エディション:
日本

NYマーケット動向

NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが対主要6通貨バスケットで上昇した。米議会共和党の税制改革法案 取りまとめ作業が大詰めを迎え、年内通過への期待が高まった。ドル指数は0.4 9%高の93.944。 税制改革が実現すれば、国内成長を押し上げ、利上げ回数の増加やドル高につながる 可能性を予想する向きも多い。 年末休暇シーズンを控え投資家らが取引を手仕舞うなか、税制改革法案が年内最後の ビッグイベントとみられている。 取引高が縮小する前に資金を確保しようと各金融機関が動く中、他行から短期のドル 資金を借りる際のコストが2012年以来の水準に急上昇した。 「クロスカレンシー・ベーシス・スワップ」のユーロ/ドル3カ月物<EURCBS3M=ICAP >は100ベーシスポイント(bp)と、月初めのマイナス52bp程度から拡大した。 NY外為市場: <債券> 国債の長短利回り格差が10年来の水準に縮小。市場では、連邦準備理事 会(FRB)が短期金利の引き上げを継続するなかでも、長期インフレは落

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(15日)

円 112.57/112.60 ユーロ 1.1752/1.1756 スイスフラン 0.9903/0.9907 英ポンド 1.3319/1.3324 カナダドル 1.2860/1.2864 オーストラリアドル 0.7644/0.7646 ニュージーランドドル 0.6989/0.6991 メキシコペソ 19.1265/19.1365 デンマーククローネ 6.3330/6.3343 ノルウェークローネ 8.3785/8.3835 スウェーデンクローナ 8.5046/8.5076 シンガポールドル 1.3482/1.3487 香港ドル 7.8109/7.8111 インドルピー 64.0700/64.0900 (ロイターデータに基づいています)

NY外為市場=ドル指数上昇、年末期控え商い低調

ドル/円 NY終値 112.57/112.60 始値 112.19 高値 112.74 安値 112.15 ユーロ/ドル NY終値 1.1752/1.1756 始値 1.1797 高値 1.1809 安値 1.1751 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対主要6通貨バスケットで上昇した。米議 会共和党の税制改革法案取りまとめ作業が大詰めを迎え、年内通過への期待が高まった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(14日)

<為替> ニューヨーク外為市場では当初上昇していたドルの上げ幅が縮小した。共 和党議員2人が税制改革法案を支持するには変更が必要との見解を示し、同法案成立に対 する疑念が出たことが背景。 市場では税制改革が実現すれば景気が刺激され成長が後押しされるとの見方が大勢と なっている。こうしたなか、マイク・リー上院議員が税制改革法案を支持するかはまだ決 めていないとし、子育て世代の所得控除を巡る部分の変更を求めているほか、マルコ・ル ビオ上院議員も子育て世代の所得控除の増額を要求していることが分かった。 ラフィキ・キャピタル・マネジメント(ニューヨーク)の調査・戦略部門責任者、ス ティーブン・イングランダー氏は「市場では税制改革の実現が望まれている」としている 。 議会上院では100議席のうち共和党が52議席を保有。現時点では民主党議員は誰 も支持しないとみられている。イングランダー氏は「税制改革法案が可決する公算は大き いが、共和党が保有する議席数には余裕がないため、万が一の事態に何が起こるか

UPDATE 1-NY外為市場=ドル上げ幅縮小、税制改革法案の成立に疑念

ドル/円 NY終値 112.38/112.40 始値 112.65 高値 112.83 安値 112.07 ユーロ/ドル NY終値 1.1777/1.1779 始値 1.1824 高値 1.1862 安値 1.1771 ニューヨーク外為市場では当初上昇していたドルの上げ幅が縮小した。共和党議員2 人が税制改革法案を支持するには変更が必要との見解を示し、同法案成立に対する疑念が 出たことが背景。 市場では税制改革が実現すれば景気が刺激され成長が後押しされるとの見

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

円 112.38/112.40 ユーロ 1.1777/1.1779 スイスフラン 0.9890/0.9894 英ポンド 1.3430/1.3433 カナダドル 1.2794/1.2798 オーストラリアド 0.7665/0.7667 ル ニュージーランド 0.6981/0.6985 ドル メキシコペソ 19.1485/19.1585 デンマーククロー 6.3203/6.3219 ネ ノルウェークロー 8.2991/8.3031 ネ スウェーデンクロ 8.4374/8.4404 ーナ シンガポールドル 1.3455/1.3460 香港ドル 7.8074/7.8079 インドルピー 64.3300/64.3500

NY市場サマリー(14日)

<為替> ニューヨーク外為市場では当初上昇していたドルの上げ幅が縮小した。共 和党議員2人が税制改革法案を支持するには変更が必要との見解を示し、同法案成立に対 する疑念が出たことが背景。 市場では税制改革が実現すれば景気が刺激され成長が後押しされるとの見方が大勢と なっている。こうしたなか、マイク・リー上院議員が税制改革法案を支持するかはまだ決 めていないとし、子育て世代の所得控除を巡る部分の変更を求めているほか、マルコ・ル ビオ上院議員も子育て世代の所得控除の増額を要求していることが分かった。 ラフィキ・キャピタル・マネジメント(ニューヨーク)の調査・戦略部門責任者、ス ティーブン・イングランダー氏は「市場では税制改革の実現が望まれている」としている 。 議会上院では100議席のうち共和党が52議席を保有。現時点では民主党議員は誰 も支持しないとみられている。イングランダー氏は「税制改革法案が可決する公算は大き いが、共和党が保有する議席数には余裕がないため、万が一の事態に何が起こるかは分か らない」としている

NY外為市場=ドル上げ幅縮小、税制改革法案の成立に疑念

ドル/円 NY午後4時 112.23/112.26 始値 112.65 高値 112.83 安値 112.07 ユーロ/ドル NY終値 1.1786/1.1790 始値 1.1824 高値 1.1862 安値 1.1771 ニューヨーク外為市場では当初上昇していたドルの上げ幅が縮小した。共和党議員2 人が税制改革法案を支持するには変更が必要との見解を示し、同法案成立に対する疑念が 出

UPDATE 2-NY市場サマリー(13日)

<為替> 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表後にドルが下げ幅を拡大し た。連邦準備理事会(FRB)は13日までのFOMCで大方の予想通り政策金利を引き 上げ、来年は3回利上げするとの想定を維持した。 終盤の主要6通貨に対するドル指数は0.44%安の93.683で、一時7 日以来の安値の93.596まで下落した。 ドルは朝方から既に軟調だった。11月米消費者物価指数(CPI)の変動の大きい 食品・エネルギーを除くコアの前年比上昇率が1.7%と、10月の1.8%から鈍化し 、来年の利上げ回数が減るとの見方が浮上したためだ。 クレディ・アグリコルの外為ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「焦点は コアCPIにあり、それが市場予想を下回った。FRB(の利上げ)は来年かなり緩やか になるというわれわれの考えも裏付けられている」と指摘した。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが低下。朝方発表された11月の米コアCPIの伸びが鈍化し たことを受