エディション:
日本

投資信託

EMF、欧州委から独立した存在であるべき=ESM総裁

ユーロ圏の常設金融支援機関である欧州安定メカニズム(ESM)のレグリング総裁は19日、ESMを改編して設立される欧州通貨基金(EMF)は加盟国によって管理されるべきであり、欧州委員会からは独立した存在でなければならないとの見方を示した。

〔表〕きょうの投信設定(20日)=3本

注)手数料は上限。税込み。単位は%。 信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該ファンドの信託報酬 のほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに関する信託報酬その他がかかる場合 があります。 ファンド名 SMT 日経アジア300インベスタブルインデックス・オープ ン 運用会社 三井住友TA 設定上限額 300億円 設定額 分類 追加型/海外/株式 手数料 3.24 信託報酬 0.594 販売会社 三井住友信託 ファンド名 スイス好配当株式ファンド(為替ヘッジあり)/(為替ヘッジな し) 運用会社 明治安田 設定上限額 各15億円 設定額 分類 追加型/海外/

公募投信の資金動向(2月15日分)=野村総合研究所

2018年2月15日 純資産 ―推計純 設定額― 合計 当日 当月累計 総合 939,510 1,406 10,149 国内株式 93,960 87 1,941 海外株式 167,654 124 1,239 国内債券 37,153 -6 20 海外債券 157,238 -57 -20 国内ハイブリッド 45,967 0 -8 海外ハイブリッド 116,898 -46 -197 注)単位:億円、純設定額は設定額から解約額を差し引いた額  

IMF専務理事、欧州版IMF設立計画に異論無し=スイス紙

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は17日付スイス紙ターゲス・アンツァイガーのインタビューで、欧州安定メカニズム(ESM)を改変し、欧州版IMFに当たる欧州通貨基金(EMF)を設立する計画について異論はないとの見方を示した。

UPDATE 1-〔需給情報〕2月第1週の海外勢、1年5カ月ぶり売り越し規模 個人の現物買い越し過去最高

2月第1週(2月5日─2月9日)の海外投資家に よる日本の現物株と先物合計の売買は、1兆8021億円の売り越しとなった。「チャイ ナ・ショック」で株価が急落した2015年8月の第4週(1兆8830億円)以来の大 きさとなった。現物では個人投資家の買い越し額が7458億円と、87年10月第3週 の記録(6504億円)を上回り、過去最高となった。 現物・先物合計では、海外勢の売り越しは5週連続。前週は1兆1888億円の売り 越しだった。個人は6560億円の買い越し(前週は3589億円の買い越し)、信託銀 行は1947億円の買い越し(同1434億円の買い越し)となった。 東京証券取引所がまとめた2月第1週の2市場投資部門別売買状況によると、現物で は海外投資家は6446億円の売り越し(同3525億円の売り越し)となった。ただ内 訳は16兆1538億円の売りに対し、15兆5092億円の買いとなっており、金額は 売り、買いともに過去最高となった。 これまでの売りの

〔需給情報〕2月第1週、海外投資家が日本株を1兆8021億円売り越し=現物先物合計

2月第1週(2月5日─2月9日)の海外投資家に よる日本の現物株と先物合計の売買は、1兆8021億円の売り越し(前週は1兆188 8億円の売り越し)となった。売り越しは5週連続。個人は6560億円の買い越し(同 3589億円の買い越し)、信託銀行は1947億円の買い越し(同1434億円の買い 越し)だった。 東京証券取引所がまとめた同期間の2市場投資部門別売買状況によると、現物株は海 外投資家が6446億円の売り越し(前週は3525億円の売り越し)となった。売り越 しは5週連続。個人は3週連続で買い越し。信託銀行は4週連続買い越した。 大阪取引所がまとめた同期間の先物・オプションの投資部門別取引状況では、指数先 物(日経平均先物・TOPIX先物のラージ・ミニ、JPX日経400先物、マザーズ指 数先物の合計)で海外投資家が1兆1575億円の売り越しとなった。 <海外投資家の売買推移(億円)> 現物 先物 合計 201

公募投信の資金動向(2月14日分)=野村総合研究所

2018年2月14日 純資産 ―推計純 設定額― 合計 当日 当月累計 総合 934,465 990 8,743 国内株式 93,014 150 1,854 海外株式 166,686 192 1,114 国内債券 37,151 82 26 海外債券 157,953 14 37 国内ハイブリッ 45,985 14 -9 ド 海外ハイブリッ 117,831 -12 -151 ド 注)

UPDATE 1-〔表〕きょうの投信設定(15日)=1本、32億5546万円

(設定額を追加します) 注)手数料は上限。税込み。単位は%。 信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該ファンドの信託報酬 のほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに関する信託報酬その他がかかる場合 があります。 ファンド名 グローバル・インフラ関連社債ファンド2018-02(為替ヘ ッジあり) 運用会社 三井住友 設定上限額 250億円 設定額 32億5546万円 分類 追加型/海外/債券 手数料 1.08 信託報酬 0.783 販売会社 フィリップ証、北洋銀