エディション:
日本

株式 -海外

欧州市場サマリー(3日)

<外為市場> ドル指数が小幅高で推移。一方、週間では6月初旬以来の大幅な下げ となった。 前日発表された6月の米雇用統計は、雇用者数が予想を上回る伸びを示したものの、 為替市場の反応は限定的だった。 こうした中、3日発表された6月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI) は58.4と5月の55.0から上昇し、10年超ぶりの高水準を記録した。新型コロナ ウイルスに関連した制限措置が緩和され、消費者の需要が回復したという。統計を受け、 市場心理が全般的に改善した。 ドルは通貨バスケットに対し約0.1%高の97.249。 INGは調査リポートで「今週は為替変動率が低下した。新型コロナを巡る悪材料に もかかわらず、株式相場は持ちこたえており、ドルは穏やかなベアトレンドを再形成しつ つあるようだ」と指摘した。さらに「こうした状況の中、リスク資産が短期的な壁に当た らない保証はないものの、ドルが天井に到達した可能性は依然として大きいと考えられる 」との見方を示した。 リスク通貨は小幅高。ニュージーランドド

ロンドン株式市場=反落、米コロナ感染拡大で売り優勢

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6157.30 -83.06 -1.33 6240.36 ロンドン株式市場は反落して終了した。米国で新型コロナウイルス感染拡大に歯止め がかからず、世界経済の急速な回復に対する疑念が出ていることで売りが優勢だった。 英株価は、財新/マークイット発表の6月の中国サービス部門購買担当者景気指数( PMI)が上昇したことで、朝方は上向いていた。ただ、感染拡大でロックダウン(都市 封鎖)などの措置が再び導入され、原油価格が再び打撃を受けるとの懸念から石油メジャ ーのBPやロイヤル・ダッチ・シェルなどが売られ、相場全体の重しとな った。 CMCマーケッツUKの市場アナリスト、デビッド・マデン氏は「昨日は新型ウイル

欧州株式市場=反落、米コロナ感染急増で回復期待に冷水

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 365.43 -2.86 -0.78 368.29 FTSEユーロファース 1424.15 -11.50 -0.80 1435.65 ト300種 ユーロSTOXX50種 3294.38 -25.71 -0.77 3320.09 <.STOXX50E > 欧州株式市場は、米金融市場が休場で薄商いとなる中、反落して終了した。今

MMF償還額、19年12月以降で最大に=BAML週間調査

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が3日に公表した週間調査によると、1日までの週のマネー・マーケット・ファンド(MMF)の償還額が2019年12月以降で最大となった。一方、株式ファンドからは71億ドルの資金が流出した。

アジア株式市場サマリー:引け(3日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3152.8126 + 62.2433 + 2.01 3103.9952 3152.8126 3103.9952 前営業日終値 3090.5693 中国 CSI300指 4419.596 +83.751 +1.93 4353.194 4419.596 4348.454 <.CSI30

仏PMI、6月改定値は50超え 規制緩和で企業活動再開

IHSマークイットが発表した6月のフランスのサービス部門および総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は景況拡大と悪化の分かれ目である50を上回った。すでに発表された製造業PMIも50を上回っており、新型コロナウイルス感染防止のための規制が一段と緩和されたことで、企業活動が全般的に活発化したことが示された。

次のページ