エディション:
日本

投資信託 -国内

株式への資金流入が過去6週間で最高に=BofA

[27日 ロイター] - BofAグローバルリサーチが27日に発表したデータによると、25日までの1週間の株式への資金流入額は過去6週間で最高となった。中国の国境再開と債券利回りがピークに達したとの見方を背景に投資家のリスク志向が高まった。

オアシス、保有するジャフコG株式の大半を売却=報告書

香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントが、保有するジャフコ グループ株式の大半を売却していたことが27日提出の変更報告書で判明した。保有比率はこれまでの5.26%から0.04%に低下した。報告義務の発生日は20日。

ホットストック:野村不HDが反落、利益見通し上方修正でも利益確定売り優勢に

野村不動産ホールディングスが反落している。同社は26日、2023年3月期の連結純利益予想を前期比8%増の600億円(従来予想は3%増の570億円)に上方修正する中、小幅続伸で始まったが失速した。IBESがまとめたアナリスト10人の予想平均値601億円と同水準となった。

公募投信の資金動向(1月25日分)=野村総合研究所

2023年1月25日 純資産 ―推計純設定額― 合計 当日 当月累計 総合 1,482,904 -428 4,581 国内株式 107,982 -281 349 海外株式 374,536 94 2,593 国内債券 42,195 8 -166 海外債券 105,091 34 595 マルチアセッ 131,091 -31 170 ト 国内不動産投 26,726 0 175 信 海外不動産投

ホットストック:信越化が急騰、5%超高 通期営業益予想の上方修正を好感

信越化学工業が商いを伴って急上昇し、5.7%高で推移している。午前9時17分現在、東証プライム市場の値上がり率第5位に入っている。同社は26日、2023年3月期の連結営業利益見通しを従来の9400億円から9950億円(前年比47.1%増)へ引き上げ、過去最高益を更新する見込みとなったと発表した。前回450円としていた今期の年間配当予想も500円(前期実績は400円)に引き上げ、好感されている。

UPDATE 1-破綻したFTX、債権者リストに米財務省や金融監督機関も

経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者・FTXの債権者リストに米国や日本、スイスの金融監督機関や政府機関のほか、米民泊サイト運営大手エアビーアンドビー、FTXのライバルだった暗号資産交換大手バイナンスなども含まれていることが、米裁判所に25日提出された文書で分かった。