エディション:
日本

外国為替

英ポンドの波乱続く、ドル/円にも波及=来週の外為市場

来週の外為市場は、英ポンドの行方が鍵となりそうだ。欧州連合(EU)離脱問題で楽観論が強まれば、ドルが年初来高値となる110円乗せを目指すとの期待もあるが、警戒感が拭えなければリスク回避的な円高地合いがくすぶりそうだという。

UPDATE 1-アジア通貨動向(18日)=もみあい、インドルピーは下げ主導

アジア通貨市場では、大半の新興 国通貨が狭い範囲内でもみあった。米ドルの上昇により、米中貿 易戦争の解消へ向けた進展に対する楽観論が相殺された。 主要6通貨に対するドル指数は上昇。米紙ウォール・ ストリート・ジャーナル(WSJ)が17日、内部事情に詳しい 関係者の話として、ムニューシン米財務長官が中国の輸入品に課 されている関税の一部または全部を撤廃することを提案したと報 じた。 ただその後、財務省はこの報道を否定した。 アジア通貨ではインドルピーが下落を主導。朝方の 取引で一時0.3%下落した。週間では約1%安となる見込み。 経済指標で成長鈍化が示された。 フィリピンペソは0.2%安。週足では0.7% 安と、5週間ぶりの下落となる見通しだ。 シンガポールドルとマレーシアリンギは小 幅安。インドネシアルピアも小幅安で、週足では1%安 。半面、韓国ウォンとタイバーツは小幅上昇 した。 0450GMT(日本時間午後1時50分)現在のアジア新 興国通貨の対米ドル相場は以下の

上海外為市場=人民元小幅高、週間では1カ月超ぶりに下落へ

上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して小幅高。ムニューシン米財務長官が中国の輸入品に課されている関税の一部または全部を撤廃することを提案したとの米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道を受け、米中貿易協議の合意に期待が高まっている。

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円前半、前週の外国中長期債の買い越しは2.2兆円

市場では、「年末年始の米国株の急落で、過去3週間(1月5日まで)までは、米国債市場で利益確定売りなどの換金ニーズがあったのかもしれないが、先週は株価もやや落ち着きを取り戻したので、売った分を買い戻した可能性がある」(ファンドマネージャー)との意見が聞かれた。

アジア通貨動向(18日)=おおむね横ばい、ウォンは上昇

0151GMT(日本時間午前10時51分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相 場は以下の通り。 *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前 日NY市場引け値。 Currency Latest bid Previous day Pct Move Japan yen 109.340 109.23 -0.10 Sing dlr 1.356 1.3550 -0.04 Taiwan dlr 30.845 30.852 +0.02 Korean won 1121.200 1122.5 +0.12 Baht 31.690 31.71 +0.06 Peso 52