エディション:
日本

外国為替

UPDATE 3-米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監視対象

米財務省は16日、貿易相手国の通貨政策を分析した半期為替報告書を公表し、スイスとベトナム、台湾が為替相場を操作した可能性があるとしながらも、「為替操作国」の認定は見送った。中国、日本、韓国など11カ国を通貨政策の「監視対象」に指定した。

NY市場サマリー(16日)ダウ・S&P最高値、利回りやや上昇

<為替> ドルが4週間ぶり安値に下落した。前日の米国債利回り低下の影響が続い たほか、米連邦準備理事会(FRB)が緩和姿勢を継続するという見方が市場で強まった 。 15日の米金融・債券市場では、米小売売上高と新規失業保険申請件数が力強い内容 になったものの、10年債利回りは一時1カ月ぶり水準の1.528%まで 低下。この日は1.5675%に上昇した。 シリコンバレー・バンクのシニア為替トレーダー、ミン・トラン氏は「ちょっとした 軌道修正だ」とし、ドル下落の主な理由として、3月の急伸を受けた利益確定の動きや、 このところの米債利回り低下を挙げた。また、株式などのリスク資産需要でドルの安全資 産需要が低下しているとも述べた。 みずほのシニアエコノミスト、コリン・アッシャー氏は「10年債は来四半期に向け て現水準から大きく動かないだろう。それが今四半期の大部分でドル安が続くという最近 の動きの背景になっている」と述べた。 ドル指数は0.111%下落し、3月18日以来の安値。今週は0.7%値下 がりし、2週連続で

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(16日)

円 108.77/108.80 ユーロ 1.1983/1.1987 スイスフラン 0.9200/0.9203 英ポンド 1.3830/1.3833 カナダドル 1.2504/1.2508 オーストラリア 0.7733/0.7735 ドル ニュージーラン 0.7141/0.7145 ドドル メキシコペソ 19.9150/19.9490 デンマーククロ 6.2057/6.2067 ーネ ノルウェークロ 8.3695/8.3725 ーネ スウェーデンク 8.4277/8.4428 ローナ シンガポールド 1.3342/1.3347 ル 香港ドル 7.7712/7.7715 インドルピー 74.5300/74.5500 (NY時間午後5時時点のリフ

NY外為市場=ドル4週ぶり安値、米債利回り低下基調で

ドル/円 NY終値 108.77/108.80 始値 108.77 高値 108.89 安値 108.74 ユーロ/ドル NY 1.1983/1.1987 終値 始値 1.1988 高値 1.1993 安値 1.1973 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが4週間ぶり安値に下落し た。前日の米国債利回り低下の影響が続いたほか、米連邦準備理事会( FRB)が緩和姿勢を継続するという見方が市場で強まった。 15日の米金融・債券市場では、米小売売上高と新規失業保険申請 件数が力強い内容になったものの、10年債利回りは一時 1カ月ぶり水準の1.528%まで低下。この日は1.5675%に

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(4月13日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投 機)部門の取組は以下の通り。 円 4月13日終了週 前週 コード  ロング 27,682 26,794  ショート 85,994 84,783  ネット -58,312 -57,989 ユーロ 4月13日終了週 前週 コード  ロング 190,640 192,230  ショー

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。新型コ ロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が昨年発生して以来、初めて節目の700 0台を超えた。新型コロナ感染が減っているのを背景に、力強い景気回復への期待が高ま った。 FTSE100種は週間ベースで2週連続のプラスとなった。 FTSE350種貴金属指数と工業用金属指数はこの 日、1.68%、0.71%それぞれ上昇した。経済活動再開が追い風になる銀行株指数 は1.72%上昇した。 英国立統計局(ONS)が公表した最新の感染率は大幅に低下し、昨年9月以来の低 水準となった。素早い経済回復への期待が高まった。 中型株では資産運用会社アッシュモア・グループが3.4%下落した。相場 の乱高下が業績に打撃を与え、第1・四半期の運用資産が31億ドル減ったことが嫌気さ れた。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 続伸し、過去最高値を付けて取引を終えた。米国と中国の好調な 経済指標を受け世界経済が素早く回復するとの期待が高まった。ドイツの自

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監視対象

米財務省は16日、貿易相手国の通貨政策を分析した半期為替報告書を公表し、スイスとベトナムに加え、台湾について、為替相場を操作している可能性がある基準を満たしたとしたものの、「為替操作国」に指定する十分な証拠は得られなかったとした。

東京マーケット・サマリー・最終(16日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 108.88/90 1.1986/90 130.51/55 NY午後5時 108.74/77 1.1965/69 130.15/19 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル高/円安 の108円後半。米長期金利低下を受けて108.61円まで下落したが、下値の 堅さを確 認して確認して買い戻された。この日のドル/円は米長期金利には追従せず、米 国と中国・ ロシアとの緊張関係関係など関心が地政学リスクに向かっていた。  レポート