エディション:
日本

カンパニーニュース

金融庁、みずほに業務改善命令へ システム運営を管理=関係者

相次ぐシステム障害を起こしたみずほ銀行と持ち株会社のみずほフィナンシャルグループに対し、金融庁が月内にも業務改善命令を出す方針を固めたことがわかった。金融庁がシステム運営を事実上管理する異例の行政処分となる。事情を知る関係者が明らかにした。

UPDATE 1-今日の株式見通し=もみあい、FOMC控えた休日前で見送りムードも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。依然として中 国の不動産開発大手、中国恒大集団の信用問題が懸念材料として残るほか、米 連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとのムードから一進一退となりそう だ。明日が休日であるため、後半は見送られる可能性もある。 日経平均の予想レンジは2万9700円─3万0100円。 21日の米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。中国恒大集団を巡る懸念が払拭され ていないほか、FOMCの結果発表を翌日に控えていることで、積極的な取引が手控えら れたという。 これを受けて、日本株は前日の大幅安に対する突っ込み警戒感から自律的に切り返し て始まりそうだ。FOMC後に米株がどう動くかを見極めたいとのムードが強いほか、中 国恒大集団の信用問題も懸念材料として残っているため、戻りは限定的になるとみられる 。国内要因としては日銀の金融政策決定会合の2日目で、結果発表と総裁会見も注目され そうだ。 中国株式

今日の株式見通し=もみあい、FOMC控えた休日前で見送りムードも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。依然として中 国の不動産開発大手、中国恒大集団の信用問題が懸念材料として残るほか、米 連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとのムードから一進一退となりそう だ。明日が休日であるため、後半は見送られる可能性もある。 日経平均の予想レンジは2万9700円─3万0100円。 前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値 日経平均   29839.71 30795.78 26954.81              -660.34 2021年9月14 2021年8月20    日 日 シカゴ日経平均先物 29780(円建て

UPDATE 2-中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

資金繰り難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の社債利払い日が迫る中、投資家は多額の債務不履行(デフォルト)が発生する可能性に戦々恐々としている。ただ、中国の銀行部門や世界の市場への影響の大きさについては不明な点がなお多い。