エディション:
日本

トップニュース

EU・イラン、近く会合も 核協議再開へ=ボレルEU上級代表

欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は18日、イランとの核協議再開の可能性を巡り、EUとイランの外交官が近く会合を持つことに期待を表明した。しかし、21日にブリュッセルで会合が開催されるという報道は確認しなかった。

ロシア、NATO代表部閉鎖へ 追放処分への対抗措置

ロシアのラブロフ外相は18日、ブリュッセルにある北大西洋条約機構(NATO)のロシア代表部の活動を停止すると発表した。同時に、モスクワにあるNATO軍事代表部の人員の認可を11月1日付で取り消すと共に、モスクワのNATO情報部を閉鎖する。

パウエル元米国務長官死去、湾岸戦争指揮 84歳

米国で黒人として初めて国務長官と軍制服組トップの統合参謀本部議長を務めたパウエル元国務長官が18日、死去した。84歳だった。死因は新型コロナウイルス感染による合併症だった。家族がフェイスブックへの投稿で明らかにした。

8月のサウジ原油輸出、4カ月連続増加=JODI

共同石油統計イニシアチブ(JODI)が18日公表した統計によると、8月のサウジアラビアの原油輸出量は日量645万バレルと、4カ月連続で増加した。2021年1月以来の高水準。7月は632万7000バレルだった。

アマゾン、米で15万人臨時雇用へ 年末商戦向け

米アマゾン・ドット・コムは18日、今年の年末商戦に備え、米国で15万人を臨時雇用する計画を明らかにした。人手不足に直面する中、臨時雇用する従業員に対し最大3000ドルの一時金を支給するほか、シフトによっては時間当たり3ドルを割り増しするなど、人材確保を目指す。

米住宅建設業者指数、10月の上昇幅は20年11月以降で最大

全米住宅建設業者協会(NAHB)が18日に発表した10月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数は前月から4ポイント上昇の80となった。上昇幅は2020年11月以降で最大。市場予想の76を上回り、3カ月ぶりの高水準となった。ただ、建設業者は原材料不足による価格高騰が住宅の値ごろ感に悪影響を与えると懸念している。

ボルボ・カー、IPOの仮条件設定 企業価値は最大230億ドル

中国自動車大手の浙江吉利控股集団傘下のボルボ・カーは18日、新規株式公開(IPO)価格の仮条件を53─68スウェーデン・クローナに設定したと発表した。仮条件上限での企業価値は230億ドルとなり、欧州市場で今年最大規模のIPO案件となる見込みだ。