エディション:
日本

株式 -国内

シカゴ日経平均先物(22日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード 比  ドル建て3月 28625 -5 28690 28700 28410 限  円建て3月限 28610 -20 28670 28680 28395 (暫定値) (

独VWの通期営業利益、コロナ影響で半減 市場予想は上回る

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は22日、2020年通期の営業利益が前年比でほぼ半減したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が影響した。ただ、第4・四半期の中国での高級車販売回復などが黒字維持に寄与したという。

米製造業PMI、1月は13年8カ月ぶり高水準 新規受注が堅調

IHSマークイットが22日公表した1月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は59.1と、昨年12月の57.1から上昇し、2007年5月以来13年8カ月ぶりの高水準となった。新規受注が堅調な伸びを示した。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴うサプライチェーンの制約により価格が上昇しており、今後数カ月でのインフレ高進を示唆した。

東京マーケット・サマリー・最終(22日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY= > 午後5時現在 103.66/68 1.2155/59 126.01/05 NY午後5時 103.48/53 1.2162/66 125.91/95 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高 /円安の103円後半。ドルは国内勢の売りや週末を控えた海外勢のポジション調整 に押され 軟調気味

〔需給情報〕日経225期近でABNクリアが売り越しトップ=22日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報 (日中)によると、22日の市場では、日経 225期近でABNクリアが売り越しトップ 、クレディスイスが買い越しトップとなった 。 一方、TOPIX期近ではゴールドマンが売 り越しトップ、ソシエテジェネラルが買い越 しトップとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2021年01月22日 21年03月限 売り 買い 差し引き ABNクリア 12407 10968

新規上場日程一覧(22日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれま す。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリッ クして ご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単 上場 公募・売り出し(追加 仮条件 公開 主幹事

日経2万9000円を意識、決算本格化で個別物色=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、節目の2万9000円を意識した展開となる見通しだ。高値警戒感はあるものの、過熱感は日柄調整を経て解消されつつあることから、じりじりと上値を追う展開になりそうだとみられている。国内3月期決算企業の第3・四半期決算発表の本格化に伴い、個別物色も活発化しそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」、売り買いが交錯した相場環境を 表している。 一目均衡表では転換線(2万8439円49銭=22日)が基準線(2万7670円 60銭=同)の上に位置していることから、中長期的には上昇余地がありそうだ。ただ、 基準線が横ばいで推移していることから、目先としてはもみあう相場展開が予想される。 <15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は3 日続伸した。市場からは「日経平均がさえない動きとなる中、個別の材料を手掛かりにマ ザーズ市場で中小型株の物色が活発になったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.27%高。個別では、イメージワン<2667. T>が一時ストップ高となったほか、ウ

次のページ