エディション:
日本

経済指標

米輸入物価、11月は0.2%上昇 基調なお弱く

米労働省が13日発表した 11月の輸入物価指数は前月比0.2%上昇し、前月の0.5%下落か ら小幅に持ち直した。基調としては弱いままであり、輸入物価が抑制さ れていることを示した。市場予想と一致した。 輸入物価には関税が含まれていない。 11月の前年同月比は1.3%下落した。10月は3.0%下落し ていた。 最近の物価統計はまちまちな内容だ。今週発表された11月の消費 者物価指数(CPI)は好調に伸びたが、卸売物価指数(PPI)は横 ばいだった。 米連邦準備理事会(FRB)は11日、金利を据え置いた。経済が 非常に緩やかに伸び続け、失業率が低水準を保つと見込まれる中、少な くとも来年末までは金利を据え置くことを示唆した。 11月の輸入物価の内訳は、燃料・潤滑油が前月比2.6%上昇。 10月は2.5%下落していた。石油製品は1.1%上昇。10月は3 .3%下落していた。 食品は2カ月連続で0.3%下落した。 燃油と食料を除くコア輸入物価は前月比0.1%下落した。10月 は0.2%下落して

米小売売上高、11月は0.2%増 予想下回る

米商務省が13日発表した 11月の小売売上高は前月比0.2%増と、市場予想の0.5%増を下 回った。第4・四半期国内総生産(GDP)の市場予想が下方改定され る可能性がある。 10月の小売売上高は0.4%増と、当初発表の0.3%増から上 方改定された。 11月の前年同月比は3.3%増だった。 自動車とガソリン、建材、食品サービスを除いたコア指数は前月比 0.1%増だった。10月は0.3%増加していた。コア売上高はGD Pの消費支出に最も大きく連動するとされる。米経済の3分の2以上を 占める個人消費は第3・四半期に年率で2.9%増だった。第3・四半 期GDPは2.1%増。第4・四半期のGDP予想は現時点で約1.8 %増となっているが、11月のコア売上高が小幅な増加にとどまったこ とで、市場予想は下方改定される可能性がある。 労働市場や住宅市場、貿易、製造業に関する最近の統計は比較的好 調な内容で、米経済が貿易摩擦や世界経済の減速に直面する中でも緩や かに伸びていることを示唆していた。この日の小売売上高は一変した

〔需給情報〕日経225期近でABNクリアが売り越しトップ=13日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、13日の市場では、日経225期近でABNクリアが売り越しトップ、ドイ ツが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではソシエテジェネラルが売り越しトップ、ドイツが買い越し トップとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2019年12月13日 20年03月限 売り 買い 差し

UPDATE 1-経済指標予測

* ロイターの指標コードのデータに基づいています (国内指標に関するロイター調査の結果を追加しました) ◆国内 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調査 単位 前回 RIC 12/16 9:30 じぶん銀行製造業購買担当者景気指数 (PMI) 12月 Index (diffusion) 48.9  速報値 12/18 8:50 貿易統計:輸出(前年比) 11月 -8.6 Percen

経済指標予測

* ロイターの指標コードのデータに基づいています ◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調査 単位 前回 RIC 12/16 9:30 じぶん銀行製造業購買担当者景気指数 (PMI) 12月 Index (diffusion) 48.9  速報値 12/18 8:50 貿易統計:輸出(前年比) 11月 Percent