エディション:
日本

東京外為市場ニュース

UPDATE 1-ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

欧州中央銀行(ECB)は26日の理事会で、主要政策金利を予想通り据え置いた。リファイナンス金利は0.00%、限界貸出金利は0.25%、中銀預金金利はマイナス0.40%とした。ガイダンスも維持した。

米大統領、米朝首脳会談の開催場所の候補5カ所を検討

トランプ米大統領は26日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談について、開催場所の候補として5カ所、日程については3─4件の可能性を検討していることを明らかにした。ただ、会談自体が実現するかはまだ分からないとの立場も示した。

UPDATE 1-ECB総裁、ユーロ圏経済「堅調」と認識 買い入れ策年内終了の観測高まる

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は26日の理事会後の記者会見で、ユーロ圏の経済成長は引き続き「堅調」との認識を示し、ユーロ圏経済は軟調となっているとの懸念を退けた。ECBは今回の理事会で政策金利とガイダンスをともに据え置いたが、資産買い入れ策は年内に終了させるとの観測が一段と高まった。

UPDATE 1-米3月耐久財コア受注0.1%減、出荷も落ち込む

米商務省が26日発表した3月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.1%減と、市場予想の0.5%増に反して落ち込んだ。機械の受注が2年近くぶりの大幅なマイナスとなったことが全体を押し下げた。コア資本財の出荷も減少し、設備投資が第1・四半期に低迷したことを示唆する。

米国株式市場・序盤=ナスダック1%高、好調なIT決算や利回り上昇一服受け

 現在値 前日比 % 始値 コード ダウ工業株30種 24157.53 +73.70 +0.31 24128.72  前営業日終値 24083.83 ナスダック総合 7071.99 +68.25 +0.97 7080.49  前営業日終値 7003.74 S&P総合500 2651.09 +11.69 +0.44 2651.65 種  前営業日終値 2639.40 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

ユーロ圏経済成長は緩やか、見通しは堅調=ECB総裁

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は26日の理事会後の記者会見で、ユーロ圏の経済成長は緩やかになったものの、堅調な状態は継続するとの見方を示した。ただ保護主義を含む外部からの脅威はより顕著となっているとの認識も示した。