エディション:
日本

経済指標・コメント

〔需給情報〕日経225期近で野村が売り越しトップ=28日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報 (日中)によると、28日の市場では、日経 225期近で野村が売り越しトップ、SBI 証が買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではモルガンMUFG が売り越しトップ、BofAが買い越しトッ プとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2021年10月28日 21年12月限 売り 買い 差し引 き 野村 1093 451 -642 クレディスイス 757 158 -599 ABNクリア 9579 9191 -388 バークレイズ 693 404 -289 ドイツ

〔表〕展望リポート:経済・物価見通し

日銀が28日公表した「経済・物価情勢の展望(展 望リポート)」における2023年度までの政策委員の大勢見通しは以下の通り。 大勢見通しは各政策委員が最もがい然性が高いと考える見通しの数値について、最大 値と最小値を1個ずつ除いて幅で示した。 ――対前年度比、%。( )内は政策委員見通しの中央値。 実質GDP コアCPI 2021年度 +3.0 ─ +3.6 0.0 ─ +0.2 中央値 +3.4 0.0 7月時点の見通し +3.5 ─ +4.0 +0.3 ─ +0.6 (+3.8) (+0.6) 2022年度 +2.7 ─ +3.0 +0.8 ─ +1.0

BRIEF-21年度コアCPI見通し0.0%、従来+0.6%=日銀展望リポート

[東京 28日 ロイター] - * 21年度コアCPI見通し0.0%、従来+0.6%=日銀展望リポート * 22年度コアCPI見通し+0.9%、従来+0.9%=日銀展望リポート * 23年度コアCPI見通し+1.0%、従来+1.0%=日銀展望リポート *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

BRIEF-2021年度実質GDP見通し+3.4%、従来+3.8%=日銀展望リポート

[東京 28日 ロイター] - * 2021年度実質GDP見通し+3.4%、従来+3.8%=日銀展望リポート * 2022年度実質GDP見通し+2.9%、従来+2.7%=日銀展望リポート * 2023年度実質GDP見通し+1.3%、従来+1.3%=日銀展望リポート *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

経済指標予測

* ロイターの指標コードのデータに基づいています ◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC 査 10/28 日銀政策金利決定 10月 -0.1 Percent -0.1 28日 10/29 8:30 東京都区部CPI:コア(前年比) 10月 0.3 Percent 0.1

UPDATE 2-小売販売9月0.6%減、自動車や家電減少 燃料高騰の影響も

経済産業省が28日公表した商業動態統計速報によると、9月の小売販売額は前年比0.6%減の12兆0410億円と2カ月連続のマイナスとなった。ロイター集計の民間予測中央値は前年比2.3%減だった。半導体不足による自動車供給減や、感染拡大による外出自粛が響く一方でガソリンや野菜の価格高騰が販売額を底上げする面もあった。