エディション:
日本

エンタテインメント

カンヌ映画祭、最高賞に「Titane」 濱口監督らには脚本賞

第74回カンヌ国際映画祭の授賞式が17日に行われ、コンペティション部門の最高賞「パルムドール」にはフランスのジュリア・デュクルノー監督(37)の独創的な映画「Titane(原題)」が選ばれた。同映画祭史上で最高賞を受賞した女性は2人目となる。