エディション:
日本

トップニュース

米与野党の攻防必至、債務上限引き上げ巡り

米議会民主党指導部は20日、数日中に連邦政府の運営資金を確保するとともに、連邦債務の上限適用を2022年の中間選挙以降まで凍結する法案の可決を目指すと表明した。しかし、共和党は債務上限引き上げに反対しており、与野党の攻防は必至だ。

米国株式市場=急落、中国恒大巡る懸念で広範な売り

米国株式市場は急落。中国の不動産開発大手、中国恒大集団のデフォルトリスクが意識され、広範な銘柄に売りが出た。S&P総合500種とナスダック総合の下落率は5月以来、ダウ工業株30種は7月以来の大きさとなった。

米株急落:識者はこうみる

20日の米国株式市場は急落。中国の不動産開発大手、中国恒大集団のデフォルトリスクが意識され、広範な銘柄に売りが出た。

中国、ミャンマーからのレアアース輸入枯渇 国境閉鎖受け

中国税関総署が20日公表した統計によると、8月のミャンマーからのレアアース(希土類)輸入量は前月比91.8%減の23トンに落ち込んだ。7月も270トンと同79%減少していた。中国が新型コロナウイルス感染の拡大防止に向け、7月半ばに主要輸出入ルートである雲南省騰沖で国境を封鎖したことが要因。

米住宅建設大手レナー、供給制約が当面続くと予想 株価急落

米住宅建設大手レナーは20日の決算発表で、米住宅建設市場の供給制約が当面続くとの見方を示した。同時に示した第4・四半期(9━11月)の引き渡し戸数見通しはアナリスト予想を下回り、株価は引け後の時間外取引で一時、3.4%急落した。