エディション:
日本

トップニュース

トランプ氏弾劾裁判、2月8日の週に開始 米上院与野党が合意

米上院のシューマー民主党院内総務は22日、トランプ前大統領に対する弾劾裁判を2月8日の週に開始すると明らかにした。当初の予定より2週間遅らせることで共和党と合意した。これにより上院はバイデン政権の政策審議や閣僚人事の承認手続きのための時間を確保する。

アングル:自己恩赦見送ったトランプ氏、今後の民事・刑事責任は

トランプ前米大統領は任期最終日に多数の恩赦を与えたが、自身や子供たち、私的な顧問弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長は含めなかった。トランプ氏の側近らは、トランプ氏が自分に恩赦を与えるという異例の措置について、密かに議論したと話していた。

コラム:米大統領選の欠陥正せるか、カギは経済格差の縮小

[ニューヨーク 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ジョー・バイデン氏は20日、演説で結束と融和を呼び掛け、「民主主義が勝利した」と宣言するとともに、山積みの仕事を抱えて米大統領に就任した。環境対策や人種間の平等と並び、今求められているのが経済を是正するための大規模な政策だ。そこでバイデン氏が経済政策に成功すれば、将来の選挙を今より欠陥の小さい姿に変えるのに役立つかもしれない。彼自身が再び出馬するか否かに関わらずだ。

焦点:ガンジス川に沈んだ廃プラ事業、成果1トンで幕切れ

インドのガンジス川から歩いてすぐの距離にあるバラナシ市の事務所は無人で、南京錠が掛かっている。事務所の外には「リニュー・オーシャンズ」と書かれた手押し車やゴミ収集用の金属網が無造作に置かれ、錆びるがままに放置されている。

焦点:介護施設職員にどうワクチン広めるか、カナダの大作戦

カナダのオンタリオ州保健当局者たちは、長期介護施設の職員を対象に短期間で新型コロナウイルスワクチン接種を進めるには、大規模な集中型医療拠点を使うのが最も効果的だと考えていた。施設職員への接種は、重症化リスクの高い高齢入所者を守る施策だ。

アングル:1クリックで株取引、個人投資家がブームけん引

「ろくに従業員もいない企業の超低位株が1000%跳ね上がった」「高校の投資クラブが元手を倍にした」――。こういった現象が示しているのは、今年に入ってからも一向に衰える気配がない個人投資家の株式取引ブームの一端だ。