エディション:
日本

アングル:EU離脱にイランに中国、英国新首相に数々の難題

英国の次期首相は、就任と同時に内政と外交の両面で手に余るほどの課題に直面するだろう。欧州連合(EU)からの離脱を実現し、トランプ米政権との関係を修復するとともに、イランにどう対応するかを決め、議会で過半数に届かない与党・保守党を率いて政権を運営していかなければならない。

対韓輸出規制、WTO含め各国に説明 世耕氏「専門家が聞けば常識的」

世耕弘成経済産業相は対韓輸出規制について、23、24日にジュネーブで開かれる世界貿易機関(WTO)の一般理事会も含め、関係各国に説明する考えを示した。「安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しで、専門家が聞けばきわめて常識的な話。各国にしっかり説明したい」と、23日の閣議後会見で語った。

トヨタ、東京五輪に「やり回収」ロボット AIと自動運転で大会支援

トヨタ自動車は22日、2020年東京五輪・パラリンピックの運営を支援する試作ロボットを発表した。やり投げ、ハンマー投げなどの競技で選手が投げたやり、ハンマーなど投てき物の回収・運搬を自動運転技術やAI(人工知能)を活用したトヨタ製ロボット車両が行う。ロボットの使用で運営スタッフの労力低減などを図る。東京五輪で最新技術を披露し、今後の製品開発にも活かす。

北朝鮮の金委員長、新型潜水艦を視察 弾道ミサイル開発を示唆か

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、新たに建造された大型潜水艦を視察し、潜水艦が備える戦術能力と兵器システムの重要性を強調した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が23日伝えた。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発継続を示唆している可能性がある。