エディション:
日本

外国為替

UPDATE 1-NY外為市場=ドル軟調、FRBのハト派姿勢消化

ニューヨーク外為市場では 、米連邦準備理事会(FRB)が先週示したハト派的見解の消化が進む 中、ドルがやや下落した。 主要6通貨に対するドル指数は約0.1%安の92.05。 バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジス ト、マーク・チャンドラー氏は「ドルは8月の取引を軟調気味に開始し た」と述べた。 この日発表の米経済指標では、米供給管理協会(ISM)の7月の 製造業景気指数が59.5と、引き続き景気拡大・縮小の節目となる5 0を超えたものの、2カ月連続で鈍化した。 経済成長はピークを付けた可能性があるとの見方が裏付けられ、米 10年債利回りが低下したほか、米株価も上げ幅を縮小した。 ユーロは対ドルで横ばいの1.187ドル。IHSマー クイット発表のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値に はほとんど反応しなかった。改定値は62.8と、過去最高だった6月 の63.4を下回ったものの、速報値の62.6から上方修正された。 英ポンド

NY外為市場=ドル軟調、FRBのハト派姿勢消化

ニューヨーク外為市場では 、米連邦準備理事会(FRB)が先週示したハト派的見解の消化が進む 中、ドルがやや下落した。 主要6通貨に対するドル指数は約0.1%安の92.058 。バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジ スト、マーク・チャンドラー氏は「ドルは8月の取引を軟調気味に開始 した」と述べた。 この日発表の米経済指標では、米供給管理協会(ISM)の7月の 製造業景気指数が59.5と、引き続き景気拡大・縮小の節目となる5 0を超えたものの、2カ月連続で鈍化した。 経済成長はピークを付けた可能性があるとの見方が裏付けられ、米 10年債利回りが低下したほか、米株価も上げ幅を縮小した。 ユーロは対ドルで横ばいの1.1867ドル。IHSマ ークイット発表のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値 にはほとんど反応しなかった。改定値は62.8と、過去最高だった6 月の63.4を下回ったものの、速報値の62.6から上方修正された 。 英ポンドはほぼ横ばいの1.38

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。鉱業株が 買われ全体水準を押し上げた。一連の合併・買収(M&A)により中型株で構成するFT SE250種指数は過去最高値を付けた。 FTSE350種鉱業株指数は1.76%上昇。個別銘柄では英豪系 資源大手のBHPとアントファガスタ、リオ・ティント、アン グロ・アメリカンが1.1%から3.4%値を上げた。 中型株のFTSE250種指数は1.13%上昇し、過去最高値を付けた。 航空部品のメギットは56.7%高だった。 モーション・コントロール・テクノロジー分野で多角経営を行う米パーカー・ハネフ ィンから63億ポンドの買収提案を受けたことが好感された。代替資産と企業サー ビスを提供するサネ・グループは7.6%高だった。金融サービスのアペックス ・グループから20億ドルの買収提案を受けた。 航空部品メーカーのシニアは9.3%高だった。上半期に利益を出したこと と通期の業績見通しを維持したことが好感された。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 反発

世界的な経常収支不均衡、20年は拡大 コロナ禍受け=IMF報告

国際通貨基金(IMF)が2日に公表した年次「対外セクター報告書 (ESR)」によると、2020年は新型コロナウイルス禍を受け、それまで安定的に縮小してきた世界的な経常収支不均衡が拡大に転じた。景気支援策の導入を受けた先進国の赤字急拡大に加え、原油需要の急減などが背景にあるとしている。

UPDATE 1-EXCLUSIVE-物価圧力は22年終盤生じる、利上げはその後=インドネシア中銀総裁

インドネシア中央銀行のペリー・ワルジヨ総裁は2日、ロイターのオンライン・インタビューで、最近の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、インフレ圧力が生じるのは2022年終盤に後ずれするとの見通しを示し、インフレ圧力が生じるまで政策金利は上げられないとの認識を示した。

東京マーケット・サマリー・最終(2日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 109.67/69 1.1880/84 130.30/34 NY午後5時 109.70/73 1.1870/72 130.15/19 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点より小安い109円後半。 きょうは月初の取引だったが、実需のフローは限定的で、新規材料にも乏しく、狭いレンジ でもみ

EXCLUSIVE-物価圧力生じるのは22年終盤、利上げはその後=インドネシア中銀総裁

インドネシア中央銀行のペリー・ワルジヨ総裁は2日、ロイターのオンライン・インタビューで、最近の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、インフレ圧力が生じるのは2022年終盤に後ずれするとの見通しを示し、インフレ圧力が生じるまで政策金利は上げられないとの認識を示した。

東京外為市場・15時=109円後半でもみあい、実需フローも限定的

        ドル/円   ユーロ/ドル<EU R=>  ユーロ/円  午後3時現在 109.67/69 1.1870/74 130.19/23  午前9時現在 109.70/72 1.1864/68 130.16/20  NY午後5時 109.70/73 1.1870/72 130.15/19 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点(109.70/7 3円)に比べて小幅にドル安/円高の109.65円付近で推移している。きょうは月初 の取引だったが、実需のフローは限定的で、新規材料にも乏しく、狭いレンジでもみあっ た。 米10年債利回りは現在、1.22%台で停滞しており、ドルの重しとなっている。 また、今週は米国で重要経済指標の公表を控えており、手控えムードになりやすいとの指 摘があった。 外為どっとコム総研の上席研究員、神田卓也氏は「特に、6日に公表される7月の雇 用統計にマーケット参加者の関心が集まっている」と話す。 神田氏は「F