エディション:
日本

本日のマーケット動向

東京マーケット・サマリー・最終(17日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 110.57/59 1.1953/57 132.18/22 NY午後5時 110.69/71 1.1994/95 132.78/82 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/ 円高の110円半ば。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けた米長期金利の 上昇が一服したことなどで、伸び悩んだ。ユーロ/ドルは一時2カ月ぶり安値を付ける など、ユーロ安方向への潮目の変化を予感させる値動きとなった。  レポート全文:

東京外為市場・15時=ドル110円後半、欧米政策格差でユーロが2カ月ぶり安値

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 110.63/65 1.1999/03 132.77/81  午前9時現在 110.76/78 1.1993/97 132.86/90  NY午後5時 110.69/71 1.1994/95 132.78/82 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安 /円高の110円後半。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けた米長期金利の 上昇が一服となったことなどで、伸び悩んだ。一方、ユーロ/ドルは一時2カ月ぶり安値 を付けるなど、ユーロ安方向への潮目の変化を予感させる値動きとなった。 ドル/円は朝方の取引で110.82円と4月1日以来2カ月半ぶり高値を付けた。 その後は、実需の売りや短期筋の利益確定売りに押されたことに加え、米長期金利の上昇 一服で、やや軟化した。 ユーロ/ドルは一時1.1984ドルまで下落し、4月19日以来2カ月ぶり安値を 付けた。その

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは110円後半、ドル上昇圧力強まらず

正午のドルは、前日のNY市場午後5時時点(110.69/71円)とほぼ同水準の110.63円付近。米国時間の16日に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果は「予想以上にタカ派だった」との見方が多く聞かれたが、米10年債利回りは1.5%後半での推移にとどまった。

東京マーケット・サマリー・最終(16日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 109.93/95 1.2131/35 133.37/41 NY午後5時 110.07/10 1.2124/28 133.46/50 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の109円 後半。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、短期筋の活動が低迷し方向感に乏し く、小幅な値動きに終始した。クロス円も小動きだった。  レポート全文: <株式市場> 終値 前日比