エディション:
日本

本日のマーケット動向

東京マーケット・サマリー・最終(24日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 110.46/48 1.1736/40 129.65/69 NY午後5時 110.30/33 1.1736/40 129.49/53 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の110 円半ば。株高や米長期金利上昇に支えられ、ドルは緩やかに買い進まれた。英ポンドなど欧州 通貨がドルに対して堅調なため、上昇ピッチは限定的だった。  レポート全文: <株式市場>

東京外為市場・15時=ドル110円半ば、底堅い 株高や米長期金利上昇で

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 110.46/48 1.1735/39 129.65/69  午前9時現在 110.32/34 1.1738/42 129.50/54  NY午後5時 110.30/33 1.1736/40 129.49/53 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/ 円安の110円半ばで推移している。株高や米長期金利上昇に支えられ、ドルは緩やかに 買い進まれた。英ポンドなど欧州通貨がドルに対して堅調なため、上昇ピッチは限定的だ った。 朝方には利益確定売りを受け一時110.20円まで下落したが、その後は110円 半ばまで持ち直した。 背景は株高によるリスク選好の円売りと、米長期金利の上昇だ。 米10年国債利回り は1.4524%付近まで上昇し、7月2日以来の 高水準となった。 米連邦準備理事会(FRB)テーパリング(量的緩和の縮小)や利上げに対する

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円前半、英ポンドは151円後半まで続伸

英ポンド/ドルは1.3718ドル付近。 前日は英中銀のタカ派的な見解を受けて1.3750ドルまで上値を伸ばした。 英ポンド/円は151.38円付近で一時151.64円まで上値を伸ばした。 英ポンド高の背景は、 イングランド銀行(英中央銀行)が23日開催した金融政策会合で、年末時点のインフレ率が4%を超え、目標の2%を大きく上回る見通しで、金利上昇の根拠が「強まったもよう」という見解を示したこと。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円前半、株高と米長期金利高で堅調

リフィニティブによると、米10年国債利回りは、1.4318%付近、前日は1.4370%付近まで上昇し、7月6日以来の高水準に達した。現在も同水準に留まっている。 米長期金利の上昇は、米連邦準備理事会(FRB)テーパリングや利上げに対する姿勢を巡り、債券を売る安心感が広がったことが背景。

東京マーケット・サマリー・最終(22日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 109.43/45 1.1727/31 128.35/39 NY午後5時 109.21/24 1.1723/27 128.06/10 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安 の109円前半。日本や中国株の下落でリスク回避ムードが広がる中、米連邦公開市場委員 会(FOMC)を控えた

東京外為市場・15時=ドル109円半ば、FOMC前のポジション調整の買い受け上昇

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 109.51/53 1.1721/25 128.38/42  午前9時現在 109.14/16 1.1721/25 127.94/98  NY午後5時 109.21/24 1.1723/27 128.06/10 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル高/円安の1 09円半ば。日本や中国株の下落でリスク回避ムードが広がる中、米連邦公開市場委員会 (FOMC)を控えた短期筋のポジション調整とみられるドル買いを受け、ドルはじり高 となった。 ドルは午後に109.56円付近まで上昇。朝方の安値は109.12円だった。 市場では「目立ったニュースもない中でドルがじわじわと買われているので、FOM Cを控えた短期筋の持ち高調整とみていいだろう」(国内金融機関)との見方が聞かれた 。  午前の取引では、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の主要部門、恒大地産集団が 22日、9月2