エディション:
日本

トップニュース

船内隔離は適切だった=新型肺炎のクルーズ船対応で官房長官

菅義偉官房長官は18日午前の定例会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて海外を中心に批判が出ているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内隔離について、適切な判断だったとの認識を示し、米国側から謝意を表明されたと指摘した。