エディション:
日本

NYマーケット動向

NY市場サマリー(25日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対しおおむね軟調に推 移、対ユーロで一時3カ月ぶりの安値を付けた。複数回の米利下げ観測が広がり、ドル売 りが進んだ。 イランと米国の緊張激化で円に逃避買いが入り、円は対ドルで1月初め以来の高値水 準を記録する場面もあった。 終盤の取引で、ユーロは対ドルで0.22%安の1.1373ドル。早い時間帯に一 時、1.1412ドルと3月21日以来の高値を付けた。 ドルは対円で0.14%安の107.145円。アジアの取引時間に10 6.78円と1月3日以来の安値に沈む場面もあった。米国がイラン最高指導者、ハメネ イ師らを対象に追加制裁を科し、円需要を下支えした。 ドルは英ポンドに対し0.32%安、対カナダドル、ニュージーラ ンドドルでもやや軟調となった。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場では、10年債利回りが2%近辺で推移した。市場では 米連邦準備理事会(FRB)が予想ほどハト派的でない可能性があるとの見方と、米

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(25日)

円 107.17/107.20 ユーロ 1.1365/1.1369 スイスフラン 0.9752/0.9756 英ポンド 1.2697/1.2701 カナダドル 1.3167/1.3171 オーストラリアド 0.6957/0.6959 ル ニュージーランド 0.6638/0.6642 ドル メキシコペソ 19.2195/19.2325 デンマーククロー 6.5674/6.5684 ネ ノルウェークロー 8.5320/8.5360 ネ スウェーデンクロ 9.2768/9.2798 ーナ シンガポールドル 1.3543/1.3548 香港ドル 7.8101/7.8104 インドルピー 69.3137/69.3537

UPDATE 1-NY外為市場=ドルおおむね軟調、米利下げ観測広がる

ドル/円 NY終値 107.17/107.20 始値 106.97 高値 107.39 安値 106.84 ユーロ/ドル NY終 1.1365/1.1369 値 始値 1.1384 高値 1.1398 安値 1.1345 終盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対しおおむね軟調に推移、対ユー ロで一時3カ月ぶりの安値を付けた。複数回の米利下げ観測が広がり、ドル売りが進んだ 。 イランと米国の緊張激化で円に逃避買いが入り、円は対ドルで1月初め以来の高値水 準を記録する場

NY外為市場=ドルおおむね軟調、米利下げ観測広がる

ドル/円 NY午後4時 107.17/107.21 始値 106.97 高値 107.39 安値 106.84 ユーロ/ドル NY午後 1.1365/1.1369 4時 始値 1.1384 高値 1.1398 安値 1.1345 終盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対しおおむね軟調に推移、対ユー ロで一時3カ月ぶりの安値を付けた。複数回の米利下げ観測が広がり、ドル売りが進んだ 。 イランと米国の緊張激化で円に逃避買いが入り、円は対ドルで1月初め以来の高値水 準を記録する場面もあった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)が年内に複数回の利下げを実施する可能性を 受けドルが下落した。一方、米国とイランとの緊張が高まっていることで、安全資産とし ての円に買いが入った。 米中首脳は今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット )に合わせて会談を実施する。市場では少なくとも貿易戦争が休戦状態に入 るか注目している。 為替ストラテジストのブライアン・ダインジャーフィールド氏はこの日の相場の動き について「前週のFRBのハト派転換と今週のG20の間に挟まれている」とし、「G2 0を控え、市場の明確な方向性を見極めるのは難しい」と述べた。 市場では、米中が通商問題を巡る緊張の高まりを解消できなければ、FRBは関税引 き上げなどの影響から米経済を守るために利下げを実施せざるを得なくなるとの見方が出 ている。 NY外為市場: <債券> 米中首脳会談を控え米国債利回りが低下した。米国とイランとの間の緊張 が高まっていることも安全資産としての米国債の買いが増

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(24日)

円 107.28/107.31 ユーロ 1.1396/1.1400 スイスフラン 0.9718/0.9722 英ポンド 1.2739/1.2742 カナダドル 1.3177/1.3181 オーストラリ 0.6961/0.6963 アドル ニュージーラ 0.6617/0.6621 ンドドル メキシコペソ 19.1925/19.2105 デンマークク 6.5499/6.5509 ローネ ノルウェーク 8.4789/8.4819 ローネ スウェーデン 9.2778/9.2808 クローナ シンガポール 1.3532/1.3538 ドル 香港ドル 7.8099/7.8105 インドルピー 69.2526/69.2926 (リフィニティブデータに基づいています)

UPDATE 1-NY外為市場=米利下げ観測でドル下落、円には安全買い

ドル/円 NY終 107.28/107.31 値 始値 107.29 高値 107.53 安値 107.26 ユーロ/ドル N 1.1396/1.1400 Y終値 始値 1.1389 高値 1.1403 安値 1.1380 ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が年内に 複数回の利下げを実施する可能性を受けドルが下落した。一方、米国と イランとの緊張が高まっていることで、安全資産としての円に買いが入 った。 米中首脳は今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首 脳会議(サミット)に合わせて会談を実施する。市場では 少なくと

NY外為市場=米利下げ観測でドル下落、円には安全買い

ドル/円 NY午後 107.30/107.33 3時 始値 107.29 高値 107.53 安値 107.26 ユーロ/ドル NY 1.1399/1.1403 午後3時 始値 1.1389 高値 1.1403 安値 1.1380 ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が年内に 複数回の利下げを実施する可能性を受けドルが下落した。一方、米国と イランとの緊張が高まっていることで、安全資産としての円に買いが入 った。 米中首脳は今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首 脳会議(サミット)に合わせて会談を実施する。市場では 少な

再送-NY市場サマリー(21日)

<為替> 米国の利下げ期待を背景にドルが3日続落。主要通貨に対して3カ月ぶり の安値を付けたほか、対ユーロでも3カ月ぶりの水準に値下がりした。 米欧の金融政策を巡っては米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)が 今週、緩和策にオープンな姿勢を表明している。コロンビア・トレッドニードル・インベ ストメント(ミネアポリス)のシニア金利・通貨アナリスト、エド・アルフセニ氏は「こ れからFRBとECBの緩和競争が始まる」と予想した。 来週は大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて米中首脳会談 が開かれる。ただ両国の通商問題が決定的に打開する可能性は低いとみられる。 主要6通貨に対するドルは対ユーロで0.67%安の1.1368ドル。一時 3月22日以来の安値を付けた。 主要6通貨に対するドル指数は0.42%安の96.219。一時96.20 4と3月21日以来の安値。 経済指標で6月のマークイット米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が50 .1と約

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(21日)

円 107.30/107.33 ユーロ 1.1366/1.1370 スイスフラン 0.9762/0.9766 英ポンド 1.2740/1.2744 カナダドル 1.3221/1.3225 オーストラリ 0.6923/0.6925 アドル ニュージーラ 0.6587/0.6591 ンドドル メキシコペソ 19.1191/19.1341 デンマークク 6.5680/6.5681 ローネ ノルウェーク 8.4950/8.4990 ローネ スウェーデン 9.3509/9.3539 クローナ シンガポール 1.3549/1.3555 ドル 香港ドル 7.8139/7.8149 インドルピー 69.6100/69.6200 (リフィニティブデータに基づいています)

次のページ