エディション:
日本

金融・経済政策

経済回復見通し不変、政策対応議論する段階にない=G20後に日銀総裁

サウジアラビアの首都リヤドで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が23日閉幕した。会議では、新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済への影響を監視し、必要に応じ行動する用意があるとする共同声明を採択した。会議後に共同記者会見した黒田東彦日銀総裁と麻生太郎財務相はともに、日本が現時点で急いで政策対応する段階ではないとの認識を示した。

新型ウイルス、日本への懸念なし 余力ある国に財政措置期待=G20で麻生財務相

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議がサウジアラビアの首都リヤドで22日開幕した。麻生太郎財務相は初日の討議終了後の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大によるリスクについて多くの国から言及があったが、日本への懸念の声は特になかったとした。同相は会議の場で財政余地のある国には果敢な措置への期待を表明したことを明らかにした。

日米財務相、日本時間23日午後3時から会談=財務省

財務省によると、サウジアラビアのリヤドで行われている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席している麻生太郎財務相とムニューシン米財務長官の会談が日本時間23日午後3時から現地で行われる。

都主催の屋内大規模イベントは延期か中止、3月中旬まで=小池知事

東京都の小池百合子知事は21日午後の記者会見で、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、22日から3月15日までの3週間を重点期間とし、都主催の屋内大規模イベントを原則延期か中止とすると発表した。屋外でも食事を提供する場合は延期か中止にするという。

外為法改正の出資規制、安保に関わる12業種を事前届出に=関係筋

外国人投資家による日本企業への出資規制を強める外為法改正について、原子力や武器製造など、政府は安全保障に関わる12業種を事前届出が必要な銘柄に指定する方向で最終調整に入った。400─500社が対象になる見通しで、4月に銘柄リストを公表する。

再送-UPDATE 1-マスクは今週1億枚を供給、来月には6億枚体制へ増産図る=官房長官

菅義偉官房長官は21日閣議後の会見で、新型コロナウイルスの感染予防で品薄状態が続くマスクについて、今週は中国の生産再開や国内企業での24時間の生産体制により、例年の倍以上の1億枚を供給していると述べた。来月からは月産6億枚の供給が可能となるよう、さらなる増産を働きかけているという。

通貨の安定極めて重要=麻生財務相

麻生太郎財務相は21日の衆院財務金融委員会で、「日本売り」との見方も出ている足元の円安進行について通貨防衛の必要性を問われ、「為替は極めて機微に触れる話なので仮定の質問には答えられない」と答えた。一方、「通貨の安定は極めて重要。引き続きG20(20カ国・地域)やG7(主要国)会合などいろいろ場所で政府は(国際的な)合意に基づいて適切に対応していく」と述べた。桜井周委員(立国社)への答弁。 (竹本能文