エディション:
日本

外国為替

NY市場サマリー(9日)ドル小幅高、ダウとS&P最高値

<為替> ドル指数が小幅高。米中の物価統計が予想を上回る中、米国債利回りの上 昇につられる格好となった。 ドルは通貨バスケットに対し0.1%高の92.163。一方、週間では0. 9%安と、年初来の大幅な下げとなった。 マネックス・ヨーロッパの通貨アナリスト、サイモン・ハーベイ氏は、「米中の物価 統計で米国債利回りが上昇したことから、この日は全般的にドル値固めの動きが見られた 」と述べた。 3月の米卸売物価指数(PPI)は前年同月比4.2%上昇し、2011年9月以来 、9年半ぶりの高い伸びを記録。また中国の3月生産者物価指数(PPI)も前年比4. 4%上昇し、約3年ぶりの高い伸びとなった。 Axiの国際市場チーフストラテジスト、スティーブン・イネス氏は、「米連邦準備 理事会(FRB)の辛抱強いレトリックが変わらない限り、ドル売りが再開する可能性は 高い」と予想した。 豪ドルは一時0.9%安。その後は下げ渋った。MUFGのアナリ ストは、マクロ要因は特に見当たらないものの、オーストラリア準備銀行(中央銀

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(4月6日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機 )部門の取組は以下の通り。 円 4月6日終了週 前週 コード  ロング 26,794 24,724  ショート 84,783 84,205  ネット -57,989 -59,481 ユーロ 4月6日終了週 前週 コード  ロング 192,230 194,763  ショート 124,

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(9日)

円 109.65/109.68 ユーロ 1.1896/1.1900 スイスフラン 0.9248/0.9252 英ポンド 1.3708/1.3711 カナダドル 1.2527/1.2531 オーストラリ 0.7621/0.7623 アドル ニュージーラ 0.7029/0.7033 ンドドル メキシコペソ 20.1460/20.1790 デンマークク 6.2490/6.2502 ローネ ノルウェーク 8.4871/8.4911 ローネ スウェーデン 8.5376/8.5407 クローナ シンガポール 1.3413/1.3416 ドル 香港ドル 7.7779/7.7780 インドルピー 74.7220/74.7470 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドル小幅高、米中の底堅い物価統計で利回り上昇

ドル/円 NY終 109.65/109.68 値 始値 109.69 高値 109.95 安値 109.57 ユーロ/ドル N 1.1896/1.1900 Y終値 始値 1.1883 高値 1.1909 安値 1.1868 ニューヨーク外為市場では、ドル指数が小幅高。米中の物価統計が 予想を上回る中、米国債利回りの上昇につられる格好となった。 ドルは通貨バスケットに対し0.1%高の92.163。一 方、週間では0.9%安と、年初来の大幅な下げとなった。 マネックス・ヨーロッパの通貨アナリスト、サイモン・ハーベイ氏 は、「米中の物価統計で米国債利回りが上昇したことから、この

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。一次産品 の値下がりに伴い比重の大きい鉱業株が売られた。ただ英経済の回復に対する期待から週 間ベースでは1月以来の大幅な伸びとなった。 FTSE350種旅行・娯楽関連株指数は1.26%下落し、鉱業株 に続く大幅な値下がりとなった。個別銘柄では格安航空会社を傘下に持つJet2(ジェ ット・ツー)が5.3%安だった。Jet2は、政府がこの日公表した国外旅行 に関する指針が曖昧であるとし、6月末まで旅行をキャンセルすると述べた。各航空会社 からは政府の指針に対する批判的な声が上がっている。 一般消費財株は買われ、全体の値下がりを抑制した。小売りのJDスポーツ・ファッ ションは5.1%高だった。ベレンバーグが目標株価を引き上げたことが好感され た。 中型株では英人材企業ページ・グループが10.9%高だった。2021年 の利益が増えるとの見通しが好感された。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 小幅に続伸して取引を終えた。週間ベースでは6週連続でプラス と

東京マーケット・サマリー・最終(9日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 109.49/51 1.1897/01 130.27/31 NY午後5時 109.24/27 1.1912/15 130.18/22 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の1 09円半ば。前日からの米長期金利の低下が午後に入って一服したことで、ドルは小幅に持 ち直した。今週の外為市場では、円とユーロが共に買い戻され、ドルと英ポンドが売られる という異例の展開となった。  レポート全文: <株式市場>