エディション:
日本

国内ニュース

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

麻生太郎財務相は米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の終了後に記者会見し、日米で通商交渉を巡って違いがあるのは事実との認識を示した。日銀の黒田東彦総裁は金融緩和を継続する姿勢を重ねて強調した。

武田がシャイアーへの買収提示額引き上げ、1株47ポンド

武田薬品工業は20日、アイルランドの製薬会社シャイアーへの買収提示額を1株当たり47ポンドに引き上げた。当初の提示額である46.50ポンドに0.5ポンド上乗せした。内訳は現金21ポンド、武田の新株26ポンドで、シャイアーの価値を443億ポンド(621億1000万ドル)と評価した。

来年は統一地方選、「一緒にがんばろう」=自民懇親会で安倍首相

安倍晋三首相は20日、都内で開かれた自民党の地方議員との懇親会で「来年は統一地方選がある。皆さん一緒にがんばろう」とあいさつした。続いてあいさつした竹下亘総務会長は「首相は米国から帰国したばかりで時差ボケで眠たくて仕方ないはずだが、地方議員の皆様としっかり話したい思いを込めてお付き合いいただいている」と述べた。

空自F2後継機、米社がF22とF35両機ベースの開発案打診

航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。両機を手がける米ロッキード・マーチンが、日本政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。

23日予定の予算委集中審議見送り、野党欠席で断念

与党は23日に予定していた衆参両院の予算委員会集中審議を見送る方針を決めた。加計学園問題を巡り、当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官の参考人招致も検討されていたが、野党側が国会審議拒否を続けているため、断念した。

進退考えず、調査しないと何とも言えない=麻生財務相

麻生太郎財務相は20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪問中の米国で、記者団に対し、セクハラ問題を巡る福田淳一財務次官辞任を受け野党が国会正常化の条件としている自らの進退について「考えていない」と明言。福田氏自身は否定しているセクハラ発言の事実関係について、調査が先決との考えを示した。