エディション:
日本

ビジネス

NY市場サマリー(19日)

<為替> ドルや円が上昇。通商問題を巡り米中の対立が一段と深まる中、リスク回避の動きが広がった。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。米中が全面的な貿易戦争に突入することへの警戒感が広がった。百貨店チェーンの期待外れの業績も足を引っ張った。

米住宅着工、5月は11年ぶり高水準 許可件数は落ち込む

米商務省が19日発表した5月の米住宅着工件数(季節調整済み)は前月比5.0%増の135万件となり、2007年7月以来約11年ぶりの高水準となった。一戸建て住宅、集合住宅ともに伸びた。市場予想は131万件だった。

米経済成長、原油価格上昇でも大きな影響受けず=ダラス連銀総裁

米ダラス地区連銀のカプラン総裁は19日、世界的な原油価格は中期的に上昇する公算が大きいが、米国の産油量が以前より増加していることに加え、企業の省エネ意識も高まっていることから、原油高による米経済成長への影響はそれほど大きくならないとの見方を示した。