エディション:
日本

NYマーケット動向

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(20日)

円 110.18/110.19 ユーロ 1.1094/1.1096 スイスフラン 0.9679/0.9683 英ポンド 1.3009/1.3012 カナダドル 1.3046/1.3050 オーストラリアド 0.6872/0.6874 ル ニュージーランド 0.6606/0.6611 ドル メキシコペソ 18.6586/18.6692 デンマーククロー 6.7341/6.7361 ネ ノルウェークロー 8.9256/8.9296 ネ スウェーデンクロ 9.5145/9.5226 ーナ シンガポールドル 1.3466/1.3468 香港ドル 7.7689/7.7694 インドルピー

欧州外為市場=ドル、今年の高値水準に上昇 堅調な米経済が後押し

<為替> 欧州終 アジア市場 コード 盤 終盤 ユーロ/ドル    1.1082 1.1094 ドル/円 110.17 110.12 ユーロ/円 122.11 122.16 欧州外為市場では、ドルが今年の高値水準に上昇。先週発表された 経済指標で米経済の堅調さが確認されたことを受けた。中国人民元も一 時、6カ月ぶり高値を付けた。 市場では、21日の日銀金融政策決定会合、23日の欧州中央銀行 (ECB)理事会を注視している。

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが上昇。対ユーロでは1週間ぶり高値を付けた。ここ数日発表の米経 済指標が軒並み堅調な内容となったことを受け、景気減速が差し迫っているとの懸念が後 退した。 朝方発表された昨年12月の米住宅着工件数は前月比16.9%増の160万800 0戸と、2006年12月以来13年ぶりの高水準を付けた。 前日発表された12月の米小売売上高は底堅い結果となったほか、1月のフィラデル フィア連銀業況指数も8カ月ぶりの高水準を付けた。 CIBCキャピタル・マーケッツの為替戦略北米主任のバイパン・ライ氏は「ここ数 日発表された指標は極めて良好」とし、「米連邦準備理事会(FRB)は消費者や家計を 巡り幾分懸念を表明していたが、これら指標はこうした懸念を幾分和らげた」と述べた。 終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.41%安の1.1089ドル。 ドル/円はほぼ変わらずの110.12円。米株価が最高値を更新する中、一 時110.28円まで下落した。 中国国家統計局が同日発表した2019年国内総生産(GDP)

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(17日)

円 110.14/110.17 ユーロ 1.1088/1.1092 スイスフラン 0.9680/0.9684 英ポンド 1.3008/1.3012 カナダドル 1.3063/1.3064 オーストラリ 0.6872/0.6874 アドル ニュージーラ 0.6613/0.6617 ンドドル メキシコペソ 18.6549/18.6699 デンマークク 6.7369/6.7379 ローネ ノルウェーク 8.9118/8.9124 ローネ スウェーデン 9.5180/9.5210 クローナ シンガポール 1.3472/1.3477 ドル 香港ドル 7.7678/7.7681 インドルピー 71.0760/71.0820 (リフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退

ドル/円 NY終 110.14/110.17 値 始値 110.13 高値 110.20 安値 110.06 ユーロ/ドル N 1.1088/1.1092 Y終値 始値 1.1110 高値 1.1114 安値 1.1087 ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。対ユーロでは1週間ぶり高 値を付けた。ここ数日発表の米経済指標が軒並み堅調な内容となったこ とを受け、景気減速が差し迫っているとの懸念が後退した。 朝方発表された昨年12月の米住宅着工件数は前月比16.9%増 の160万8000戸と、2006年12月以来13年ぶりの高水準を 付けた。 前日発表された12月

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準 を付けた。 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略部長、グレッグ・アンダ ーソン氏は「特にフィラデルフィア指数の伸びが好感され、すでに低い景気後退(リセッ ション)確率がさらに後退した」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の97.329。前日の海外市場で は一時97.085と1月8日以来の水準に値下がりした。 スイスフランは対ドルで小幅安。前日の海外市場では0.961フランと1年 4カ月ぶりの高値を付けた。米国は為替報告書の中で「スイスの外貨購入が2019年半 ば以降、顕著に拡大した」とし、スイスを監視対象に追加した。ある関係者はこれでスイ ス中銀は為替介入をしづらくなるのではないかと指摘した。 NY外為市場:

UPDATE 1-NY外為市場=ドル上昇、底堅い米指標が下支え

ドル/円 NY終値 110.14/110.17 始値 109.96 高値 110.18 安値 109.94 ユーロ/ドル NY終 1.1135/1.1139 値 始値 1.1157 高値 1.1172 安値 1.1129 ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった 。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフ

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(16日)

円 110.14/110.17 ユーロ 1.1135/1.1139 スイスフラン 0.9644/0.9648 英ポンド 1.3076/1.3082 カナダドル 1.3040/1.3044 オーストラリアドル 0.6898/0.6900 ニュージーランドドル 0.6638/0.6642 メキシコペソ 18.7722/18.7872 デンマーククローネ 6.7096/6.7114 ノルウェークローネ 8.8859/8.8877 スウェーデンクローナ 9.4873/9.4903 シンガポールドル 1.3469/1.3474 香港ドル 7.7714/7.7725 インドルピー 70.9529/71.0024 (リフィニティブデータに基づいています)

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準 を付けた。 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略部長、グレッグ・アンダ ーソン氏は「特にフィラデルフィア指数の伸びが好感され、すでに低い景気後退(リセッ ション)確率がさらに後退した」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の97.329。前日の海外市場で は一時97.085と1月8日以来の水準に値下がりした。 スイスフランは対ドルで小幅安。前日の海外市場では0.961フランと1年 4カ月ぶりの高値を付けた。米国は為替報告書の中で「スイスの外貨購入が2019年半 ば以降、顕著に拡大した」とし、スイスを監視対象に追加した。ある関係者はこれでスイ ス中銀は為替介入をしづらくなるのではないかと指摘した。 NY外為市場: <債券

次のページ