エディション:
日本

投資信託

ゲームストップ、Eスポーツ買収なら株価正当化=シトロン

空売りを専門とする米投資情報会社シトロン・リサーチは25日、米ビデオゲーム販売のゲームストップについて、オンライン賭博のEスポーツ・エンターテインメント・グループを買収すれば、ゲームストップの株価は正当化できるとツイッターに投稿した。

UPDATE 2-〔表〕きょうの投信設定(26日)=7本、171億5606万円

注)手数料は上限。税込み。単位は%。  信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該ファンドの信託報酬の ほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに関する信託報酬その他がかかる場合があ ります。 設定日 2月26日 ファンド名 アライアンス・バーンスタイン・ グローバルESG・社債ファンド 2021-02(限定追加型) 運用会社 アライアンス 設定上限額 500億円 設定額 131億2547万円 分類 追加型/内外/債券 手数料 1.1 信託報酬 0.968 販売会社 三菱UFJ銀、北陸銀、三菱UF Jモルガン・スタンレー証、ワイ エム証 設定日

〔需給情報〕2月第3週、海外投資家が日本株を1848億円売り越し=現物先物合計

2月第3週(2月15─19日)の海外投資家による日本の現物株と 先物合計の売買は1848億円の売り越し(前週は4721億円の買い越し)となった。売り越しは3週ぶ り。個人は383億円の買い越し(同3772億円の売り越し)、信託銀行は428億円の買い越し(同1 7億円の売り越し)だった。 東京証券取引所がまとめた同期間の2市場投資部門別売買状況によると、現物株は海外投資家が382 億円の売り越し(前週は3451億円の買い越し)となった。売り越しは3週ぶり。個人は3週連続で売り 越し。信託銀行は6週連続で売り越した。 大阪取引所が同日公表した同期間の先物・オプションの投資部門別取引状況では、指数先物(日経平均 先物・TOPIX先物のラージ・ミニ、JPX日経400先物、マザーズ指数先物の合計)で海外投資家は 1465億円の売り越しだった。 <海外投資家の売買推移(億円)> 現物 先物 合計 2020年10月第4 -1,060 -5,

ホットストック:ファーストリテとSBG、2銘柄だけで日経平均を約230円押し下げ

ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ(SBG)が大幅下落となり、これら値がさ株が日経平均の下落を先導している。いずれも直近の上昇局面では、指数の上げに大きく寄与していたものの、下げに転じた局面では反対の動きとなった格好。午前9時30分現在、日経平均の除数27.769で計算すると、ファーストリテが約110円、ソフトバンクGが約120円、この2銘柄だけで日経平均を230円程度押し下げる要因となっている。

公募投信の資金動向(2月24日分)=野村総合研究所

2021年02月24日 純資産 ―推計純設定額― 合計 当日 当月累計 総合 1,324,934 409 4,725 国内株式 95,929 -30 -2,182 海外株式 283,169 329 5,554 国内債券 38,689 2 210 海外債券 107,454 -25 -1,406 マルチアセット 116,372 -26 -534 国内不動産投信 28,382 26 149 海外不動産投信 40,919 -24 -226 注)単位:億円、純設定額は設定額から解約額を差し引いた額  

〔表〕きょうの投信設定(26日)=7本

注)手数料は上限。税込み。単位は%。  信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該ファンドの信託報酬の ほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに関する信託報酬その他がかかる場合があ ります。 設定日 2月26日 ファンド名 アライアンス・バーンスタイン・ グローバルESG・社債ファンド 2021-02(限定追加型) 運用会社 アライアンス 設定上限額 500億円 設定額 分類 追加型/内外/債券 手数料 1.1 信託報酬 0.968 販売会社 三菱UFJ銀、北陸銀、三菱UF Jモルガン・スタンレー証、ワイ エム証 設定日 2月26日 ファンド名 債券パワード・イ