エディション:
日本

NYマーケット動向

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(15日)

円 110.39/110.42 ユーロ 1.1297/1.1301 スイスフラン 1.0047/1.0051 英ポンド 1.2890/1.2894 カナダドル 1.3245/1.3250 オーストラリ 0.7142/0.7143 アドル ニュージーラ 0.6865/0.6866 ンドドル メキシコペソ 19.2530/19.2590 デンマークク 6.6038/6.6046 ローネ ノルウェーク 8.6298/8.6328 ローネ スウェーデン 9.2675/9.2705 クローナ シンガポール 1.3559/1.3564 ドル 香港ドル 7.8478/7.8481 インドルピー 71.3300/71.3500 (リフィニティブデータに基づいています)

再送-NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが値下がりした。サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内 の利上げは不要との考えを示唆し、ハト派的な発言と受け止められた。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は約0.1%安の96.901。 ユーロは対ドルで0.05%高の1.129ドル。 デイリー総裁は経済成長の減速に加え、インフレが抑制されていることを踏まえると 、米連邦準備理事会(FRB)は年内に利上げを実施する必要はないとの考えを、米紙ウ ォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで示した。 経済成長率が2%、インフレ率が1.9%という自身の予想通りに経済が推移すれば 、物価圧力が上向き、成長が加速すると予想することはできないとの考えを示し、そうな った場合「(今年の)利上げの論拠はないと考える」と述べた。 今週発表された指標は、米小売売上高など弱い内容が相次いだ。 ウエストパックのストラテジストは「デイリー総裁のハト派的な発言は他のFRB当 局者より踏み込んだ内容と受け止

NY外為市場=ドル下落、FRB当局者のハト派発言受け

ドル/円 NY終 110.48/110.51 値 始値 110.40 高値 110.64 安値 110.39 ユーロ/ドル N 1.1293/1.1297 Y終値 始値 1.1272 高値 1.1308 安値 1.1235 ニューヨーク外為市場でドルが値下がりした。サンフランシスコ地 区連銀のデイリー総裁が、年内の利上げは不要との考えを示唆し、ハト 派的な発言と受け止められた。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は約0.1%安の9 6.901。 ユーロは対ドルで0.05%高の1.129ドル。 デイリー総裁は経済成長の減速に加え、インフレが抑制されている こ

UPDATE 2-NY市場サマリー(14日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。昨年12月の米小売売上 高が約9年ぶりの大幅なマイナスとなり、年末の景気急減速を示唆した。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.14%安の96.997。 ユーロは対ドルで0.29%高の1.13ドル。 BNPパリバの北米外為戦略部門トップ、ダニエル・カツィーブ氏は「小売売上高統 計が予想よりかなり弱かったと判明するまで、ドルは底堅く推移していた」と指摘。景気 の勢いが想定より弱いことが指標でうかがえ、ドルを押し下げたとみる。 昨年第4・四半期のドイツGDP速報値は、前期比の伸び率がゼロ%と、市場予想( 0.1%増)や、ユーロ圏GDP改定値(0.2%増)を下回った。これを受け、ユーロ は一時3カ月ぶりの安値を付ける場面があった。 ただ、米中通商協議の進展期待が下落の勢いを和らげた。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが低下した。朝方発表された昨年12月の米小売売上高が約9

UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、小売売上高受け景気減速観測広がる

ドル/円 NY終値 110.47/110.49 始値 111.05 高値 111.06 安値 110.47 ユーロ/ドル NY終値 1.1299/1.1304 始値 1.1268 高値 1.1310 安値 1.1262 終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。昨年12月の米小 売売上高が約9年ぶりの大幅なマイナスとなり、年末の景気急減速を示 唆した。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.14%安の9 6.997。 ユーロは対ド

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

円 110.47/110.49 ユーロ 1.1299/1.1304 スイスフラン 1.0047/1.0052 英ポンド 1.2811/1.2815 カナダドル 1.3293/1.3297 オーストラリアド 0.7105/0.7106 ル ニュージーランド 0.6835/0.6839 ドル メキシコペソ 19.2560/19.2710 デンマーククロー 6.6038/6.6048 ネ ノルウェークロー 8.6481/8.6486 ネ スウェーデンクロ 9.2899/9.2929 ーナ シンガポールドル 1.3578/1.3583 香港ドル 7.8471/7.8474 インドルピー

NY市場サマリー(14日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。昨年12月の米小売売上 高が約9年ぶりの大幅なマイナスとなり、年末の景気急減速を示唆した。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.14%安の96.997。 ユーロは対ドルで0.29%高の1.13ドル。 BNPパリバの北米外為戦略部門トップ、ダニエル・カツィーブ氏は「小売売上高統 計が予想よりかなり弱かったと判明するまで、ドルは底堅く推移していた」と指摘。景気 の勢いが想定より弱いことが指標でうかがえ、ドルを押し下げたとみる。 昨年第4・四半期のドイツGDP速報値は、前期比の伸び率がゼロ%と、市場予想( 0.1%増)や、ユーロ圏GDP改定値(0.2%増)を下回った。これを受け、ユーロ は一時3カ月ぶりの安値を付ける場面があった。 ただ、米中通商協議の進展期待が下落の勢いを和らげた。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが低下した。朝方発表された昨年12月の米小売売上高が約9 年ぶりの大幅な減少となったことで

NY外為市場=ドル下落、小売売上高受け景気減速観測広がる

ドル/円 NY午 110.51/110.52 後4時 始値 111.05 高値 111.06 安値 110.47 ユーロ/ドル N 1.1290/1.1293 Y午後4時 始値 1.1268 高値 1.1310 安値 1.1262 終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。昨年12月の米小 売売上高が約9年ぶりの大幅なマイナスとなり、年末の景気急減速を示 唆した。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.14%安の9 6.997。 ユーロは対ドルで0.29%高の1.13ドル。 12月小売売上高は前月比1.2%減と、景気後退から抜け出し始 めた2009年9月以来の大幅

UPDATE 1-NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルが上昇。注目されていた1月の消費者物価指数(CPI)は、総合指 数の伸びが前月比で横ばいとなる一方、食品・エネルギーを除くコア指数は5カ月連続で 0.2%の伸びを維持した。これを受け米連邦準備理事会(FRB)は利上げを継続する との見方が広がった。 ただ先行き不透明感は依然として根強く「投資家はドル相場の行方に確証が持てない でいる」(TD証券)という。主要6通貨に対するドル指数は0.42%高の97 .120。ドルは対ユーロで約0.5%高の1.127ドル。 こうした中、ニュージーランドドルやスウェーデンクローナが上昇。ニュージーラン ド中銀は全般的に中立的な姿勢を表明したほか、スウェーデン中銀も今年後半の利上げを 目指す方針を維持した。 ニュージーランドドルは約1%高の0.680ドル。スウェーデンクローナは 対ユーロで0.47%高、対ドルで0.02%高。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが1週間ぶりの高水準を付けたほか、長短

UPDATE 1-NY外為市場=ドル上昇、コアCPIの伸び材料視 不透明感根強く

ドル/円 NY終値 110.99/111.02 始値 110.61 高値 111.05 安値 110.63 ユーロ/ドル NY終値 1.1265/1.1270 始値 1.1328 高値 1.1330 安値 1.1260 ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。注目されていた1月の消費 者物価指数(CPI)は、総合指数の伸びが前月比で横ばいとなる一方 、食品・エネルギーを除くコア指数は5カ月連続で0.2%の伸びを維 持した。これを受け米連邦準備理事会(FRB