エディション:
日本

東京外為市場ニュース

欧州株式市場=続落、世界経済鈍化への懸念で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 355.09 -1.27 -0.36 356.36 種 FTSEユーロファー 1394.86 -7.01 -0.50 1401.87 スト300種 DJユーロSTOXX 3112.80 -12.27 -0.39 3125.07 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式

消費税10%増税必要、外国人労働者増やすべき=サントリー社長

経済財政諮問会議の有識者議員を務めるサントリーホールディングスの新浪剛史社長は22日、消費税増税について、今年は予定通り10%に引き上げる必要があるとの考えを示した。外国人労働者の受け入れについては高齢化や深刻な人手不足を踏まえ一段の拡大が望ましいとした。

日ロ首脳、領土問題解決に決意 来月に外相会談

ロシアを訪問中の安倍晋三首相は22日、プーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談を行った。会談後の共同記者会見で両首脳は領土問題の解決に向けた決意を語ったが、近く合意できるのか具体的な手掛かりは示さなかった。

FRBは予想ほど引き締めず、政治が世界経済に悪影響=IMF専務理事

ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事は22日、米連邦準備理事会(FRB)による引き締めは当初の予想ほど加速しない見込みとした上で、FRBの忍耐強い姿勢は成長にプラスとの考えを示した。CNBCとのインタビューで述べた。政治が世界経済に悪影響を及ぼしているとも指摘した。