for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨換算

外国為替一覧表

通貨終値変化変化 %Time
0.00920.00000.2405%
0.00770.00000.2985%
0.00660.00000.0000%
0.00830.00000.0000%
0.0124-0.0000-0.2737%
0.0131-0.0001-0.4192%
0.01150.00010.4632%
0.05750.00020.3141%
0.08090.00010.1449%
0.05930.00000.0000%
0.07880.00020.2518%
0.01240.00000.0000%
0.18220.00020.1099%
0.66750.00000.0000%

Advertisement

最新ニュース

コラム:米IPO市場に強まる「供給過剰」、資金分散の弊害も

[ニューヨーク 30日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 新型コロナウイルスのパンデミックは、世界のサプライチェーン(供給網)を混乱に陥れた。そして、米国の取引所への上場を目指す企業もまた、「供給」の問題を抱えている。新規株式公開(IPO)案件が多過ぎるのだ。新興インターネット証券ロビンフッド・マーケッツの自信満々だったIPOは失敗に終わり、バッテリーメーカーのクラリオス・インターナショナルはIPOを延期した。青果大手ドールは仮条件レンジを引き下げた。他の案件はもっとましな結果だったとはいえ、今は買い手である投資家側に資金の振...

焦点:7月世界国債市場、昨年3月来の大きな値上がり デルタ株や中銀要因

[30日 ロイター] - 7月の世界の国債市場は2020年3月以来で、月間ベースで最大の値上がりを享受した。新型コロナウイルスのデルタ株を巡るリスクや、金融緩和の巻き戻しはまだずっと先になるとのメッセージを主要中銀が打ち出したことが背景だ。

試されるドルの「底力」、米長期金利・コロナ情勢が焦点=今週の外為市場

[東京 2日 ロイター] - 今週の外為市場では、米長期金利の動向と世界的な新型コロナウイルスの感染拡大が焦点となりそうだ。米経済指標が良好であれば、米長期金利が上昇に向かいドル高となる展開が予想される一方、新型コロナ変異種の感染拡大で株価が下落すれば、リスク回避の円買いにつながりやすい。

コラム:米金融政策の正常化、待ち受ける「市場とのかい離」という難題=井上哲也氏

[東京 29日] - 米連邦準備理事会(FRB)は7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、資産買い入れの減速(テーパリング)の条件である「政策目標に向けたさらなる顕著な前進」に対して、米国経済が着実な歩みを進めていることを確認した。

コラム:デルタ株拡大で「偽りの夜明け」か、ドル下落リスクも=上野泰也氏

[東京 27日] - 新型コロナウイルスによる今回の危機は、筆者が想定してきた通り、長期化している。変異株の一種であるデルタ株(インド株)が世界のあちこちで拡大しており、その感染力の強さには専門家の中からも驚きの声があがる。

コラム:円安は「後退する日本」の象徴なのか、浮上する不都合な真実=佐々木融氏

[東京 26日] - コロナ禍でのオリンピックが始まった。多くの困難の中で開催にこぎ着けた東京五輪・パラリンピックは、間違いなく世界から日本が注目されるイベントであり、将来、歴史を振り返る時に必ず思い出される重要な大会だったと記憶されるだろう。そんな歴史的な瞬間の日本の立ち位置に関して、為替相場の面からみた現実について指摘しておきたい。

試されるドルの「底力」、米長期金利・コロナ情勢が焦点=来週の外為市場

[東京 30日 ロイター] - 来週の外為市場では、米長期金利の動向と世界的なコロナの感染拡大が焦点となりそうだ。米経済指標が良好であれば、米長期金利が持ち直してドル高が予想される一方、新型コロナウイルス変異種の感染拡大で株価が下落すれば、リスク回避の円買いにつながりやすい。

コラム:米巨大IT、潤沢資金が自社株買いに集中する切実な理由

[ワシントン 27日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米巨大IT企業は、次の買収相手が鏡に映った自分自身だと分かるだろう。グーグルの持ち株会社・アルファベット、アマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、マイクロソフト5社の手元資金合計額は6000億ドル前後に上る。売上高も過去最高を更新する中で、投資家は各社にせっかくの稼ぎを有効活用して欲しいと強く望むだろう。ただ、その使い道は、自社株買いの拡大が既定路線になるのではないか。 

米FRB、経済活動はなお順調:識者はこうみる

[28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は27─28日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、新型コロナウイルスの感染者が増加しているにもかかわらず、米経済の回復は引き続き順調との見方を示した。また、引き続き明るい見通しを示すとともに、金融支援策の最終的な撤回に向けた議論を継続する意向を示した。

コラム:FRB、量的緩和の早期縮小開始が妥当な理由

[ワシントン 28日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 物価上昇がたとえ一時的だとしても、米連邦準備理事会(FRB)にとって問題である。FRBは28日、コロナ禍から経済が立ち直る過程での物価高騰は長続きしないとの見方を改めて示した。それでも消費者や議会、ホワイトハウスの心中は穏やかではない。そこでFRBが毎月1200億ドル規模で行っている債券買い入れ(量的緩和)を縮小すれば、直接的に消費者物価指数(CPI)上昇圧力に効果を発揮しないまでも、パウエル議長への「援護射撃」にはなる。

アングル:米長期金利、再び上昇して2%到達との予想がなお市場の大勢

[ロンドン 27日 ロイター] - 米10年国債利回りの2%到達に賭けることに引き続き何の迷いもない――。多くのアナリストや投資家はこう断言し、年末にかけて利回りが再び上昇に転じると見込んでいる。ただ他の資産に混乱は広がらないだろうという。

コラム:インフレ読みづらい時の投資戦略、市場の指標に勝るものなし

[オースティン(米テキサス州) 23日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 金融市場よりうまくインフレ率を予想しようとしても無駄に終わる。投資家は、消費者物価の見通しを示す市場の指標を活用し、いかにしてその指標が告げる購買力の低下を上回る利益を上げるか、あるいはヘッジするかに注力した方がよい。

アングル:FRB、コロナ感染の「循環リスク化」が新たな頭痛の種

[ワシントン 22日 ロイター] - 米連邦公開市場委員会(FOMC)は5週間前、コロナ禍による危機が経済の重しになっているとの文言を声明から削除した。ところが、米国は早くも感染者数の再拡大に直面している。

アングル:春の信用期日到来、相場全体の圧迫要因に

[東京 26日 ロイター] - 今春に高値を付けた際の信用取引期日が8月から9月にかけて到来する。ソフトバンクグループやファーストリテイリングなど指数寄与度が大きい銘柄が含まれており、日本株の上値を押さえる需給要因として警戒されている。

ドル底堅さ続くかが焦点に、FOMCに注目=今週の外為市場

[東京 26日 ロイター] - 今週の外為市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)や新型コロナウイルスの変異株「デルタ」の感染動向に注目が集まる中、ドル/円相場はドルの底堅さが継続するかどうかが焦点になりそうだ。先週の初めにみられたようなリスクオフムードは和らいだとの見方が聞かれる一方、米長期金利の上昇がなければドル高基調の継続は難しいとの意見も出ている。

焦点:東証再編、企業が対応加速 市場からは「基準緩い」との声も

[東京 20日 ロイター] - 東京証券取引所が来年4月に実施する市場再編を巡り、最上位の「プライム」市場入りを目指す企業が対応を加速させている。より高いガバナンス(企業統治)や株式流動性が求められる中、日本的慣行ともいわれる株式の持ち合いや資金の過度な貯め込みを見直す企業も出てきている。ただ、一部の投資家からは、海外に比べ上場基準が緩すぎるとの指摘も挙がっており、海外投資家などを呼び込めるかはまだ不透明だ。

日経平均続落、クロス円で円高進む 識者はこうみる

[東京 20日 ロイター] - 20日午前の東京市場で日経平均は続落し、一時300円安となった。為替はクロス円で円高が進んだ。

焦点:米M&A市場が活況、競争促進の大統領令で駆け込み誘発

[12日 ロイター] - 米国のM&A(合併・買収)市場では今後、企業の経営を大きく変えるような案件の駆け込みが相次ぎそうだ。バイデン大統領が関係する政府機関に競争促進策の導入を求める方針を明確にしたことで、企業が具体的な規制強化前に案件をまとめようと、慌ただしく計画を進めると見られるためだ。

コラム:FRB主要幹部、バイデン政権下で大幅変更も

[ワシントン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長による半期議会証言は、国内雇用を最大限拡大させるという相変わらずのメッセージを発信しただけで、驚くような内容は見当たらなかった。だがFRBの主要幹部の構成については、この先かなりの変化が生じる可能性がある。

焦点:銀市場にもレディット軍団、「急騰狙い」は成功するか

[ロンドン 9日 ロイター] - 米ワシントン州シアトル在住で飲食店勤務一筋のケリー・クレーカーさん(56)は今年3月以来、毎週自由に使えるお金の半分に当たる約100ドル(約1万1000円)をシルバーコイン購入につぎ込んでいる。オンライン掲示板レディット上で、来るべきインフレから身を守るために銀資産を買おうと呼び掛けるフォーラムに参加しているからだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up