エディション:
日本

外国為替

NY市場サマリー(5日)ドル上昇・株下落、堅調な米指標受け

<為替> ドルがユーロやポンドに対して上昇した。11月の米サービス業に関する 経済指標が予想外に好転したことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が直近の想定より も大幅な利上げを決定するかも知れないとの観測につながった。 米供給管理協会(ISM)が5日発表した11月の非製造業総合指数(NMI)は5 6.5と、予想外に上昇した。内訳の雇用も改善し、来年に景気後退が懸念される中でも 米経済の基調的な勢いを示した。ロイターのまとめたアナリスト予想は53.3だった。 ドル/円は1.68%高の136.615円。前週末には133.62円と3カ月半 ぶりの安値を付けていた。一方、ポンド/ドルは0.94%安の1.2178ドル。アジ ア時間には1.2345ドルと5カ月超ぶりの高値を付けていた。 ユーロ/ドルは0.42%安の1.0494ドル。序盤には1.0585 ドルと6月28日以来の高値を付けた。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが上昇。先週末に発表された堅調な米雇用統計に続き、5日発 表されたサービス業お

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け大幅利上げ観測高まる

終盤のニューヨーク外 為市場では、ドルがユーロやポンドに対して上昇した。11月の米サー ビス業に関する経済指標が予想外に好転したことを受け、米連邦準備理 事会(FRB)が直近の想定よりも大幅な利上げを決定するかも知れな いとの観測につながった。 米供給管理協会(ISM)が5日発表した11月の非製造業総合指 数(NMI)は56.5と、予想外に上昇した。内訳の雇用も改善し、 来年に景気後退が懸念される中でも米経済の基調的な勢いを示した。ロ イターのまとめたアナリスト予想は53.3だった。 BMOキャピタル・マーケッツのエコノミスト、プリシラ・ティア ガモアティ氏は11月NMIは「金融情勢の引き締まりにもかかわらず 、米経済が依然として力強さを見せていることを浮き彫りにした」と指 摘。「成長見通しには朗報だが、需要を抑制しインフレに対応しようと しているFRBにとっては芳しくない内容」と述べた。 ドル/円は1.68%高の136.615円。前週末には133. 62円と3カ月半ぶりの安値を付けていた。一方、ポンド/ドルは

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 上昇して取引を終えた。中国 の新型コロナウイルス規制緩和を背景に鉱業株が買われたのが相場をけん引した。ただ、 欧州経済の減速懸念が重しとなって上値は抑えられた。 金属価格の値上がりを受けてFTSE350種鉱業株指数は1.07 %高。 HYCMのチーフ市場アナリスト、ジャイルズ・コグラン氏は「中国の経済再開説に 対するやや楽観的な見方が出ている。中国が新型コロナの警戒レベルを引き下げる可能性 があるとの報道もあり、市場を押し上げている」と述べた。 ただ、S&Pグローバルが発表したユーロ圏の11月の総合購買担当者景気指数(P MI)が5カ月連続で好不況の分かれ目の50を下回り、ユーロ圏経済が緩やかな景気後 退に陥っていることを示唆。これを受けてSTOXX欧州600種指数は0.4 1%下げた。 また、英国のサービス部門の11月のPMIは、景気が2カ月連続でやや縮小したこ とを示した。家計に対する生活費の締め付けと、企業の経済見通しに対する不確実性が需 要を圧迫している。 中型株で構成するF

東京マーケット・サマリー・最終(5日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 135.14/16 1.0537/41 142.40/44 NY午後5時 134.30/33 1.0538/42 141.53/57 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の 135円前半。仲値にかけて上昇した後は人民元の動きなどをみながらの推移が続いたが 、終盤にクロス円が強含みドルも底堅さを見せている。  レポート全文: <株式市場> 終値

来年の韓国輸出、3年ぶりに減少へ=貿易協会

韓国貿易協会(KITA)は5日、来年の同国の輸出が2020年以来初めて減少に転じるとの見通しを示した。IT需要の低迷、原油価格の下落、世界経済の回復の遅れが背景。

インドネシア中銀デジタルルピア、メタバースで使用可能に=総裁

[ジャカルタ 5日 ロイター] - インドネシア中央銀行のペリー・ワルジヨ総裁は5日、同中銀が計画しているデジタルルピアについて、将来的にはメタバースで商品を購入するために使用することができるようになるとの認識を示した。デジタルルピアに関するイベントで述べた。

東京外為市場・15時=ドル小幅高134円半ば、人民元の動きにも神経質

            ドル/円    ユーロ/ドル  ユーロ/円<EURJ PY=>   午後3時現在 134.54/56 1.0581/85  142.37 /41   午前9時現在 134.47/49 1.0542/46  141.77 /81   NY午後5時 134.30/33 1.0538/42  141.53 /57   午後3時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場終盤(134.30/33円)か ら小幅高の134.54/56円付近で推移している。仲値にかけて上昇した後は人民元 の動きなどをみながらの推移が続いたが、終盤にクロス円が強含みドルも底堅さを見せて いる。 五・十日に伴い仲値にかけては実需による買いフローが通常より大きく入ったとみら れ、ドルは一時134.76円付近まで上昇した。 その後は、オフショア人民元が対ドルで9月半ば以来の水準まで上昇し、ドルは13 4円前半まで上げ幅を縮小する場面があった。「中国のゼロコロナ政策の緩和期待でリス クセンチメントが