エディション:
日本

本日のマーケット動向

東京マーケット・サマリー・最終(6日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 135.41/43 1.0257/61 138.91/95 NY午後5時 135.87/90 1.0266/70 139.46/50 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の1 35円前半。欧米の景気後退懸念を背景にクロス円を中心にリスク回避の円買いが進み、ド ル/円でも下押し圧力が

東京外為市場・15時=ドル下落135円前半、景気後退懸念でリスク回避の円買いが優勢

            ドル/円    ユーロ/ドル  ユーロ/円   午後3時現在 135.21/23 1.0245/49 138.55/59   午前9時現在 135.52/54 1.0255/59 139.00/04   NY午後5時 135.87/90 1.0266/70 139.46/50   午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(135.87/90円)から 下落し、135.21/23円で推移している。欧米の景気後退懸念を背景にクロス円を 中心にリスク回避の円買いが進み、ドル/円も下押し圧力が強まった。 ドルは仲値にかけて国内輸入企業による買いに支えられたものの、内外株価の下落を 背景にクロス円を中心にリスク回避の円買いが強まり、135円前半まで下落。 その後は、ユーロやポンドなど円以外の通貨でドル買いが進んだほか、時間外取引の 米長期金利が思ったほど低下しなかったことから、ドルの買い戻しが入ったものの、大き な反発にはならなかった。 市場では「

〔マーケットアイ〕外為:1ユーロ=1ドル予想浮上、パイプライン点検や中国感染拡大懸念で

ユーロが一時139円割れ目前まで下落し、前日海外でつけた半月ぶり安値に迫ってきた。対米ドルでも1.02ドル半ばと海外安値からほとんど切り返しなく、20年ぶり安値圏を推移している。市場ではパリティ(等価)と呼ばれる1ユーロ=1米ドルが視野に入ったとの指摘が多数出ている。

東京マーケット・サマリー・最終(5日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 136.08/10 1.0373/77 141.17/21 4日午後5時 135.44/46 1.0430/32 141.27/31 午後5時のドル/円は、前日の東京市場終盤に比べてドル高/円安の136円 前半。アジア株高を背景に円がじり安となり、ドルは一時1週間ぶり高値をつけた 。  レポート全文: <株式

東京外為市場・15時=ドル136円前半、株高で円じり安

            ドル/円    ユーロ/ドル  ユーロ/円   午後3時現在 136.23/25 1.0441/45 142.26/30   午前9時現在 135.85/87 1.0431/35 141.72/76   4日午後5時 135.44/46 1.0430/32 141.27/31   午後3時のドル/円は、前日東京市場の終盤から円安の136円前半。アジア株高を 背景に円がじり安となり、ドルは一時1週間ぶり高値をつけた。 米休場明けの東京市場では円安が進行。バイデン米大統領が対中関税の引き下げを今 週発表する可能性があるとの報道などを背景に、アジア市場で各国株価と米株先物が上昇 。リスクオンムードの高まりとともに、円が広範に下落した。 ドルは朝方の安値135.70円からじり高で、一時136.36円まで上昇。6月 30日以来の高値を更新した。 値動きが大きくなったのは豪ドル。中国の財新が発表した6月サービス部門購買担当 者景気指数(