エディション:
日本

東京外為市場ニュース

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画像掲載

イランの最高指導者ハメネイ師に関連するウェブサイトが22日、トランプ前米大統領の命令でドローン攻撃によって殺害されたイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の復讐を誓う言葉とともに、トランプ氏に似たゴルファーがドローンに狙われている画像を掲載した。

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

世界保健機関(WHO)は22日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、専門家で構成する独立委員会がデータ検証を行ったとし、来週26日に使用を巡る推奨事項を公表すると明らかにした。

NY市場サマリー(22日)ダウ・S&P反落、ドルは4日ぶり上昇

<為替> 4日ぶりにドルが上昇した。海外の経済指標が軟調だったことでリスク選 好度が低下し、安全通貨としてのドルに買いが入った。 主要通貨に対するドル指数は21日まで3日続落。バイデン新政権の財政刺激策への 期待からリスク選好度が上昇し、リスク通貨と見なされるオーストラリアドルやニュージ ーランドドルなどが買われた一方、安全通貨としてのドルに売りが出ていた。 ただ、市場心理が転換したことでこうしたトレンドも一服。主要6通貨に対するドル 指数は0.1%高の90.209。ただ週間では昨年12月半ば以来の大幅下落と なった。 クラリティーFX(サンフランシスコ)のエグゼクティブディレクター、アモ・サホ タ氏は「リスク心理がやや悪化した」とし、「市場では来週の米連邦公開市場委員会(F OMC)をにらむ動きが出ている」と指摘。新型コロナウイルスワクチン接種の遅延のほ か、世界的に感染拡大に歯止めがかかっていないことを踏まえ、FRBは慎重な姿勢を示 す可能性があるとの見方を示した。 ナットウエストは来

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(22日)

円 103.77/103.80 ユーロ 1.2167/1.2169 スイスフラン 0.8852/0.8856 英ポンド 1.3684/1.3688 カナダドル 1.2735/1.2739 オーストラリ 0.7716/0.7718 アドル ニュージーラ 0.7184/0.7188 ンドドル メキシコペソ 19.9630/19.9780 デンマークク 6.1115/6.1125 ローネ ノルウェーク 8.4998/8.5028 ローネ スウェーデン 8.2958/8.2988 クローナ シンガポール 1.3283/1.3288 ドル 香港ドル 7.7519/7.7520 インドルピー 72.9800/72.9900 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドルが4日ぶり上昇、海外経済指標軟調で安全買い

ドル/円 NY終 103.77/103.80 値 始値 103.68 高値 103.88 安値 103.68 ユーロ/ドル N 1.2167/1.2169 Y終値 始値 1.2174 高値 1.2184 安値 1.2155 ニューヨーク外為市場では、4日ぶりにドルが上昇した。海外の経 済指標が軟調だったことでリスク選好度が低下し、安全通貨としてのド ルに買いが入った。 主要通貨に対するドル指数は21日まで3日続落。バイデン新政権 の財政刺激策への期待からリスク選好度が上昇し、リスク通貨と見なさ れるオーストラリアドルやニュージーランドドルなどが買われた

米国株式市場=ダウ・S&P反落、IBM・インテルが安い

米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合5 00種が反落。IBMやインテルが低調な決算を受けて売られ、 相場を圧迫した。また、米経済活動が数カ月以内に完全に再開することへの期待が後退し つつあると、アナリストは指摘する。 IBMは9.91%安。21日引け後に発表した第4・四半期決算は、売上高が市場 予想を下回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を背景とする経済 的な不透明感から顧客が長期契約を見送り、ソフトウエア事業が減収となったことが響い た。 インテルも9.29%安。第4・四半期決算は利益と売上高がともに市場予想を上回 ったものの、ゲルシンガー次期最高経営責任者(CEO)が「2023年の製品の大半が 自社生産になると確信している」とし、外部委託への明確なシフトを示さなかったことが 嫌気された。 しかし、マイクロソフトやアップルが上昇し、相場を下支えしたほ か、ナスダック総合を小幅押し上げた。 来週発表されるアルファベット、アップル、アマゾン・ドット・コム<AMZN .O>の決算に注目