エディション:
日本

外国為替

UPDATE 1-アジア通貨動向(16日)=小動き、米指標やFRB当局者発言に注目

アジア新興国通貨は模様眺めの展開。米小売売上高の発表 や米連邦準備理事会(FRB)当局者の講演などを控え、投資家は取引に消極的な姿勢を 取っている。 バンガード・マーケッツのマネジングパートナー、スティーブン・イネス氏はリポー トで、今週はFRB当局者の講演や重要な米指標の発表が予定されており、リスク資産の 取引で今朝は極めて慎重な姿勢がみられたと指摘した。 きょうはFRBのパウエル議長とボウマン理事による講演やイベント出席が予定され ている。米鉱工業生産も発表される。また17日には地区連銀経済報告(ベージュブック )が公表される。 フィリピンペソは0.1%上昇し、ほぼ1年半ぶり高値。韓国ウォン<KRW=KFT C>は小幅高。 人民元は0.1%高。 インドルピーは0.1%安。アジア通貨の中で最も下げている。 インドの貿易統計によると、6月の輸入額は前年同月比9%減の402億9000万 ドルと、4カ月ぶりの低水準となった。 タイ市場は祝日のため休場。

BRIEF-人民元国際化は市場主導であるべき、一夜にしては実現せず─中国外為管理局長=中銀出版物

[北京 16日 ロイター] - * 人民元の国際化、新たな機会と課題に直面─中国外為管理局長=中銀出版物 * 人民元国際化は市場主導であるべき、一夜にしては実現せず ─中国外為管理局長=中銀出版物 * オフショア人民元市場の金融商品をさらに開発、必要な流動性支援を提供─中国外為管理局長=中銀出版物 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

英ポンド、労働党政権なら上昇=影の財務相

英野党・労働党で「影の財務相」を務めるジョン・マクドネル議員はサンデー・タイムズ紙に対し、総選挙で労働党が勝利すれば、ポンドが上昇すると予想、資本流出の引き金になることはないの見方を示した。

アジア通貨動向(16日)=大半が小動き

0225GMT(日本時間午前11時25分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相 場は以下の通り。 *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前 日NY市場引け値。 Currency Latest bid Previous day Pct Move Japan yen 107.950 107.9 -0.05 Sing dlr 1.356 1.3559 -0.03 Taiwan dlr 31.041 31.052 +0.04 Korean won 1178.600 1179.3 +0.06 Baht 30.890 30.89 0.00 Peso 50.9