エディション:
日本

エンタテインメント

「ジョーカー」、公開初の週末で北米興収約100億円 記録を更新

バラエティ・ドット・コムによると、バットマンの宿敵ジョーカーを描いた新作映画「ジョーカー」が、週末の北米映画興行収入ランキングで9350万ドル(約99億8500万円)を稼ぎ、初登場首位となった。10月に公開された作品の公開後初の週末の北米興収としては、過去最高を更新した。

バンクシー作品が最高額で落札、サルの英議会描いた油絵に13億円

英覆面ストリートアーティストのバンクシーが、英国の議場に座っているチンパンジーたちを描いた油絵が3日、競売に掛けられ、987万9500ポンド(約13億円0300万円、手数料含む)で落札された。競売会社サザビーズによると、バンクシー作品としては最高の落札額となった。