エディション:
日本

自動車

中国、自動運転車の公共利用で規制案

安全を最優先にすべきだとした上で、交通量が少なく、コントロールが容易な状況で自動運転車をタクシーとして利用することを推奨するとしている。今後、意見を公募する。

米加州、テスラ運転支援機能「誇大広告」で苦情申し立て 販売認可影響か

米カリフォルニア州車両管理局は5日、米電気自動車(EV)大手テスラが宣伝広告で同社運転支援システム「オートパイロット」や「フル・セルフドライビング」(FSD)について、自動運転車の機能であるかのように偽っているとして州行政聴聞局に先月苦情を申し立てたと発表した。

米自動車業界団体、上院可決法案のEV税額控除条件に正式に抗議

大手自動車メーカーを代表する米業界団体が7日、バイデン政権が掲げ上院が同日可決した約4300億ドルの歳出・歳入法案の電気自動車(EV)税額控除部分について、外国での生産や原材料調達への制限が厳しすぎるとして正式に抗議した。2030年までに新車販売の40─50%をEV化するとの業界目標が危うくなると主張した。

印タタ、フォード工場の9100万ドル買収で合意

インドの自動車大手タタ・モーターズは7日、米自動車大手フォード・モーターの西部グジャラート州工場を72億6000万ルピー(9150万ドル)で買収することで合意したと発表した。

アングル:半導体不足、自動車メーカーとの力関係に地殻変動

世界中の自動車メーカーが、この2年間で1000万台を超える大幅な生産計画の見直しを強いられた。その原因である半導体不足が、足元で改善しつつある。ただ、自動車メーカーが今回の混乱を教訓に半導体業界との連携強化を図ったため、半導体製造に関する一定のコストやリスクが自動車メーカーに移り、両産業の関係に「地殻変動」が起きている。