エディション:
日本

経済指標・コメント

UPDATE 2-米9月雇用者26.3万人増、伸び鈍化も予想上回る 失業率3.5%に低下

米労働省が7日発表した9月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月から26万3000人増加した。伸びは8月(31万5000人増)から鈍化したものの、市場予想の25万人増を上回った。失業率は3.5%と、前月から0.2%ポイント低下した。労働市場がタイトなことが示され、連邦準備理事会(FRB)は当面は積極的な金融引き締め策を継続する見通しとなった。

ECB、当面は債券保有額を減らすべき=独連銀総裁

[ベルリン 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのナーゲル独連銀総裁は7日、ECBは当面、債券保有額を減らす必要があり、次のECB理事会ではインフレに対抗する明確なシグナルを発信しなければならないと述べた。

UPDATE 1-FRB、インフレ対応に一段の利上げ必要=NY連銀総裁

[バッファロー(米ニューヨーク州) 7日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は7日、インフレを引き下げ、経済活動をより持続可能な形に均衡させるために、連邦準備理事会(FRB)には為すべきことが多く残されているとの考えを示した。また、その過程で失業率が上昇する可能性が高いと警告した。

UPDATE 1-米金利先物、11月0.75%利上げ確率92%に 予想上回る雇用統計で

[7日 ロイター] - 米労働省が7日発表した9月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、失業率が3.5%に低下したことを受け、米金利先物市場が織り込む、連邦準備理事会(FRB)が11月1─2日の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイントの利上げを決定する確率が発表前の85%から92%に上昇した。

米卸売在庫、8月は1.3%増 速報値と変わらず

米商務省が7日発表した8月の卸売在庫は前月比1.3%増となり、前月発表された速報値から変わらなかった。ロイターがまとめたエコノミスト予想通りだった。7月は前月より0.6%増えていた。

FRB、インフレ対応に一段の利上げ必要=NY連銀総裁

[バッファロー(米ニューヨーク州) 7日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は7日、インフレを引き下げ、経済活動をより持続可能な形に均衡させるために、連邦準備理事会(FRB)には為すべきことが多く残されているとの考えを示した。

米金利先物、11月0.75%利上げ確率92%に 予想上回る雇用統計で

[7日 ロイター] - 米労働省が7日発表した9月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、失業率が3.5%に低下したことを受け、米金利先物市場が織り込む、連邦準備理事会(FRB)が11月1─2日の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイントの利上げを決定する確率が発表前の85%から92%に上昇した。

英中銀、物価対応堅持すべき 痛み伴っても=ラムズデン副総裁

[ロンドン 7日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のラムスデン副総裁は、英中銀は国内経済にさらなる痛みをもたらすとしても、高インフレを抑制する政策を堅持しなければならないと述べた。また、新政府による減税がインフレを巡る課題に拍車をかける可能性もあるとした。

米雇用者、9月+26.3万人で予想上回る 失業率3.5%に低下

米労働省が7日発表した9月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は市場予想を上回り、失業率は3.5%に低下した。労働市場がタイトなことが示され、連邦準備理事会(FRB)は当面は積極的な金融引き締め策を継続する見通しとなった。

次のページ