エディション:
日本

クロスマーケットアイ

再送-〔クロスマーケット〕2019年見据える今年の相場、景気堅調のなか波乱の芽も

今年の相場は、2019年を見据えた展開になりそうだ。2018年の 相場環境は景気が世界的に堅調で、物価も上がらず金融緩和環境が続くというのが市場予想の大勢。だが、 来年は日本の五輪需要一巡や消費増税、米国の景気後退などへの警戒感が高まる。半年先を見て動くと言わ れるマーケットだけに、景気堅調のなかで懸念の芽が膨らめば、株安など波乱が起きる可能性も警戒されて いる。 <19年の米リセッション予想も> 2018年も世界経済は堅調だと予想されている。外資系各社の世界経済の成長率予想(表参照)は3 .2%から4.0%。地政学リスクの高まりや、急激な物価上昇がなければ、金融緩和環境は維持され、貿 易や生産、設備投資が拡大し、昨年より成長率が高まるとの予想が多い