エディション:
日本

外国為替

欧州市場サマリー(24日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。世界的 な株価下落の流れを継ぎ、エネルギー株を中心に売りが広がったほか、超過利益への課税 に関する報道を受けて公益事業株も急落した。 石油大手のシェル、BPはそれぞれ0.9%、1.2%下落。中型株 で構成するFTSE250種指数は1.47%安で引けた。 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、英政府が発電事業者の100億ポンド( 124億8000万ドル)を超える超過利益に対して課税を計画していると伝えた。これ を受けて英電力・ガス大手セントリカ、エネルギー供給会社SSE、発電 会社のドラックスが7.2─13.8%下落。FTSE350種公益事業株指数< .FTNMX651020>は0.56%下げた。 ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、スザンナ・ストリー ター氏は「もしこれが導入された場合、そのような課税が収益にどの程度の打撃を与える のかを見極めるため、計画の詳細を待つ必要がある」との認識を示した。 郵便事業のロイヤルメールは5.5%安。現

暗号資産、金融安定リスクの恐れ=ECB報告

欧州中央銀行(ECB)は24日公表した金融安定報告で、暗号資産(仮想通貨)が過去2年の急成長を維持して金融機関が関与を強めた場合、金融安定にリスクをもたらす恐れがあると指摘した。

東京マーケット・サマリー・最終(24日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 127.28/30 1.0729/33 136.56/60 NY午後5時 127.87/90 1.0689/93 136.70/74 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高 の127円前半。時間外取引で米長期金利が小幅に低下したことに伴い、ドルも軟調に 推移した。次の

東京外為市場・15時=ドル127円半ばで軟調、米金利低下で 市場は次の材料待ち

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 127.60/62 1.0666/70 136.13/17  午前9時現在 127.81/83 1.0682/86 136.55/59  NY午後5時 127.87/90 1.0689/93 136.70/74 午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(127.87/90円)に比 べてドル安/円高の127.60/62円で推移している。時間外取引で米長期金利が小 幅に低下したことに伴い、ドルも軟調に推移した。市場では、次の手掛かり材料待ちで、 ドル/円は方向感を探る展開が続くとの見方も出ていた。 米長期金利が一時的に上昇したことを受け、ドルは朝方128.08円まで上昇した ものの、買いの勢いは継続しなかった。その後は米長期金利の低下につられドル売り/円 買いが進行し、127.54円まで下落した。 足元のドル/円の上値が重い背景としては、米長期金利の上昇が鈍化していることが あるとい

上海外為市場=元軟調、景気減速を警戒

上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで軟調。投資家は引き続き国内の新型コロナウイルス感染状況を注視している。投資銀行の間では、中国経済の成長率予想を下方修正する動きが相次いでいる。