エディション:
日本

外国為替

1-3月の低成長巡る疑問、すぐには解消しない可能性=英中銀総裁

イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁は24日、2012年末以来の低い伸びとなった第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値が実際の状況と合致しているかどうかを巡り、この疑問は第2・四半期GDPの数字によっても解消されない可能性があるとの認識を示した。

NY市場サマリー(24日)

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し下落し、対円では2週間ぶり安値を付け た。米朝首脳会談の中止が重しとなった。また、最近のドル上昇を受けた利益確定売りも 膨らんだ。 安全資産とされる円は対ドルで2週間ぶり高値を更新。終盤の取引で、ドルは 0.75%安の109.24円。 主要6通貨に対するドル指数は0.26%安の93.762。月初からはなお 約2%上昇し、2カ月連続での上昇となる勢い。 ただ、前日公表された5月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨から、連邦 準備理事会(FRB)がインフレのオーバーシュートす容認する考えが示唆されたことを 受け、ドル上昇はすでに失速の兆しをみせていた。 ユーロ/ドルは0.24%高の1.1724ドル。ただ、域内の景気減速への 懸念から、週足では6週連続で下落する見通し。イタリアで新政権がユーロ懐疑派のエコ ノミスト、パオロ・サボナ氏を経済財務相に推していることは悪材料となり、ユーロは伸 び悩んだ。 トルコリラは対ドルで2%超下落。前日はトルコ中銀による300

米FRB、スワップ協定に基づく週間資金供給額は8200万ドル

ニューヨーク連銀が公表 した週間データによると、米連邦準備理事会(FRB)が通貨スワップ 協定に基づき外国中銀に供給した資金は8200万ドルだった。 内訳は、8100万ドルが欧州中央銀行(ECB)向けで、期間7 日、金利2.21%。残りの100万ドルが日銀向けで、期間7日、金 利2.21%。 FRBはカナダ銀行、イングランド銀行、ECB、スイス国立銀行 および日銀とスワップ協定を締結している。 (ーからご覧ください)

UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、米朝首脳会談中止で 利食い売りも膨らむ

ドル/円 NY終値 109.24/109.27 始値 109.66 高値 109.72 安値 108.96 ユーロ/ドル NY終 1.1719/1.1720 値 始値 1.1720 高値 1.1750 安値 1.1707 ニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し下落し、対円では2週 間ぶり安値を付けた。米朝首脳会談の中止が重しとなった。また、最近のドル上昇を受け た利益確定売りも膨らんだ。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(24日)

円 109.24/109.27 ユーロ 1.1719/1.1720 スイスフラン 0.9914/0.9918 英ポンド 1.3379/1.3383 カナダドル 1.2882/1.2883 オーストラリアドル 0.7574/0.7578 ニュージーランドド 0.6921/0.6925 ル メキシコペソ 19.5630/19.5830 デンマーククローネ 6.3554/6.3564 ノルウェークローネ 8.0961/8.1011 スウェーデンクロー 8.7593/8.7623 ナ シンガポールドル 1.3390/1.3393 香港ドル 7.8477/7.8480 インドルピー 68.3300/68.3500 (ロイターデー

NY外為市場=ドル下落、米朝首脳会談中止で 利食い売りも膨らむ

ドル/円 NY午後4時 109.27/109.28 始値 109.66 高値 109.72 安値 108.96 ユーロ/ドル NY午 1.1723/1.1726 後4時 始値 1.1720 高値 1.1750 安値 1.1707 ニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し下落し、対円では2週 間ぶり安値を付けた。米朝首脳会談の中止が重しとなった。また、最近のドル上昇を受け た利益確定売りも膨らんだ。 トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた書簡で、来月12日に シンガポールで開催さ

欧州市場サマリー(24日)

<為替> 欧州終盤 アジア市場終 コード 盤 ユーロ/ドル    1.1727 1.1721 ドル/円 109.29 109.61 ユーロ/円 128.18 128.48