エディション:
日本

経済指標・コメント

経済指標予測

* ロイターの指標コードのデータに基づいています ◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC 査 12/21 日銀政策金利決定 N/A -0.1 Percent -0.1 12/26 8:30 全世帯消費支出 (前年比) 11月 Percent 0 12/26 8:30 全世帯消費支出 (前月比)

BRIEF-11月の中国全国の新築住宅価格、前年比+5.1%=ロイター算出(前月:+5.4%)

[18日 ロイター] - * 11月の中国全国の新築住宅価格、前年比+5.1%=ロイター算出(前月:+5.4%) * 11月の中国全国の新築住宅価格、前月比+0.3%=ロイター算出(前月:+0.3%) * 11月の北京新築住宅価格、前月比変わらず・前年比‐0.2% =国家統計局 * 11月の上海新築住宅価格、前月比変わらず・前年比‐0.2% =国家統計局 * 11月の広州新築住宅価格、前月比‐0.1%・前年比+6.6% =国家統計局 * 11月の深セン新築住宅価格、前月比‐0.2%・前年比‐3.1% =国家統計局 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

UPDATE 1-企業の物価見通し、2期ぶりプラス幅拡大 インフレ期待は緩慢=日銀調査 

日銀が18日に発表した12月調査の日銀短観にお ける「企業の物価見通し」によると、企業が想定する消費者物価(CPI)は平均で1年 後が前年比0.8%上昇となり、前回9月調査(同0.7%上昇)からプラス幅が小幅拡 大した。3年後と5年後はともに同1.1%上昇と前回から横ばいだった。足元の消費者 物価は徐々に上昇率を高めているが、企業のインフレ期待は引き続き鈍い。 1年後の見通しが上昇するのは6月調査以来、2四半期ぶり。昨年6月調査の同0. 6%上昇を底に持ち直しの動きもみられるが、ゼロ%台後半で一進一退の動き。3年後は 3四半期連続、5年後は5四半期連続で同1.1%上昇が続いている。 昨年10月にマイナス圏にあった実際の消費者物価(除く生鮮食品)は、今年に入っ てエネルギー価格の上昇を主因に上昇率を次第に高めている。直近の10月は同0.8% 上昇までプラス幅を拡大させているが、企業の物価見通しからは、この間の企業のインフ レ期待に大きな変化はうかがえない。 日銀では

17年度想定為替レート、自動車110.20円・電機109.99円=日銀短観

日銀が18日発表した12月日銀短観の調査全容に よると、主要輸出業種(いずれも大企業)の2017年度想定為替レートは自動車が1ド ル=110.20円と9月時点の108.64円より円安方向となった。電気機械も10 9.99円と9月時点の109.61円より円安方向だった。 2017年度想定為替レート 業種名       9月時点 12月現在 繊維        111.25 110.66  木材・木製品 110.33  110.33  紙・パルプ    111.67  111.83  化学        110.02 110.37  石油・石炭製品  111.20 110.66  窯業・土石製品  108.75 110.52  鉄鋼        110.71 110.87  非鉄金属     111.1

UPDATE 2-貿易収支、11月は1134億円の黒字 中国向け輸出最大更新

財務省が18日発表した11月貿易統計速報は、貿易収支が1134億円の黒字だった。黒字は6カ月連続。輸出、輸入いずれも前年比で伸びたが、差し引きでは黒字を確保した。中国向け輸出は前月に続き過去最大を更新した。ロイターの予測中央値は549億円の赤字だった。

11月貿易収支は1134億円の黒字=財務省

財務省が18日発表した11月貿易統計速報は、貿易収支が1134億円の黒字だった。黒字は6カ月連続。ロイターの予測中央値は549億円の赤字だった。

BRIEF-10月対米証券投資、1512億ドルの買い越し=米財務省

[15日 ロイター] - * 10月の海外投資家による米長期有価証券投資(株式スワップ等除く)、232億ドルの買い越し=米財務省 * 10月の海外投資家による米財務省証券投資、221 億ドルの売り越し=米財務省 * 10月対米証券投資、1512億ドルの買い越し=米財務省 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)