for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.0095-0.0000-0.1583%
0.00800.00000.4013%
0.00720.00000.4443%
0.00870.00000.3713%
0.01310.00000.3209%
0.01420.00010.5226%
0.01260.00000.2380%
0.05960.00020.3821%
0.00090.00000.2353%
0.0658-0.0000-0.0380%
0.08260.00030.3671%
0.01300.00000.0926%
0.21240.00050.2360%
0.69610.00440.6361%

Advertisement

最新ニュース

コラム:米通信市場に「対中防壁」築けるか、報復以外に弊害も

[香港/サンフランシスコ 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米政府が国内通信市場に「対中国の防壁」を設けるという構想を実現するのは至難の業だ。ポンペオ国務長官は、米国のインターネットから中国の通信企業、アプリ、クラウドサービスなどを追い払いたい考え。事実上、情報面で中国を遮断することを狙っており、他国も追随するよう望んでいる。

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中感情が追い風

[ニューデリー/ソウル 3日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>が、小米集団(シャオミ)<1810.HK>などの中国勢に押されるインドのスマートフォン市場で巻き返しに出ている。新型コロナウイルス危機でオンラインの活動が増えているのを背景に、格安スマホの新機種を取りそろえて挑む。

アングル:2000ドル突破の金、長期上昇トレンド継続へ

[ロンドン 4日 ロイター] - 金価格<XAU=>が4日時点で、1オンス=2000ドル(約21万円)の大台を目前に足踏みしている。その一因は強力な抵抗線にぶつかったことだが、最終的にはこれを突破し、さらに高値更新を続ける公算が大きい、というのがチャート分析の専門家の見方だ。(編集注:5日のアジア時間で一時、2030ドルまで上昇し最高値を更新した)

アングル:「米大統領選、紛糾」の大荒れ相場に備える投資家

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 今年11月の米大統領選について、金融市場では勝敗の判定が紛糾するとの見方が広がっている。投票結果を巡る混乱が市場のあちこちでボラティリティー増大につながると懸念されており、早くもヘッジに動く投資家も少なくない。

コラム:日銀次の一手、マイナス金利深掘りに現実味=井上哲也氏

[東京 28日] - 日本経済は当初の懸念に比べれば、良好な回復パスをたどっているようだ。国内の経済活動が予想より早く再開されたことや、海外経済の立ち上がりも同様の理由で早かったことが背景とみられる。

コラム:危いドル安相場の深追い、重要な4つの注目点=上野泰也氏

[東京 29日] - ドル安の流れがこのところ続いている。米連邦準備理事会(FRB)が公表しているドル名目実効レートのうち、対先進国通貨の指数(2016年1月=100)は、7月24日に107.8095になった。3月23日に付けた年初来高値(117.0314)から8%弱の下落であり、年初の水準をすでに下回った。

コラム:ユーロ急騰の裏に「ドルの過剰感」、円買いに波及=唐鎌大輔氏

[東京 30日] - 長らくボラティリティを失っていた為替市場ではドル全面安の流れが強まり、ユーロおよび円が騰勢を強めている。とりわけユーロ相場の勢いが目立ち、対ドルでは1.17ドル台と約1年10カ月ぶりの高値圏で推移している。

コラム:EU復興基金で変わる世界的デフレ構造、ドル安に転換へ=高島修氏

[東京 30日] - 世界的な観点で言えば、為替市場の中心はユーロ/ドル<EUR=EBS>であって、ドル/円<JPY=EBS>ではない。対ユーロでの米ドル相場を押さえずして、為替相場を理解することはできないが、残念ながら日本の市場参加者でそれを実践している人は少ない。

焦点:コロナワクチン1人40ドル、米政府の契約が世界の指標に

米政府は22日、製薬大手のファイザー<PFE.N>とドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテック<22UAy.F>から、1億回分のワクチンを約20億ドル(約2100億円)で取得する契約を結んだ。1人当たり約40ドル(約4200円)。製薬業界のアナリストの間では、他のメーカーもこれに近い価格設定を求められる可能性が高いとの見方が広がっている。

FRBが金融政策維持、景気支援にあらゆる手段:識者はこうみる

[29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は28─29日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを全会一致で決定した。新型コロナウイルス感染拡大の影響からの景気回復に向け「あらゆる手段」を尽くすとし、必要な限り政策金利をゼロ%近辺にとどめると改めて表明した。

焦点:ドル安加速で幅広い資産が上昇、米多国籍企業や新興国などに恩恵

[28日 ロイター] - 足元でドルの下げ足が速まっていることが、世界的に幅広い影響を及ぼしている。特に目立つのは、ハイテク株から金までさまざまな資産価格の上昇を加速させている点だ。

焦点:「夏の円高」ひと足早く、下値めど102円 NZ選挙が意外な鍵

[東京 28日 ロイター] - 「夏の円高」が例年よりひと足早くやってきた。ドル安が勢いづいてきたことに季節要因も加わり、ドルは来月に102円台まで下落するとの試算も出始めた。今後の展開を左右するポイントとなるのは、米国やドルの要因だけでなく、ニュージーランドで9月に行われる総選挙も、意外な鍵を握る可能性がある。

焦点:ビッグデータで景気分析、日銀が本格化 次の一手に影響も

[東京 28日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大が経済に大きな影響を与える中、リアルタイムで景気や物価の動向を把握できるビッグデータを日本銀行が積極的に活用している。消費者物価指数(CPI)など伝統的な指標とは異なる実態が浮かび上がることもあり、今後の金融政策運営に影響を与える可能性がある。

コラム:日本の貿易赤字膨張、円安材料になるか 「実験」始まる

[東京 27日 ロイター] - 最近のドル/円<JPY=EBS>はすっかりボックス相場になり、市場関係者もそれに慣れきっているようだ。本質的な要因のクリアな分析はあまりないが、日米金融政策の「同質化」が大きな影響を及ぼしているのではないかと筆者はみている。ドル/円の需給状況が大きな要素として浮上する可能性があるが、足元で日本の貿易赤字膨張という大きな変化が生じている。これがどこまでの円安要因になるのか、これまでの経験則とは異なる「実験」が始まる。

アングル:ドル安で浮かび上がる「リスクオフ時の円高」という残像

[東京 27日 ロイター] - 日本の連休中に円高が進んだ主因は円以外にある。米中対立激化や実質金利低下によるドル安がドライバーであり、コロナ基金創設による統合深化期待が背景のユーロ高もドル安を促した。ただ、外部要因とはいえ円高が進んだことで、リスクオフ時の円高という「残像」も浮かび上がってきた。外部要因と連動し、一段の円高が進む可能性もあるとみられている。

ドル全面安、4カ月ぶり安値:識者はこうみる

前週末からの外為市場は、米中対立の激化が懸念されドル全面安の展開となっている。米国では株安と債券安が同時進行する場面もあり、ドルから資金が逃げているように見受けられる。

アングル:過熱する中国コーヒー市場、乱入と競争が期待に冷水

[北京/上海 22日 ロイター] - 北京でカフェを経営するフアン・イン氏。店の外を見れば、スターバックスを含め競合する近隣のカフェが7店も目に入る。まだ店を維持できているだけでありがたい、とフアン氏は思う。

アングル:EU復興基金、ユーロ建て債券市場に起きる地殻変動

[ロンドン 21日 ロイター] - 欧州連合(EU)は共通債を発行して復興基金を設立する案で合意し、世界最大級の超国家発行体に躍り出ようとしている。ユーロ建て債券市場は地殻変動を起こすかもしれない。

焦点:テスラ熱に包まれる2つの街、激化する11億ドル工場誘致合戦

[13日 ロイター] - 石油産業の街、米オクラホマ州タルサには高さ23メートルの「黄金の石油採掘労働者」像がそびえ立つ。

アングル:日銀に迫るコロナ「秋の陣」、感染急増で景気シナリオに黄信号

[東京 15日 ロイター] - 日銀は15日、年末にかけての緩やかな景気回復シナリオを示し、金融政策の現状維持を決めた。しかし、新型コロナウイルスの国内感染者数の増加傾向や感染拡大がもたらした人々の慎重な行動など、景気シナリオの前提条件には「黄信号」が灯っている。第2波の到来、鈍い景気の戻り、銀行の与信費用の再拡大――。これらの要因がそろいそうな10月の決定会合では、追加緩和策が打ち出される可能性が浮上してきそうだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up