エディション:
日本

トップニュース

賞金1億ドルのCO2回収コンテスト、マスク氏が詳細

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は22日、地球環境を考える「アースデー(地球の日)」に合わせて、1億ドルの賞金を拠出して大気や海水中から二酸化炭素(CO2)を回収する技術開発を競うコンテストのルールなどを明らかにした。

バイデン氏、キャピタルゲイン増税提案へ 育児財源で約2倍に

バイデン米大統領は、所得が100万ドルを超える富裕層に対するキャピタルゲイン課税の税率を39.6%と、現行の2倍近くに引き上げることを提案する見通しだ。複数の関係筋が22日明らかにした。育児や幼児教育分野などへの1兆ドル規模の歳出を賄うためという。

今日の株式見通し=反落、米株安と緊急事態宣言への警戒感で

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は主要3指数が反落。国内では、東京都や大阪府などを対象に3度目の緊急事態宣言が発令される見通しとなり、景気の先行きに対する警戒感が広がっている。きょうは週末ということもあり、手じまい売りや利益確定売りが優勢となり、幅広い業種で売りが先行しそうだ。日経平均は再び2万9000円を下回る水準での推移となるとみられている。