エディション:
日本

トップニュース

H&M、第2四半期は33%増益 予想上回る

スウェーデンのファストファッション大手H&Mが29日発表した第2・四半期(3─5月)決算は33%の増益と、市場予想を上回った。実店舗への来客が大幅に増えた。オンライン販売も引き続き好調だった。

日経平均は大引け=反落、値がさ株が軟調 一時300円超安

東京株式市場で日経平均は、前営業日比244円87銭安の2万6804円60銭と、反落して取引を終えた。前日の米国市場で景気に対する楽観的な見方が後退し株安となったことを嫌気して、日本株も値がさ株を中心に軟調な展開だった。中盤からは下げ渋ったが、買い上がる材料に乏しく、安値でのもみ合いが続いた。

消費者態度指数32.1に3カ月ぶり低下、全項目が下げ=6月調査

内閣府が29日発表した消費動向調査によると、6月の消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は前月から2.0ポイント低下して32.1となり、3カ月ぶりに前月を下回った。5月の調査結果は34.1だった。指数を構成する4項目すべてが前月から低下した。