エディション:
日本

株式 -海外

NY市場サマリー(21日)

<為替> 英国が条件などで合意しないまま欧州連合 (EU)を離脱するとの懸念が高まったことを背景に英ポンドが下落した。 オーストリアのザルツブルクで開かれていたEU首脳会議から一夜明けた21日、英 国のメイ首相はEU首脳は自身が示した提案を十分に説明することなく拒否したと指摘。 離脱交渉は行き詰っているとの認識を示し、EUは離脱を巡る代替案を示す必要があると 訴えた。また、条件などで合意した上で離脱するのが最善としながらも、望ましくない合 意の上で離脱するよりは、合意がないまま離脱する方が望ましいとの考えも示した。 これを受け、英ポンドは1.44%下落。1日の下落率としては2017年6 月以来最大となる可能性がある。 英ポンドが下落したことでドルは押し上げられ、終盤の取引で主要6通貨に対するド ル指数は0.38%高の94.255。ただこのところ株価上昇などを受けたリス ク選好度の改善を反映しドルは軟調となっており、週間としての下落は2月以来最大とな る可能性がある。 通商を巡る懸念が後退し、トルコ

シカゴ日経平均先物(21日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪比 始値 高値 安値 コード  ドル建て12月限 23770 +20 23725 23855 23650  円建て12月限 23725 -25 23710 23820 23605 (暫定値) (

欧州市場サマリー(21日)

<為替> 欧州終盤 アジア市場終 コード 盤 ユーロ/ドル    1.1738 1.1772 ドル/円 112.63 112.69 ユーロ/円 132.21 132.68

欧州株式市場=続伸、鉱業と自動車株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 384.29 +1.66 +0.43 382.63 FTSEユーロファースト3 1505.60 +8.67 +0.58 1496.93 00種 DJユーロSTOXX50種 3430.81 +27.69 +0.81 3403.12 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念が後退する中、通商政 策に左右されやすい鉱業や自動車銘柄が値を上げた。 STOXX欧州600種指数とDJユーロSTO

ロンドン株式市場=3日続伸、ポンド安と貿易摩擦懸念の後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7490.23 +122.91 +1.67 7367.32 ロンドン株式市場は3日続伸して取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る メイ英首相の発言を受けポンドが値を下げ、輸出銘柄の追い風となった。また、貿易戦争 への不安が後退する中、銀行や鉱業、石油株の値上がりが目立った。3日続伸は8月中旬 以来。 メイ英首相は、交渉が行き詰まりとなったと述べ、新たな提案を出すようにEU側に 要求した。ポンドはドルに対して2セント値下がりし、今年最大の下落幅となる見通し。 そのほか、米中が今週発表した互いの輸入関税が当初予想ほど厳しい内容でなかった ことから、買い安心感が広がった。 部門別では金融株がFTSE100種の最大の押し上げ要因だ

東南アジア株式・引け=マニラ株急伸、中国の関税下げ報道を好感

21日の東南アジア株式市場の株価は大半が上昇。マニラ市場は3.5%高と急伸し、1日の上げ幅としては2016年1月以降で最も大きかった。中国が10月にも、大半の貿易相手国からの輸入品に対する平均関税率の引き下げを計画しているとの報道を好感した。

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(21日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2797.4848 + 68.2410 + 2.50 2733.8742 2797.4851 2722.0319 前営業日終値 2729.2438 中国 CSI300指 3410.486 +100.360 +3.03 3320.696 3410.486 3307.767 <.CSI30

ソウル株式市場・引け=続伸、貿易摩擦懸念和らぎリスク選好

韓国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 総合株価指数<.KS1 2,339.17 + 15.72 + 0.68 2,332.04 2,339.17 2,325.12 1> 前営業日終値 2,323.45 21日のソウル株式市場の株価は続伸した。米中貿易摩擦が当初懸念されたほど、世 界経済の成長への影響が大きくないとの期待から前日の米株価が最高値を更新。これを受 け、投資家のリスク選好姿勢が再び強まり、株価を押し上げた。 総合株価指数(KOSPI)は前日終値比15.72ポイント(0