エディション:
日本

ビジネス

NY市場サマリー(4日)ダウ248ドル高、ドルも小幅高

<為替> ドルが2年半ぶりの安値更新後に上昇に転じた。欧州連合(EU)を離脱した英国とEUとの通商協議が一時的に停止されたことを受けた。ただ、週間の下げは1カ月ぶりの大きさとなった。市場予想を下回った米雇用統計の市場への影響は限定的だった。

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが2年半ぶりの安値更新後に上昇に転じた。欧州連合(EU)を離脱した英国とEUとの通商協議が一時的に停止されたことを受けた。ただ、週間の下げは1カ月ぶりの大きさとなった。市場予想を下回った米雇用統計の市場への影響は限定的だった。

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

米国株式市場は上昇し、主要株価指数が最高値を更新。ダウ工業株30種が248ドルで取引を終えた。この日発表された雇用統計がさえなかったことを受け、政府の追加支援策への期待が高まった。業種別ではエネルギー、資材、工業株などが買われた。

米経済、ワクチン実用化で21年後半に回復=ミネアポリス連銀総裁

米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は4日、新型コロナウイルスの感染再拡大が経済成長を鈍らせるため、今後数カ月は「厳しい」状態になるだろうが、新型コロナワクチンが広く実用化されれば、米経済は2021年後半に力強く回復するとの見方を示した。

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激な動きには対応も=関係筋

中国当局は人民元が2年半ぶりの水準に値上がりしていることについて、国内の景気回復が加速していることもあり当面は容認する構えだが、値上がりのスピードが急激であったり経済に悪影響を及ぼすようであれば対応に乗り出す可能性もある。内部の政策議論に詳しい複数の関係者が明らかにした。

米製造業新規受注、10月は1.0%増 予想上回る

米商務省が4日発表した10月の製造業新規受注は前月比1.0%増と、市場予想の0.8%増を上回った。新型コロナウイルス危機から製造業が安定的に持ち直し続ける中で設備投資が当初よりも好調に伸びた。