for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.00690.00000.0726%
0.00700.00000.0284%
0.00620.00000.0810%
0.00680.00000.0440%
0.01080.00000.0372%
0.01220.00000.0658%
0.00950.00000.0317%
0.05240.00000.0248%
0.07390.00010.1437%
0.04900.00000.0694%
0.07680.00020.2689%
0.0098-0.0000-0.0102%
0.13870.00010.0794%
1.00090.00000.0000%

Advertisement

最新ニュース

焦点:24年ぶりの円安、農産品に好機 イチゴやブドウの輸出後押し

[東京 6日 ロイター] - 円安にはプラスとマイナス両面があるとする政府・日銀の主張は、吉村想一さんが営むイチゴ農園の現状にぴたりと当てはまる。ビニールハウスを温める燃料や、生育に必要な肥料のコストを膨らませる一方、5年前に始めた輸出には強力な追い風だ。円相場が24年ぶりの安値まで下落した今、吉村さんはプラスの側面を生かそうと考えている。

コラム:ドル高に陰り、新興国投資にチャンス到来か

[オーランド(米フロリダ州) 4日 ロイター] - ブラジル市場が話題をさらっている。同国の大統領選第1回投票を受けて投資家が再びリスク資産に殺到しているためだ。

アングル:英市場混乱の教訓、政策矛盾なら日本も次の攻撃対象に

[東京 5日 ロイター] - イギリス金融市場の混乱は、日本にとって「対岸の火事」ではない。イギリスは利上げと財政拡張という不整合な政策がマーケットの攻撃対象となったが、日本でも金融緩和と円買い介入は逆方向の政策だ。この先、日銀が金融引き締めに動き、バラマキ的な財政が続けば、政策の矛盾が表面化し、日本が次のターゲットになるおそれもある。

焦点:FRBの軌道修正期待が再浮上、株・債券の反発持続に懐疑論も

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 今年に入って厳しい市場環境に苦しみ続けている投資家の間で、またしても金融政策の軌道修正に期待する動きが出てきた。最近経済成長の足場がぐらついている兆しが見られることで、米連邦準備理事会(FRB)や他の主要中銀がインフレ抑制を狙った利上げのペースを緩めるのではないかの観測が浮上し、株式や債券の急反発をもたらしているのだ。

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高に悲鳴

[サンフランシスコ/ニューヨーク/ロンドン 29日 ロイター] - 英国人の電気技師ジェフ・スキッパーさん(50)と大学事務管理職員、バレリーさん(47)夫妻は今月、米サンフランシスコを旅行で訪れたが、その何週間も前から目にしてきたのはポンド/ドルが一直線に値下がりし続けるという救いがたい光景だった。

コラム:次の介入はいつか、その効果と政府・日銀の戦術を読み解く=熊野英生氏

[東京 26日] - 政府・日銀のドル売り・円買い介入は、これから何回か続くだろう。9月22日の介入は、まさしく奇襲攻撃だった。この介入は、米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合が終わって、材料がいったんは出尽くした後に、145円の防衛ラインを突破させないという「断固たる姿勢」を示す対応だった。

焦点:ドル高是正の協調介入、米政府は静観 足元の混乱懸念せず

[ワシントン 29日 ロイター] - 英国と日本に起因する形で金融市場に混乱が生じているが、現時点ではまだ米財務省にポンドないし円を支えるための協調介入を促す局面ではないようだ。複数の米当局者は緊急的に行動する必要性はないと表明。専門家は、混乱の範囲が今よりずっと大きくならない限り、米国の静観姿勢は続く公算が大きいとみている。

焦点:政府と日銀に齟齬か、介入で憶測 いずれ緩和修正の見方も

[東京 28日 ロイター] - 22日の円買い介入を巡り、政府と日銀の間に政策の齟齬(そご)があるのではないかとの憶測が市場関係者の間で広がっている。両者とも矛盾はないと否定するが、円安のマイナス影響を懸念する政府に押し切られ、いずれ日銀は緩和政策の修正を迫られるとの見方は根強い。

弱気相場深まる、S&P500が2年ぶり安値:識者はこうみる

[27日 ロイター] - 米国株式市場は総じて下落して取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>が2020年11月以来約2年ぶりの安値を更新し、一段と弱気相場が深まる展開となった。

アングル:波乱の為替市場、トレーダーからは「まるでカジノ」

[ニューヨーク/ロンドン 27日 ロイター] - 大荒れの様相を呈している最近の外国為替市場について、取引するトレーダーからは「まるでカジノのようだ」との声が出ている。

焦点:ポンド急落、英新政権の経済政策に市場失望 回復のめど見えず

[ロンドン 26日 ロイター] - 英ポンドは対ドルで史上最安値を更新し、1ポンド=1ドルの「パリティ(等価)」が視野に入った。

コラム:円買い介入で米市場に波乱、日本に株安波及し交錯する思惑

[東京 26日 ロイター] - 政府・日銀が22日に実施したドル売り・円買い介入は、想定を超えて世界の金融・資本市場にその影響が波及した。介入資金の確保で日本政府保有の米国債が売却されるのではないかとの思惑から米長期金利が上昇したとの指摘もあり、ダウは3万ドルの大台を、26日の日経平均も2万6500円を割り込んだ。

コラム:インフレ退治の代償、FRBの想定超えれば政治に「火中の栗」

[ニューヨーク 21日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦準備理事会(FRB)は、インフレを退治するための代償を具体的に描写して見せた。それは数年にわたるさえない経済成長と100万人余りの新たな失業者を発生させることだ。こうした事態が物価高騰を抑え込むのに必要な全てであるなら、甘受する価値があるコストと言える。ただFRBのパウエル議長の見立てが間違っている場合、そのツケはバイデン大統領と議会に回ってくる。

政府・日銀が24年ぶり円買い介入:識者はこうみる

[東京 22日 ロイター] - 神田真人財務官は22日夕、円買い介入に踏み切ったことを明らかにした。政府・日銀がドル売り/円買い介入を実施するのは1998年6月以来、24年ぶり。ドルは一時142円前半まで急落した。

アングル:10年債の売買成立せず、初の2営業日連続 日銀オペで市場機能低下

[東京 21日 ロイター] - 東京円債市場で21日、長期金利の指標である新発10年国債の業者間取引(日本相互証券ベース)が、前日に続いて成立しなかった。2営業日連続で売買未成立となるのは、1999年3月に新発10年物が指標銘柄となって初めて。

焦点:日銀の政策修正諦めぬ海外勢、リアルマネーも円債をアンダーウエート

[東京 20日 ロイター] - 6月の日銀金融政策決定会合にかけて日本国債(JGB)を売った海外勢だが、政策修正への期待を捨てたわけではなさそうだ。ショートポジションの一部は巻き戻されたが、ヘッジファンドのような短期筋だけでなく長期目線のリアルマネー投資家の一部も「参戦中」だ。今週の日銀会合での政策変更を見込む声は少ないが、円安が進み、政治的圧力が強まれば、いずれ修正を迫られるとの見方は根強く残っている。

コラム:進む円安、抑止に「リパトリ減税」という処方箋=唐鎌大輔氏

[東京 16日] - 為替市場では政府・日銀による政策対応への思惑が高まりつつも、ドル/円相場は基本的に年初来高値圏で推移している。こうした状況下、改めて「どうすれば円安は止まるか」という点に関して世の問題意識が高まっているように感じられる。

コラム:巨額貿易赤字は恒常化の恐れ、円安促進材料に

[東京 15日 ロイター] - 日本の8月貿易赤字は単月として過去最大を記録した。このままのペースが続けば、2022年は暦年で過去最大を更新しそうだ。問題はこの赤字が一過性にとどまるのか、恒常的なトレンドになってしまったのかという点だ。残念ながら巨額貿易赤字の計上が恒常化する可能性が高まっている。

焦点:米金利に大幅上昇圧力、米株も打撃拡大へ 身構える市場

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 8月の米インフレ率が高止まりしたため、一部の債券投資家はこれまでの見通しを上方修正し、米連邦準備理事会(FRB)がさらに利上げを積極化するのではないかと身構えている。

焦点:レートチェックで蓄積する円安マグマ、「危険な賭け」との声も

[東京 15日 ロイター] - 為替市場では、日銀のレートチェックを受けて、円相場が一時的に反発したが、実弾を伴わない「空砲」がいつまで円安阻止の効力を持つか、懐疑的な声は少なくない。日米金利差や日本の巨額の貿易赤字などファンダメンタルズに基づいたドル高/円安を人為的に抑制すれば、今後の円売り需要が蓄積されるだけ、との指摘もある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up