エディション:
日本

東京外為市場ニュース

NY市場サマリー(16日)

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)当局者から世界的な経済成長について慎重な 発言が相次いだことを受け、ドルが幅広い通貨に対して下落した。一方、欧州連合(EU )離脱を巡る懸念で下落していた英ポンドはこの日は対ドルで上向いた。 FRBのクラリダ副議長はCNBCのインタビューに対し、「世界的な減速を示唆す る証拠はある」と表明。このほか、米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいてい るとの見方を示し、「経済の現状、およびFRBの景気見通しを踏まえると、中立的であ ることは理に適う」と述べた。 市場ではクラリダ副議長の発言は、FRBがこれまで考えられていたよりも早い時期 に利上げサイクルを終了させる可能性を示唆していると受け止められ、ドルは対ユーロで 1週間ぶり、対円で2週間ぶりの安値を付けた。 この日はこのほか、ダラス地区連銀のカプラン総裁がフォックス・ビジネスに対し、 世界的な成長は若干の向かい風になり、米経済も影響を受ける可能性があるとの見方を表 明。クラリダ副議長とカプラン地区連銀総裁の発

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(16日)

円 112.82/112.85 ユーロ 1.1418/1.1422 スイスフラン 0.9997/1.0001 英ポンド 1.2837/1.2841 カナダドル 1.3143/1.3149 オーストラリアドル 0.7334/0.7339 ニュージーランドドル 0.6876/0.6880 メキシコペソ 20.1410/20.1605 デンマーククローネ 6.5340/6.5350 ノルウェークローネ 8.4390/8.4420 スウェーデンクローナ 9.0042/9.0072 シンガポールドル 1.3719/1.3727 香港ドル 7.8291/7.8294 インドルピー 71.9750/71.9850 (リフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル下落、FRB当局者から世界経済巡り慎重な発言相次ぐ

ドル/円 NY終 112.82/112.85 値 始値 113.31 高値 113.36 安値 112.65 ユーロ/ドル N 1.1418/1.1422 Y終値 始値 1.1328 高値 1.1421 安値 1.1326 ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)当局者か ら世界的な経済成長について慎重な発言が相次いだことを受け、ドルが 幅広い通貨に対して下落した。一方、欧州連合(EU)離脱を巡る懸念 で下落していた英ポンドはこの日は対ドルで上向いた。 FRBのクラリダ副議長はCNBCのインタビューに対し、「世界 的な減速を示唆する証拠はある」と表明。このほか、

シカゴ日経平均先物(16日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード 比  ドル建て12月 21755 +105 21925 21925 21505 限  円建て12月限 21745 +95 21890 21910 21490 (暫定値) (

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(11月13日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨 先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。 円 11月13日終了週 前週 コード  ロング 40,192 33,060  ショート 142,486 122,182  ネット -102,294 -89,122 ユーロ 11月13日終了週 前週 コード  ロング 161,860 148,973  ショート