エディション:
日本

本日のマーケット動向

東京マーケット・サマリー・最終(22日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 111.06/08 1.1816/20 131.25/29 NY午後5時 111.04/07 1.1790/93 130.93/97 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円前半 。海外市場でドルが弱含んだ流れが続き、一時110.84円まで売られた。しかし積極的に 売り込む動きも乏しかった。  レポート全文: <株式市場> 日経平均

〔マーケットアイ〕外為:NZドル、前日下落の主因は「日本発のカメムシ」

前日にNZドルが売られたのは第1・四半期の小売売上高の下振れ。前期比0.1%増と予想の1%増を大幅に下回った。その主因は1.1%減となった自動車販売。「本邦の自動車運搬船から大量のカメムシが発見されたことを受け、荷揚げ拒否・国外退去命令が自動車販売の落ち込みに影響した可能性が高い」(野村証券)という。

東京外為市場・15時=ドル110円後半、4カ月ぶり高値圏で上げ一服

        ドル/円    ユーロ/ドル  ユーロ/円  午後3時現在 110.89/91 1.1782/86 130.67/71  午前9時現在 110.99/01 1.1787/91 130.85/89  NY午後5時 111.04/07 1.1790/93 130.93/97 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の110円後半。海外市場で ドルが弱含んだ流れが続き、一時110.84円まで売られた。しかし積極的に売り込む動きも乏しく、値 動きは小さかった。 前日夕方に111.39円まで上昇、1月18日以来4カ月ぶり高値を更新したドルは、その後の海外 市場の取引で売りが先行した。米金利が緩やかに低下したことなどが背景で、短期筋が利益確定に動いたと いう。海外市場終盤に110.95円まで売られた。 東京市場でもその流れは変わらず。111円台では輸出企業などからも売りが出るという。「輸出が9 月末を110円で押さえようとすれば、今

〔マーケットアイ〕外為:トルコリラ24円前半、最安値更新中 際立つ「ひとり負け」

トルコリラは現在24円前半。対ドル相場とともに、過去最安値を連日更新している。前日は米中貿易戦争の懸念後退に加えてドル高が一服となったこともあり、新興国通貨は多くが反発に転じたが、トルコリラは蚊帳の外。6月24日に大統領・議会選を控えて「次の政治リスクに市場が身構えている」(外銀)という。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円後半、手掛かり難で小動き 

米10年国債利回りが小幅に低下し、日経平均もマイナス圏で推移した。前日は111円前半で上値を止められたこともあり、朝方から短期筋や実需筋などからのドル売りが見られるという。ポジションを傾ける動きはなく「材料がない中での値動き」(国内金融機関)という。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円後半、実需筋の売買交錯

午前8時半頃から9時前にかけて111.06円までするすると上昇したが、その後は押し戻され、上昇分を返上した。110.90円台には買い意欲がある一方、111円台に乗せると輸出企業などから売りが入るという。「輸出勢が9月末を110円で抑えようとすれば、今のディスカウントは90─95銭くらいかかる。111円近辺は売り意欲がある」(市場筋)との声が出ていた

東京マーケット・サマリー・最終(21日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 111.35/37 1.1724/28 130.57/61 NY午後5時 110.74/77 1.1775/80 130.36/40 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の 111円前半。週末の米中通商協議で歩み寄りが見られたことを受け、リスクオンムード が先行したという。  レポート全文: <株式市場> 日経平均 23002.37円

次のページ