エディション:
日本

株式 -国内

東京マーケット・サマリー・最終(19日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 112.41/43 1.1445/49 128.68/72 NY午後5時 112.18/21 1.1452/54 128.49/53 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の1 12円半ば。朝方に安値112.14円を付けた後、じりじり上昇。午後は上海株価指数の 堅調推移や日経平均の下げ幅縮小などを手掛かりに上値を伸ばした。  レポート全文: <株式市場> 日経平均

〔需給情報〕日経225期近でモルガンMUFGが売り越しトップ=19日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、19日の市場では、日経225期近でモルガンMUFGが売り越しトップ、 ドイツが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではバークレイズが売り越しトップ、ドイツが買い越しトップ となった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2018年10月19日 18年12月限 売り 買い 差し引き モルガンMUFG 2516

新規上場日程一覧(19日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます 。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単位 上場日 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価 主幹事

底打ち機運探る、米金利上昇一服で調整一巡も=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、底打ちの機運を探る展開が見込まれている。サウジアラビアの記者失踪問題など外部環境面では不透明要因が多い。ただ米国による為替条項要求を受けながらも円高が回避されていることや、米金利の上昇一服はポジティブな材料。高バリュエーションのグロース株の調整が一巡すれば、市場の動揺は和らぎそうだ。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=19日

東証1部上場銘柄のうち、RSI( 相対力指数)のランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。 [RSI 70以上(上位)] 0.62%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ケーズHLDG 75.55 02 エー・ピーカンパニー 73.52 03 メンバーズ 73.41 04 エックスネット 72.28 05 ヒト・コミュニケーションズ 72.14 06 新日本空

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=19日

東証1部上場銘 柄のうち、25日移動平均線および75日移動平均線 がゴールデンクロス・デッドクロスを形成した銘柄の 一覧は以下の通り。 [Golden Cross] RIC 銘柄名 01 石油資源開発 02 第一カッター興業 03 J―オイルミルズ 04 ネクステージ 05 コーセーアールイー 06 ソフトブレーン 07 神戸製鋼所 08 住友金属鉱山 09 カナレ電気 10 コンコルディアFG 11

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=19日

東証1部上場銘柄で75日移動平 均線とのかい離率ランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り 。 [75日移動平均線かい離率(上位)] 27.04%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ネオス 96.96 02 システムインテグレータ 58.02 03 エスケイジャパン 57.91 04 ソースネクスト 51.19 05 イーブックイニシアティブ 48.68 0

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=19日

東証1部上場銘柄の25日移動平均線とのかい離率 ランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。 [25日移動平均線かい離率(上位)] 15.58%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ネオス 50.77 02 エスケイジャパン 44.00 03 ソースネクスト 26.41 04 イーブックイニシアティブ 26.05 05 多木化学 25.12

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の雲領域が下値支持

日経平均・日足は「小陽線」。200日移動平均線(2万2499円75銭=19日)を上回って取引を終えた。下に長いヒゲを引き、下値抵抗感を示している。日足・一目均衡表の雲下限(2万2247円56銭=同)がサポートラインとして機能した。チャート上で昨日から今日にかけて空けたマド(2万2551円67銭─2万2637円29銭)を早期に埋められるかが目先のポイントとなりそうだ。マド埋め後は75日移動平均線(2万2752円14銭=同)が上値のめどとして位置づけられる。ただ東証1部の売買代金は2兆4000億円弱と市場のエネルギーはそれほど高まっておらず、調整に時間を要すれば2万2000円を試す展開も想定される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、マザーズ売買代金は2カ月半ぶり低水準

新興株式市場では日経ジャスダック平均が4日ぶり反発。東証マザーズ指数は続落した。マザーズの売買代金は8月1日以来、2カ月半ぶりの低水準となった。ただ「センチメントが悪化した中でも、個人投資家の中小型株への選別物色の姿勢がみられた」(国内証券)との指摘が出ていた。個別銘柄ではシノケングループが上昇。イーソル、ロゼッタが大幅高。プリントネットが売られ、UUUMが急落した。

次のページ