エディション:
日本

NYマーケット動向

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付けた。米指標が好調だった 一方、欧州の製造業指標は弱かった。 米商務省が発表した3月の小売売上高は前月比1.6%増と、2017年9月以来1 年半ぶりの大幅な伸びとなった。自動車やその他幅広い項目のモノの販売が好調だった。 経済が年初めに弱含んだ後、第1・四半期の終わりに加速した兆しを示した。[nL3N2203U 9] また、米労働省が公表した13日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は 前週比5000件減の19万2000件と、1969年9月以来49年半ぶりの低水準と なった。経済が底堅さを保っていることが示された。 一方、IHSマークイットが発表した4月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(P MI)速報値が50の水準を下回った。ドイツやフランスの製造業PMIもさえなかった 。 ウエストパック・バンキングの為替戦略責任者は「数時間のうちに、成長動向が米ド ルの追い風になっているとかなり決定的、時宜にかなう形で再確認できた」と話す。 投資家は

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(18日)

円 111.96/111.99 ユーロ 1.1229/1.1233 スイスフラン 1.0154/1.0158 英ポンド 1.2996/1.3001 カナダドル 1.3374/1.3378 オーストラリア 0.7150/0.7152 ドル ニュージーラン 0.6681/0.6685 ドドル メキシコペソ 18.7975/18.8088 デンマーククロ 6.6475/6.6485 ーネ ノルウェークロ 8.5136/8.5166 ーネ スウェーデンク 9.3090/9.3120 ローナ シンガポールド 1.3561/1.3565 ル 香港ドル 7.8458/7.8461 インドルピー 69.3900/69.4000 (リフィニティブデータに基づ

UPDATE 1-NY外為市場=ドルが対ユーロで上昇 米欧指標受け

ドル/円 NY終値 111.96/111.99 始値 111.92 高値 112.02 安値 111.86 ユーロ/ドル NY 1.1229/1.1233 終値 始値 1.1253 高値 1.1259 安値 1.1227 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付け た。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。 米商務省が発表した3月の小売売上高は前月比1.6%増と、2017年9月以来1 年半ぶりの大幅な伸びとなった。自動車やその他幅広い項目のモノの販売が好調だった。 経済が年初めに弱含んだ後、第1・四

NY外為市場=ドルが対ユーロで上昇 米欧指標受け

ドル/円 NY午後3時 111.93/111.96 始値 111.92 高値 112.02 安値 111.86 ユーロ/ドル NY午後 1.1228/1.1232 3時 始値 1.1253 高値 1.1259 安値 1.1227 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付け た。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。 米商務省が発表した3月の小売売上高は前月比1.6%増と、2017年9月以来1 年半ぶりの大幅な伸びと

NY市場サマリー(17日)

<為替> 中国の第1・四半期国内総生産(GDP)伸び率が予想を上回ったことで リスク選好度が改善し、ドルが対ユーロで下落した。 市場では世界経済が回復しているか見極めようと、中国のほか欧州の経済指標に注目 が集まっている。欧州では18日に製造業と非製造業の購買担当者景気指数(PMI)が 発表される。欧州への投資は改善しつつあり、ユーロはドルで上昇する可能性がある。 豪ドルは中国GDP統計を受け上昇したが、その後は上げ幅を縮小。前日は豪中銀の 4月理事会議事要旨で、インフレ率が低水準にとどまり失業率が上昇し続けた場合には利 下げが「適切に」なるとの見方が示されたことを受け、下落していた。 ニュージーランド(NZ)ドルは下落。NZ統計局発表の第1・四半期の消費者物価 指数(CPI)が前期比0.1%上昇となり、中銀予測を下回ったことを受け、利下げの 確率が高まったとの見方が浮上した。 この日発表の米経済指標では、2月の貿易統計で貿易赤字が前月比3.4%減の49 3億8200万ドルと、2018年6月以来の低水準

UPDATE 1-NY外為市場=ドル/ユーロ下落、中国GDP好調でリスク選好改善

ドル/円 NY終値 112.05/112.08 始値 112.01 高値 112.12 安値 111.93 ユーロ/ドル NY終値 1.1294/1.1299 始値 1.1309 高値 1.1314 安値 1.1291 ニューヨーク外為市場では、中国の第1・四半期経済成長が予想を 上回ったことでリスク選好度が上昇し、ドルが対ユーロで下落した。 中国国家統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は 前年比6.4%

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(17日)

円 112.05/112.08 ユーロ 1.1294/1.1299 スイスフラン 1.0103/1.0107 英ポンド 1.3043/1.3048 カナダドル 1.3338/1.3344 オーストラリアドル 0.7178/0.7180 ニュージーランドドル 0.6726/0.6730 メキシコペソ 18.8273/18.8283 デンマーククローネ 6.6090/6.6100 ノルウェークローネ 8.4911/8.4961 スウェーデンクローナ 9.2466/9.2496 シンガポールドル 1.3525/1.3528 香港ドル 7.8452/7.8455 インドルピー 69.4214/69.4414 (リフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル/ユーロ下落、中国GDP好調でリスク選好改善

ドル/円 NY午後 112.05/112.08 3時 始値 112.01 高値 112.09 安値 111.93 ユーロ/ドル NY 1.1298/1.1299 午後3時 始値 1.1309 高値 1.1314 安値 1.1291 ニューヨーク外為市場では、中国の第1・四半期経済成長が予想を 上回ったことでリスク選好度が上昇し、ドルが対ユーロで下落した。 中国国家統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は 前年比6.4%増加して第4・四半期と伸びが一致、市場予想を上回っ た。 スコシアバンク(トロント)の首席外為ストラテジスト、ショ

NY市場サマリー(16日)

<為替> 欧州中央銀行(ECB)の複数の政策当局者がECBの経済見通しは楽観 的過ぎると考えていると伝わったことを受け、ユーロが対ドルで下落。 ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(ニューヨーク)のグローバル外為戦略部門責任者 、ウィン・シン氏は「またもやハト派的な材料が出てきた」とし、これによりユーロの上 昇が阻まれたとの見方を示した。   市場では、ユーロ圏経済の成長が改善しているか見極めようと18日に発表される欧 州の製造業と非製造業の製造業購買担当者景気指数(PMI)が注目されている。 豪ドルはほぼ横ばい。オーストラリア準備銀行が公表した4月理事会の議事要旨で、 インフレ率が低水準にとどまり失業率が上昇し続けた場合には利下げが「適切に」なると の見方が示された。これを受け、豪ドルは当初は軟化していた。 英ポンドは下落。英ガーディアン紙が欧州連合(EU)離脱を巡るメイ政権と野党・ 労働党の協議が行き詰っていると報じたことを受け軟調となった。ただ労働党は報道内容 を否定している。

UPDATE 1-NY外為市場=ユーロ下落、ECB内に経済予測に疑念との報道

ドル/円 NY終値 111.99/112.02 始値 111.90 高値 112.03 安値 111.88 ユーロ/ドル NY 1.1280/1.1282 終値 始値 1.1299 高値 1.1312 安値 1.1281 ニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)の複数の政策当局者がECBの 経済見通しは楽観的過ぎると考えていると伝わったことを受け、ユーロが対ドルで下落し た。 ECB内の討議を直接知る4人の関係筋によると、前週のECB理事会では、少数の 理事が今年後半に成長が回復するという以前からの予