エディション:
日本

株式 -海外

アジア株式市場サマリー:引け(27日)

香港株式市場は続伸して引けた。春節休暇明けの中国本土市場が高く寄り付くとの期 待が背景。中国本土市場は30日に取引が再開される。 UOBケイヒアンのセールスディレクターは「本土の景気回復期待を背景に、休場明 けの中国市場が高く始まるとの見方が広がった。米連邦準備理事会(FRB)の利上げの 可能性については、あまり材料視されていない」と述べた。 ヘンダーソン・ランド、CKアセットなど不動産開発株が下落。 2022年の香港の住宅価格は15.6%下落した。前年まで13年連続で上昇していた 。 ソウル株式市場は5営業日続伸して引けた。海外勢の買いに支援され、総合株価指数 (KOSPI)は2022年8月19日以来の高値で終了した。 KOSPIは週間で3.71%上昇し4週続伸した。 海外勢は9693億ウォン相当の買い越し。週間の購入額は2兆5500億ウォン( 約20億7000万ドル)と、13年9月中旬以来の規模となった。 大信証券のアナリ

中国・香港株式市場・大引け=香港続伸、休場明けの本土市場に期待

香港株式市場は続伸して引けた。春節休暇明けの中国 本土市場が高く寄り付くとの期待が背景。中国本土市場は30日に取引が再開される。 ハンセン指数終値は122.12ポイント(0.54%)高の2万2688. 90。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は66.89ポイント(0.87 %)高の7773.61。 UOBケイヒアンのセールスディレクターは「本土の景気回復期待を背景に、休場明 けの中国市場が高く始まるとの見方が広がった。米連邦準備理事会(FRB)の利上げの 可能性については、あまり材料視されていない」と述べた。 ヘンダーソン・ランド、CKアセットなど不動産開発株が下落。 2022年の香港の住宅価格は15.6%下落した。前年まで13年連続で上昇していた 。 香港  終値 前日比 % 始値 高値 安値 ハンセン指数

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、堅調な米経済指標を好感

27日中盤の東南アジア株式市場の 株価は大半が上昇している。前日に発表された米国内総生産(GDP) が堅調な内容だったことから、景気後退懸念が和らいだ。 OCBCのアナリストは、米連邦準備理事会(FRB)が景気を維 持したままインフレを抑制する「ソフトランディング(軟着陸)」を実 現できるのではないかとの楽観的な見方がアジア市場で投資家心理を支 援すると話した。 時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード シンガポ ST指数 15:17 3393.01 +15.82 +0.47 3392.08 3395.21 3379.15 ール

中国・香港株式市場・前場=香港小反落、利益確定の売り 中国は休場

香港株式市場は小幅安で前場を終えた。利益確定の売 りが出ている。前日は休場明けで急伸していた。 中国本土市場は30日に取引が再開される。 ハンセン指数前場終値は11.51ポイント(0.05%)安の2万2555 .27。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は13.93ポイント(0. 18%)高の7720.65。 ベンダーソン・ランド、CKアセットなど不動産開発株が下落。 2022年の香港の住宅価格は15.6%下落した。前年まで13年連続で上昇していた 。 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数 22,555.27 - 11.51 - 0.05 22,614.92 前営業日終値 22,566.78

インド株式市場・序盤=続落、アダニ・グループに売り

休場明けのインド株式市場は続落。金 融株が下げを主導している。米景気後退懸念が緩和したものの、空売りで有名な米投資調 査会社ヒンデンブルグがインドの財閥アダニ・グループの会計に関するリポートを公表し 、リスク回避の動きが広がった。 現地時間午前10時15分時点で、NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する5 0銘柄で構成)は1.14%安の1万7683.40。SENSEX指数(BS E=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は1.25%安の5万9 451.92。 ニフティ金融株指数は2.25%安、石油・ガス株指数は 原油相場高を背景に3.5%超下げている。 アダニ傘下企業は2-17%安。ヒンデンブルグはリポートで、アダニ・グループの 主要上場企業は「相当な負債を抱えている」と指摘した。  半面、自動車株指数は2%超高。バジャジ・オートとタタ・モーターズ が好調な四半期決算を受け、上げをけん引している。  市場では、2月1日発表のインド政府予算に注目が集まっている。 インド 日本

ブラジルのペトロブラス、新CEOに元上院議員

ブラジル国営石油ペトロブラスは26日、新たな最高経営責任者(CEO)としてルラ大統領が指名した元上院議員のジャン・ポール・プラテス氏を取締役会が全会一致で承認したと明らかにした。

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

午前のソウル株式市場の株価は5営業日続伸。外国人 投資家の買いの継続から、週間では4週続伸となる見込み。 総合株価指数(KOSPI)はおよそ2カ月ぶりの高値を付けた。週間では3.8% 上昇、月間では11.2%上昇。 未来アセット証券のアナリストは「リスク選好と海外からの資金流入が続く中、市場 は回転売買となっている」と指摘した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.25%高、同業SK ハイニックスは0.43%安、IT大手ネイバーは2.21%高 、同業カカオは1.88%高。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは0.97%安、LGデ ィスプレーは2.65%高。 外国人投資家は4097億ウォン(約3億3331万ドル)相当の買い越し。 取引された931銘柄のうち、上昇は585銘柄。 午前のシドニー株式市場の株価は反発。鉱業株と金融株が上げをけん引した。フォー テスキュー・メタルズ・グループは、アイアンブリッジ・プロジェクトが3月期末の生産 開始に向けて順調に進んでいることを確認後、