エディション:
日本

トップニュース

午前の日経平均は反落、世界景気懸念が重し 戻り歩調が巻き戻し

6日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比333円61銭安の2万6089円86銭と、反落した。日本を除く主要国の中銀による金融引き締めと、世界景気後退への警戒感が引き続き相場の重しになった。需給悪化への警戒感もあり、前日までの戻り歩調が巻き戻された。

FTCはTikTok調査を、米利用者データ巡り上院議員が要請

[ワシントン 5日 ロイター] - 米上院情報特別委員会のワーナー委員長(民主党)と共和党トップのルビオ議員は5日、中国系動画投稿アプリのTikTok(ティックトック)と親会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)が米利用者データの扱いを巡り「虚偽の説明を繰り返している」として、連邦取引委員会(FTC)に調査を求めた。