エディション:
日本

経済指標・コメント

12月の中国人民銀の外貨取引、40億元の売り越し

12月の中国人民銀行(中央銀行 )の外貨取引は40億元の売り越しだった。人民銀が公表したデータに 基づきロイターが算出した。 ロイターが算出した人民銀の外貨取引の売り越し/買い越しに関す るデータは以下の通り。 Month Net change (100 mln yuan) Dec 2018 -40.41 Nov 2018 -571.3 Oct 2018 -915.76 Sept 2018 -1,193.95 Aug 2018 -23.95 July 2018 108.17 June 2018 76.08 May 2018 91.44 April 2018 74.22 March 2018 78.38 Feb 2018 40.51 Jan 2018

UPDATE 1-日銀、物価見通し下方修正議論 金融政策は維持へ=関係筋

複数の関係筋によると、日銀は22、23日に開く金融政策決定会合で、原油価格の下落などを踏まえて2019、20年度の消費者物価(除く生鮮食品、コアCPI)見通しの下方修正を議論する。物価2%目標に向けたモメンタムは維持されているとして、金融政策は現行の緩和政策を維持する見通しだ。

BRIEF-12月の英生産者物価産出指数、前年比+2.5%=統計局(予想:+2.9%)

[ロンドン 16日 ロイター] - * 12月の英生産者物価産出指数、前月比-0.3%=統計局(予想:0.0%) * 12月の英生産者物価投入指数、前年比+3.7%=統計局(予想:+3.5%) * 12月の英生産者物価産出指数、前年比+2.5%=統計局(予想:+2.9%) * 12月の英生産者物価投入指数、前月比-1.0%=統計局(予想:-1.6%) * 12月の英生産者物価コア産出指数、前年比+2.5%=統計局(予想:+2.4%) * 12月の英生産者物価コア産出指数、前月比+0.2%=統計局(予想:+0.1%) (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

BRIEF-12月の英CPI、前年比+2.1%=統計局(予想:+2.1%)

[ロンドン 16日 ロイター] - * 12月の英コアCPI、前年比+1.9%=統計局(予想:+1.8%) * 12月の英CPI、前年比+2.1%=統計局(予想:+2.1%) * 12月の英コアCPI、前月比+0.3%=統計局(予想:+0.3%) * 12月の英小売物価指数、前年比+2.7%=統計局(予想:+2.9%) * 12月の英小売物価指数、前月比+0.4%=統計局(予想:+0.5%) * 12月の英CPI、前月比+0.2%=統計局(予想:+0.2%) (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

〔需給情報〕日経225期近で野村が売り越しトップ=16日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、16日の市場では、日経225期近で野村が売り越しトップ、みずほ証券が 買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではメリルリンチが売り越しトップ、ドイツが買い越しトップ となった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2019年01月16日 19年03月限 売り 買い 差し引き 野村 1867

日銀、物価見通しの下方修正を議論 金融政策は維持へ=関係筋

複数の関係筋によると、日銀は22、23日に開く金融政策決定会合で原油価格の下落などを踏まえて2019・20年度の消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)見通しの下方修正を議論する。世界経済の不透明感の強まりなどが日本経済の下押し要因になる一方、原油安や政府による消費増税対策に支えられ、同年度の経済成長率見通しに大きな変化はない見込み。物価2%目標に向けたモメンタムは維持されているとして、金融政策は現行の緩和政策を維持する見通しだ。

UPDATE 1-与えられた仕事積み重ね高み目指す=「ポスト安倍」問われ自民総務会長

自民党の加藤勝信総務会長は16日、日本記者クラブで記者会見し、ポスト安倍晋三首相の候補として取り沙汰されている点について「意識したことはない」としつつ、昨年10月の総務会長就任時に「高みを目指す」と発言したのを引き合いに出し、「与えられた仕事を積み重ねて目指していく」と述べた。

〔焦点〕「投資」と「消費」の心理悪化、米中摩擦や世界経済減速で

米中貿易摩擦の激化や世界経済の減速予想などを受け、日本経済を支える「投資」と「消費」の心理が悪化の様相を強めている。特に企業の設備投資では先行指標の機械受注が急速に鈍り、慎重姿勢が鮮明化してきた。足元で下げ止まっている株価の動向次第では、心理悪化から投資と消費の「減速」に結び付くリスクが高まることになりかねない。

次のページ