エディション:
日本

株式 -海外

日本企業ADR動向(25日)

<日本企業ADR銘柄> NY市場上場の ADR銘柄 円ドルレート(NY市場の仲値): 113.88 01月25日 コード 銘柄名 NY終値 円換算値 前日比 JP終値 4502 武田薬品工業 14.520000 3307.1 4.6 3282.0 6758 ソニーグループ 109.92000 12517.7 -70.6 12480.0 7203 トヨタ自動車 197.01000 2243.5 -78.6 2236.5 7267 本田技研工業 29.820000 3395.9

UPDATE 2-米国株式市場=下落、FOMC前に連日の乱高下

米国株式市場は主要3指 数が全て下落した。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢の強まり や地政学的な緊張を受けて不透明感が高まる中、一時は大幅に下げたが 、午後の取引でやや持ち直した。 市場参加者らはインフレ抑制に向けた利上げ時期の手掛かりを探る ため、25─26日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明やパウエル 議長の質疑応答に注目している。 S&P総合500種は1月3日に付けた最高値を10%超下 回れば調整局面入りが確認されるが、この日はこの水準を9.2%下回 って終了した。 GLOBALTのシニア・ポートフォリオ・マネジャー、トム・マーティ ン氏は、投資家はこの10%水準を巡り、株を売るべきか、もしくは押 し目買いをいれるべきか見極めようとしていると指摘した。 投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)の ボラティリティー・インデックス(恐怖指数、VIX)は202 1年1月29日以来の高水準で終了した。 ウクライナ情勢が投資家の警戒感を強めている

UPDATE 1-NY市場サマリー(25日)ユーロ1カ月ぶり安値、米国債利回り上昇

<為替> ウクライナを巡るロシアと西側諸国との間の緊張が高まる中、ユーロが1 カ月ぶり安値を付けた。 北大西洋条約機構(NATO)は24日、欧州東部に艦艇や戦闘機を増派し、南東部 にも追加部隊を派遣する姿勢を表明。米国は同日、必要に応じて極めて短時間で欧州に派 遣できるよう、兵士約8500人を派兵待機とした。 この日は、バイデン米大統領がロシアがウクライナに侵攻した場合、プーチン大統領 に直接制裁を課すことを検討すると言明。ただホワイトハウスは、バイデン大統領は単独 でウクライナに派兵する意向は持っていないと表明した。 クレディ・スイスの外為戦略部門ディレクター、アルビセ・マリノ氏は、ウクライナ を巡る緊張の高まりでユーロが影響を受けているとしながらも、ドルの上昇の背景には米 連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め観測があると指摘。 主要6通貨に対するドル指数は上げ幅をやや縮小し、終盤の取引で0.097 %高。 ユーロは0.23%安

NY市場サマリー(25日)ユーロ1カ月ぶり安値、米国債利回り上昇

<為替> ウクライナを巡るロシアと西側諸国との間の緊張が高まる中、ユーロが1 カ月ぶり安値を付けた。 北大西洋条約機構(NATO)は24日、欧州東部に艦艇や戦闘機を増派し、南東部 にも追加部隊を派遣する姿勢を表明。米国は同日、必要に応じて極めて短時間で欧州に派 遣できるよう、兵士約8500人を派兵待機とした。 この日は、バイデン米大統領がロシアがウクライナに侵攻した場合、プーチン大統領 に直接制裁を課すことを検討すると言明。ただホワイトハウスは、バイデン大統領は単独 でウクライナに派兵する意向は持っていないと表明した。 クレディ・スイスの外為戦略部門ディレクター、アルビセ・マリノ氏は、ウクライナ を巡る緊張の高まりでユーロが影響を受けているとしながらも、ドルの上昇の背景には米 連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め観測があると指摘。 主要6通貨に対するドル指数は上げ幅をやや縮小し、終盤の取引で0.097 %高。 ユーロは0.23%安の1.1297ドル。円は対ドルで0.01%高の11 3

シカゴ日経平均先物(25日)

清算 前日大 始値 高値 安値 コード 値 阪比 シカゴ日経先 ドル建 27160 + 100 27380 27480 26865 物3月限 て シカゴ日経先 円建て 27130 + 70 27350 27455 26840 物3月限 (暫定値) (

米国株式市場=下落、FOMC前に連日の乱高下

米国株式市場は、主要株 価3指数が全て下落した。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢の 強まりや地政学的緊張の高まりを巡り不透明感が高まる中、株価は一時 大幅に下げたが、午後の取引でやや持ち直した。 市場参加者らはインフレ抑制に向けた利上げ時期の手掛かりを探る ため、25─26日に開催されるFRBの連邦公開市場委員会(FOM C)声明やパウエル議長の質疑応答に注目している。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株3 34297.73 -66.77 -0.19 34186.64 34591.0 33545.52 0種 4  前営業日終 34364.50

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。金融引 き締め観測を背景とした国債利回りの上昇で銀行株が買われ、FTSE100種 は前日に付けた約1カ月ぶりの安値から上昇に転じた。 金融大手のHSBC、ロイズはそれぞれ3.5%、3.3%上げた。 ウクライナでの軍事対立や中東でのリスクが供給に支障を及ぼすとの懸念から原油価 格が上昇し、時価総額の大きい石油株も値上がりした。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.90%高と、前日の約10カ 月ぶりの安値から反発した。 市場参加者は、タカ派的な政策運営姿勢が示されるとみられる26日の米連邦公開市 場委員会(FOMC)結果発表を前に警戒感を強めた。また、イングランド銀行(英中央 銀行)が来週の会合で、昨年12月に続いて政策金利を引き上げるとの見方も強まってい る。 ゼネラリ・インベストメンツのマクロ・マーケット調査首席のトーマス・ヘンペル氏 は投資家向けのメモで「迫り来る米連邦準備理事会(FRB)の利上げやウクライナ情勢 の緊迫化が懸念される中、世界の株式市場は最近、急速に

欧州株式市場=反発、好決算が下支え

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 スウェーデン通信機器大手エリクソン、スイスのパソコン周辺機器メー カー、ロジテック・インターナショナルがそれぞれ好決算を発表したの が支援材料となった。 前日は米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めの 動きや、ウクライナでの軍事衝突の可能性への懸念から下落していた。 投資家は、FRBが26日に3月の利上げを示すと予想している。 米短期金利期待を示すフェデラル・ファンド(FF)金利先物は、今年 計4回の利上げを織り込んでいる。 ゼネラリ・インベストメンツのマクロ・マーケット調査首席のトー マス・ヘンペル氏は、地政学的な不安とFRBのタカ派的な姿勢の予想 から、ボラティリティーが高い状態が続くとの見通しを表明。ただ、最 近の急落は買うチャンスになる可能性があるとして「世界的な景気拡大 のペースは、株式の緩やかな上昇傾向と全体的に一致している」と述べ た。 ロジテック・インターナショナルが6.2%上昇。現会計 年度の決算予想を引き上げたことが好感された。 エリクソンは

ロンドン株式市場=反発、銀行株が上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。金融引き締め観測を背景とした国債利回りの上昇で銀行株が買われ 、FTSE100種は前日に付けた約1カ月ぶりの安値から上 昇に転じた。 金融大手のHSBC、ロイズはそれぞれ3.5%、3 .3%上げた。 ウクライナでの軍事対立や中東でのリスクが供給に支障を及ぼすと の懸念から原油価格が上昇し、時価総額の大きい石油株も値上がりした 。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.90%高と 、前日の約10カ月ぶりの安値から反発した。 市場参加者は、タカ派的な政策運営姿勢が示されるとみられる26 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表を前に警戒感を強めた 。また、イングランド銀行(英中央銀行)が来週の会合で、昨年12月 に続いて政策金利を引き上げるとの見方も強まっている。 ゼネラリ・インベストメンツのマクロ・マーケット調査首席のトー マス・ヘンペル氏は投資家向けのメモで「迫り来る米連邦準備理事会( FRB)の利上げやウクライナ情勢の緊迫化が懸念される中、世界の株 式市場は最近、急速に

再送-米J&J、22年コロナワクチン売上高35億ドルと予想 前年比46%増

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は25日、新型コロナウイルスワクチンの2022年の売上高は最大35億ドルに達するとの見通しを示した。需要増が見込まれる中、製造過程を巡る問題の解消の兆しが出ていることで、21年の23億9000万ドルから最大46%増加する。