エディション:
日本

NYマーケット動向

UPDATE 1-NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが6営業日続伸から一転反落した。米国債利回りが低下したほか、ド ルを一段と買い進める新規材料を探る動きが見られた。 終盤の取引で、ドル指数は0.1%安の93.605。前日は5カ月ぶり高値 を付けていた。1日では2週間ぶりの大幅安となる見通しだ。 市場の関心は、23日公表の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に移った。ア ナリストらは、インフレに関する見解が示される可能性があるとみている。 イタリア政局の不透明感が広がり、ユーロは対ドルで0.1%安の1.177 8ドル。 ドルは対円で0.1%安の111円。 NY外為市場: <債券> 小動き。午後に入り実施された総額330億ドルの2年債入札はまずまず の需要を集めた。 2年債入札は最高落札利回りが2.59%と、2008年7月以来の高水準となった 。入札前(WI)取引の水準はわずかに下回った。応札倍率は2.88倍と、前回4月入 札から上昇。プライマリーディーラーの落札比率

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが6営業日続伸から一転反落した。米国債利回りが低下したほか、ド ルを一段と買い進める新規材料を探る動きが見られた。 終盤の取引で、ドル指数は0.1%安の93.605。前日は5カ月ぶり高値 を付けていた。1日では2週間ぶりの大幅安となる見通しだ。 市場の関心は、23日公表の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に移った。ア ナリストらは、インフレに関する見解が示される可能性があるとみている。 イタリア政局の不透明感が広がり、ユーロは対ドルで0.1%安の1.177 8ドル。 ドルは対円で0.1%安の111円。 NY外為市場: <債券> 小動き。午後に入り実施された総額330億ドルの2年債入札はまずまず の需要を集めた。 2年債入札は最高落札利回りが2.59%と、2008年7月以来の高水準となった 。入札前(WI)取引の水準はわずかに下回った。応札倍率は2.88倍と、前回4月入 札から上昇。プライマリーディーラーの落札比率は45.37%と、2016年12

UPDATE 1-NY外為市場=ドル軟調、FOMC議事要旨に注目

ドル/円 NY終値 110.88/110.91 始値 110.97 高値 111.07 安値 110.80 ユーロ/ドル NY終値 1.1778/1.1780 始値 1.1808 高値 1.1824 安値 1.1770 ニューヨーク外為市場は、ドルが6営業日続伸から一転反落した。 米国債利回りが低下したほか、ドルを一段と買い進める新規材料を探る 動きが見られた。 ドルは2月半ば以降、7%近く急伸していた。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(22日)

円 110.88/110.91 ユーロ 1.1778/1.1780 スイスフラン 0.9925/0.9930 英ポンド 1.3434/1.3437 カナダドル 1.2817/1.2821 オーストラリアドル 0.7575/0.7577 ニュージーランドドル 0.6932/0.6936 メキシコペソ 19.7697/19.7772 デンマーククローネ 6.3228/6.3238 ノルウェークローネ 8.0600/8.0630 スウェーデンクローナ 8.6883/8.6913 シンガポールドル 1.3390/1.3392 香港ドル 7.8493/7.8496 インドルピー 68.0100/68.0300 (ロイターデータに基づいています)

NY外為市場=ドル軟調、FOMC議事要旨に注目

ドル/円 NY午 110.87/110.90 後4時 始値 110.97 高値 111.07 安値 110.80 ユーロ/ドル N 1.1780/1.1784 Y午後4時 始値 1.1808 高値 1.1824 安値 1.1770 ニューヨーク外為市場は、ドルが6営業日続伸から一転反落した。 米国債利回りが低下したほか、ドルを一段と買い進める新規材料を探る 動きが見られた。 ドルは2月半ば以降、7%近く急伸していた。 TD証券のシニアFXストラテジストは「ドル再上昇を下支えする 新たな材料が必要かもしれない」と指摘した。 終盤の取引で、ドル指数は0.1%安の93.605

NY市場サマリー(21日)

<為替> ドルが上昇し、主要通貨バスケットに対し5カ月ぶり高値を付けた。貿易 摩擦の悪化が懸念されていた米国と中国が関税措置を「保留」することで合意したとのニ ュースを受け、ドルショートを巻き戻す動きが膨らんだ。 主要6通貨に対するドル指数は一時94を上抜け、5カ月ぶり高値をつけた。 終盤の取引で0.1%上昇の93.681。 ドル/円は一時111.39円と、4カ月ぶり高値を更新。その後は0.3% 高の111.10円近辺を推移した。円はこのところ、低調な経済指標のほか、米中貿易 摩擦の高まりや米債利回りの上昇などに圧迫されていたとアナリストは指摘する。 ユーロ/ドルは横ばいの1.1775ドル。イタリア政情を巡る懸念から、 ユーロは一時昨年11月中旬以来の水準近辺に下落する場面もあった。 NY外為市場: <債券> はおおむね安定的に推移した。前週は10年債利回りが約7年ぶりの水準 まで上昇したが、市場ではこうした売りは過剰なものだったのか模索する動きが出ている 。 米財務省は今週は

UPDATE 1-NY外為市場=ドル5カ月ぶり高値、米中貿易摩擦緩和で

ドル/円 NY終値 111.04/111.07 始値 111.33 高値 111.36 安値 110.96 ユーロ/ドル NY終値 1.1790/1.1793 始値 1.1751 高値 1.1795 安値 1.1744 ニューヨーク外為市場はドルが上昇し、主要通貨バスケットに対し5カ月ぶり高値を 付けた。貿易摩擦の悪化が懸念されていた米国と中国が関税措置を「保留」することで合 意したとのニュースを受け、ドルショー

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(21日)

円 111.04/111.07 ユーロ 1.1790/1.1793 スイスフラン 0.9970/0.9975 英ポンド 1.3428/1.3433 カナダドル 1.2785/1.2789 オーストラリアドル 0.7581/0.7583 ニュージーランドドル 0.6944/0.6949 メキシコペソ 19.8180/19.8200 デンマーククローネ 6.3145/6.3155 ノルウェークローネ 8.0481/8.0531 スウェーデンクローナ 8.6716/8.6746 シンガポールドル 1.3396/1.3403 香港ドル 7.8486/7.8489 インドルピー 68.1100/68.1200 (ロイターデータに基づいています)

NY外為市場=ドル5カ月ぶり高値、米中貿易摩擦緩和で

ドル/円 NY午後4 111.02/111.05 時 始値 111.33 高値 111.36 安値 111.00 ユーロ/ドル NY 1.1785/1.1787 午後4時 始値 1.1751 高値 1.1789 安値 1.1744 ニューヨーク外為市場はドルが上昇し、主要通貨バスケットに対し5カ月ぶり高値を 付けた。貿易摩擦の悪化が懸念されていた米国と中国が関税措置を「保留」することで合 意したとのニュースを受け、ドルショートを巻き戻す動きが膨らんだ。 前週ワシントンで開かれた米中通商協議は、中国が米国の製品やサー

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが一時急伸、イタリア政治を巡る不透明な状況を嫌気しユーロが弱含 んだ。 ドル指数は週間で1.2%値上がりし、5営業日連続で上昇した。2月半ば以降では 5%上がった。インフレ抑制に向け、追加米利上げを予想する声が広がっている。 スコシア銀行(トロント)の首席外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「 ドル高は引き続き一時的問題とみている。過度のショートポジションのほか、欧州景気の 勢いが鈍化して欧州中央銀行(ECB)が年内に量的緩和を縮小する姿勢を阻害しかねな いとの懸念を映している」と話した。 ユーロは対ドルで5週間連続で下落。これは2015年以来。 終盤の取引で、ユーロはドルに対して5カ月ぶり安値の1.1753ドルに下落した 。週間で約1.2%値下がりした。 一方、ドル指数は3月半ば以来の高値となる93.83まで上昇する場面があ った。 ラボバンク(ロンドン)のFXストラテジスト、ピョートル・マティス氏は「ドル指 数が向こう数週間で、次の重要な節目となる94.219と9

次のページ