エディション:
日本

トップニュース

エーザイのアルツハイマー薬治験で認知低下抑制効果、一部リスクも

[サンフランシスコ 29日 ロイター] - エーザイと米製薬大手バイオジェンが共同開発するアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」の臨床試験で、認知機能の低下を遅らせる効果が示されたことが、29日に公表された新たなデータで明らかになった。ただ、特定の患者に危険な副作用のリスクがあることも示された。

自身のがんは早期発見、医師は治療楽観視=英バークレイズCEO

英大手銀バークレイズのC・S・ベンカタクリシュナン最高経営責任者(CEO)は29日、同氏がニューヨークでリンパがんである非ホジキンリンパ腫の治療に入ると発表されたことについて、早期に発見され、限局型であるため、医師らが治療に極めて明るい見通しを持っていると語った。

暗号資産の米ジェネシス、破産申請回避へ注力と表明

[29日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)ブローカーの米ジェネシスは29日、破産申請回避に向けて取り組んでいると表明した。ブルームバーグは同日、ジェネシスの債権者が事業再編分野の弁護士に助言を求めていると報じた。

午前の日経平均は4日続落、ハイテク株安が重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比169円68銭安の2万7858円16銭と4日続落した。前日の米株市場でのハイテク株安を嫌気した値がさのハイテク銘柄の下げが大きく、全体の重しとなった。ただ、米連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容を見極めたいとして様子見姿勢も広がり、下げが一段と拡大する動きにはならなかった。