エディション:
日本

経済指標

カナダGDP、8月は1.2%増 コロナ第2波で先行きは悪化へ

カナダ統計局は30日、8月の実質国内総生産(GDP)が1.2%増加したと発表した。アナリスト予想の0.9%を小幅に上回った。ただ、国内の新型コロナウイルス感染増加と抑制策強化により秋にかけて経済活動が抑制されるとみられる。

UPDATE 1-米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ抑制続く

米商務省が30日発表した9月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.4%増と、8月の1%増から伸びが加速し、市場予想の1%増も上回った。しかし、失業者向けの政府支援が縮小し、追加の新型コロナウイルス経済対策のめどが立たない中、消費支出は第4・四半期に減速する可能性がある。

米雇用コスト、第3四半期は0.5%上昇 前期から横ばい

米労働省が30日に発表した第3・四半期の雇用コスト指数(ECI)は前期比0.5%上昇し、市場予想と一致した。伸びは前四半期から横ばいで、インフレ率が今後も穏やかに推移し、米連邦準備理事会(FRB)は引き続き金利を低水準に据え置く見込みだ。

米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ抑制続く

米商務省が30日発表した9月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.4%増と、8月の1%増から伸びが加速し、市場予想の1%増も上回った。しかし、失業者向けの政府支援が縮小し、追加の新型コロナウイルス経済対策のめどが立たない中、消費支出は第4・四半期に減速する可能性がある。

欧州各国、経済停止させずにコロナ封じ込めを=ECB

欧州中央銀行(ECB)の政策担当者は30日、欧州各国は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けた経済活動の停止は選択的に行う必要があるとし、企業や家計の支援に支出を継続すべきだと述べた。