エディション:
日本

株式 -国内

NY市場サマリー(24日)

<為替> ドル指数が前日に付けた2年ぶりの高値から下落した。4月の米耐久財受 注が軟調となり、米中貿易戦争が一部要因となり製造製造業部門だけでなく、米経済全般 が減速しつつある可能性が改めて示されたことがドルの重しとなった。 4月の耐久財受注統計では、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資 本財から航空機を除く)の受注が前月比0.9%減と、市場予想の0.3%減よりも大幅 な落ち込みとなった。前日にマークイットが発表した5月の米製造業購買担 当者景気指数(PMI)速報値は50.6と、2009年9月以来の低水準。[nL4N22Z3G U]2件の経済指標で米経済が今後急速に減速する可能性があることが示された。 主要6通貨に対するドル指数は0.27%低下の97.587。前日に付けた 2年ぶり高水準の98.371からは0.80%低い水準となる。 米中貿易戦争について、一部アナリストは当初、米ドルが安全通貨と見なされている こと、また米国が受ける影響は中国よりも小さいとみられることから、むしろドル押し上 げ

米国株式市場=小幅高、米中通商関係巡るトランプ氏の楽観的な発言で

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。前 日は急落していたが、中国との通商関係に関するトランプ米大統領の楽観的な発言を受け 、投資家の懸念が緩和した。 トランプ大統領は23日に中国との貿易戦争は早期に終了するとの見方を示した[nL4 N22Z4EV]。また中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ) は非常に危険との 認識を示しつつも、中国との通商合意の一環で問題が解決される可能性があると語った。 米中通商協議は予定されていないものの、トランプ氏の発言が3連休前の米国株の好 材料となった。もっとも、この日の出来高は半日立会いを除き今年最低を記録。米市場は メモリアルデーで週明け27日に休場となる。 アムンディ・パイオニア・アセット・マネジメントのマネージング・ディレクター兼 ポートフォリオマネジャー、ジョン・キャリー氏は「ややポジティブな材料がいくつか見 られた」とした上で、「薄商いのため、短時間で振れやすい」と述べた。 業種別ではS&P主要9セクターが上昇。ただアップルとアルファベット<

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(24日)

円 109.29/109.32 ユーロ 1.1202/1.1207 スイスフラン 1.0016/1.0020 英ポンド 1.2712/1.2715 カナダドル 1.3436/1.3440 オーストラリ 0.6923/0.6925 アドル ニュージーラ 0.6551/0.6555 ンドドル メキシコペソ 19.0416/19.0566 デンマークク 6.6641/6.6651 ローネ ノルウェーク 8.6846/8.6876 ローネ スウェーデン 9.5392/9.5422 クローナ シンガポール 1.3749/1.3759 ドル 香港ドル 7.8489/7.8496 インドルピー 69.3700/69.3900 (リフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル下落、貿易戦争で米経済指標が悪化

ドル/円 NY終 109.29/109.32 値 始値 109.66 高値 109.72 安値 109.28 ユーロ/ドル N 1.1202/1.1207 Y終値 始値 1.1185 高値 1.1212 安値 1.1182 ニューヨーク外為市場では、ドル指数が前日に付けた2年ぶりの高 値から下落した。4月の米耐久財受注が軟調となり、米中貿易戦争が一 部要因となり製造製造業部門だけでなく、米経済全般が減速しつつある 可能性が改めて示されたことがドルの重しとなった。 4月の耐久財受注統計では、民間設備投資の先行指標とされるコア 資本財(非国防資本財から航空機