エディション:
日本

経済指標

UPDATE 1-都区部消費者物価は前年比+0.5%、プラスは11カ月連続

総務省が25日発表した5月の東京都区部消費者物 価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は100.5となり、前年同月比0.5%上昇し た。ロイターがまとめた民間予測は0.6%上昇だった。プラスは11カ月連続。季節調 整値では前月から横ばい。 上昇の寄与度別にみると、エネルギーや生鮮食品を除く食料がけん引した。一方、ル ームエアコンの新製品が店頭に並ぶタイミングが遅れており、家庭用耐久財の寄与度は縮 小した。 総合指数は前年比0.4%上昇、生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比 0.2%上昇した。 (梅川崇)

17年末の対外純資産、328兆円で世界最大 3年連続減

2017年末の対外資産・負債残高は、日本の政府や企業、個人が海外に保有する資産(対外資産)から、海外勢が日本で保有する資産(対外負債)を差し引いた対外純資産が、前年末比2.3%減の328兆4470億円と、3年連続で減少した。純資産額は27年連続で世界最大。麻生太郎財務相が25日の閣議に報告した。

BRIEF-米7年債入札、最高落札利回り2.930%・最高利回り落札比率33.68%

[24日 ロイター] - * 米7年債入札、最高落札利回り2.930%・最高利回り落札比率33.68% * 米7年債入札、最高落札利回りは午後1時時点のWI取引を1BP近く下回る=ロイターデータ * 米7年債入札、落札比率はプライマリーディーラー21.59%・直接入札者12.89%・間接入札者 65.52% * 米7年債入札、応札倍率2.62倍 * 米7年債入札、落札/応札比率はプライマリーディーラー13.96%・直接入札者63.83%・間接入札者74.7%

〔需給情報〕日経225期近でクレディスイスが売り越しトップ=24日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、24日の市場では、日経225期近でクレディスイスが売り越しトップ、A BNクリアが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではHSBCが売り越しトップ、ドイツが買い越しトップとな った。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2018年05月24日 18年06月限 売り 買い 差し引き クレディスイス

経済指標予測

◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC 査 5/25 8:30 東京都区部コアCPI(前年比) 5月 0.6 Percent 0.6 5/25 8:30 東京都区部CPI総合(前年比) 5月 Percent 0.5 5