エディション:
日本

経済指標・コメント

UPDATE 1-米経常赤字、第2四半期は52.9%増 12年ぶり高水準

米商務省が18日発表した第2・四半期の経常収支は、赤字額が前期比52.9%増の1705億4100万ドルと、世界金融危機さなかの2008年第3・四半期以来、約12年ぶりの大幅な赤字額となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によるモノとサービスの輸出の減少が、輸入の減少を上回った。市場予想は1579億ドルの赤字だった。

UPDATE 1-ロシア中銀、政策金利据え置き 年内の利下げ示唆

ロシア中央銀行は18日、政策金利を過去最低水準の4.25%に据え置くことを決定した。据え置きは予想通り。ロシア政府に対する新たな制裁リスクが高まる中、緩和サイクルを一時的に停止したが、年内に利下げを再開する可能性を示唆した。

米経常赤字、第2四半期は52.9%増 12年ぶり高水準

米商務省が18日発表した第2・四半期の経常収支は、赤字額が前期比52.9%増の1705億4100万ドルと、世界金融危機さなかの2008年第3・四半期以来、約12年ぶりの大幅な赤字額となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によるモノとサービスの輸出の減少が、輸入の減少を上回った。市場予想は1579億ドルの赤字だった。

物価は予想外に高進も、巨額赤字など要因=セントルイス連銀総裁

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は18日、各国中銀が推し進める信用緩和や政府が抱える巨額赤字、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うサプライチェーン(供給網)の障害といった要因が重なることで、物価は予想以上に高進する可能性があるという考えを示した。

カナダ小売売上高、コロナ危機前の水準上回る 7月0.6%増

カナダ統計局は18日、7月の 小売売上高が前月比0.6%増加し、新型コロナウイルス危機前の水準 を上回ったと発表した。8月の小売売上高は前月比1.1%増が見込ま れるという。 ロイターがまとめたアナリスト予想は1.0%増だった。6月は新 型コロナ感染拡大を抑制する制限措置の解除に伴い22.7%増加して いた。 CIBCエコノミクスのロイス・メンデス氏は「6月に見られた増 加ペースは7月に維持されなかった」と述べた。 7月は自動車・自動車部品の売上高が最も増加したほか、ガソリン 販売も増加。11セクター中6セクターで増加した。 ただ、自動車・自動車部品およびガソリン販売を除いた売上高は1 .2%減少。建材、園芸機器・用品、食品・飲料品での減少が響いた。 (ーからご覧ください)