エディション:
日本

M&A・ディール関連

米グーグルのAI事業創業者が新会社、鴻海と提携

米グーグルの親会社アルファベットで、人工知能(AI)事業立ち上げに関わった呉恩達氏は14日、工場へのAI技術導入に向けて、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と合弁会社「ランディングAI」を設立した。

アップルがフィニサーに3.9億ドル投資、半導体レーザー拡大

米アップルは13日、光通信技術を手掛けるフィニサーに3億9000万ドルを投資したと発表した。iPhone(アイフォーン)の顔認証や「アニ文字」、ポートレートモード機能などを動かす半導体レーザーの生産を拡大する狙いだ。

東芝、米WDと和解 メモリー事業で協力関係を再構築

東芝は13日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却を巡り対立していた米ウエスタンデジタル(WD)と和解することで合意したと発表した。両社は仲裁申し立てや訴訟をすべて取り下げ、東芝メモリが現在進めている四日市工場(三重県)第6製造棟への投資を共同で実施する。メモリー事業売却の障害となっていたWDとの係争が解決することで、東芝の再建計画は大きく前進する。