エディション:
日本

NYマーケット動向

UPDATE 1-NY市場サマリー(29日)ドル上昇、S&Pとナスダック小幅続落

<為替> ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の パウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの方がより大きなリス クとの見方を示したことが背景。 パウエル議長はポルトガルのシントラで開かれている欧州中央銀行(ECB)の年次 フォーラムで、FRBがインフレ抑制のために景気を必要以上に減速させる「リスクはあ る」と認めながらも、「それがより大きなリスクという見方には同意しない。物価安定の 回復に失敗することがより大きな間違いだ」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.593%高の105.070。景気後退( リセッション)リスクの高まりを背景に世界的に株価が下落する中、安全資産としてのド ルに買いが入った。ただ、ドル指数は2週間前に付けた約20年ぶりの高水準(105. 79)は上回っていない。 円は対ドルで0.29%安の136.55円。ウェルズ・ファーゴのネルソン 氏は「日銀が唯一引き締めを行っていない主要中央銀行であることを背景に、

NY市場サマリー(29日)ドル上昇、S&Pとナスダック小幅続落

<為替> ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の パウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの方がより大きなリス クとの見方を示したことが背景。 パウエル議長はポルトガルのシントラで開かれている欧州中央銀行(ECB)の年次 フォーラムで、FRBがインフレ抑制のために景気を必要以上に減速させる「リスクはあ る」と認めながらも、「それがより大きなリスクという見方には同意しない。物価安定の 回復に失敗することがより大きな間違いだ」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.593%高の105.070。景気後退( リセッション)リスクの高まりを背景に世界的に株価が下落する中、安全資産としてのド ルに買いが入った。ただ、ドル指数は2週間前に付けた約20年ぶりの高水準(105. 79)は上回っていない。 円は対ドルで0.29%安の136.55円。ウェルズ・ファーゴのネルソン 氏は「日銀が唯一引き締めを行っていない主要中央銀行であることを背景に、強い円売り バイアスが見られた」

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(29日)

円 136.58/136.61 ユーロ 1.0439/1.0443 スイスフラン 0.9552/0.9553 英ポンド 1.2125/1.2129 カナダドル 1.2891/1.2895 オーストラリ 0.6881/0.6883 アドル ニュージーラ 0.6217/0.6218 ンドドル メキシコペソ 20.1110/20.1440 デンマークク 7.1252/7.1262 ローネ ノルウェーク 9.8787/9.9540 ローネ スウェーデン 10.2261/10.2491 クローナ シンガポール 1.3935/1.3940 ドル 香港ドル 7.8462/7.8472 インドルピー 78.9200/78.9700 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル上昇、FRB議長がタカ派発言 ユーロは軟調

ニューヨーク外為市場では ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB) のパウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの 方がより大きなリスクとの見方を示したことが背景。 パウエル議長はポルトガルのシントラで開かれている欧州中央銀行 (ECB)の年次フォーラムで、FRBがインフレ抑制のために景気を 必要以上に減速させる「リスクはある」と認めながらも、「それがより 大きなリスクという見方には同意しない。物価安定の回復に失敗するこ とがより大きな間違いだ」と述べた。 ウェルズ・ファーゴ(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリ ック・ネルソン氏は「パウエル議長は望ましくないインフレ期待の上昇 に先手を打って対応する姿勢を示した」とし、この日の発言は「かなり タカ派的だった」と指摘。「市場では過去数カ月、FRBはインフレ期 待が上昇すれば反応するだろうとの見方が出ていたが、何かに反応する というよりは、むしろ積極的に対応していくと予想される」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0

UPDATE 1-NY市場サマリー(28日)株式大幅続落、ユーロ下落

<為替> ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECB が検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについ て新たな手がかりを示さなかった。 ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なインフレが悪化した 場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場合は、断固として行動する選択肢も あると述べた。 ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で推移。終盤の取引 では0.6%安の1.052ドル。 ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は28日、政策金利が年末までに「間違いなく 」3─3.5%の水準に上昇する必要があるという認識を示した。同時に、米国が景気後 退(リセッション)に陥ることは想定していないとも述べた。 オフショア中国人民元は上昇。中国国家衛生健康委員会が新型コロナウイ ルスの流行に伴い海外からの入国者に義務付けている隔離期間を短縮すると発表したこと が材料視された。

NY市場サマリー(28日)株式大幅続落、ユーロ下落

<為替> ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECB が検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについ て新たな手がかりを示さなかった。 ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なインフレが悪化した 場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場合は、断固として行動する選択肢も あると述べた。 ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で推移。終盤の取引 では0.6%安の1.052ドル。 ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は28日、政策金利が年末までに「間違いなく 」3─3.5%の水準に上昇する必要があるという認識を示した。同時に、米国が景気後 退(リセッション)に陥ることは想定していないとも述べた。 オフショア中国人民元は上昇。中国国家衛生健康委員会が新型コロナウイ ルスの流行に伴い海外からの入国者に義務付けている隔離期間を短縮すると発表したこと が材料視された。 NY外為市場:

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(28日)

円 136.12/136.16 ユーロ 1.0518/1.0521 スイスフラン 0.9571/0.9574 英ポンド 1.2182/1.2185 カナダドル 1.2871/1.2877 オーストラリ 0.6906/0.6909 アドル ニュージーラ 0.6240/0.6243 ンドドル メキシコペソ 20.1220/20.1500 デンマークク 7.0711/7.0721 ローネ ノルウェーク 9.8313/9.8438 ローネ スウェーデン 10.1517/10.1620 クローナ シンガポール 1.3877/1.3879 ドル 香港ドル 7.8474/7.8477 インドルピー 78.9700/79.0200 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

UPDATE 1-NY外為市場=ユーロ下落、ECB総裁発言受け ドルは上昇

ニューヨーク外為市場では ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、EC Bが検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金 融政策見通しについて新たな手がかりを示さなかった。 ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なイ ンフレが悪化した場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場 合は、断固として行動する選択肢もあると述べた。 ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で 推移。終盤の取引では0.6%安の1.052ドル。 TDセキュリティーズのシニアFXストラテジスト、メーゼン・イ ッサ氏は、ロシアのウクライナ侵攻やユーロ圏の分断化リスクに言及し 、「米連邦準備理事会(FRB)に比べ、ECBには固有の限界がある 」とし、「ECBは厳しい状況に置かれている」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.51%高の104.49 。 ステートストリートのシニアグローバルマクロストラテジスト、マ ービン・ロー氏は「不

NY外為市場=ユーロ下落、ECB総裁発言受け ドルは上昇

ニューヨーク外為市場では ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、EC Bが検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金 融政策見通しについて新たな手がかりを示さなかった。 ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なイ ンフレが悪化した場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場 合は、断固として行動する選択肢もあると述べた。 ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で 推移。終盤の取引では0.6%安の1.052ドル。 TDセキュリティーズのシニアFXストラテジスト、メーゼン・イ ッサ氏は、ロシアのウクライナ侵攻やユーロ圏の分断化リスクに言及し 、「米連邦準備理事会(FRB)に比べ、ECBには固有の限界がある 」とし、「ECBは厳しい状況に置かれている」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.51%高の104.49 。 ステートストリートのシニアグローバルマクロストラテジスト、マ ービン・ロー氏は「不確実性の強い時期にドルは

UPDATE 1-NY市場サマリー(27日)ドル軟調、株式反落

<為替> ドルが主要通貨に対し軟調となった。米国の物価上昇が鈍化する中、積極 的な利上げが実施されるとの観測を見直す動きが出ている。 主要6通貨に対するドル指数は0.12%安の103.9。米連邦準備理事会 (FRB)がインフレに対応するために積極的な利上げを行うとの観測を背景に、ドル指 数は今月に入り105.79と、2002年終盤以来の高値を付けていた。 欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測を背景に、ユーロは上昇。OANDAのシニア 市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「ECBの利上げ開始に対する期待が高まってい る」とし、「ハト派的な利上げのリスクは薄れつつある」との見方を示した。 ユーロ は0.27%高の1.0587ドル。 ロシア通貨ルーブルは下落。ロシアの外貨建て国債がデフォルト(債務不履行 )に陥ったとの見方が出ている。対外債務の不履行はロシア革命以降で初めてになるが、 ロシアは否定している。 NY外為市場: <債券> 国債利回り

次のページ