エディション:
日本

株式 -海外

アジア株式市場サマリー:引け(6日)

東南アジア株式市場は大半の市場が下落した。各地のインフレや、米連邦準備理事会 (FRB)の大幅利上げがより長く続くとの懸念、そしてドル高が株価や通貨相場に響い た。 11月のフィリピン消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.0%上昇。同国中央 銀行による今月の0.50%利上げの可能性を後押しする数字だった。 ゴールドマン・サックスのアナリストは「高インフレを踏まえ、フィリピン中銀が1 2月会合で0.50%利上げを決めると、引き続き予想する」との見方を示した。 マニラ市場の主要株価指数PSEiは大幅上伸し、3.61%高で引けた。 中国株式市場はレンジ取引となった後、続伸して終了した。香港株は反落した。米サ ービス業に関する経済指標が堅調だったことから、米連邦準備理事会(FRB)が早期に 利上げ幅を縮小することに懐疑的な見方が強まった。 関係筋によると、中国政府は新型コロナウイルス感染症の分類を引き下げる可能性が ある。 サクソ・マーケッツの中華圏

中国・香港株式市場・大引け=中国続伸、米利上げ巡る懸念で香港反落

中国株式市場はレンジ取引となった後、続伸して 終了した。香港株は反落した。米サービス業に関する経済指標が堅調だったことから、米 連邦準備理事会(FRB)が早期に利上げ幅を縮小することに懐疑的な見方が強まった。 上海総合指数終値は0.7190ポイント(0.02%)高の3212.5 334。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は21.322ポイント(0.54%)高の3968.198。 ハンセン指数終値は77.11ポイント(0.40%)安の1万9441.1 8。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は53.34ポイント(0.80 %)安の6652.95。 関係筋によると、中国政府は新型コロナウイルス感染症の分類を引き下げる可能性が ある。 サクソ・マーケッツの中華圏市場ストラテジスト、レッドモンド・ウォン氏は「新型 コロナ封じ込め措置の緩和と、2023年の第2─3四半期ごろとみられる回復見込みの 両方から中国株は恩恵を受けるだろう」と述べた。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米利上げ減速を疑問視

中盤の東南アジア株式市場は大半が下落。好調な米統計 を受け、米連邦準備理事会(FRB)の早期の利上げペース減速が疑問視された。 中国が新型コロナウイルス関連の厳しい規制を緩和し始めるとの楽観的な見方があっ たものの、FRBの利上げ方針を巡る不透明感が圧迫した。 時間 現在値 前日比 % シンガポー ST指数 <.STI 14:25 3255.67 -11.87 -0.36 ル > 前営業日終値 3267.54 マレーシア 総合株価指数 < 14:25 1469.49 -2.07 -0.14 .KLSE>

中国・香港株式市場・前場=中国株は小動き、香港反落 米利上げ巡る懸念で

前場の中国株式市場は狭いレン ジでの取引となり、香港株は一時9月1日以来の高値を付けた後に反落 した。 11月の米サービス業に関する経済指標が予想外に好転したことを 受け、米連邦準備理事会(FRB)による利上げが長期化するのではな いかという懸念が浮上。中国の厳格な新型コロナウイルス政策の緩和期 待に基づく楽観的な見方を相殺している。 中国市場ではこの日の前場、11月末に死去した江沢民元国家主席 を追悼するため、取引が3分間停止された。 上海総合指数前場終値は2.5432ポイント(0.08 %)安の3209.2712。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成する CSI300指数前場終値は21.869ポイント(0.5 5%)高の3968.745。 香港のハンセン指数前場終値は181.50ポイント(0. 93%)安の1万9336.79。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は91.5 1ポイント(1.36%)安の6614.78。 関係筋によると、中国政府は早ければ

インド株式市場・序盤=下落、米利上げを懸念

序盤のインド株式市場は、金属株やハイ テク株が主導して下落。好調な米経済統計を受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が積 極的な利上げを継続する可能性があるとの懸念が広がった。 現地時間午前9時19分時点で、NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50 銘柄で構成)は0.46%安の1万8618.35。SENSEX指数(BSE=ボンベ イ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.43%安の6万2558.44。 ニフティ金属株指数は0.75%安、IT株指数は0.96 %安と、主要サブ指数が下落。 半面、PSU銀行株指数は0.39%高。モルガン・スタンレーはリポ ートで、公共部門銀行は利ざやの上昇を背景に、好調な業績が続くとの見方を示した。 市場はインド準備銀行(RBI、中央銀行)の金融政策決定に注目している。政策金 利を0.35%引き上げ、6.25%とすると予想されている。 インド 日本時間14時7 前日比 % 始値

独ポルシェ、19日からDAX指数に組み入れ=独取引所

フランクフルト証券取引所を運営するドイツ取引所は5日、優良株40種で構成するDAX指数の定期見直しで、9月下旬にフランクフルト証取に上場したばかりの高級スポーツカーメーカー、ポルシェを19日から組み入れると発表した。ドイツのスポーツ用品プーマが中型株のMDAX指数に移る。

アジア株式市場サマリー:中盤(6日)

6日午前のシドニー株式市場の株価は反落した。好調な 米経済統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを続けるとの懸念が広がってい る。 2330GMT(現地時間午前10時30分、日本時間同8時30分)時点で、S& P/ASX200指数は前日終値比0.4%安。 米サプライ管理協会(ISM)が前日発表した11月の米サービス業購買担当者景況 指数(PMI)は予想外の上昇となった。 市場はオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の今年最後の政策会合に注目し ており、0.25%の利上げが決まると見込まれてる。 エネルギー株は0.9%安と下げを主導。ウッドサイド・エナジー は1.8%安、サントスは2%安。ビーチ・エナジーは4%近く下落し ている。 鉱業株指数は約1%安。BHPは0.7%、リオティント は0.6%安。 IT株指数と産金株指数はともに2%超下げている。 金融株指数は逆行高。四大銀行株は0.3─0.6%上昇している。 ソウル株式市場の株価は続落。前日のニューヨーク市場の株価

日本企業ADR動向(5日)

<日本企業ADR銘柄> NY市場上場の ADR銘柄 円ドルレート(NY市場の仲値): 136.73 12月05日 コード 銘柄名 NY終値 円換算値 前日比 JP終値 4502 武田薬品工業 14.560000 3981.6 -35.5 3955.0 6758 ソニーグループ 81.610000 11158.5 -161.3 11145.0 7203 トヨタ自動車 143.19000 1957.8 -456.7 1951.0 7267 本田技研工業 23.790000 3252.8

UPDATE 1-NY市場サマリー(5日)ドル上昇・株下落、堅調な米指標受け

<為替> ドルがユーロやポンドに対して上昇した。11月の米サービス業に関する 経済指標が予想外に好転したことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が直近の想定より も大幅な利上げを決定するかも知れないとの観測につながった。 米供給管理協会(ISM)が5日発表した11月の非製造業総合指数(NMI)は5 6.5と、予想外に上昇した。内訳の雇用も改善し、来年に景気後退が懸念される中でも 米経済の基調的な勢いを示した。ロイターのまとめたアナリスト予想は53.3だった。 ドル/円は1.68%高の136.615円。前週末には133.62円と3カ月半 ぶりの安値を付けていた。一方、ポンド/ドルは0.94%安の1.2178ドル。アジ ア時間には1.2345ドルと5カ月超ぶりの高値を付けていた。 ユーロ/ドルは0.42%安の1.0494ドル。序盤には1.0585 ドルと6月28日以来の高値を付けた。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが上昇。先週末に発表された堅調な米雇

次のページ