エディション:
日本

トップニュース

マスク氏、広告技術会社に資料提示を要請 ツイッター訴訟巡り

[18日 ロイター] - 米実業家イーロン・マスク氏が米ツイッター上の「ボット」と呼ばれる実態に乏しいアカウントやスパム(迷惑)アカウントに関する詳細な情報を得る一環として、広告技術会社2社に対し資料の提示を求めていることが、米デラウェア州の裁判所に18日に提出された資料で分かった。

9月の0.75%利上げ支持に傾く=米セントルイス連銀総裁

[18日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイントの利上げ実施に賛成することに傾いていると述べた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がが18日、インタビューでの発言として報じた。

ザポロジエ原発のIAEA視察条件で合意=ウクライナ大統領

[リビウ(ウクライナ) 18日 ロイター] - ウクライナのゼレンスキー大統領は18日、トルコのエルドアン大統領と国連のグテレス事務総長との3者会談で、ロシア制圧下にあるザポロジエ原子力発電所に対する国際原子力機関(IAEA)の視察の条件で合意したと明らかにした。

国連事務総長、ウクライナ原発非武装化など呼びかけ

[リビウ(ウクライナ) 18日 ロイター] - 国連のグテレス事務総長は18日、ロシアに占領されているウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所を巡る状況に深刻な懸念を表明し、原発とその周辺を非武装化すべきという認識を示した。