エディション:
日本

ビジネス

米世帯の財政状況が改善、低所得層は依然困窮=FRB調査

米連邦準備理事会(FRB)が18日に公表した報告書で、7月調査時の米世帯の財政状況が4月時よりもやや改善していることが分かった。支援金給付や復職の増加などが寄与した。ただ、特に低所得者層で経済的困窮が継続する兆しが見え始めているという。

米経常赤字、第2四半期は52.9%増 12年ぶり高水準

米商務省が18日発表した第2・四半期の経常収支は、赤字額が前期比52.9%増の1705億4100万ドルと、世界金融危機さなかの2008年第3・四半期以来、約12年ぶりの大幅な赤字額となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によるモノとサービスの輸出の減少が、輸入の減少を上回った。市場予想は1579億ドルの赤字だった。