エディション:
日本

本日のマーケット動向

東京マーケット・サマリー・最終(25日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 112.92/94 1.1767/71 132.89/93 NY午後5時 112.79/82 1.1746/50 132.50/54 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安 の112円後半。連休明けの五・十日ということもあり、仲値付近に輸入企業のドル買い/ 円売りが膨らんだ。一時113円ちょうどまで上昇し約2カ月ぶりの高値をつけたが、その 後は日米通商協議(FFR)を控えて様

東京外為市場・15時=ドル高値圏のもみあい、一時113円乗せで2カ月ぶり高値

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 112.84/86 1.1746/50 132.56/60  午前9時現在 112.77/79 1.1750/54 132.53/57  NY午後5時 112.79/82 1.1746/50 132.50/54 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の112円後半だった。連休 明けの五・十日ということもあり、仲値付近に輸入企業のドル買い/円売りが膨らんだ。一時113円ちょ うどまで上昇し約2カ月ぶりの高値をつけたが、その後は日米通商協議(FFR)を控えて様子見ムードが 強まった。 午後のドルは112.80─90円台を中心に小動きが続いた。市場では「海外のマクロ系ヘッジファ ンドは24日までにドル/円のロングポジションを構築したが、日本の投資家はFFRを控えて動きがとれ ない」(国内金融機関)との声が出ていた。   日経平均は前日の米国株市場でダウとS&P総合が下落した流

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円後半、日米通商協議を警戒し身動きとれず

ドルは112.91円付近。午前の取引で113.00円まで上昇したが、その後は伸び悩み、112円後半で推移している。「海外のマクロ系ヘッジファンドは24日までにドル/円のロングポジションを構築したが、日本の投資家は日米通商協議を控えて動きがとれない」(国内金融機関)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕外為:ドル一時113円乗せ、2カ月ぶり高値

ドルが一時113.00円まで上昇。7月19日以来約2カ月ぶりの高値をつけた。きょうは連休明けで実需の売買が集中する5・10日とあって、仲値公示にかけて買いが優勢となったもようだ。公示後は112.91円まで反落した。

東京マーケット・サマリー・最終(21日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 112.69/71 1.1772/76 132.68/72 NY午後5時 112.48/51 1.1775/78 132.46/50 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の11 2円後半。前日112円半ばの壁を上抜けたことで上昇に弾みがついたものの、リスクオンの 環境下でドルと円が同時に売られているため、クロス円の上昇幅に比べてドル/円の上昇は限 られた。とは