エディション:
日本

経済指標

経済指標予測

◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC 査 2/28 8:50 鉱工業生産 速報値 (前月比) 1月 -4.2 Percent 2.9 2/28 8:50 製造工業生産予測指数 翌月 2月 Percent -4.3 2/28 8:50

BRIEF-1月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.3%(予想:+1.3%)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - * 1月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前月比-1.3%(予想:-1.6%) * 1月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前月比-1.7% * 1月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前年比+1.0% * 1月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前年比+1.2%(予想:+1.0%) * 1月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.3%(予想:+1.3%) * 1月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前月比-0.9%(予想:-0.9%)

UPDATE 2-第4四半期の独GDP改定値、前期比+0.6% 輸出好調

ドイツ連邦統計庁が発表した 第4・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、輸出の好調を背景に、 前期比0.6%増加した。前年比では2.3%増となった。 輸出は前期比2.7%増、輸入は同2.0%増となり、貿易はネッ トで0.5%ポイントGDPに貢献した。 一方、ここ数年、成長をけん引していた民間消費は低調で、総資本 投資も低迷し、どちらもGDPの押し上げにはつながらなかった。 政府支出の貢献度は0.1%ポイントだった。 KfWのチーフエコノミスト、イエルク・ゾイナー氏は「ドイツ経 済は引き続き好調だ」と指摘。「2014年以降、成長は長期トレンド より加速しており、今年と来年も底堅い成長が続くだろう」と述べた。 同氏は第4・四半期について、通常より祝日が多かったが堅調に推 移したとの見方を示した。 財務省は経済の上向きが2018年初めも続くと予想している。ま た独IFO経済研究所のクレメンス・フュースト所長は、業況指数は第 1・四半期の経済成長率が0.7%に

〔需給情報〕日経225期近でSBI証が売り越しトップ=23日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、23日の市場では、日経225期近でSBI証が売り越しトップ、ゴールド マンが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではメリルリンチが売り越しトップ、バークレイズが買い越し トップとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2018年02月23日 18年03月限 売り 買い 差し引き SBI証 3032

経済指標予測

◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC 査 2/28 8:50 鉱工業生産 速報値 (前月比) 1月 -4.2 Percent 2.9 2/28 8:50 製造工業生産予測指数 翌月 2月 Percent -4.3 2/28 8:50 製造工