エディション:
日本

株式 -海外

NY市場サマリー(30日)主要3株式指数が3四半期連続安、利回り上昇

<為替> ドルが対ユーロで上昇したものの、四半期末を控え終盤では上げ幅を縮小 した。ユーロ圏のインフレ率が過去最高を更新し、米国の個人消費の伸びが予想を上回る 中、リスクに敏感なコモディティー関連通貨が下落した。 ドル指数は週間で3週間ぶりの下げとなったものの、四半期では2015年第 1・四半期以降で最大の上げを記録した。 ポンドは対ドルで序盤に売られていたが上昇に転じ、4日続伸となった。 ポンドは26日に過去最安値を付けたが、イングランド銀行(英中央銀行)が28日 から連日で英国債の買い入れを実施したことを受け、週間でも上昇する見込み。 欧州連合(EU)統計局が30日発表した9月のユーロ圏消費者物価指数(HICP )速報値は前年比上昇率が10.0%と、前月の9.1%から加速し、過去最高を更新し た。市場予想(9.7%)も上回った。 米商務省が30日発表した8月の個人消費支出(PCE)は前月より0.4%増えた 。市場予想の0.2%増を上回った。インフレ圧力が8月も高まっていたことが示され、

米国株式市場=主要3指数、3四半期連続安 物価・景気後退懸念で

米国株式市場では、 主要3指数が3四半期連続の下げとなり、S&P総合500種とナスダ ック総合が08年以来、ダウ工業株30種は7年ぶりの連続安となった 。第3・四半期は歴史的な高インフレや金利上昇、リセッション(景気 後退)懸念などを背景に波乱含みの展開だった。 この日は序盤の上昇から一転し大幅安となった。S&P500の9 月の下げは20年ぶりの大きさ。S&P500とダウが3週連続安とな ったほか、3指数はいずれも2カ月連続で下落した。 カーソン・グループのチーフ市場ストラテジスト、ライアン・デト リック氏は「連邦準備理事会(FRB)が40年ぶりの高水準となって いるインフレに対抗するため、あらゆる手段を講じているという認識か ら、投資家はFRBが経済を悪化させ、リセッションに追い込むのでは と懸念している」と述べた。 米商務省が30日発表した8月の個人消費支出(PCE)は前月よ り0.4%増え、市場予想の0.2%増を上回った。一方で8月のPC E価格指数は0.3%上昇。インフレ圧力が8月も高まっていたことが

シカゴ日経平均先物(30日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード 比  ドル建て12月 25945 -65 26165 26280 25810 限  円建て12月限 25930 -80 26155 26270 25795 (暫定値) (

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英 国の2022年第2・四半期の国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったため投資家心 理がやや改善した。ただ、トレーダーは慎重な姿勢を保っている。 FTSE350種銀行株指数が0.64%上昇したのが相場全体を支 えた。 英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期GDP確報値は前期比0.2%増と 、速報値の0.1%減から予想外にプラス成長に上方改定された。ただ、新型コロナウイ ルスのパンデミック(世界的大流行)開始前の水準は下回ったままだ。 AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は「本当の試練はまだこれからだ 。高インフレと、現在の借り入れコスト上昇の十分な影響が本格的に実感され始めるのは 、今年下半期になる」と述べた。 中型株で構成するFTSE250種指数は2.25%高。ただ、クルーズ運 航のカーニバルは21.3%下落した。コスト上昇が響いて第4・四半期が赤字 に陥ると予想したのが嫌気された。旅行大手TUIも10.1%下げた。 ファッション小売業のジ

欧州株式市場=反発、四半期では景気後退懸念で3期連続下落

欧州株式市場は反発して取引を終え た。割安感が出た銘柄が物色され、STOXX欧州600種石油・ガス 株指数、銀行株指数、小売株指数が1.21% ─2.68%上昇した。 STOXX欧州600種指数は2022年第3・四半期に 4.75%下げ、2011年以来の長さとなる3四半期連続で下落した 。金利上昇とリスク選好度の低下が背景。欧州のインフレ指標も投資家 を神経質にしている。 ユーロ圏の欧州連合(EU)基準の消費者物価指数(CPI)速報 値は9月に前年同月比で10.0%上げ、上昇率は過去最高を更新。市 場予想も上回り、欧州中央銀行(ECB)が10月も大幅な利上げを決 めるとの観測が高まった。 オーバル・マネーのオンライン・サービス責任者、マイケル・ベイ カー氏は「インフレが制御されるまで(市場には)一種の不安感がある だろう」と指摘した。 7月は前月比で減っていた米個人消費支出(PCE)が8月は増加 し、米連邦準備理事会(FRB)がよりタカ派的な動きするとの懸念が 強まった。 個別銘柄では、ドイツのスポーツ用品

ロンドン株式市場=反発、予想上回る英GDPを好感

ロンドン株式市場は反発して取引を 終えた。英国の2022年第2・四半期の国内総生産(GDP)が市場 予想を上回ったため投資家心理がやや改善した。ただ、トレーダーは慎 重な姿勢を保っている。 FTSE350種銀行株指数が0.64%上昇した のが相場全体を支えた。 英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期GDP確報値は前 期比0.2%増と、速報値の0.1%減から予想外にプラス成長に上方 改定された。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行 )開始前の水準は下回ったままだ。 AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は「本当の試練 はまだこれからだ。高インフレと、現在の借り入れコスト上昇の十分な 影響が本格的に実感され始めるのは、今年下半期になる」と述べた。 中型株で構成するFTSE250種指数は2.25%高。 ただ、クルーズ運航のカーニバルは21.3%下落した。コス ト上昇が響いて第4・四半期が赤字に陥ると予想したのが嫌気された。 旅行大手TUIも10.1%下げた。 ファッション小売業のジュ

中銀介入は「信頼でも、協調的でもない」=BofA

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)は30日、日銀とイングランド銀行(英中央銀行)が先週実施した介入はパニック状態の市場を落ち着かせるのに役立ったものの「信頼できるものでも、協調的でもない」との見解を示した。

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

中国株式市場は国慶節(建国記念日)に伴う大型連休を前に続落して終 了した。米株安が重しとなったほか、低調な購買担当者景気指数(PMI)も地合いの悪化につながった。 香港株式市場は反発して引けた。 第3・四半期はCSI300が15.2%下落し、下げ幅は2015年以来の大きさとなった。ハンセ ン指数は21.2%安で11年以来の大幅な落ち込み。 モルガン・スタンレーはリポートで「投資家心理は回復していない。米連邦準備理事会(FRB)の利 上げに対するタカ派姿勢、新型コロナウイルスのクラスター、対ドルでの人民元の下落が主な要因だ」と分 析した。 一般消費財と観光関連株は約2%下落した。新エネルギー株は 3.2%安となった。 半面、CSI300不動産株指数は3.8%上昇した。 ソウル株式市場は反落。自動車株や電気自動車(EV)向け電池メーカー株が安かった。 総合株価指数(KOSPI)は2020年7月10日以来、2年超ぶりの安値で終了。週間ベースでは 5.9%下

中国・香港株式市場・大引け=中国続落、米株安や低調なPMI受け 香港は反発

中国株式市場は国慶節(建国記念日)に伴う大 型連休を前に続落して終了した。米株安が重しとなったほか、低調な購買担当者景気指数 (PMI)も地合いの悪化につながった。 上海総合指数終値は16.8141ポイント(0.55%)安の3024. 3905。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は22.258ポイント(0.58%)安の3804.885。 香港株式市場は反発して引けた。 ハンセン指数終値は56.96ポイント(0.33%)高の1万7222.8 3。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は1.83ポイント(0.03% )高の5914.08。 第3・四半期はCSI300が15.2%下落し、下げ幅は2015年以来の大きさ となった。ハンセン指数は21.2%安で11年以来の大幅な落ち込み。 モルガン・スタンレーはリポートで「投資家心理は回復していない。米連邦準備理事 会(FRB)の利上げに対するタカ派姿勢、新型コロナウイルスのクラスター、対ドルで