エディション:
日本

トップニュース

日産、新体制で統治改革前進、ルノーとの関係議論も=株主総会

日産自動車は25日に株主総会を開き、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)ら取締役11人の選任など3議案全てが可決された。ゴーン前会長の不正を防げなかった反省から、統治(ガバナンス)機能を高めるため業務執行と監督を分離して社外取締役の権限や経営監視を強める「指名委員会等設置会社」による新体制へ移行した。

安保破棄発言の報道、米大統領から相いれない立場と確認=菅官房長官

菅義偉官房長官は25日午後の記者会見で、米ブルームバーグ通信が同日、トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性を側近に示していたと伝えたことについて「米国の大統領からも(報道内容は)米国政府の立場と相いれないものであるとの確認を受けている」と語った。