エディション:
日本

投資信託

ホットストック:JPXが後場急伸、3%超高 自社株買いや記念配実施を好感

日本取引所グループ(JPX)が後場に入り急伸し、3.5%高で推移している。同社は昼休み時間中、2000万株(発行済み株式の3.8%)・200億円を上限とする自社株買いを決議したと発表したほか、今年1月1日に発足10周年を迎えたことを受け、10円の記念配当を実施すると公表。これら手掛かり材料となっている。年間配当は記念配を含め62円(従来予想は52円)を予定している。

独バイエル、有力株主がCEO交代を要求=独紙

ドイツの製薬大手バイエルの株主である投資会社デカは、バイエルに対しベルナー・バウマン最高経営責任者(CEO)を任期満了前に交代させるよう求めている。ドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネが28日に報じた。