エディション:
日本

本日のマーケット動向

東京マーケット・サマリー・最終(11日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリ ックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 107.90/92 1.1009/13 118.82/86 NY午後5時 107.96/99 1.1004/08 118.80/84 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の107円後半。米中閣僚級 通商協議1日目の交渉は極めて良好だったとのトランプ米大統領の発言や実需のドル買いを受け、ドルは1 0日ぶり高値となる108.13

東京外為市場・15時=ドル108円付近、10日ぶり高値から反落

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 108.00/02 1.1014/18 118.97/01  午前9時現在 107.86/88 1.1008/12 118.76/80  NY午後5時 107.96/99 1.1004/08 118.80/84  午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の108円付近 。米中閣僚級通商協議1日目の交渉は極めて良好だったとのトランプ米大統領の発言や実 需のドル買いを受け、ドルは10日ぶり高値となる108.13円まで上昇した。しかし 、108円台では実需の売りや戻り売りが優勢となり押し戻された。 米中通商協議については「具体的な合意内容は一つも報道されないが、とりあえず1 5日の対中追加関税の発動は延期されるとの見方が広がっている」(国内金融機関)とい う。 市場は足元「ポジティブなニュースには大げさに反応し、ネガティブなニュースには 小幅な反応を示すという地合いになって

〔マーケットアイ〕外為:ポンド134円前半、上値には疑念の戻り売り

前日に急騰した英ポンドは134円前半。海外市場でつけた3週間ぶり高値134円半ばから小幅に下落した。市場では「これまでも楽観と悲観を繰り返してきた」(邦銀)として、急速に台頭した楽観論への警戒感が根強い。上値ではポンドの戻り売りに動く向きもあるという。

東京マーケット・サマリー・最終(10日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリ ックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 107.39/41 1.1015/19 118.31/35 NY午後5時 107.46/49 1.0969/73 117.90/94 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の107円前半。米中の閣僚 級通商協議を前に相次いだ報道を受け午前の取引で乱高下した後、午後には小康状態となり同協議の結果を 見極める姿勢が広

東京外為市場・15時=ドル107円半ば、米中協議巡る報道で乱高下

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 107.50/52 1.0985/89 118.11/55  午前9時現在 107.21/23 1.0982/86 117.77/81  NY午後5時 107.46/49 1.0969/73 117.90/94 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の107円半ば 。米中の閣僚級通商協議を前に相次いだ報道を受け午前の取引で乱高下した後、午後には 小康状態となり同協議の結果を見極める姿勢が広がった。 ドルは朝方の薄商いの中、107.03円まで下落。香港紙サウスチャイナ・モーニ ング・ポストが関係筋の話として、7─8日にワシントンで行われた米中次官級通商協議 では進展がなかったと報じた。 交渉決裂の可能性を警戒する形で米株先物が時間外取引で下落、円が買われたが、す ぐに切り返した。 その手掛かりはCNBC記者のツイッター。米政権高官の話として、中国の劉鶴副首 相が閣僚級

次のページ