エディション:
日本

本日の注目個別銘柄

マクセルHD、日本通信、清水建設など

 日本通信  190  +12大幅高。米国において市民ブロードバンド無線サービス(CBRS)向けSIMを発売すると発表。様々なCBRS基地局への接続を、Androidの

国際帝石、資生堂、三菱UFJなど

 ネクソン  1580  -48急反落。親会社NXCの身売り交渉が難航、白紙化の可能性が高まったとなどと伝わっている。以前から、テンセントやア}

野村、スシローGHD、国際帝石など

 野村  377.5  +36.0急反発。前日発表の高水準の自社株買いなどが好感された。発行済み株式数の8.6%に当たる3億株、1500億円を上限としておりz

TATERU、東海カーボ、ヤーマンなど

 TATERU  188  -43急落。建設資金の借入希望者の預金データを改ざんしていた問題で、国土交通省が業務停止命令を出す方針を固めたと報じら

東エレク、JDI、森永乳など

 東エレク  14265  -365大幅続落。みずほ証券では投資判断を「買い」から「アンダーパフォーム」に、目標株価も19000円から12500円に引き下げた

アンリツ、HOYA、ヤーマンなど

 郵船  1588  -28大幅続落。ホルムズ海峡近くのオマーン湾で前日、日本のタンカーなどが砲弾で攻撃を受けた。米国とイラン間での緊張の

東エレク、三菱UFJ、レノバなど

 三菱UFJ  506.3  -6.7続落。今第1四半期に数千億円規模の減損損失を計上するリスクが高まっていると報じられた。4月末に子会社化したインド&