利が5日のニューヨーク市場で一時、3.1%台に上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ加速だけでなく、中国の厳しい新型コロナウイルス対応やロシアによるウクライナ侵攻の長期化など世界の供給サイドを制約する材料が目白押しになっていることが大きく影響している。

焦点:日本株に「悪い円安」は未発生、ドル高止まる時が危険

[東京 6日 ロイター] - 足元で進む円安と日本株の相関性は、今のところはっきりしない。マーケットでも日本経済に対する円安の功罪について議論が分かれており、株価の材料としてはほぼ中立。日本株全体でみて「悪い円安」が発生している様子はない。相関性が高いのは米株であり、米株が大きく下落することで米利上げ観測が後退しドル高/円安が止まる時が日本株にとって危険な時間帯となりそうだ。

FRB0.50%利上げ:識者はこうみる

[4日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は3─4日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げ、0.75─1.00%とした。一度に0.5%ポイントの大幅利上げを決定するのは22年ぶり。

FOMCに注目、0.5%利上げか 資産圧縮焦点=今週の米株市場

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 5月2日に始まる1週間の米国株式市場では、3─4日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)が最大の注目材料となる。連邦準備理事会(FRB)は今回の会合で、政策金利を引き上げるとともに、インフレ抑制に向けた金融政策の引き締め計画をより明確にするとみられる。

日銀、金融緩和維持 指し値オペを連日実施へ:識者はこうみる

[東京 28日 ロイター] - 日銀は金融政策決定会合で、現行の金融緩和政策の継続を賛成多数で決めた。また、連続指し値オペの運用を明確化し、明らかに応札が見込まれない場合を除き、10年物国債金利0.25%での指し値オペを毎営業日実施するとした。

コラム:円安逆手に日本企業の国内還流促進すべき、成長押し上げ策に

[東京 22日 ロイター] - 外為市場でドル高・円安が進行中だ。日米金利差の一段の拡大観測や、エネルギー価格上昇による日本の貿易赤字拡大への思惑などから130円突破予想が広がっている。政府は物価高と円安の連動に頭を痛めているが、抜本的な発想の転換が必要だ。円安長期化を逆手に取って、海外に移転した日本企業の生産拠点を国内に還流させる「バックツー・ジャパン」戦略を打ち出すべきだ。

焦点:ロシア国債「潜在的デフォルト」、投資家は法的手段を模索

[ニューヨーク/ロンドン 21日 ロイター] - ロシアはドル建て国債で歴史に残るようなデフォルト(債務不履行)の危機に瀕しているが、同国債を保有する外国人投資家が資金を回収する上で受け入れ可能な選択肢は少ない。費用のかさむ法的措置に打って出るか、二国間の取り決めが効力を持つと信じるか、あるいは手をこまねいているしかないのが実態だ。

アングル:史上初の世界同時「量的引き締め」、市場に新たなリスク

[19日 ロイター] - 世界の主要中央銀行がインフレ退治のため、利上げと併せて量的緩和の巻き戻しを準備している。史上初の世界同時「量的引き締め」局面に入れば、与信は絞られ、既に減速し始めている世界経済に重圧がかかるリスクもある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up