エディション:
日本

外国為替

UPDATE 1-アジア通貨動向(16日)=総じて小幅高、週間では下落

アジア通貨は総じて小幅高。米小売売上 高が強い内容となったことを受けて、世界的な景気後退に対する懸念が やや緩和している。 ただ、週間ベースでは下落となる見通し。米国の長短金利逆転で投 資家のリスク回避志向が強まった。 フィリピンペソは0.6%高、インドネシアルピア は一時0.3%高。週間ベースではそれぞれ0.8%安、0.3%安と なる見通し。 シンガポールドルと台湾ドルは一時0.2%高。週 間では小幅な下落となる見通し。 インドルピーと韓国ウォンは小幅高。人民元<C NY=CFXS>は小幅安。 マレーシアリンギは0.4%高。週間では0.2%値上が りする見通し。 マレーシア中央銀行は16日、外国為替管理(FEA)規制を一段 と緩和すると発表した。企業がより柔軟に為替変動リスクを管理できる ようにする。新たな措置は8月30日付で発効する予定。 国内市場のリンギは取引が薄く、目立った反応はないが、海外投資 家のリスクヘッジ手段として利用されるオフショア市場のリンギのノン デリバラブル・フ

東京外為市場・15時=ドル106円前半、早くも来週末のFRB議長講演に関心

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 106.09/11 1.1102/06 117.80/84  午前9時現在 106.08/10 1.1108/12 117.87/91  NY午後5時 106.11/14 1.1106/08 117.85/89 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の106円前半 。この日は米長期金利の持ち直しや小幅な株高の支援もあり、ドルは106円を割り込ま ず下げ渋ったが、上値の伸びも限定的だった。市場の関心は来週末に米ワイオミング州の ジャクソンホールで予定される米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演に向い ている。 ドルは朝方の安値106.02円から正午にかけて106.27円まで小幅に上昇し た。この日は、前日一時1.4750%付近と2年ぶりの低水準まで落ち込んだ米長期金 利が1.55%台に持ち直し、ドルの下値を支えた。 23日には年次経済シンポジウムでパウエル議長が講演す

〔マーケットアイ〕外為:ドル106円前半、世界経済の悪化はトランプ氏が原因との見方も

市場では、「今後一段とグロバール経済が悪くなれば、トランプ大統領の保護貿易主義や米国第一主義が原因だとの認識が世界で広がるだろう。それを見越して、トランプ氏はイランや北朝鮮の問題を意識的に取り上げているが、世界のシンパシーは得られないだろう」(FX会社)との意見が出ていた。

アジア通貨動向(16日)=フィリピンペソに買い、他は小動き

0143GMT(日本時間午前10時43分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相 場は以下の通り。 *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前 日NY市場引け値。 Currency Latest bid Previous day Pct Move Japan yen 106.130 106.11 -0.02 Sing dlr 1.389 1.3888 -0.03 Taiwan dlr 31.380 31.405 +0.08 Korean won 1214.500 1212.7 -0.15 Baht 30.830 30.86 +0.10 Peso 52.

〔マーケットアイ〕外為:ドル106.13円付近へ小幅下落、日銀が国債買いオペ減額

日銀は残存5年超10年以下の国債買い入れオペのオファー額を4500億円と通告した。前回の4800億円から300億円減らした。ほぼ市場予想通りで、ドルは106.12円付近と数銭円高に振れた程度。国債先物は10銭程度買われたが、10年金利はマイナス0.250%のままだった。