エディション:
日本

自動車

日本電産、仏PSAと自動車向けモーターで合弁会社設立へ

日本電産は4日、欧州自動車大手、グループPSAと電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)向けトラクションモーターの開発・販売で合弁会社を設立すると発表した。協業することで開発コストや時間を効率化し、世界的に加速するEV化の流れに対応する。

米テスラ、豪南部州のリチウムイオン蓄電システム稼働開始

米電気自動車(EV)テスラが豪サウスオーストラリア州に建設した世界最大規模のリチウムイオン蓄電システムが1日、稼働を開始した。テスラが建設したのはグリッドスケール蓄電池(電力網用の蓄電池)で、容量は129メガワット時。

米自動車販売、11月まちまち 値引き合戦で

オートデータによると、自動車販売は1748万台と前年の1771万台から減少した。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト予想(1750万台)におおむね一致した。

日産、11月の登録車販売42%減、無資格者による完成検査問題響く

11月の国内の登録車(排気量660cc超)販売は、無資格者による完成検査での不正が発覚した日産自動車が前年同月比42.4%減の2万0797台と2カ月連続で減少した。特に、同月上旬まで出荷を停止していた乗用車は同46.8%減だった。一方、検査不正がなく、三菱自動車に生産を委託している日産の軽自動車は19.2%増だった。

法人企業統計、7-9月期設備投資は前期比増 2次QEでも上振れへ

財務省が1日発表した2017年7─9月期の法人企業統計(金融業・保険業を除く)によると、設備投資(ソフトウエアを含む)は前年比4.2%増となり、4期連続増加となった。製造業が前年比1.4%増、非製造業は5.9%増とともに伸びた。電子部品や自動車用部材の生産能力増強や、インバウンド向けホテル建設などが寄与した。前期比でも1.0%増と2四半期ぶりに増加し、国内総生産2次速報でも設備投資は上方修正される見通し。

テスラの電動トラック、DHLと加企業も発注

航空貨物の世界大手ドイツポストDHLとカナダの運送会社フォーティゴ・フリート・サービシズは28日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラの電動大型トラック「テスラ セミ」を発注したと発表した。

トヨタ副社長2人増へ、社長「生きるか死ぬかの戦いに力結集」

トヨタ自動車は28日、新しい副社長に、中型車を担当する吉田守孝(60)、コネクテッド(ネットにつながる車)や新規事業などを担当する友山茂樹(59)の両専務役員、相談役でデンソーの小林耕士副会長(69)をあてる人事を発表した。