エディション:
日本

NYマーケット動向

NY市場サマリー(14日)ダウ下落、ドル反発 米債利回り上昇

<為替> ドルが4日ぶりに反発。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め に向けた動きが注目される中、今週見られたドル売り圧力が和らいだ。また、金融市場で のリスク選好度低下に伴い、高リスク通貨を売る動きも広がった。 主要6通貨に対するドル指数は0.3%高の95.157。しかし、週足では 約0.6%下落し、昨年9月初旬以来の大幅な下げを記録した。 14日発表された昨年12月の小売売上高(季節調整済み)は前月比1.9%減少し た。11月の0.2%増からマイナスに転じ、10カ月ぶりの大幅な落ち込みとなった。 ドルは対円では上昇できず、終盤の取引で0.02%安の114.15円 と、約3週間ぶりの安値を付けた。円は最近のリスク選好度低下の恩恵を受けているほか 、日銀が、物価目標が2%に達する前に利上げの可能性を巡り議論している可能性がある という報道が材料視された。 リスク動向を反映しやすい豪ドルは対米ドルで0.99%下落した。 英ポンドも対ドルで0.22%安。2020年のロックダウン(都市封鎖)

NY外為市場=ドル4日ぶり反発、売り圧力緩和 週間では9月以来の大幅安

ニューヨーク外為市場で は、ドルが4日ぶりに反発。米連邦準備理事会(FRB)による金融引 き締めに向けた動きが注目される中、今週見られたドル売り圧力が和ら いだ。また、金融市場でのリスク選好度低下に伴い、高リスク通貨を売 る動きも広がった。 主要6通貨に対するドル指数は0.3%高の95.157。 しかし、週足では約0.6%下落し、昨年9月初旬以来の大幅な下げを 記録した。 スコシアバンクの為替ストラテジストはノートで、今週のドルの動 向について、「投資家は、ドル上昇がピークに達し、FRBの引き締め が織り込まれる中、将来的にはユーロなどがより高いリターンを提供す ると見込んでいるようだ」と指摘した。 14日発表された昨年12月の小売売上高(季節調整済み)は前月 比1.9%減少した。11月の0.2%増からマイナスに転じ、10カ 月ぶりの大幅な落ち込みとなった。 ドルは対円では上昇できず、終盤の取引で0.02%安 の114.15円と、約3週間ぶりの安値を付けた。円は最近のリスク 選好度低下の恩恵を受けているほか

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

円 114.20/114.23 ユーロ 1.1414/1.1418 スイスフラン 0.9139/0.9142 英ポンド 1.3673/1.3677 カナダドル 1.2553/1.2557 オーストラリアド 0.7206/0.7208 ル ニュージーランド 0.6797/0.6801 ドル メキシコペソ 20.2900/20.3190 デンマーククロー 6.5186/6.5196 ネ ノルウェークロー 8.7365/8.7861 ネ スウェーデンクロ 9.0158/9.0375 ーナ シンガポールドル 1.3472/1.3477 香港ドル 7.7848/7.7849 インドルピー 74.

UPDATE 1-NY市場サマリー(13日)株式反落、ドル指数2カ月ぶり安値

<為替> ドル指数が2カ月ぶり安値を付けた。前日発表された昨年12月の米消費 者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を超えず、米連邦準備理事会(FRB)の金融 政策正常化を巡り新たな手掛かりを示さなかったことが引き続き材料視された。 主要6通貨に対するドル指数は0.2%安の94.791と、昨年11月10 日以来の安値に沈んだ。週初からは約1%下落している。 英ポンドは対ドルで0.11%高の1.372ドルと、昨年10月終盤以来 の高値を付けた。英経済が新型コロナ感染者急増の影響を切り抜け、イングランド銀行( 英中央銀行)が早ければ来月にも追加利上げに踏み切るという観測が追い風となっている 。 リスク動向を反映しやすい豪ドルは対米ドルで0.07%高の0.7289 米ドルと、11月半ば以来の高値を更新。カナダドルも対米ドルで3日続伸した。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.71%安の4万2743.0 1ドル。 NY外為市場:

UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、ポジション調整やテクニカルな売りで

ニューヨーク外為市場で は、ドル指数が2カ月ぶり安値を付けた。前日発表された昨年12月の 米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を超えず、米連邦準備 理事会(FRB)の金融政策正常化を巡り新たな手掛かりを示さなかっ たことが引き続き材料視された。 主要6通貨に対するドル指数は0.2%安の94.791と 、昨年11月10日以来の安値に沈んだ。週初からは約1%下落してい る。 TDセキュリティーズのシニアFXストラテジスト、メーゼン・イ ッサ氏は「今年に入り、ドルのポジションはロングに偏っている」と指 摘。「前日発表されたインフレ指標、および(11日の)パウエルFR B議長の発言からは実質的に新たな材料は示されなかった」と述べた。 12日に発表された12月のCPI(季節調整済み)は前年同月 比7.0%上昇と、11月の6.8%上昇から加速し、1982年6月 以来39年6カ月ぶりの高い伸びとなった。ただ上昇率はロイターがま とめたエコノミストと一致した。 パウエルFRB議

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(13日)

円 114.17/114.20 ユーロ 1.1453/1.1456 スイスフラン 0.9108/0.9113 英ポンド 1.3705/1.3708 カナダドル 1.2520/1.2522 オーストラリアドル 0.7284/0.7286 ニュージーランドドル 0.6860/0.6864 メキシコペソ 20.3330/20.3590 デンマーククローネ 6.4958/6.4964 ノルウェークローネ 8.7143/8.7222 スウェーデンクローナ 8.9335/8.9410 シンガポールドル 1.3458/1.3463 香港ドル 7.7869/7.7872 インドルピー 73.9555/73

NY市場サマリー(13日)株式反落、ドル指数2カ月ぶり安値

<為替> ドル指数が2カ月ぶり安値を付けた。前日発表された昨年12月の米消費 者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を超えず、米連邦準備理事会(FRB)の金融 政策正常化を巡り新たな手掛かりを示さなかったことが引き続き材料視された。 主要6通貨に対するドル指数は0.2%安の94.791と、昨年11月10 日以来の安値に沈んだ。週初からは約1%下落している。 英ポンドは対ドルで0.11%高の1.372ドルと、昨年10月終盤以来 の高値を付けた。英経済が新型コロナ感染者急増の影響を切り抜け、イングランド銀行( 英中央銀行)が早ければ来月にも追加利上げに踏み切るという観測が追い風となっている 。 リスク動向を反映しやすい豪ドルは対米ドルで0.07%高の0.7289 米ドルと、11月半ば以来の高値を更新。カナダドルも対米ドルで3日続伸した。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.71%安の4万2743.0 1ドル。 NY外為市場: <債券> 米債利回りが狭いレンジ内で低下した

NY外為市場=ドル下落、ポジション調整やテクニカルな売りで

ニューヨーク外為市場で は、ドル指数が2カ月ぶり安値を付けた。前日発表された昨年12月の 米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を超えず、米連邦準備 理事会(FRB)の金融政策正常化を巡り新たな手掛かりを示さなかっ たことが引き続き材料視された。 主要6通貨に対するドル指数は0.2%安の94.791と 、昨年11月10日以来の安値に沈んだ。週初からは約1%下落してい る。 TDセキュリティーズのシニアFXストラテジスト、メーゼン・イ ッサ氏は「今年に入り、ドルのポジションはロングに偏っている」と指 摘。「前日発表されたインフレ指標、および(11日の)パウエルFR B議長の発言からは実質的に新たな材料は示されなかった」と述べた。 12日に発表された12月のCPI(季節調整済み)は前年同月 比7.0%上昇と、11月の6.8%上昇から加速し、1982年6月 以来39年6カ月ぶりの高い伸びとなった。ただ上昇率はロイターがま とめたエコノミストと一致した。 パウエルFRB議長は11日、上院銀行委員会で開か

UPDATE 1-NY市場サマリー(12日)株式続伸、ドル下落

<為替> ドル指数が約2カ月ぶり安値を付けた。昨年12月の米消費者物価指数( CPI)の上昇率が市場予想を超えず、連邦準備理事会(FRB)の金融政策正常化に向 けた動きを加速させるものでなかったことがドルの重しになった。 主要6通貨に対するドル指数は0.7%安の94.944。一時は94.90 3と、昨年11月11日以来の低水準を付けた。 労働省が朝方発表した12月のCPI(季節調整済み)は前年同月比7.0%上昇 と、11月の6.8%上昇から加速し、1982年6月以来39年6カ月ぶりの高い伸び となった。ただ上昇率はロイターがまとめたエコノミストと一致した。 リスク動向を反映しやすい豪ドルは対米ドルで1.04%上昇し、1週間ぶ り高値を更新。カナダドルも対米ドルで上昇し、約2カ月ぶり高値を付けた。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.3%高の4万3717.08 ドル。10日に5カ月ぶり安値を付けたが、回復が続いている。 NY外為市

UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、米CPI予想超えて上昇せず

ニューヨーク外為市場で は、ドル指数が約2カ月ぶり安値を付けた。昨年12月の米消費者物価 指数(CPI)の上昇率が市場予想を超えず、連邦準備理事会(FRB )の金融政策正常化に向けた動きを加速させるものでなかったことがド ルの重しになった。 主要6通貨に対するドル指数は0.7%安の94.944。 一時は94.903と、昨年11月11日以来の低水準を付けた。 労働省が朝方発表した12月のCPI(季節調整済み)は前年同 月比7.0%上昇と、11月の6.8%上昇から加速し、1982年6 月以来39年6カ月ぶりの高い伸びとなった。ただ上昇率はロイターが まとめたエコノミストと一致した。 ウエスタン・ユニオン・ビジネスソリューションズのシニア市場ア ナリスト、ジョー・マニンボ氏は「米経済は3月の利上げ着手に用意が できているように見える」と指摘。ただ「FRBが今年は極めてタカ派 化するとの見方がすでに織り込まれていることがドルに対する問題にな っている」とし、「今回のCPI統計はかなり過

次のページ