エディション:
日本

外国為替

NY市場サマリー(11日)ドル上昇、米国株は小幅続伸

<為替> ドルが対ユーロやポンドで上昇。ユーロ圏や英国の金利が当面低水準にと どまることが見込まれる中、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる。 主要通貨に対するドル指数は0.57%高の90.5810。週間の伸びとし ては5月初旬以来の高さを記録。 ユーロ/ドルは0.63%安の1.2099ドル。週足では4月末以来の 大幅な下げとなる見通し。 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は11日、ユ ーロ圏各国政府の積極的な財政出動でインフレがようやく上向いたとしながらも、金融政 策の対応余力が限られる中、各国が今後数年、積極的な財政出動を続けられるよう新たな 財政規律が必要と指摘した。 10日のECB理事会では、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模を 予想通りに現行水準に維持することを決定。景気判断を強める一方、現時点で縮小すれば 借り入れコストの上昇につながり、景気回復が頓挫する恐れがあると判断した。[nL3N2NS 3IX] ケンブリッジ・グローバ

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(11日)

円 109.65/109.68 ユーロ 1.2106/1.2110 スイスフラン 0.8979/0.8983 英ポンド 1.4106/1.4109 カナダドル 1.2155/1.2159 オーストラリアドル 0.7706/0.7708 ニュージーランドドル 0.7125/0.7129 メキシコペソ 19.8775/19.8990 デンマーククローネ 6.1409/6.1419 ノルウェークローネ 8.3368/8.3398 スウェーデンクローナ 8.3140/8.3236 シンガポールドル 1.3256/1.3261 香港ドル 7.7608/7.7612 インドルピー 73.2400/73.2500 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

NY外為市場=ドルが対ユーロやポンドで上昇、来週のFOMCに注目

ニューヨーク外為市場で は、ドルが対ユーロやポンドで上昇。ユーロ圏や英国の金利が当面低水 準にとどまることが見込まれる中、来週の米連邦公開市場委員会(FO MC)に注目が集まる。 主要通貨に対するドル指数は0.57%高の90.5810 。週間の伸びとしては5月初旬以来の高さを記録。 ユーロ/ドルは0.63%安の1.2099ドル。週足 では4月末以来の大幅な下げとなる見通し。 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀 総裁は11日、ユーロ圏各国政府の積極的な財政出動でインフレがよう やく上向いたとしながらも、金融政策の対応余力が限られる中、各国が 今後数年、積極的な財政出動を続けられるよう新たな財政規律が必要と 指摘した。 10日のECB理事会では、パンデミック緊急購入プログラム(P EPP)の規模を予想通りに現行水準に維持することを決定。景気判断 を強める一方、現時点で縮小すれば借り入れコストの上昇につながり、 景気回復が頓挫する恐れがあると判断した。 ケンブリッジ・グローバル・

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(6月8日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投 機)部門の取組は以下の通り。 円 6月8日終了週 前週 コード  ロング 27,248 29,462  ショート 64,562 76,577  ネット -37,314 -47,115 ユーロ 6月8日終了週 前週 コード  ロング 232,103 237,360  ショート 124,890

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。鉱業株 や金融株が買われた。4月の国内総生産(GDP)が過去最高の伸びを記録し、英経済が 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から力強く回復しているとの見方を 後押しした。 FTSE100種は週間ベースでは、0.92%上昇。5月7日に終わった週以来の 大きな伸びだった。 この日は、FTSE350種貴金属指数が 0.85%上昇、鉱業株 指数が1.74%高だった。生命保険株指数は1.28% 上昇した。 資源大手のリオ・ティントとアングロ・アメリカン、BHP 、グレンコアは1.4%から2.9%上昇した。 英国立統計局(ONS)が発表した4月のGDPは、制限措置の緩和を背景に前年同 月比27.6%増と過去の最高の伸びだった。 代替資産と企業サービスを提供するサネ・グループが8.8%上昇。プラ イベートエクイティのシンベンが買収提案を14億2000万ポンド(20億1000万 ドル)に引き上げたことで交渉入りを決めた。 楽観的な通期税引き前利益見通しを発表し

東京マーケット・サマリー・最終(11日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 109.41/43 1.2184/88 133.31/35 NY午後5時 109.31/34 1.2169/73 133.08/12 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109円半 ば。前日の海外市場で、米長期金利の急反落を受けて、ドル買いが急失速した経緯から 、東京市場でもドルを積極的に買い進めない地合いとなった。ユーロは底堅さを保った 。  レポート全文: <株式市場> 終値 前日