エディション:
日本

投資信託 -国内

UPDATE 1-〔表〕きょうの投信設定(3日)=2本、200万円

注)手数料は上限。税込み。単位は%。  信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該ファンドの信託報酬の ほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに関する信託報酬その他がかかる場合があ ります。 設定日 10月3日 ファンド名 三菱UFJ 国内リートインデックス ファンド 運用会社 三菱U国際 設定上限額 100万円 設定額 100万円 分類 追加型/国内/不動産投信 手数料 2.2 信託報酬 0.55 販売会社 三菱UFJ信託 設定日 10月3日 ファンド名 米国株式インデックス(S&P500 ) 運用会社 大和 設定上限額 100万円 設定額 100

9月新規投信設定額は前月比2.5倍の1521億円=リッパー

9月の新規ファンド設定額ランキング 1 ゴールドマン・サックス社債/マクロアロケーター戦略ファンド2 1070億2800万 022─09 円 2 HSBCグローバル・ターゲット利回り債券ファンド2022─0 141億7800万円 9(限定追加型) 3 One円建て債券ファンドII 2022─09 100億6700万円 4 お金のデザイン・エッセンシャル・プロダクツ・ファンド 82億1000万円 5 岡三フィデリティ・グローバル・コア株式ファンド(為替ヘッジあ 55億0000万円

ホットストック:機械株が堅調、Jマテリアル4%高 堅調な設備投資計画を好感

機械株が堅調な展開となっている。ジャパンマテリアルは4.7%高と、東証プライム市場の値上がり率上位に入っている。コマツは1.7%高、村田製作所2%高で推移。寄り付き前に公表された9月の日銀短観で、2022年度の大企業・全産業の設備投資計画が前年度比プラス21.5%と、堅調な結果だったことが好感されている。ロイター予測はプラス18.8%だった。

ホットストック:ニトリHDが大幅続落、3―8月営業益が予想下回る 円安が逆風

ニトリホールディングスが大幅に続落している。9月30日に発表した2022年3―8月期(2月21日―8月20日)の連結決算で、売上高が前年同期比2.1%増の4230億円、営業利益が同10.9%減の690億円となり、会社計画を下回ったことが手掛かりになっている。